IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1170コメント)

  • 月刊「WiLL」10月号に「中国製アプリはどんだけ危険か」という記事がある。
    この中で自民党税制調査会長の甘利氏が、「個人のID、パスワードばかりか生体
    情報までも盗まれる危険がある」と警告している。自民党の現役幹部が月刊誌で
    こうした発言をするのは、極めて異例中の異例である。ご一読をお勧めする。
    どうやら中国は、同氏の買収に失敗したらしい。(笑)

  • 月刊「WiLL」10月号に「中国製アプリはどんだけ危険か」という記事がある。
    この中で自民党の甘利税制調査会長が、「個人のID、パスワードばかりか生体
    情報までも盗まれる危険がある」と警告している。自民党の現役幹部が月刊誌
    にこうした発言をするのは、極めて異例中の異例だ。ご一読をお勧めする。
    どうやら中国は、同氏の買収に失敗したようだ。(笑)

  • 皆さんのパソコンにはウイルス対策ソフトが入っている。それは「ウイルスバス
    ター」ではないか?それならこの報道を知っておくのは無駄にはならないと思う。
    【週刊現代8/8・15日号】日本中のパソコンから中国にデータが盗まれている

    トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」は日本国内シェア№1を占め、政府
    機関でも50%を占める。しかし同社は中国の強い影響下にあると見られている。
    政府与党もその危険性を認識。7月28日開催の自民党「ルール形成戦略議員連盟」
    では、ウイルスバスターを官庁が使用することのリスクが初めて報告され、参加
    した議員から驚きの声が上がった。

    その発端は、昨年6月28日、三菱電機が総合技術研究所への不正アクセスに気づい
    たことに始まる。同社はウイルスバスターを使用していたが、132台のパソコンが
    ウイルスに感染し、重要情報が漏れたことが判明した。これによって、防衛省が
    開発中の「高速滑空弾」に関する情報が盗まれたと見られている。この攻撃は人民
    解放軍指揮下のハッカー集団によるものと考えられており、そこにはファーウェイ
    からの出向者がいるとの情報もある。

    調査した社外の専門家は、「ソフトの脆弱性が判明していたにもかかわらず、長期
    間放置されていたことを、セキュリティ業界でも疑問視する声が多い」と語る。
    トレンドマイクロ社長のチェン氏は台湾出身で、現在も製品開発は中国南京にある
    拠点で行われている。同社は「中国国内で販売する製品のソースコードを中国政府
    に開示する義務があるため、中国で販売する製品とその他を分離しており、製品の
    開発情報を第三者に渡すことはない」としている。

    トレンドマイクロを最も警戒しているのがアメリカで、マイクロソフトは今年5月
    同社のドライバ(パソコン周辺機器を制御するプログラム)を安全性が確認されて
    いないプログラムを遮断するブロックリストに入れた。サイバー攻撃対策の専門家
    は、「このドライバはマイクロソフトのOSが動作をチェックする時だけ、正しい
    動きをするように設計されていた」と語っている。これはもはや事実上の戦争だ。
    参考文献:「日本のIT産業が中国に盗まれている」

  • 皆さんは海外で大きな森林火災が起きたというニュースを見たことがあると思う。
    アメリカやオーストラリア、ブラジルなどで、一度大きな森林火災が起きると、
    東京都23区分くらいの面積はすぐ焼けてしまう。

    「なぜもっとすばやく消せないの?」と思ったことはないだろうか。実は海から
    運んだ海水をまけば塩分が残ってしまう。化学薬品の消火剤をまくと環境汚染に
    つながる。真水をヘリで運んで少しづつまくような消火活動が行われている。

    植物性由来で広範囲の火災を一度に消せる「環境にやさしい消火爆弾」のような
    ものを開発できないだろうか。開発できれば世界中で売れるし、何よりそれこそ
    が化学メーカーの使命ではないだろうか。海洋プラスチックの大量生産でイメージ
    が悪化した化学業界の挽回策にもなると思う。

  • 毎日新聞に「幻の科学技術立国」という特集記事があり、「誰が科学を殺すのか
    科学技術立国崩壊の衝撃」というタイトルで書籍化されている。2011年、日本の
    科学技術振興機構が開発した薄膜トランジスタを製品化する権利をサムスンに売却
    したため、ネットで非難を浴びて大炎上した。しかし同機構は日本企業に売ろうと
    したのだが、どこの企業の担当者も後ろ向きの話しかしない。結局、論文発表時か
    らコンタクトがあったサムスンに売却が決まったのだ。

