ここから本文です

投稿コメント一覧 (2350コメント)

  • >>No. 250

    明確な理由がなければ金も集まらないし、株価も上がらない

    NECは研究開発が時流に乗れば大儲け  歴史が物語っている

  • 株主を向いた経営   ⇒とはなんだろうか  様々な意見がある命題

    みずほ、OKI 配当が良いことで知られているが株価は低迷
    NECはリストラと研究開発費優先で減配するも、積極的な経営姿勢で業績回復見込みが認められ、株価は先高期待で上昇

    これからは企業ごとの特徴を見極めた「個別物色」が求められているとか
    たしかに NECから研究開発がなくなったら何も残らないだろね
    今、NECの株主はAIで株価が大化けすることに賭けて居る
    ドイツのメルケル首相もNEC本社のショウルームを視察に来た・・・

  • 来週月曜日、火曜日は3800円台があるかもしれない  その理由

    円安、日本株高の要因
    ① 米中貿易交渉が合意に向けて前進
    ② 米国政府機関閉鎖が回避された (国家非常事態宣言は大げさだが)

    円高、日本株安の要因
    ③ サンフランシスコ連銀総裁「本年、利上げを見送る可能性がかなりある」との見解
    ④ 米1月鉱工業生産が予想外のマイナスに落ち込んだ

    日本株高の要因
    週末のNYダウ、NASDAQが大幅高

    特記事項  月曜日の米国株式市場は休場(祭日⇒大統領の日)

    株は一寸先は闇で何が起こるかわからんけどさ

  • 今朝 9時5分ごろ

    14万株のまとまった売りがあり、一瞬 3605円を付けました。
    金額にして約5億円の取引でした。
    その後3700円台に戻したところを見ると、どこかがNEC株の値動きの弾力性を試したのではないかな?
    昨日の新高値などもあわせて
    押してダメなら引いてみな ってところ
    値動きの重さを再確認できたと同時に、安定した長期の上昇モードが感じられた。

    それに比べれば今朝のカーボン4社の下げっぷりは見事です。
    やはり長期保有はNEC株がいーですねー

  • ニューヨーク株式相場   3日ぶりに反落

    米経済指標の悪化で景気減速懸念が高まる  

    NEC株価への影響は如何に  ←今日の見所

  • 中期予報

    米中協議は大人の対応を予想 (真珠湾攻撃は無い)
    これから4月にかけて日経平均は22000円に向けてじわじわ上昇するだろ
    NECも下値は堅いだろう
    NECは5月から先、化けそう(4000円台へGO)なので買いたい人はお早めに
    昨年8月からの動きは
    2900⇒3100⇒3350⇒3500⇒3700円台の今 
    ファンダメンタルの改善を読めず、テクニカルにのみに頼って弱気になり買えなかった人たちが、今更買えるとは思えないが・・・ここはじっくり考えましょう

  • 米中貿易協議とメキシコの国境の壁問題が解決すれば株価は跳ねます
     ⇒ ファンダメンタル分析
    <<※ 新高値をつけた日に...※ 買い増しなどするは...※【ド素人】のやることだ...【是】
     ⇒ テクニカル分析

    どうなるか 見ものでんなー

  • 要するになんですな

    米中貿易協議の先行きに明るさが見えてきたことと
    メキシコとの国境の壁問題でも妥協点が見えてきたことが、まわりまわってNECの株価を押し上げている・・・っちゅう図式でしょ  
    そこんところが今週、来週の見どころデおます

    (株式投資に関係ない場外乱闘で余計なエネルギー消費は避けましょう
    場外乱闘の投稿しかできない人は他に迷惑でしょうから、その種の投稿はなるべく控えましょう)

  • 2019/02/14 11:13

    <<※ 株価ボードが...
    <<※【青】に なっちゃった。

    買いのチャンスやないけ

  • ここしばらくは3700円台で買える最後のチャンスかもねー

    去年の8月ごろから始まった上昇パターン
    2900円、3100円、3350円、3500円の頃と同じパターンやでー

    5G、AI ドイツのメルケル首相もNEC本社のショールームを視察

    来期は(5月ごろから)4000円に届きそうな勢い

    未だ持ってない人は他の株売ってでも買いやなー

  • <<この〜〜〜
    <<詐欺師の大風呂敷野郎🎵

    おもろい人やなー
    あんだけ待ち望んどった3800円に乗せたのに、怒り新党でっか?
    待ちきれずに、3800円の手前で他銘柄に乗り換え、それが下がってしまったんでっか?
    それと・・・
    数千万円、数億円の株もってる個人はゴロゴロおるで
    それを大風呂敷なんて思うのは あんたも世間知らずやのー ホンマ
    他人が儲かろうと損しようとナンボ持っとろうとアンタにはカンケイないでしょ?
    自分の投資に邁進しなさーい

