IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (334コメント)

  • 阪神電車内で、阪神の駅で甲子園開幕巨人3連戦だけの
    広告なんて初めて見た。

    余程、売れていないのだろう。これはタイガース本拠地
    開幕の京セラドームも同じ状況。

    甲子園開幕・京セラ開幕ともに平日開催を差し引いても
    未だ売り切れていない何て、最近は記憶がない。

    甲子園開幕は巨人戦。京セラでは1塁側、ライト上段も
    余っている。

    その巨人戦、HPを見る限りビジター応援席も3連戦とも
    空席あり、関西の巨人ファンも盛り上がってないようだ。

    でも視聴率が関西でも高かったWBC、これを見る限り
    野球ファンが減ってるとは思えないが…

    とにかく点が入らない面白くない試合を昨年嫌と言うほど
    見せられたファン、消化不良で球場を後にした…。
    これが影響しているのであろうか?

  • >>No. 57

    神宮の試合だったらフジテレビのCS放送が全て放送。
    パックセットじゃなくてフジテレビONE+TWOを契約
    すれば1050円で済んだのに…、

    まあ今更、言っても遅いか。

  • 開幕戦で17安打、今年の打線は凄いと思わせたのも数時間。
    昨日、今日はチャンスに1本でない、これじゃ昨年と同じ。

    先発投手も辛抱し切れなくなる。そんな中で藤浪は頑張った。
    何で本拠じゃなく神宮デビューなの?と思ったが対戦カード
    を見ると納得。

    4月の平日は、中日・巨人・中日・巨人の各3連戦と続く。
    幾らなんでも藤浪登板は荷が重い。

    今の調子が続き日曜日の登板が続けば前半戦の巨人戦の
    登板はない。何とも偏った対戦カード。早く巨人打線に
    立ち向かう藤浪を見たい。

    でもその分、広島やDeNA戦の登板が多くなり白星が増える
    可能性も…。

    とにかく打撃陣は奮起あるのみ、開幕カード1勝2敗と負け越し。
    ますます本拠地開幕が盛り上がらない。始球式は何と松田聖子!
    なんだこりゃ…!!タイガースとの縁は何かあるの??




  • メッセンジャーまさかの乱調で0-5 
    このまま負けていれば最下位

    しかし、中継ぎ陣は踏ん張った。
    そして9回、5-5の同点から鳥谷1号で勝ち越し。
    その裏、久保がセーブ…、はずが2アウトから同点に
    サヨナラ負けも覚悟したが、相手走塁死で延長戦へ

    残る投手は能見だけという状況になり、久保が4回投げ切る。
    昨年までの先発経験が生きて最後までタマ衰えず。

    最後の攻撃、12回福留1号で再度引き離す。
    その裏はピシャリで久保2勝目。

    広島にダメージを与える戦いだったが明日は雨予想。
    無理なか?中止の場合、日曜の先発は岩田がスライド?
    それとも藤浪? 

    ABCのラジオ中継は広島・RCCからネットだったけど
    MBSは大阪から乗り込んで自社制作。放送では自社制作を
    しきりに訴えていた(笑)

    それにしても怪我の場面をよく見る。昨夜は巨人の高橋。
    今夜は良太。良太は自分で歩けたから軽傷なら良いが…。

  • 甲子園開幕 巨人の連勝を阻む。
    これで今季、3連戦の初戦は全て勝利。
    問題はそれ以後、まだ未勝利。今夜こそ!

    広島2戦目が中止で3戦目の先発は岩田がスライド。
    この時点で、甲子園開幕に藤浪と期待した人もいたが、
    能見の登板は不動。これは当然であろう。見事な結果。
    これでこそエースである。

    試合後のヒーローインタビューは能見と先制打のマートン
    「ノーミサン アイシテル!」この展開は想定内!

    巨人キラー復活! 
    これは次の東京ドームで好投するまで取っておこう。

    とにかくチームは今夜も勝って勝率5割、Aクラスを
    確実な物にしてもらいたい。スタンリッジ頼んだぞ!

  • 伝統の一戦で歴史的勝利だ!! 

    阪神は榎田大樹投手(26)が先発初勝利を挙げる好投で、
    巨人を完封。球団史上初めて、G3連戦をすべて0封する
    快挙を成し遂げた。

    さらに今季初の連勝&カード勝ち越しで、勝率5割に復帰。
    甲子園で宿敵相手に息を吹き返した虎が、ここから一気に突っ走る!!

    ttp://www.sanspo.com/baseball/news/20130412/tig13041205060011-n1.html

    開幕から7試合で13本塁打、しかも7連勝の巨人を迎えて
    3試合、0点に抑えた投手陣は凄い!となれば2戦目の
    得点0が実に惜しい。福原・安藤・久保、こんな方程式は
    夢にも思わなかった。安藤復活は嬉しい限り。久保もう安心!

