ここから本文です

投稿コメント一覧 (107コメント)

  • これからは、株式を上場する会社は、一般個人株主を大切にしていかなければならないと思います。

  • 経営者の方々へもう少し株主への誠実さが欲しいです。
    新たにかかったシステムへの費用総額や各種引当金の内容、経費計上時期等。
    あと、下方修正する可能性があるのなら、決算発表当日でなく、早めに経営情報を開示していただきたいです。

  • ゆうちょ銀行は、住宅ローンの販売で新生銀行とソニー銀行と提携するようですね。
    こちらも、少し良い方向で関係してくれるといいですね。

  • 自社株買いは将来に向けて良いことだと思います。

  • 経営者の方々に是非株主のみなさんが、よろこんでくれるような決算発表をお願いいたします。

  • 経営陣方々、是非、個人株主向けにアプラスさんの株を持っていてよかったなーと思える何か考えてほしいです。よろしくお願いいたします。

  • 経営陣方々、是非、個人株主向けにアプラスさんの株を持っていてよかったなーと思える何か考えてほしいです。そうすれば、少しは株式を公開している企業としての価値が出ると思います。個人株主を少しを大切にしてほしいです。

  • 日経に、アプラスフィナンシャル、ショッピング需要好調 の記事がありました。
    今後に期待したいです。

  • 株主優待でグルメ券とか、お米券とかあるといいですね。
    優先株の償却は大切なことだと思います。
    なかなか難しいかもしれません、是非経営者の方々の創意工夫で、優先株の償却と個人株主のみなさんが喜んでくれるような株主優待をお願いいたします。

  • 優先株の償却は大切なことだと思います。
    なかなか難しいかもしれません、是非経営者の方々の創意工夫で、優先株の償却と個人株主のみなさんが喜んでくれるような株主優待をお願いいたします。

  • なかなか難しいかもしれません、是非経営者の方々の創意工夫で、個人株主のみなさんが喜んでくれるような株主優待をお願いいたします。

  • 是非経営者の方々、個人株主のみなさんが喜んでくれるような株主優待をお願いいたします。

    他社様の株主優待制度をいくつか見ましたが、みなさんそれぞれに工夫しているようです。

    これからは、個人株主を大切にした経営が大事だと思います。

    株主優待制度の人気

     所有株数に応じて、優待内容が変わることが多いものの、所有株数に完全比例はせず、概ね名義ごとに付与されるため、零細株主であるほど金銭に換算した利回りが高いようです。
    それゆえ個人投資家に人気があり、個人株主を増やしたい企業は積極的に実施しています。

    上場企業として一般の少額株主に対して、配当金でなく株主優待として、株主1名に対して持ち株数に上限を設け大株主ではなく小口株主に有利になるようにグルメ券(お食事券)を配れば一般の少額株主に歓迎され、上場している価値があると思いますし、費用も少なく一般株主に喜ばれると思います。
     例として、株主1名に対して1万株を限度として千株単位で一株1円〜2円程度のグルメ券(お食事券)を配ればどうでしょうか。

     株主1名に対して1万株を限度すれば費用はそれほどかからないし、同じく千株単位にすることで費用も抑えられるのでいいと思います。

     是非経営者の方、一般個人株主に対して魅力のあるような株式上場をお願いいたします。

  • 是非経営者の方々、個人株主のみなさんが喜んでくれるような株主優待をお願いいたします。

    他社様の株主優待制度をいくつか見ましたが、みなさんそれぞれに工夫しているようです。

    これからは、個人株主を大切にした経営が大事だと思います。

    株主優待制度の人気

     所有株数に応じて、優待内容が変わることが多いものの、所有株数に完全比例はせず、概ね名義ごとに付与されるため、零細株主であるほど金銭に換算した利回りが高いようです。
    それゆえ個人投資家に人気があり、個人株主を増やしたい企業は積極的に実施しています。

    上場企業として一般の少額株主に対して、配当金でなく株主優待として、株主1名に対して持ち株数に上限を設け大株主ではなく小口株主に有利になるようにグルメ券(お食事券)を配れば一般の少額株主に歓迎され、上場している価値があると思いますし、費用も少なく一般株主に喜ばれると思います。
     例として、株主1名に対して1万株を限度として千株単位で一株1円〜2円程度のグルメ券(お食事券)を配ればどうでしょうか。