    脳梗塞の治療薬を開発した日本人科学者がいた。ベンチャー企業を立ち上げて製品
    化に乗り出そうとした。よくある話だが、治験の途中で資金が尽きた。大手製薬に
    話を持ち込んでも、「うちは脳梗塞はやってない」とネガティヴな話しか出てこな
    い。まともに話を聞いてくれたのが、米製薬企業バイオジェン日本法人だけ。
    「どうしたら製品化できるか」という前向きの質問ばかりで、 日本企業との違い
    に驚く。そこのトップは薬学博士の学位を持ち、強力にプッシュしてくれて、
    日本のバイオベンチャーでは過去最大規模の出資を受けたという。

    サントリーや出光を始め、大企業の創業者は豪快で器の大きな人が多い。
    「やってみなはれ」がサントリー創業者の口癖だったという。そうでなければ、
    創業した企業が大成功を収めるはずがない。しかし後継者たちはサラリーマン社長
    ばかりで、リスクを取ることを極端に恐れて成功した他社の後追いばかりやりたが
    る。利益は微々たるものだが、リスクがないからだ。こういうやり方ではいずれ
    社員の高給を維持できなくなり、大幅なリストラは避けられなくなる。先人が残し
    てくれた遺産を喰いつぶしている状態だ。こうした大企業がこの20年で増えてき
    た結果、日本はじりじりと相対的に貧しい国に転落しつつある。それは技術をバク
    る中韓の影響は甚大だが、そのせいばかりではない。日本人が自ら選んだ結果であ
    り、自業自得だといえる。

  • 皆さんのパソコンにはウイルス対策ソフトが入っている。それは「ウイルスバス
    ター」ではないか?それならこの報道を知っておくのは無駄にはならないと思う。
    【週刊現代8/8・15日号】日本中のパソコンから中国にデータが盗まれている

    トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」は日本国内シェア№1を占め、政府
    機関でも50%を占める。しかし同社は中国の強い影響下にあると見られている。
    政府与党もその危険性を認識。7月28日開催の自民党「ルール形成戦略議員連盟」
    では、ウイルスバスターを官庁が使用することのリスクが初めて報告され、参加
    した議員から驚きの声が上がった。

    その発端は、昨年6月28日、三菱電機が総合技術研究所への不正アクセスに気づい
    たことに始まる。同社はウイルスバスターを使用していたが、132台のパソコンが
    ウイルスに感染し、重要情報が漏れたことが判明した。これによって、防衛省が
    開発中の「高速滑空弾」に関する情報が盗まれたと見られている。この攻撃は人民
    解放軍指揮下のハッカー集団によるものと考えられており、そこにはファーウェイ
    からの出向者がいるとの情報もある。

    調査した社外の専門家は、「ソフトの脆弱性が判明していたにもかかわらず、長期
    間放置されていたことを、セキュリティ業界でも疑問視する声が多い」と語る。
    トレンドマイクロ社長のチェン氏は台湾出身で、現在も製品開発は中国南京にある
    拠点で行われている。同社は「中国国内で販売する製品のソースコードを中国政府
    に開示する義務があるため、中国で販売する製品とその他を分離しており、製品の
    開発情報を第三者に渡すことはない」としている。

    トレンドマイクロを最も警戒しているのがアメリカで、マイクロソフトは今年5月
    同社のドライバ(パソコン周辺機器を制御するプログラム)を安全性が確認されて
    いないプログラムを遮断するブロックリストに入れた。サイバー攻撃対策の専門家
    は、「このドライバはマイクロソフトのOSが動作をチェックする時だけ、正しい
    動きをするように設計されていた」と語っている。これはもはや事実上の戦争だ。
    参考文献:「日本のIT産業が中国に盗まれている」

  • 皆さんのパソコンにはウイルス対策ソフトが入っている。それは「ウイルスバス
    ター」ではないか?それならこの報道を知っておくのは無駄にはならないと思う。
    【週刊現代8/8・15日号】日本中のパソコンから中国にデータが盗まれている

    トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」は日本国内シェア№1を占め、政府
    機関でも50%を占める。しかし同社は中国の強い影響下にあると見られている。
    政府与党もその危険性を認識。7月28日開催の自民党「ルール形成戦略議員連盟」
    では、ウイルスバスターを官庁が使用することのリスクが初めて報告され、参加
    した議員から驚きの声が上がった。

    その発端は、昨年6月28日、三菱電機が総合技術研究所への不正アクセスに気づい
    たことに始まる。同社はウイルスバスターを使用していたが、132台のパソコンが
    ウイルスに感染し、重要情報が漏れたことが判明した。これによって、防衛省が
    開発中の「高速滑空弾」に関する情報が盗まれたと見られている。この攻撃は人民
    解放軍指揮下のハッカー集団によるものと考えられており、そこにはファーウェイ
    からの出向者がいるとの情報もある。