    それにしても榎田!2度目の先発も好投。完全にローテーション入り
    今では同じ左腕の岩田より信頼できる。入団から2年間の中継ぎ登板、
    これ、、使い方を間違っていたかも…。

    昨年5勝しかできなかった巨人戦、来週火曜日からの東京ドームでの
    試合が楽しみになってきた。その前に今晩から甲子園のDeNA戦に
    勝ち越して、できれば連勝して東京へ乗り込んでもらいたい。

  • 今季東京ドームで負けなしの10連勝、昨季から通じて14連勝中
    の巨人を止めたのは、阪神先発の榎田大樹投手(26)だ。

    4回1死満塁のピンチにボウカーを空振り三振、村田を三ゴロに打ち
    取るなど7回2/3を投げ1失点。
    前回登板の11日巨人戦(甲子園)に続く好投で2連勝をマークした。

    「しっかりとゲームを作れていると思います」と自信を付けていた。
    ttp://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130418-1114340.html


    阪神マット・マートン外野手(31)が3安打5打点と大暴れした。
    2点リードの3回2死一塁、巨人沢村から今季1号となる左越え2ラン。

    さらに適時二塁打を2本放ち、来日4年目で自身最多の5打点をあげた。
    昨季から東京ドーム14連勝中だった巨人に土をつけ、「とにかく勝ち
    たかった。勝てて良かった」と笑顔だった。
    ttp://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130418-1114273.html


    完全復活のマートンも凄いが、凄さでは榎田が一枚上。東京ドームでの巨人の
    連勝を止める大金星。2日間巨人の一発攻勢で連敗を喫しただけにプレッシャー
    は相当あったと思う。昨夜は特に大事な1戦、そこで好投。心強い!

    巨人との差を縮めるのは容易ではないが対巨人で優位に立てればCSが面白く
    なる。

  • タイガース戦に限らずナゴヤドームでは負けないという
    イメージが強い中日。でも今年は3連戦で2回負け越し
    まだナゴヤドームで巨人とはまだ戦ってないのに…

    4連勝中のタイガース、今の勢いで苦手ナゴヤドームを
    克服しよう。

    それにしても今年のタイガース、甲子園で7勝1敗1分
    そのうち、何と7試合は相手を0点に抑えている。
    長いことタイガースファンをしてるけど、記憶にない。
    前売りの発売状況は例年にない不振だけど、これだけ
    勝てば売れ行きは上向くだろう。

    巨人の独走は無いと信じたい…!
    タイガース以外のチーム、巨人に勝ってくれ!

    今のままでは、CSシリーズの存在が悪影響を及ぼすシーズン
    になってしまう…、Aクラス狙いで独走する巨人戦より
    他チームとの対戦を重視すればペナントレースを白けてしまう。



    今夜の地上波テレビ放送は7chで18時30分~20時54分
    20時54分~は、
    ttp://www.ustream.tv/channel/chunichidragons
    で見れそう。

    中日の先発は吉見 ここまで0勝2敗 防御率4.95 
    と不調。これはチャンスあり!

    頑張れ能見! 頑張れタイガース!!

  • 阪神戦の完全中継で地元ファンから愛され続けてきた
    サンテレビ(神戸市中央区)が、25日の中日戦
    (ナゴヤドーム)で、空前絶後の中継3000試合を
    迎える。

    開局1年目の1969年5月6日・広島戦から数えて、
    足かけ45シーズンにわたり猛虎と共に歩んできた
    名物中継『サンテレビボックス席』。

    通算3002試合目となる4月29日(祝・月)の
    広島戦では「3000試合記念中継」と併せ、デイリー
    スポーツ評論家・岡田彰布氏や掛布雅之氏らが出演
    するスペシャル番組も放送される。

    江夏‐田淵の黄金バッテリーに始まり、掛布、岡田、
    真弓らの“85年日本一軍団”や“カメシンブーム”を
    巻き起こした亀山、新庄らを経て、2003年の
    星野、05年の岡田両監督のリーグ制覇から現在に
    至るまで、サンテレビは常に猛虎に寄り添った中継
    を続けてきた。