     株主1名に対して1万株を限度すれば費用はそれほどかからないし、同じく千株単位にすることで費用も抑えられるのでいいと思います。

     是非経営者の方、一般個人株主に対して魅力のあるような株式上場をお願いいたします。

  • 是非経営者の方々、顧客満足度も社員満足度もある会社で、一般個人株主に対しても魅力のあるような株式上場をお願いいたします。

  • 是非経営者の方々、個人株主のみなさんが喜んでくれるような株主優待をお願いいたします。

    他社様の株主優待制度をいくつか見ましたが、みなさんそれぞれに工夫しているようです。

    これからは、個人株主を大切にした経営が大事だと思います。

    株主優待制度の人気

     所有株数に応じて、優待内容が変わることが多いものの、所有株数に完全比例はせず、概ね名義ごとに付与されるため、零細株主であるほど金銭に換算した利回りが高いようです。
    それゆえ個人投資家に人気があり、個人株主を増やしたい企業は積極的に実施しています。

     また、株主優待による収入の所得区分は、一見すると配当所得に区分されそうですが、株主に対して法人が与えた経済的利益であっても、法人の利益の有無に関わらず支払われるものは、いわゆる利益の配当又は剰余金の分配とは性質が異なるものとされるため、配当所得からは除かれ、原則として雑所得として分類されるようです。

    経営者としては、トップライン強化に係る費用増加等の内部留保も大切だと思いますので、配当は、内部留保が充実したあとで、いいのかな。

     その前に、このままでは、ここ20数年は配当なし、優待無しでは、個人株主には、あまり魅力がない会社になってしまうので、上場企業として一般の少額株主に対して、配当金でなく株主優待として、株主1名に対して持ち株数に上限を設け大株主ではなく小口株主に有利になるようにグルメ券(お食事券)を配れば一般の少額株主に歓迎され、上場している価値があると思いますし、費用も少なく一般株主に喜ばれると思います。
     例として、株主1名に対して1万株を限度として千株単位で一株1円〜2円程度のグルメ券(お食事券)を配ればどうでしょうか。

     株主1名に対して1万株を限度すれば費用はそれほどかからないし、同じく千株単位にすることで費用も抑えられるのでいいと思います。

     是非経営者の方、一般個人株主に対して魅力のあるような株式上場をお願いいたします。

  • 是非経営者の方々、個人株主のみなさんが喜んでくれるような株主優待をお願いいたします。

    他社様の株主優待制度をいくつか見ましたが、みなさんそれぞれに工夫しているようです。

    これからは、個人株主を大切にした経営が大事だと思います。

    株主優待制度の人気

     所有株数に応じて、優待内容が変わることが多いものの、所有株数に完全比例はせず、概ね名義ごとに付与されるため、零細株主であるほど金銭に換算した利回りが高いようです。
    それゆえ個人投資家に人気があり、個人株主を増やしたい企業は積極的に実施しています。

     また、株主優待による収入の所得区分は、一見すると配当所得に区分されそうですが、株主に対して法人が与えた経済的利益であっても、法人の利益の有無に関わらず支払われるものは、いわゆる利益の配当又は剰余金の分配とは性質が異なるものとされるため、配当所得からは除かれ、原則として雑所得として分類されるようです。

    経営者としては、トップライン強化に係る費用増加等の内部留保も大切だと思いますので、配当は、内部留保が充実したあとで、いいのかな。

     その前に、このままでは、ここ20数年は配当なし、優待無しでは、個人株主には、あまり魅力がない会社になってしまうので、上場企業として一般の少額株主に対して、配当金でなく株主優待として、株主1名に対して持ち株数に上限を設け大株主ではなく小口株主に有利になるようにグルメ券(お食事券)を配れば一般の少額株主に歓迎され、上場している価値があると思いますし、費用も少なく一般株主に喜ばれると思います。
     例として、株主1名に対して1万株を限度として千株単位で一株1円〜2円程度のグルメ券(お食事券)を配ればどうでしょうか。

