IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1602コメント)

  • 悪魔の増資!MSワラントとは?
    上場企業が資金調達をする方法は、一般的に2種類あります。
    1つは、新たに株を発行して投資家から資金を集める「公募増資」、もう1つは「銀行からの借り入れ」です。 しかし、赤字が続く企業は信用力が落ちているので、これらの方法では資金調達ができません。そこで、やむを得ず「特典をつけて安くするから、株を買ってください!」といって、買い手(引受先)がお得になる条件をつけた、株を買う権利を発行します。これが「MSワラント」です。
    タイトルに「悪魔の増資」と書きましたが、最大の理由は、すでに投資をしている株主が損をする増資だからです。そして、引受先である証券会社などが、確実に利益を得られるようになっています。投資家にとってデメリットが多いので、「悪魔の錬金術」ともいわれています。

  • 海外産はちょっと打つのはためらってしまうな。
    俺は国産を待つわ。

  • BS1スペシャル日曜19時のゴールデンタイムにやってたな。
    東大河岡教授は情熱大陸でも出てた。
    KMバイオロジクスの社長も一緒に出演してた。
    改めて国産ワクチンの重要性を認識したわ。
    あの教授はゾフルーザの効用について色々試験したかたと思う。

  • 海外産ワクチンにはまだ不安がありそうだ。
    国産ワクチンの接種についてアンケートしてほしい。
    ワクチン接種、あなたの考えは? 投票数:295,829票
    当面接種を受ける気がない40.3%
    様子をみてから接種を受けたい29%
    すぐに接種を受けたい28.1%
    どちらとも言えない/その他2.6%

  • 今日もどこかの番組で特集ないのか?笑
    スガちゃんがひと言”国産ワクチン”と言ってくれるだけでええのにな。

  • 「ファイザー製ワクチン接種可能人数減る恐れ「1瓶6回」を5回に変更」
    接種人数減、マイナス70℃冷凍管理、二回接種、コスト高など面倒だよ。

  • 工作機械受注、1月886億3100万円 3カ月連続850億円超
    2021/2/10
    日本工作機械工業会(日工会)が9日発表した1月の工作機械受注額(速報値)は、前年同月比9・7%増の886億3100万円で、3カ月連続の増加となった。中国を中心とする外需の拡大傾向が続き、3カ月連続で850億円を上回った。日工会では、受注水準について「1月は中国で旧正月の影響が出てくるが、これまでと大きく変動しておらず、まずまずの状態だ」と捉えている。(機械・航空機に関連記事)
    内需は同10・9%減の263億6700万円で、26カ月連続の減少となった。300億円を下回るのは2カ月ぶり。年初からの緊急事態宣言による設備投資見合わせなどが影響したとみられる。
    外需は同21・6%増の622億6400万円で、3カ月連続の増加。中国の回復継続などにより、3カ月連続で600億円を上回った。期末効果が表れる12月と比べると減少したが、11月比でほぼ同額となり「(受注回復の)流れを保てている」(日工会)状況だ。

  • >>No. 485

    さすが投資の鬼ですな。
    株以外にも幅広くみられていますな。
    今朝の日経で興味深い記事がありました。
    さてどうなのか。

  • 昨晩のNEWS23は特集してたな。
    海外産の供給不安に伴う国産ワクチンの重要性、日本人にマッチする、2~8℃の通常管理、1回接種、変異種にも対応などメリットが大きそう。

  • 決算またぎの勝負しないでよかったわ。
    落ち着いた頃に買わしてもらいます。

  • 現在の塩野義方式は変異種が厄介らしいが対応してくれると信じてる。

  • また高値更新オメ♪

  • ワクチンの保管・輸送に必要な超低温冷凍庫を、国内メーカー4社が政府から計1万台程度受注したらしいな。
    ファイザー、モデルナの供給体制が整ってきたな。
    主導権は握られた状態であるが、このままでは想定外の副作用や供給不足など相手の失策を待たなければならん。
    二月末に何らかの進捗報告はあると思うが、ほんと急げよ。

  • >>No. 469

    中国も春節でコロナ再燃が心配ですが、まあ基本ガチホールドでしょう。
    ファナックはEV車向けの引き合いが米中でかなりあるようです。
    溶接、塗装のほかにバッテリーやモーターの組み立てにロボットを使う流れもあり需要は増える見込みとありました。

  • 日経記事に掲載されてるな。
    「新型コロナウイルス感染症の重症者の治療に関節炎の治療薬「トシリズマブ」が有効だと発表した。免疫に関わる生理活性物質であるインターロイキン6(IL-6)の働きを抑える機能を持ち、大阪大学と中外製薬が共同開発した日本発の医薬品だ。」

  • モデルナ製ワクチン冷凍庫、国内4社が受注 合計1万台
    2021.2.9.
    米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの保管・輸送に必要な超低温冷凍庫を、国内メーカー4社が政府から計1万台程度受注した。
    モデルナ製ワクチンの国内流通は武田薬品工業が担う。他3社は保管用で、各自治体の接種会場に割り当てられる。

  • 来週の決算発表と同時に何かIR出してくるのかどうか。
    それとも決算発表前の12日金曜日あたりが怪しい気がする。

  • 日経紙面にも関連記事掲載しとるな。
    他の産業ロボットよりEV車においては技術的に有利な気がする。

    ファナック、EV向け工作機械を開発 21年から生産 
    2021.2.7.
    ファナックは電気自動車(EV)部品向けの工作機械を開発した。加工精度を従来の2倍以上に高め、きめ細かな加工が求められる電動車のモーター部品に対応できるようにした。各国政府が自動車の環境規制を強めるなか、今後の車用モーター向け加工機械の需要拡大に備える。
    モーターの中核部品を大量生産する際に使う金型の製造に向く。1マイクロ(マイクロは100万分の1)メートル程度の誤差で加工できる。モーターの中核部品は厚さ1ミリ以下の薄い鋼板を金型で打ち抜き、数十~数百枚重ねてつくる。少ない電力で効率的に動くモーターとするには、金型段階から精度を高める必要がある。
    ガソリン車や家電向けの市場を想定していた従来の加工機の構造を20年ぶりに刷新し、本社工場(山梨県忍野村)で生産する。参考価格は1450万~1750万円で、年1200台の生産を目指す。センサーと人工知能(AI)を組み合わせ、経験の浅い作業員でも熟練工並みの安定した加工ができるようにした。
    新製品はファナックの産業用ロボットとも連携させやすく、完成した金型の取り出しなども自動化できるという。従来は作業員が入れ替えていた。

  • 「CRX―10iA」が日刊工業新聞社主催の第63回十大新製品賞を受賞

  • 塩野義は経産省から「サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金」で150億円、厚労省から「ワクチン生産体制等緊急整備事業」で223億円、計373億円受け取っている。
    国内製薬会社のなかで一番助成金をもらっている。
    残念ながら出来ませんでしたでは済まされない。

本文はここまでです このページの先頭へ