    1969年5月1日に開局し、その5日後の広島戦
    (甲子園)から始まったテレビ局初の完全中継。
    45シーズン目にして、ついに『3000』の節目
    を迎えた。

    中継1試合目の実況は松島武雄アナウンサーで解説
    は元阪急の盗塁王、ロベルト・バルボン氏。以後、
    長年サンの野球中継を支えた西澤暲アナウンサー
    の他、NHKの名アナだった岡田実氏や土門正夫氏
    らを加え、独自の中継スタイルを築いてきた。

    入社10年目の88年からスタッフに加わり、現在
    もその中心で活躍する谷口英明アナ(現報道制作局
    アナウンス室室長)は、阪神戦全中継の約10分の1
    にあたる300試合の実況を担当。過去を振り返り、
    こう話した。

    「昔と今では選手の気質もファンの層も随分変わり
    ましたね。昔は大人の男性ばかりでしたが、今は
    ファミリーや女性も多い。そんなファン層の拡大に
    貢献してきたという自負はあります」

    南海ファンだったという自身もサンテレビの中継の
    影響で“ミスタータイガース”田淵幸一(現野球評論家)
    を愛する熱烈な虎党に鞍替えし、そして同局入社に
    至った。

    そんな谷口アナが選んだ中継ベスト試合は、岡田阪神
    がリーグ優勝を果たした2005年9月29日の巨人戦。
    何から何まで“筋書き通り”に運んだ中継だったという。

    「先発下柳で終盤JFKにつないで胴上げ…。頭の中で
    絵を描いていたんですが、本当にその通りになった。
    現場での中継が終わる午後9時20分までに優勝インタ
    ビューや場内一周も全て見せることができました。自分
    にとっても念願の阪神Vの瞬間を伝えられたし、まして
    それが宿敵巨人が相手で甲子園でしたから…。燃え尽きた
    感じになりましたね(笑)」

    谷口アナは1998年5月26日の『川尻ノーヒット
    ノーラン』や、91年10月13日のダブルヘッダー
    『山本カープ優勝』を思い出の中継に挙げる。だが、
    サンテレビには平均視聴率28%を叩き出した“伝説の
    一戦”が燦然(さんぜん)と輝いている。
    1992年9月11日・ヤクルト戦(甲子園)だ。

    “サンテレビの9・11”と言われるこのヤクルト戦は、
    八木の“幻のホームラン”などで6時間26分という
    史上最長試合となった。中継終了は日付が変わった
    午前0時41分。史上最長放送を実現したサンの名は、
    全国にとどろくことになった。

    愛の完全中継 「タイガースがある限り、どこまでも
    試合終了まで中継をするというポリシーはこれからも
    変わりません」とは編成局・江副純夫局長。区切りの
    3000試合を迎えてもスタンスは同じ。猛虎を愛し、
    猛虎を愛する視聴者を愛して完全中継‐。地上波中継が
    消えつつある今、サンテレビの放つ光は文字通り“太陽級”
    と言っていい。

    http://www.daily.co.jp/tigers/2013/04/23/2p_0005922432.shtml
    http://www.sun-tv.co.jp/oh_3000/

    今でこそ、テレビ欄を見ないと、サンテレビの中継があるのか
    分からないが昔は、火曜、木曜、金曜、土曜の甲子園、広島、
    神宮、横浜での試合は必ずと言っていいほど中継があった。
    ただ横浜や神宮での試合はテレビ神奈川の制作だったので聞き
    づらかった(笑)

    そのテレビ神奈川も野球中継は27試合に留まるし、今では
    サンテレビが横浜や神宮に乗り込んで自社制作をしているので
    敵地でもタイガースファン向けの放送が聞けるようになった。

    視聴率が望めるので在阪他局も放っておかないコンテンツと
    なり、放映権の獲得が難しくなり甲子園での中継数が減少。
    お陰で試合後半がテレビで見れなくなった。何とか朝日放送との
    間で行っているリレー中継を他局でも行ってもらいたいところだが
    難しいのだろう。残念、、、NHK-BSとの競争もあるが

    これからもがんばれサンテレビ!