  • 今日は3800円前後になってもおかしくない相場つきになってきた

    1ヶ月 出来高つきの日足を見ていると
    出来高が少なくても、ひょこっと3800円つけそうな予感
    3800円になったからといって特に感想は無いが・・・そんな感じ

  • >>No. 196

    ちんこかゆい ぐらいではすまんでー  ホンマ 気ーつけーやー

  • <<【バカ】が出てくると下がりそうやわ🎵

    3Q決算発表前から、すぐにでも3800円になるといってた御仁やな

    今日も3800円にとどかず  イライラがつのりまんなー
    3800円になったら即売って他銘柄を買おうと思ってるんとちゃいまっかー
    過去の投稿たどってみたら 上値の重さにしびれ切らして一部売り払い
    他銘柄を買うたそうやな
    5銘柄に分散凍死がえーとか  はよNECから逃げたいんか?

    3800円になったら売りが殺到と見た機関投資家が3800円手前で
    買いを手控えとるんが手に取るようにみえるわ

    この投稿読んで怒り沸騰やろなー
    明日からも怒りの返答まっとるでー
    株は怒りで切れたら負け すってんてんになるだけや

    株は心理戦 気ーつけーやー ケツの毛までぬかれるでー

  • 富士通 後場 怒涛の下げ  NECは普通に3775円前後

    富士通はNECが引きずられることもなく、わけもなく急に騰がったり下がったりすることがしばしばある。
    そして最近NECが追い上げ、富士通の半値と「抜きつ抜かれつ」の状況になってきた
    直近、 富士通の半値 > NEC の状態だったが また 後場,イコール状態に近づいてきた
    富士通の決算はあまり詳しく見てないんだが、何か問題あるのかな?
    富士通はズーっと高値圏で株価変動が激かったため、長期投資に踏み込まなかったが
    今はほっとしておりますだ

    NECは緩くても上昇モードだからね

  • 日経平均 21000円台に   去年12月19日以来

    NEC 去年12月19日の終値  3500円  現在3755円で  7%強の上昇

    3Q決算内容から見て妥当な上昇率  長期投資にピッタリの株だす
    株価を決める機関投資家の計算はシッカリしとるわ
    カーボン4社のように株価が暴れると長期投資にはむきまへんなー
    東海バカーボン 昨日は13%上昇 今朝は6%下がる ロデオみたい

    今日は NISAの日(2月13日) 
    NISAの株は担保に入らないので忘れとったけど
    NEC株600株ほど別枠でNISAに持って居ったわ

  • 富士通とNECを比べてみていると良く分かる

    富士通は人気株 上がるときも下がるときもNECより勢いが良い
    東海バカーボンなんか しょっちゅうバカアゲとバカ下げを繰り返しておる
    NECは上値が重く、下値が堅いのが特徴
    現在の業績に対して上限近くまで買い上げられていることが原因のようだす

  • ドル高がいい  と言ってるような証券会社の営業マンは信じないほうが良い
    (ドル高は新興国(や中国)の経済を破壊してしまうから) (かまたさん語録)
    (∵ 世界中のお金が米国に集まってしまうから 後進国の産業がまわらなくなる
    これわかる人おるかな?)

  • メキシコの壁  解決しそう  という関係者発言のニュースで

    再び円安、日経平均とNECの株価が上昇に向かう

    直近 米中貿易交渉とメキシコの壁の解決があれば3800円超えるかも
    買いたい人は今買っとけばどうでっか
    逆もあるけどな  これが短期の人の博打でんなー
    長期の人はどこで買ってもイッショやでー

  • <<NECキャピタルソリューション 8793
    <<決算発表で株価急伸
    <<NECの持分会社。リース取り扱いはNEC関連など情報通信機器約8割。

    昔は日本電気リースという名前でNECのコンピュータのリースが主力だったはずだが、NECの変貌と共に変わりましたなー
    今後はNECの5G基地局機材売り上げと共に伸びるとなれば、NECの業績のバロメーターになるということで、注目しておかなければなりまへんなー
    (長期投資家が目をつけるところであります)

本文はここまでです このページの先頭へ