    調査した社外の専門家は、「ソフトの脆弱性が判明していたにもかかわらず、長期
    間放置されていたことを、セキュリティ業界でも疑問視する声が多い」と語る。
    トレンドマイクロ社長のチェン氏は台湾出身で、現在も製品開発は中国南京にある
    拠点で行われている。同社は「中国国内で販売する製品のソースコードを中国政府
    に開示する義務があるため、中国で販売する製品とその他を分離しており、製品の
    開発情報を第三者に渡すことはない」としている。

    トレンドマイクロを最も警戒しているのがアメリカで、マイクロソフトは今年5月
    同社のドライバ(パソコン周辺機器を制御するプログラム)を安全性が確認されて
    いないプログラムを遮断するブロックリストに入れた。サイバー攻撃対策の専門家
    は、「このドライバはマイクロソフトのOSが動作をチェックする時だけ、正しい
    動きをするように設計されていた」と語っている。これはもはや事実上の戦争だ。
    参考文献:「日本のIT産業が中国に盗まれている」

  • 皆さんのパソコンにはウイルス対策ソフトが入っている。それは「ウイルスバス
    ター」ではないか?それならこの報道を知っておくのは無駄にはならないと思う。
    【週刊現代8/8・15日号】日本中のパソコンから中国にデータが盗まれている

    トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」は日本国内シェア№1を占め、政府
    機関でも50%を占める。しかし同社は中国の強い影響下にあると見られている。
    政府与党もその危険性を認識。7月28日開催の自民党「ルール形成戦略議員連盟」
    では、ウイルスバスターを官庁が使用することのリスクが初めて報告され、参加
    した議員から驚きの声が上がった。

    その発端は、昨年6月28日、三菱電機が総合技術研究所への不正アクセスに気づい
    たことに始まる。同社はウイルスバスターを使用していたが、132台のパソコンが
    ウイルスに感染し、重要情報が漏れたことが判明した。これによって、防衛省が
    開発中の「高速滑空弾」に関する情報が盗まれたと見られている。この攻撃は人民
    解放軍指揮下のハッカー集団によるものと考えられており、そこにはファーウェイ
    からの出向者がいるとの情報もある。

    調査した社外の専門家は、「ソフトの脆弱性が判明していたにもかかわらず、長期
    間放置されていたことを、セキュリティ業界でも疑問視する声が多い」と語る。
    トレンドマイクロ社長のチェン氏は台湾出身で、現在も製品開発は中国南京にある
    拠点で行われている。同社は「中国国内で販売する製品のソースコードを中国政府
    に開示する義務があるため、中国で販売する製品とその他を分離しており、製品の
    開発情報を第三者に渡すことはない」としている。

    トレンドマイクロを最も警戒しているのがアメリカで、マイクロソフトは今年5月
    同社のドライバ(パソコン周辺機器を制御するプログラム)を安全性が確認されて
    いないプログラムを遮断するブロックリストに入れた。サイバー攻撃対策の専門家
    は、「このドライバはマイクロソフトのOSが動作をチェックする時だけ、正しい
    動きをするように設計されていた」と語っている。これはもはや事実上の戦争だ。
    参考文献:「日本のIT産業が中国に盗まれている」

  • 皆さんのパソコンにはウイルス対策ソフトが入っている。それは「ウイルスバス
    ター」ではないか?それならこの報道を知っておくのは無駄にはならないと思う。
    【週刊現代8/8・15日号】日本中のパソコンから中国にデータが盗まれている

    トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」は日本国内シェア№1を占め、政府
    機関でも50%を占める。しかし同社は中国の強い影響下にあると見られている。
    政府与党もその危険性を認識。7月28日開催の自民党「ルール形成戦略議員連盟」
    では、ウイルスバスターを官庁が使用することのリスクが初めて報告され、参加
    した議員から驚きの声が上がった。

    その発端は、昨年6月28日、三菱電機が総合技術研究所への不正アクセスに気づい
    たことに始まる。同社はウイルスバスターを使用していたが、132台のパソコンが
    ウイルスに感染し、重要情報が漏れたことが判明した。これによって、防衛省が
    開発中の「高速滑空弾」に関する情報が盗まれたと見られている。この攻撃は人民
    解放軍指揮下のハッカー集団によるものと考えられており、そこにはファーウェイ
    からの出向者がいるとの情報もある。

    調査した社外の専門家は、「ソフトの脆弱性が判明していたにもかかわらず、長期
    間放置されていたことを、セキュリティ業界でも疑問視する声が多い」と語る。
    トレンドマイクロ社長のチェン氏は台湾出身で、現在も製品開発は中国南京にある
    拠点で行われている。同社は「中国国内で販売する製品のソースコードを中国政府
    に開示する義務があるため、中国で販売する製品とその他を分離しており、製品の
    開発情報を第三者に渡すことはない」としている。