     株主1名に対して1万株を限度すれば費用はそれほどかからないし、同じく千株単位にすることで費用も抑えられるのでいいと思います。

     是非経営者の方、一般個人株主に対して魅力のあるような株式上場をお願いいたします。

  • 是非経営者の方々、一般個人株主に対して魅力のあるような株式上場をお願いいたします。

  • 是非経営者の方々、個人株主のみなさんが喜んでくれるような株主優待をお願いいたします。

    他社様の株主優待制度をいくつか見ましたが、みなさんそれぞれに工夫しているようです。

    これからは、個人株主を大切にした経営が大事だと思います。

    株主優待制度の人気

     所有株数に応じて、優待内容が変わることが多いものの、所有株数に完全比例はせず、概ね名義ごとに付与されるため、零細株主であるほど金銭に換算した利回りが高いようです。
    それゆえ個人投資家に人気があり、個人株主を増やしたい企業は積極的に実施しています。

     また、株主優待による収入の所得区分は、一見すると配当所得に区分されそうですが、株主に対して法人が与えた経済的利益であっても、法人の利益の有無に関わらず支払われるものは、いわゆる利益の配当又は剰余金の分配とは性質が異なるものとされるため、配当所得からは除かれ、原則として雑所得として分類されるようです。

    経営者としては、トップライン強化に係る費用増加等の内部留保も大切だと思いますので、配当は、内部留保が充実したあとで、いいのかな。

     その前に、このままでは、ここ20数年は配当なし、優待無しでは、個人株主には、あまり魅力がない会社になってしまうので、上場企業として一般の少額株主に対して、配当金でなく株主優待として、株主1名に対して持ち株数に上限を設け大株主ではなく小口株主に有利になるようにグルメ券(お食事券)を配れば一般の少額株主に歓迎され、上場している価値があると思いますし、費用も少なく一般株主に喜ばれると思います。
     例として、株主1名に対して1万株を限度として千株単位で一株1円〜2円程度のグルメ券(お食事券)を配ればどうでしょうか。

     株主1名に対して1万株を限度すれば費用はそれほどかからないし、同じく千株単位にすることで費用も抑えられるのでいいと思います。

     是非経営者の方、一般個人株主に対して魅力のあるような株式上場をお願いいたします。

  • 是非経営者の方々、個人株主のみなさんが喜んでくれるような株主優待をお願いいたします。

    他社様の株主優待制度をいくつか見ましたが、みなさんそれぞれに工夫しているようです。

    これからは、個人株主を大切にした経営が大事だと思います。

    株主優待制度の人気

     所有株数に応じて、優待内容が変わることが多いものの、所有株数に完全比例はせず、概ね名義ごとに付与されるため、零細株主であるほど金銭に換算した利回りが高いようです。
    それゆえ個人投資家に人気があり、個人株主を増やしたい企業は積極的に実施しています。

     また、株主優待による収入の所得区分は、一見すると配当所得に区分されそうですが、株主に対して法人が与えた経済的利益であっても、法人の利益の有無に関わらず支払われるものは、いわゆる利益の配当又は剰余金の分配とは性質が異なるものとされるため、配当所得からは除かれ、原則として雑所得として分類されるようです。

    経営者としては、トップライン強化に係る費用増加等の内部留保も大切だと思いますので、配当は、内部留保が充実したあとで、いいのかな。

     その前に、このままでは、ここ20数年は配当なし、優待無しでは、個人株主には、あまり魅力がない会社になってしまうので、上場企業として一般の少額株主に対して、配当金でなく株主優待として、株主1名に対して持ち株数に上限を設け大株主ではなく小口株主に有利になるようにグルメ券(お食事券)を配れば一般の少額株主に歓迎され、上場している価値があると思いますし、費用も少なく一般株主に喜ばれると思います。
     例として、株主1名に対して1万株を限度として千株単位で一株1円〜2円程度のグルメ券(お食事券)を配ればどうでしょうか。

     株主1名に対して1万株を限度すれば費用はそれほどかからないし、同じく千株単位にすることで費用も抑えられるのでいいと思います。

     是非経営者の方、一般個人株主に対して魅力のあるような株式上場をお願いいたします。

  • イオンの「業績好調を受け若手従業員と株主に還元へ」ニュースがありました。
    少し無理しても、経営者はみんなのこと、とりわけ弱者のことを考えることがこれからは大切だと思います。
    経営者の方々よろしくお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