  • 阪神・藤浪晋太郎投手(19)が28日のDeNA戦で、
    6回5安打3失点で3勝目をマークした。

    大阪桐蔭時代から好きな投手はダルビッシュ(レンジャーズ)
    と前田健(広島)。それ以外にも目標とする投手がいた。
    同じく甲子園を沸かせた松坂(インディアンス3A)だ。

    西谷浩一監督からも「高校時代の松坂は唯一どうしようもない
    投手だった」と聞かされた。だからこそ、昨春センバツ優勝時
    には「夏は松坂投手のような投手になっていたい」と話し、
    見事に春夏連覇を達成し、高校時代の松坂に実績で肩を並べた。
    そしてこの日、「4月3勝」で1年目の松坂を超えた。

    「個人記録には興味がないので、チームとして勝ててよかった」。
    初めて敵地でヒーローインタビューを受けた藤浪は、いつものように
    謙虚な言葉を口にした。

    目下3勝はリーグトップタイで防御率も1・67。高卒新人での
    月間MVPとなれば、史上3人目で、4月での受賞は初となる。
    しかし、今の藤浪には「高卒新人」の枠を超えた凄さとうまさがある。

    ttp://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/29/kiji/K20130429005706930.html

    気になるのは巨人・菅野だったがヤクルト戦で黒星、藤浪と同じ
    3勝1敗。3勝0敗のヤクルト・小川がいるけど防御率は藤浪が上。
    防御率0.61で断トツ1位の榎田、打線が奮起していれば4つ勝てた
    だけに残念だが、今月は藤浪に譲って、来月のMVPを目指して欲しい。

  • 【巨人】5・5超豪華始球式!投手・松井さん!打者・長嶋さん!
    球審・安倍首相!捕手・原監督!

    スポーツ報知 5月1日(水)7時3分配信

    5月5日に東京ドームで行われる長嶋茂雄・巨人終身名誉監督(77)と、
    球団OBでヤンキースなどでも活躍した松井秀喜氏(38)の国民栄誉賞
    授与式で、サプライズ企画が用意されていることが4月30日、分かった。

    広島戦前の始球式では松井氏が投げ、打席にはミスターが立つ。さらに
    原監督が捕手、安倍首相が球審を務めるという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130430-00000152-sph-base

    いつのまにか国民栄誉賞も読売の食い物になってしまったのか?
    何故、野茂じゃなく松井なのか? これも解決したね。

    もちろんミスタータイガース掛布に憧れていた松井に何の罪もない。
    読売に利用されただけ。

    プロ野球界はいつまで経っても読売の遣りたい放題!

  • 今日から始めるGW4連休、今日から甲子園で3連戦が始まる。
    例年なら2月の前売り発売と同時に売り切れても不思議じゃないのに…

    スター選手であった金本・球児の退団が影響しているのか? 
    最近、優勝できず不甲斐ないタイガースに愛想を尽かしたのか?
    昨年、本塁打・得点が少なく球場に行っても盛り上がらず面白く
    ないと感じたのか?


    藤浪が投げる予定の日曜日でさえ空席がある、これはファン自体が
    減ったと考えて良いのかもしれない。

    テレビの画面を見て思うのはバックネット裏の年間指定席に空席が
    結構見える。接待等でチケットは貰ったが見に行かなかい?
    何と勿体ない。

    先の9連戦を4勝5敗と負け越けこし、巨人との差はさらに開く。

    その巨人、7月に甲子園である6試合分が先月末、一斉に発売。
    案の定、発売状況は芳しくない。聖地・ライト指定席でさえ空席表示
    これは異常! でも今後はこれが当たり前になっていくのだろうか?

    営業サイドにしても7月に6試合もあるのは困惑だろう。レフト
    ビジター指定席も埋まらない。巨人ファンも見に行かない…。
    これには別の問題も…。

    ここ数年、京セラや神戸で巨人主催の試合が行われている。大阪府
    や兵庫県で巨人が試合をするにはタイガースやオリックスの了解が
    必要のはず。

    甲子園やオリックス=巨人が満員にならない今、関西で巨人の主催
    試合をすることで両球団は営業的損失を被る。それなら2試合分を
    地方で行った方が野球ファンの為になるのでは?

    ただ首都圏のタイガースファンも東京でタイガースの主催試合を
    みたいだろうな、これは関西の巨人ファンにも言えること…。

  • >>No. 5718

    松井さんが投げて長嶋さんが空振り?
    それって逆じゃないの

    あと安倍首相も2人を決めた時に東京ドーム出場を
    決めていたのならしたたかだな。

    7月に選挙もあるし、絶好のアピールの場になる。

  • やっとこさ、前売りで完売する試合が出現!
    GWのデーゲーム! 藤浪登板! 天候も良好!
    当然と言えば当然!