    トレンドマイクロを最も警戒しているのがアメリカで、マイクロソフトは今年5月
    同社のドライバ(パソコン周辺機器を制御するプログラム)を安全性が確認されて
    いないプログラムを遮断するブロックリストに入れた。サイバー攻撃対策の専門家
    は、「このドライバはマイクロソフトのOSが動作をチェックする時だけ、正しい
    動きをするように設計されていた」と語っている。これはもはや事実上の戦争だ。
    参考文献:「日本のIT産業が中国に盗まれている」

  • 皆さんはこういう報道をご存知だろうか。
    【米Business Week 7月6日号】10年以上、倒産まで攻撃を続けた中国の手口

    カナダの大手通信機器企業ノーテル・ネットワークス社が中国政府系ハッカーに
    よって継続的にサイバー攻撃を受けたことで、倒産に追い込まれた。彼ら最大の
    目的は、知的財産など経済的な情報を盗むことにある。同社には1990年代後半
    から継続してサイバー攻撃が続けられていた。それによって盗まれたのは、後の
    4Gや5Gなどにつながっていく米国の通信ネットワーク機器の設計図などの情報
    や、財務状況、顧客との商談に使う資料だった。こうした攻撃は、カナダ安全情報
    局(CSIS)も把握しており、同社に早くから警告していた。しかし残念なことに
    同社はそれを聞き入れることなく、事の重大さを理解せずに放置した。

    04年頃になると、中国は同社幹部らのアカウントを乗っ取るところまで深く侵入
    し、社内情報を上海のコンピュータに送っていた。これは中国のサイバー攻撃の
    典型的な手法で、時間をかけて根こそぎ情報を盗み出すため、「バキューム・ク
    リーナー・アプローチ(掃除機戦術)」と呼ばれている。同社から盗まれた技術
    情報は、ファーウェイが手に入れたと見られている。(ファーウェイ側はこれを
    否定)同社へのサイバー攻撃を担当したのは、北米地域を担当していた人民解放軍
    参謀本部第3部2局だと考えられている。攻撃は同社が倒産する09年まで続いた。
    そしてファーウェイは自分たちが弱体化させた同社に対して、買収や支援を持ち
    かける提案もしている。相手を弱らせて、救世主であるかのように振る舞うのだ。

    文芸春秋8月号に「中韓が狙う日本のコロナ機密情報」という読み応えのある記事
    がある。ご一読をお勧めする。ソフトバンクは当然、中国にロックオンされている
    ものと考えねばならない。「まさかうちが狙われるとは」なんて言い訳が通用する
    時代ではない。日本には情報局もなければスパイ防止法もない。企業が個別に対抗
    するしかないのだから。これはもはや事実上の戦争だ。参考文献:「ウクライナ人
    だから気づいた日本の危機」「目に見えぬ侵略 中国の オーストラリア支配計画」

  • 皆さんのパソコンにはウイルス対策ソフトが入っている。それは「ウイルスバス
    ター」ではないか?それならこの報道を知っておくのは無駄にはならないと思う。
    【週刊現代8/8・15日号】日本中のパソコンから中国にデータが盗まれている

    トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」は日本国内シェア№1を占め、政府
    機関でも50%を占める。しかし同社は中国の強い影響下にあると見られている。
    政府与党もその危険性を認識。7月28日開催の自民党「ルール形成戦略議員連盟」
    では、ウイルスバスターを官庁が使用することのリスクが初めて報告され、参加
    した議員から驚きの声が上がった。

    その発端は、昨年6月28日、三菱電機が総合技術研究所への不正アクセスに気づい
    たことに始まる。同社はウイルスバスターを使用していたが、132台のパソコンが
    ウイルスに感染し、重要情報が漏れたことが判明した。これによって、防衛省が
    開発中の「高速滑空弾」に関する情報が盗まれたと見られている。この攻撃は人民
    解放軍指揮下のハッカー集団によるものと考えられており、そこにはファーウェイ
    からの出向者がいるとの情報もある。

    調査した社外の専門家は、「ソフトの脆弱性が判明していたにもかかわらず、長期
    間放置されていたことを、セキュリティ業界でも疑問視する声が多い」と語る。
    トレンドマイクロ社長のチェン氏は台湾出身で、現在も製品開発は中国南京にある
    拠点で行われている。同社は「中国国内で販売する製品のソースコードを中国政府
    に開示する義務があるため、中国で販売する製品とその他を分離しており、製品の
    開発情報を第三者に渡すことはない」としている。

    トレンドマイクロを最も警戒しているのがアメリカで、マイクロソフトは今年5月
    同社のドライバ(パソコン周辺機器を制御するプログラム)を安全性が確認されて
    いないプログラムを遮断するブロックリストに入れた。サイバー攻撃対策の専門家
    は、「このドライバはマイクロソフトのOSが動作をチェックする時だけ、正しい
    動きをするように設計されていた」と語っている。これはもはや事実上の戦争だ。
    参考文献:「日本のIT産業が中国に盗まれている」

  • 皆さんのパソコンにはウイルス対策ソフトが入っている。それは「ウイルスバス
    ター」ではないか?それならこの報道を知っておくのは無駄にはならないと思う。
    【週刊現代8/8・15日号】日本中のパソコンから中国にデータが盗まれている

    トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」は日本国内シェア№1を占め、政府
    機関でも50%を占める。しかし同社は中国の強い影響下にあると見られている。
    政府与党もその危険性を認識。7月28日開催の自民党「ルール形成戦略議員連盟」
    では、ウイルスバスターを官庁が使用することのリスクが初めて報告され、参加
    した議員から驚きの声が上がった。

    その発端は、昨年6月28日、三菱電機が総合技術研究所への不正アクセスに気づい
    たことに始まる。同社はウイルスバスターを使用していたが、132台のパソコンが
    ウイルスに感染し、重要情報が漏れたことが判明した。これによって、防衛省が
    開発中の「高速滑空弾」に関する情報が盗まれたと見られている。この攻撃は人民
    解放軍指揮下のハッカー集団によるものと考えられており、そこにはファーウェイ
    からの出向者がいるとの情報もある。

    調査した社外の専門家は、「ソフトの脆弱性が判明していたにもかかわらず、長期
    間放置されていたことを、セキュリティ業界でも疑問視する声が多い」と語る。
    トレンドマイクロ社長のチェン氏は台湾出身で、現在も製品開発は中国南京にある
    拠点で行われている。同社は「中国国内で販売する製品のソースコードを中国政府
    に開示する義務があるため、中国で販売する製品とその他を分離しており、製品の
    開発情報を第三者に渡すことはない」としている。

    トレンドマイクロを最も警戒しているのがアメリカで、マイクロソフトは今年5月
    同社のドライバ(パソコン周辺機器を制御するプログラム)を安全性が確認されて
    いないプログラムを遮断するブロックリストに入れた。サイバー攻撃対策の専門家
    は、「このドライバはマイクロソフトのOSが動作をチェックする時だけ、正しい
    動きをするように設計されていた」と語っている。これはもはや事実上の戦争だ。
    参考文献:「日本のIT産業が中国に盗まれている」

  • 皆さんのパソコンにはウイルス対策ソフトが入っている。それは「ウイルスバス
    ター」ではないか?それならこの報道を知っておくのは無駄にはならないと思う。
    【週刊現代8/8・15日号】日本中のパソコンから中国にデータが盗まれている

    トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」は日本国内シェア№1を占め、政府
    機関でも50%を占める。しかし同社は中国の強い影響下にあると見られている。
    政府与党もその危険性を認識。7月28日開催の自民党「ルール形成戦略議員連盟」
    では、ウイルスバスターを官庁が使用することのリスクが初めて報告され、参加
    した議員から驚きの声が上がった。

    その発端は、昨年6月28日、三菱電機が総合技術研究所への不正アクセスに気づい
    たことに始まる。同社はウイルスバスターを使用していたが、132台のパソコンが
    ウイルスに感染し、重要情報が漏れたことが判明した。これによって、防衛省が
    開発中の「高速滑空弾」に関する情報が盗まれたと見られている。この攻撃は人民
    解放軍指揮下のハッカー集団によるものと考えられており、そこにはファーウェイ
    からの出向者がいるとの情報もある。

    調査した社外の専門家は、「ソフトの脆弱性が判明していたにもかかわらず、長期
    間放置されていたことを、セキュリティ業界でも疑問視する声が多い」と語る。
    トレンドマイクロ社長のチェン氏は台湾出身で、現在も製品開発は中国南京にある
    拠点で行われている。同社は「中国国内で販売する製品のソースコードを中国政府
    に開示する義務があるため、中国で販売する製品とその他を分離しており、製品の
    開発情報を第三者に渡すことはない」としている。

    トレンドマイクロを最も警戒しているのがアメリカで、マイクロソフトは今年5月
    同社のドライバ(パソコン周辺機器を制御するプログラム)を安全性が確認されて
    いないプログラムを遮断するブロックリストに入れた。サイバー攻撃対策の専門家
    は、「このドライバはマイクロソフトのOSが動作をチェックする時だけ、正しい
    動きをするように設計されていた」と語っている。これはもはや事実上の戦争だ。
    参考文献:「日本のIT産業が中国に盗まれている」

  • アンジェスもタカラも停滞しているが、情勢はそろそろ火がつきそうな気配だ。
    中国がいち早くワクチン投与を開始すると発表した。安部首相は英米の製薬企業
    に、年内にもワクチンを分けてもらえるように交渉していることを明らかにした。
    なぜ英米と中国のワクチン開発が早いのか、その原因を日本のメディアはまったく
    報道しないため、読み手にはフラストレーションが溜まる。アンジェス創業者の森下先生
    が、「新型コロナの正体 日本はワクチン戦争に勝てるか」で説明している。