    あと前売りで完売になりそうなのは日ハムとの交流戦
    土・日に開催。藤浪のライバル、日ハム・大谷の甲子園
    初参戦とあって早い時期から売れ行きは良かった。

    特に日曜日、藤浪vs大谷の投げ合い?あるいは投打の
    対決が見たい!

    それはそうと昨日は19安打、14得点で快勝! 
    スローな試合展開(3回で2時間!)もタイガースの攻撃
    ばかりなので誰も文句なし(笑)

    先発・メッセンジャーの防御率は4点台、なのに4勝0敗。
    榎田の防御率は1点台なのに2勝3敗、相手投手の出来も
    関係するが、その日に投げれる”ツキ”もあるのだろう。

    さて今日の先発は岩田は正念場。打線の援護が欲しい所だが
    昨日の打ち過ぎがどう影響するか…

    チームにしても勝ったり負けたりなので、岩田の頑張りに期待。
    明日も勝って良いムードで東京ドームへ乗り込みたい。


  • プロ野球球団のマスコットとして阪神ファンの間で
    長らく親しまれている「トラッキー」。少々心配
    なのは近年、派手なアピール作戦を仕掛ける他球団
    のマスコットに世間の人気で押され気味になっている
    ことだ。老舗キャラが今、やらなければいけないことは-。(上阪正人)

    ヤクルトのマスコット「つば九郎」や中日の「ドアラ」
    は、それぞれの著書などでメッセージを発信。特に、
    つば九郎は毎年のオフに自身の「契約更改」をネタに
    しており、昨オフにはマスコット史上初のフリーエー
    ジェント(FA)宣言)を行い、話題をふりまいた。

    そうした独自色の強いメディア露出が受けて球団を
    超えた人気につながり、球団のPR戦略に大きく貢献
    している。

    一方のトラッキーは世間的な存在感で後れを取って
    しまった格好。キャラクターの誕生は阪神が日本一
    に輝いた1985年で、着ぐるみとして登場したのは
    87年。現在活躍する球団マスコットのなかでは、
    レオ(西武)に次ぐ古参だ。

    今、トラッキーがやるべきことは、いったい何だろうか。

    阪神の山田修嗣・球団営業部長は「トラッキーは
    『おっちょこちょい』『いたずら好き』といった
    特徴は多少あるが、みんなに愛されるキャラクター
    になるよう、明確な性格づけはしない。ファンの人
    が頭の中でトラッキーのイメージを作り上げて
    もらった方が楽しいかな、という考えがある」と説明する。

    他球団のマスコットの人気を意識して、“同じ土俵”で
    勝負するつもりはないという。重要視しているのは、
    子供層へのアピールだ。「小さなお子さんにはアニメ
    『しましまとらのしまじろう』に間違われる時も(笑)。
    でも、たまたま似ているんだし、間違えられてもいいと
    思う。トラッキーを見たいから甲子園に行きたい、という
    お子さんがいて、野球に親しんでくれるきっかけになれば
    いい。子供の純粋な心にすっと入っていくには、トラッキー
    も純粋な心を持つキャラクターでいた方がいい」と山田部長。

    子供ファンを引きつける戦略の一貫が、今月13日から開校
    した“学校”「ドリームリンクスクール」だ。球場敷地内の
    スペースに学校のセットを作り、小学生向けに国語、算数、
    英語などの“授業”を開講し、阪神と関連づけた内容で野球に
    興味を持ってもらおうというもの。トラッキーは校長を務めて
    いる。また、トラッキーは過去10年間で300の幼稚園・
    保育園も訪問している。

    ここで、学ぶべきは熊本県PRマスコットキャラクターの
    「くまモン」の姿勢だろう。くまモンは、いわゆる“ゆる
    キャラ”のとぼけた風貌で大阪市内の観光地にも積極的に出没。
    10年から甲子園のアルプススタンドにも看板が登場し、
    昨年からは阪神とのコラボグッズ販売も行われるなど、積極的
    なPR策を展開している。

    昨季まで阪神球団の営業部長を務めた酒井清史氏(現阪神電鉄
    EC事業本部スポーツ・エンタテインメント統括部勤務部長)
    は「トラッキーの幼稚園訪問もシーズン中はチームの近くに
    いなければならないため、西宮や大阪が中心だが、くまモン
    のように、関西圏を飛び出し“出張”で幼稚園などを訪問する
    ことも可能ではないか」と指摘する。

    「全国展開」など、まだまだ伸びしろはあるはずのトラッキー。
    つば九郎やドアラのように大人の心をくすぐる言葉は操らないが、
    得意のバック転同様、“ひねり”を入れない直球勝負を持ち味に、
    全国区の人気を確かなものにしなければならない。

    ttp://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20130504/bbl1305041223000-n2.htm

  • 「甲子園カレー」(500円)「ジャンボ焼鳥」(1本350円)
    「甲子園焼きそば」(500円)の三大メニューが名物として
    知られていた。ここに、阪神の選手をイメージした飲食メニュー
    が登場したのが2008年。球場が改装され、全面リニューアル
    した年でもある。

    その時から人気メニューなのが、昨季限りで引退した金本知憲氏
    の「金本兄貴のスタミナハラミ丼」(1000円)。厚めのハラミ
    にキムチやナムルがトッピングされた一品で、昨年の人気投票でも
    1位に輝いた。

    引退に伴って販売終了も検討されたが、「お客さんから問い合わせが
    相次いだ」(球場事務所飲食・物販担当の遠藤貴久さん)ため、異例
    の存続が決定。今季も売り上げトップを占めるという。

    これに追随するのが、新加入した西岡剛内野手の「西岡剛のイケ弁!! 
    スピードスター弁当」(1200円)。ご飯の上に背番号「7」の形に
    ふられたゴマや、バジルチキンなどが特徴だ。

    この他、福留孝介外野手の中華風「福留孝介 招福弁当」(1200円)
    新井良太内野手の「良太気迫の一撃! 辛口冷麺」(800円)など
    計9品の新しい選手コラボメニューが甲子園開幕戦の4月9日から
    登場した。

    カニ好きで有名なマートン外野手の「大好物コラボ! マートンカツ丼
    ~蟹ほぐし身のせ~」(850円)をはじめ、「食べると選手の特徴や
    出身をイメージできる」(遠藤さん)ことを目指しており、実際に選手
    からも好みをヒアリングしている。大型新人、藤浪晋太郎投手のフード
    メニューはまだないものの、関係者は「旬のうちにできれば」と鼻息は
    荒い。

    注目は、コラボメニューだけではない。今季から宅配ピザ大手「ピザーラ」
    と、たこ焼きチェーン「築地銀だこ」が球場内に出店。ピザーラはボール
    をイメージした「ベースボールピザ」(Rサイズ800円)を甲子園限定
    で発売している。

    ファストフード大手「ケンタッキー・フライド・チキン」も球場限定で
    「ケンタの辛口チキン丼」(700円)を販売しており、これら以外
    にも有名グループの“ここでしか食べられない味”が数多く集まっている。

    球場内にはバーやビアガーデンもあり、ビールをはじめとしたお酒の種類
    も豊富。それだけでなく、ご当地B級グルメの祭典「B-1グランプリ」
    とタイアップし、静岡県の「富士宮やきそば」(1皿550円)や青森県
    の「十和田バラ焼き」(1皿600円)などを楽しむことができる。関西
    での常設店は甲子園だけで、まさに日本全国の味を堪能できる。

    そんな“食の聖地”甲子園だが、中でも異色なのはにぎりずしだろう。正門を
    入ってすぐの内野スタンド裏にあり、握りたてのすしをその場のカウンター
    で立食することも可能。衛生管理が難しいこともあり、遠藤さんは「球場に
    あるすし店では、私の知る限り甲子園だけ」と太鼓判を押す。

    昭和30年代に甲子園で売られていた味を再現した「復刻ちらし寿司」
    (550円)のほかにも、目玉商品がてんこ盛り。大トロやイクラ、ウニ
    が入った「特上にぎり」(2000円)が売れ筋で、虎をイメージした
    卵焼きの新商品「必勝巻」(500円)も人気を集めている。

    和食からスタートして職人歴50年に迫る料理長の越野昇さん(65)
    は「球場でつくりたてのすしを出すとお客さんが喜んでくれる。
    『へー、こんなところにすしがあったんか!』と驚かれることも多い」
    と笑う。

    この店がオープンしたのは、リニューアルに合わせた08年。入場者
    の目を引きつける“看板商品”にする意図もあったという。ネタは地元
    の卸売市場から仕入れており、越野さんは「お持ち帰りで観戦しながら
    食べてもいいし、カウンターで立ち食いする常連さんもいます」とお勧め
    する。

    和歌山県岩出市から久しぶりに甲子園を訪れ、「上にぎり」(1200円)
    などを購入した自営業(41)は『珍しいな』と思った。本格的で楽しみ
    と驚いた様子。すしが大好物という息子(11)もマグロがプリプリして
    いると目を輝かせていた。