    ①なぜ英米中の動きが早いのかというと、軍がバイオテロ対策のために研究開発
    体制を敷いてきたからだ。国から潤沢な資金が毎年出ていて、その蓄積がある。
    ②アメリカ軍には、「未知のウイルスが出てきたから、御社で同じものを作って
    くれ」と依頼するシステムがある。そのための製造ラインが国防予算でずっと維持
    されていて、今回もそれが生きた。中国は軍が全面的にバックアップしてワクチン
    開発を強力に推し進めている。
    ③では日本の自衛隊はバックアップしているのか?答えは否だ。日本には軍事と
    いう視点がないため、民間企業が一から作らなければならない。そのため余計に
    時間がかかっている。  

    4-5月にかけて、コロナの流行で米空母は4隻とも稼働不能に陥った。フランス
    空母も同様だ。南・東シナ海で何か起きても、駆けつけることのできる空母は1隻
    もなかった。あえて言うと中国の空母「遼寧」だけ。これを中国が絶好のチャンス
    だと考えても何の不思議もない。

    中国海軍は活動を活発化させて、尖閣諸島に侵入して日本の漁船を追い回し、沖縄
    本島と宮古島の間を抜けて、太平洋に出る動きを繰り返している。中国海軍が太平
    洋に出て自由に活動しようとすると、いちばん目障りで邪魔になるのが沖縄の米軍
    なのだ。こういう状況を森下先生は、「中国がいち早くワクチン開発を完成させた
    タイミングが最も危険だ」と同書で指摘している。

  • 皆さんのパソコンにはウイルス対策ソフトが入っている。それは「ウイルスバス
    ター」ではないか?それならこの報道を知っておくのは無駄にはならないと思う。
    【週刊現代8/8・15日号】日本中のパソコンから中国にデータが盗まれている

    トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」は日本国内シェア№1を占め、政府
    機関でも50%を占める。しかし同社は中国の強い影響下にあると見られている。
    政府与党もその危険性を認識。7月28日開催の自民党「ルール形成戦略議員連盟」
    では、ウイルスバスターを官庁が使用することのリスクが初めて報告され、参加
    した議員から驚きの声が上がった。

    その発端は、昨年6月28日、三菱電機が総合技術研究所への不正アクセスに気づい
    たことに始まる。同社はウイルスバスターを使用していたが、132台のパソコンが
    ウイルスに感染し、重要情報が漏れたことが判明した。これによって、防衛省が
    開発中の「高速滑空弾」に関する情報が盗まれたと見られている。この攻撃は人民
    解放軍指揮下のハッカー集団によるものと考えられており、そこにはファーウェイ
    からの出向者がいるとの情報もある。

    調査した社外の専門家は、「ソフトの脆弱性が判明していたにもかかわらず、長期
    間放置されていたことを、セキュリティ業界でも疑問視する声が多い」と語る。
    トレンドマイクロ社長のチェン氏は台湾出身で、現在も製品開発は中国南京にある
    拠点で行われている。同社は「中国国内で販売する製品のソースコードを中国政府
    に開示する義務があるため、中国で販売する製品とその他を分離しており、製品の
    開発情報を第三者に渡すことはない」としている。

    トレンドマイクロを最も警戒しているのがアメリカで、マイクロソフトは今年5月
    同社のドライバ(パソコン周辺機器を制御するプログラム)を安全性が確認されて
    いないプログラムを遮断するブロックリストに入れた。サイバー攻撃対策の専門家
    は、「このドライバはマイクロソフトのOSが動作をチェックする時だけ、正しい
    動きをするように設計されていた」と語っている。これはもはや事実上の戦争だ。
    参考文献:「日本のIT産業が中国に盗まれている」

  • 皆さんのパソコンにはウイルス対策ソフトが入っている。それは「ウイルスバス
    ター」ではないか?それならこの報道を知っておくのは無駄にはならないと思う。
    【週刊現代8/8・15日号】日本中のパソコンから中国にデータが盗まれている

    トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」は日本国内シェア№1を占め、政府
    機関でも50%を占める。しかし同社は中国の強い影響下にあると見られている。
    政府与党もその危険性を認識。7月28日開催の自民党「ルール形成戦略議員連盟」
    では、ウイルスバスターを官庁が使用することのリスクが初めて報告され、参加
    した議員から驚きの声が上がった。