    遠藤さんは「以前の甲子園はカレーや焼き鳥、缶ビールのイメージが
    強かったと思う。今は男性だけでなく、女性や子供にも楽しんでもら
    えるメニューがそろっています」と話している。

    ttp://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130427/wsp13042707000000-n3.htm

  • 神様が決めた!阪神・桧山進次郎外野手(43)が8日、巨人戦で
    延長12回2死一塁から右翼線に決勝の適時二塁打を放った。

    待望の今季初安打で代打での通算打点を99とし、「元祖・代打の神様」
    八木裕現2軍打撃コーチを超える球団新記録を樹立。チームは07年
    9月以来6年ぶりとなる東京ドームでの巨人戦同一カード3連勝を達成し
    貯金も和田政権最多の6となった。

    首位・巨人とのゲーム差は2・5。5月に入り「2強」の様相を呈してきた。

    「神様」は苦しんでいた。今季ここまで無安打。それどころか、最後に安打
    を放ったのは昨年8月23日の中日戦(倉敷)だ。今季10打席目は同点の
    12回2死一塁。凡退すればチームの勝ちがなくなる場面で「代打・桧山」
    の声がかかった。

    巨人の4番手・マシソンに対し、カウント1ボール2ストライクと追い
    込まれた。「ファーストストライクを打っても、前に飛ばへん。過去の
    (無安打の)打席がよみがえった」。しかし、4球目。150キロ直球を
    叩きつけると、ワンバウンドで一塁手の頭を越えた。スタートを切っていた
    田上が長駆ホームイン。決勝の適時二塁打に、背番号24は二塁ベース上
    で両手を突き上げた。

    「本当にうれしい。正直やっと1本出たなと思いました。前に飛んでくれて
    ラッキーなバウンドだったし、走者の田上もよく走ってくれた」

    昨季から通じて23打席ぶりの安打。代打での通算打点を99とし、八木2軍
    打撃コーチを抜いて球団新記録を打ち立てた。

    本来なら「去年、超えなければいけなかった」という記録。常々「そこは気に
    せずやってますよ」と平静を装っていたが、内心は穏やかではなかった。1軍
    の野手で無安打は自分だけ。ヒーローインタビューでは「2日前には能見が
    ホームランまで打っている。野手として歯がゆかった」と正直な胸の内を語った。

    打てない時も43歳はルーティンを欠かさなかった。出番がない日も試合後は
    ベンチ裏のミラールームで1時間以上素振り。試合前シートノックでは右翼の
    位置に入り、必死に打球を追った。43歳となった今でも100メートルを
    12秒台で走るなど、35歳の頃と肉体の数値は変わらない。

    「代打の神様」を「野球の神様」が見放すわけがなかった。

    チームは巨人に敵地で3連勝し、貯金6。和田監督も「ちょっと遅かったけど、
    やっぱり役者だね」と最敬礼だ。「伝統の一戦でチームに貢献できたことが
    うれしい。苦しい時もあると思うけど、コツコツ一生懸命やっていい日が訪れる
    ように頑張っていきたい」と桧山。

    最も頼りになる男のバットの「開幕」とともに、首位・巨人を完全に射程圏に捉えた。

    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/09/kiji/K20130509005767430.html


    無安打で2軍降格なら、シーズン中に引退もアリと思っていただけに
    とにかく良かった。複雑だが伊藤隼太のアレがあったから、桧山の打席
    もあった。バースディー本塁打は見事だったけど、それ以上に衝撃だった
    9回の守備。桜井広大を思い出してしまった…。とにかく下手過ぎる。

    守備固めでマートンを代えるより伊藤隼太を代えるべき?、と言っても
    ポスト福留を育てる為には多少目をつぶらないといけない、とにかく練習
    じゃなく特訓あるのみ!

  • 昨年とは完全に違う! やはりこの方がファンは喜ぶはず!
    今年も始まったセパ交流戦。よもや甲子園のオリックス戦を
    連敗スタート、ソフトバンクにも敗れ3連敗、昨年は悪夢の
    5連敗だっただけに今年も?と心配したが、その心配も猛打で
    打ち破り2勝3敗に持ち込んだ。今夜はパ防御率1位の菊池
    との対決、昨日と打って変って投手戦??

    巨人の交流戦は3勝2敗、2勝をサヨナラ勝ちと相変わらず
    だがセ公式戦の様な圧勝はない。巨人戦、頑張れパ!

    さてタイガース、土曜日甲子園でデーゲーム、その日の内に移動。
    ナイターが多い中、昨日のタイガースは西武ドームでデーゲーム。
    東京ドーム、神宮、横浜とセの本拠地は新幹線の駅から近いけど
    パの本拠地、西武ドームや千葉は遠い。 パリーグの選手は大変。
    その移動を苦にせず、猛打炸裂で白星ゲット。しかし投手はご難…、
    セ6チームで防御率2点台までの投手は10人、昨年は1点台の
    投手がゴロゴロいたと思う。10人のうち3人は広島、それも1位、
    3位、4位、なのに低迷。飛ぶホールの波に完全に乗り遅れている。
    特に巨人戦は1勝7敗、何とかしてもらいたいところではある。

    週末は甲子園に戻って日ハム戦。藤浪VS大谷の夢の投手対決は
    実現しない、大谷は札幌ドームでプロ初先発を果たす。ファン動員
    が見込める初先発、本拠地でするのは当然と言えば当然。札幌ドーム
    のタイガース交流戦は火曜日・水曜日になるのでこちらでも対決は
    は期待薄。残念…、

    それより今は、明日の藤浪の復帰戦(育成)、抑えて当たり前だが
    その押さえ方、こっちの方が重要。

  • No.5726

    今季

    2013/05/26 09:55


    前売りの売れ行き状況が芳しくない今季、そんな中で日ハム戦は
    別格だった。もちろんファン注目の藤浪・大谷対決。

    大谷は先日、1軍初先発で結果も出した。打つ方でも3割をマーク
    得点圏打率も高い。こんな選手は見たこと無い。

    4番・ピッチャー大谷。さすがにプロは甘くないから実現は不可能だと
    思うけど、とにかく夢がある選手。藤浪も負けていない。甲子園での
    連勝をまだまだ伸ばして欲しい。

    強いタイガース!土日を中心に前売りが売れ出した感じがする。
    ファンも正直、ホームランが出る試合が増えたから盛り上がる。
    だったらテレビじゃなく目の前で見たくなって来たって所かな。

    今季最高はナゴヤドームでも、、中日弱いのに? それにはカラクリが…
    「チケットをお持ちのお客さま1人につき燃竜(もえドラ)レプリカユ
    ニホームを1着配布」という出血サービス。8月にもあるようだ。
    同じようなサービスは巨人も行っている。こちらは4試合…、

    タイガースは? 何と6試合もある。太っ腹!
    http://hanshintigers.jp/game/event/2013/urutora2.html?utm_expid=72468451-0&utm_referrer=http%3A%2F%2Fazby.search.nifty.com%2Fwebsearch%2Fsearch%3Fselect%3D1041%26cflg%3D%258C%259F%258D%25F5%26htmltype%3D2%26Text%3D%2583E%2583%258B%258C%25D5%2582%25CC%2589%25C42013%258C%25C0%2592%25E8%2583W%2583%2583%2581%255B%2583W%2583v%2583%258C%2583%255B%2583%2593%2583g%26model%3D07c_2.91a%26chartype%3D0

    7月26日(金)~ 28日(日)〈DeNA戦〉
    7月30日(火)~ 8月1日(木)〈中日戦〉

    中日と巨人の実施日は分散しているのにタイガースは6日間に集中!
    チケットはまだまだ余っている。プレゼントを知らないファンが多い
    のかな?

  • 藤浪は予告先発! 大谷はプロ入り初の5番を務める。
    栗山監督はファンが何を求めているのかよく知ってる。
    藤浪は凄いが、大谷も2塁打2本と5番に恥じない打撃。
    ライトからホームへの送球もコントロール抜群、マートン
    の激走で流れが変わらなかったのは幸い。

    栗山監督、審判への連日の抗議が裏目に出てその後に致命的
    な失点でタイガース戦に連敗。他のセリーグとの対戦で取り
    戻して欲しいー。

    藤浪4勝! 勝率8割! 防御率1点台! 
    久しぶりタイガースのドラ1位の活躍があればやっぱり強い!
    藤浪の頑張りに応援とばかりに野手陣も奮起。チームも纏まる。
    良い傾向。

    甲子園は連日の4万6千人台、しかし昨年記録した4万7千人台
    に届かない、前にも書いてけどバックネット裏の最良席に空席が
    チラホラ。まさかあの年間席、売れてないの?

    タイガースの交流戦は5勝4敗1分、次カードは甲子園の楽天戦。
    打倒!マー君

本文はここまでです このページの先頭へ