    その発端は、昨年6月28日、三菱電機が総合技術研究所への不正アクセスに気づい
    たことに始まる。同社はウイルスバスターを使用していたが、132台のパソコンが
    ウイルスに感染し、重要情報が漏れたことが判明した。これによって、防衛省が
    開発中の「高速滑空弾」に関する情報が盗まれたと見られている。この攻撃は人民
    解放軍指揮下のハッカー集団によるものと考えられており、そこにはファーウェイ
    からの出向者がいるとの情報もある。

    調査した社外の専門家は、「ソフトの脆弱性が判明していたにもかかわらず、長期
    間放置されていたことを、セキュリティ業界でも疑問視する声が多い」と語る。
    トレンドマイクロ社長のチェン氏は台湾出身で、現在も製品開発は中国南京にある
    拠点で行われている。同社は「中国国内で販売する製品のソースコードを中国政府
    に開示する義務があるため、中国で販売する製品とその他を分離しており、製品の
    開発情報を第三者に渡すことはない」としている。

    トレンドマイクロを最も警戒しているのがアメリカで、マイクロソフトは今年5月
    同社のドライバ(パソコン周辺機器を制御するプログラム)を安全性が確認されて
    いないプログラムを遮断するブロックリストに入れた。サイバー攻撃対策の専門家
    は、「このドライバはマイクロソフトのOSが動作をチェックする時だけ、正しい
    動きをするように設計されていた」と語っている。これはもはや事実上の戦争だ。
    参考文献:「日本のIT産業が中国に盗まれている」

  • 皆さんのパソコンにはウイルス対策ソフトが入っている。それは「ウイルスバス
    ター」ではないか?それならこの報道を知っておくのは無駄にはならないと思う。
    【週刊現代8/8・15日号】日本中のパソコンから中国にデータが盗まれている

    トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」は日本国内シェア№1を占め、政府
    機関でも50%を占める。しかし同社は中国の強い影響下にあると見られている。
    政府与党もその危険性を認識。7月28日開催の自民党「ルール形成戦略議員連盟」
    では、ウイルスバスターを官庁が使用することのリスクが初めて報告され、参加
    した議員から驚きの声が上がった。

    その発端は、昨年6月28日、三菱電機が総合技術研究所への不正アクセスに気づい
    たことに始まる。同社はウイルスバスターを使用していたが、132台のパソコンが
    ウイルスに感染し、重要情報が漏れたことが判明した。これによって、防衛省が
    開発中の「高速滑空弾」に関する情報が盗まれたと見られている。この攻撃は人民
    解放軍指揮下のハッカー集団によるものと考えられており、そこにはファーウェイ
    からの出向者がいるとの情報もある。

    調査した社外の専門家は、「ソフトの脆弱性が判明していたにもかかわらず、長期
    間放置されていたことを、セキュリティ業界でも疑問視する声が多い」と語る。
    トレンドマイクロ社長のチェン氏は台湾出身で、現在も製品開発は中国南京にある
    拠点で行われている。同社は「中国国内で販売する製品のソースコードを中国政府
    に開示する義務があるため、中国で販売する製品とその他を分離しており、製品の
    開発情報を第三者に渡すことはない」としている。

    トレンドマイクロを最も警戒しているのがアメリカで、マイクロソフトは今年5月
    同社のドライバ(パソコン周辺機器を制御するプログラム)を安全性が確認されて
    いないプログラムを遮断するブロックリストに入れた。サイバー攻撃対策の専門家
    は、「このドライバはマイクロソフトのOSが動作をチェックする時だけ、正しい
    動きをするように設計されていた」と語っている。これはもはや事実上の戦争だ。
    参考文献:「日本のIT産業が中国に盗まれている」

  • 中国がいち早くワクチン投与を開始すると発表した。安部首相は英米の製薬企業
    に、年内にもワクチンを分けてもらえるように交渉していることを明らかにした。
    なぜ英米と中国のワクチン開発が早いのか、その原因を日本のメディアはまったく
    報道しないため、読み手にはフラストレーションが溜まる。アンジェス創業者の森下先生
    が、「新型コロナの正体 日本はワクチン戦争に勝てるか」で説明している。

    ①なぜ英米中の動きが早いのかというと、軍がバイオテロ対策のために研究開発
    体制を敷いてきたからだ。国から潤沢な資金が毎年出ていて、その蓄積がある。
    ②アメリカ軍には、「未知のウイルスが出てきたから、御社で同じものを作って
    くれ」と依頼するシステムがある。そのための製造ラインが国防予算でずっと維持
    されていて、今回もそれが生きた。中国は軍が全面的にバックアップしてワクチン
    開発を強力に推し進めている。
    ③では日本の自衛隊はバックアップしているのか?答えは否だ。日本には軍事と
    いう視点がないため、民間企業が一から作らなければならない。そのため余計に
    時間がかかっている。  

    4-5月にかけて、コロナの流行で米空母は4隻とも稼働不能に陥った。フランス
    空母も同様だ。南・東シナ海で何か起きても、駆けつけることのできる空母は1隻
    もなかった。あえて言うと中国の空母「遼寧」だけ。これを中国が絶好のチャンス
    だと考えても何の不思議もない。

    中国海軍は活動を活発化させて、尖閣諸島に侵入して日本の漁船を追い回し、沖縄
    本島と宮古島の間を抜けて、太平洋に出る動きを繰り返している。どうやら沖縄の
    米軍基地をターゲットにしている様子。この状況を森下先生は、「中国がいち早く
    ワクチン開発を完成させたタイミングが最も危険だ」と同書で指摘している。

  • 皆さんのパソコンにはウイルス対策ソフトが入っている。それは「ウイルスバス
    ター」ではないか?それならこの報道を知っておくのは無駄にはならないと思う。
    【週刊現代8/8・15日号】日本中のパソコンから中国にデータが盗まれている

    トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター」は日本国内シェア№1を占め、政府
    機関でも50%を占める。しかし同社は中国の強い影響下にあると見られている。
    政府与党もその危険性を認識。7月28日開催の自民党「ルール形成戦略議員連盟」
    では、ウイルスバスターを官庁が使用することのリスクが初めて報告され、参加
    した議員から驚きの声が上がった。

    その発端は、昨年6月28日、三菱電機が総合技術研究所への不正アクセスに気づい
    たことに始まる。同社はウイルスバスターを使用していたが、132台のパソコンが
    ウイルスに感染し、重要情報が漏れたことが判明した。これによって、防衛省が
    開発中の「高速滑空弾」に関する情報が盗まれたと見られている。この攻撃は人民
    解放軍指揮下のハッカー集団によるものと考えられており、そこにはファーウェイ
    からの出向者がいるとの情報もある。

    調査した社外の専門家は、「ソフトの脆弱性が判明していたにもかかわらず、長期
    間放置されていたことを、セキュリティ業界でも疑問視する声が多い」と語る。
    トレンドマイクロ社長のチェン氏は台湾出身で、現在も製品開発は中国南京にある
    拠点で行われている。同社は「中国国内で販売する製品のソースコードを中国政府
    に開示する義務があるため、中国で販売する製品とその他を分離しており、製品の
    開発情報を第三者に渡すことはない」としている。

    トレンドマイクロを最も警戒しているのがアメリカで、マイクロソフトは今年5月
    同社のドライバ(パソコン周辺機器を制御するプログラム)を安全性が確認されて
    いないプログラムを遮断するブロックリストに入れた。サイバー攻撃対策の専門家
    は、「このドライバはマイクロソフトのOSが動作をチェックする時だけ、正しい
    動きをするように設計されていた」と語っている。これはもはや事実上の戦争だ。
    参考文献:「日本のIT産業が中国に盗まれている」

  • 中国がいち早くワクチン投与を開始すると発表した。安部首相は英米の製薬企業
    に、年内にもワクチンを分けてもらえるように交渉していることを明らかにした。
    なぜ英米と中国のワクチン開発が早いのか、その原因を日本のメディアはまったく
    報道しないため、読み手にはフラストレーションが溜まる。アンジェス創業者の森下先生
    が、「新型コロナの正体 日本はワクチン戦争に勝てるか」で説明している。

    ①なぜ英米中の動きが早いのかというと、軍がバイオテロ対策のために研究開発
    体制を敷いてきたからだ。国から潤沢な資金が毎年出ていて、その蓄積がある。
    ②アメリカ軍には、「未知のウイルスが出てきたから、御社で同じものを作って
    くれ」と依頼するシステムがある。そのための製造ラインが国防予算でずっと維持
    されていて、今回もそれが生きた。中国は軍が全面的にバックアップしてワクチン
    開発を強力に推し進めている。
    ③では日本の自衛隊はバックアップしているのか?答えは否だ。日本には軍事と
    いう視点がないため、民間企業が一から作らなければならない。そのため余計に
    時間がかかっている。  

    4-5月にかけて、コロナの流行で米空母は4隻とも稼働不能に陥った。フランス
    空母も同様だ。南・東シナ海で何か起きても、駆けつけることのできる空母は1隻
    もなかった。あえて言うと中国の空母「遼寧」だけ。これを中国が絶好のチャンス
    だと考えても何の不思議もない。

    中国海軍は活動を活発化させて、尖閣諸島に侵入して日本の漁船を追い回し、沖縄
    本島と宮古島の間を抜けて、太平洋に出る動きを繰り返している。どうやら沖縄の
    米軍基地をターゲットにしている様子。この状況を森下先生は、「中国がいち早く
    ワクチン開発を完成させたタイミングが最も危険だ」と同書で指摘している。

本文はここまでです このページの先頭へ