IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2137コメント)

  • 鉄鋼株に連れ安しました。
    物色対象が日替わりで変わります。
    明日には明日の風が吹くでしょう。

  • 上放れのタスキ、買いのサインだろ。

  • 誰か現物投げたみたい。
    さぁ戻そう。

  • トイレから戻るとプラ転。
    ウンがいいな。

  • いい感じ。
    ジワジワ行きましょう。

  • 相場の分からない素人の話は無視しておき、

    以前、社長が負極材について話したのを覚えておられるだろうか?
    昭和が負極材からの撤退を発表した時、東海は今までの技術ではジリ貧になるから、新しいものを作るような話をしていた。
    何かもう形が出来上がっているような言いっぷりだった。
    前回の決算でも、フランスでの負極材増産を説いていた。
    折しも、EVが話題の最中、何か新情報がリリースされる可能性も有る。
    各種新聞のネタをチェックしておこう。

  • 恐らく今日は今年最大の上げ幅。
    空売りを待ち受けての買い戻しが一日続いたので、大商いでの本格上昇。
    何処かの機関が撤退しているかのようだ。
    今やっと日経との出遅れ分を取り戻した所なので、本当はここからが勝負。

    さて、明日はどうだろう。
    買い戻すにしても、今日の様に寄りから買い戻しが入ることは無い。
    イメージとしては、売り込んできた所での買戻しを想定。
    展開として、3空は避けたいので、ダウはあまり上げないでほしい。
    強弱感対立するくらいがいい。
    空売りが調子こいて売ってきた所で、カウンターかまして、安い所から上げていくパターン。プラ転しての陽線引けなら完璧だ。

  • EV購入者に最大80万円の補助金支給へ…現行の2倍、再エネ電力への変更が条件
    11/25(水) 10:30配信

    読売新聞オンライン

    政府は電気自動車(EV)の購入者に対し、現行の2倍となる最大80万円の補助金を支給する制度を2021年度に導入する方針を決めた。自宅やオフィスの電気契約を再生可能エネルギー由来の電力に切り替え、EVへの充電設備を整えることなどを条件とする。

  • もう少し上げても良かったな。
    みずほの売りで日経に同調してない分、取り返しただけ。
    現在、電気自動車関連、話題の真っ只中。
    EV関連として再評価が高まるだろう。

  • 日本経済新聞
    EV関連株、百花繚乱 米中韓とマネー争奪へ
    証券部 松川文平

    2020年11月24日 20:06 [有料会員限定]

    日米など世界各国が環境重視にカジを切り、電気自動車(EV)関連株が百花繚乱(りょうらん)状態となっている。米テスラを中国の新興メーカー勢が追いかけ、日韓のモーターやバッテリーなど関連部品銘柄も勢いづく。期待が先行する相場はいずれ「本命」を見極める選別に移る。グローバルな投資マネーの争奪戦が強まるなかで、日本勢の実力が問われそうだ。

    ほぼ全面高となった24日の東京株式市場のけん引役はEV関連銘柄だ。

  • >>No. 729

    ダメ男さん、こんばんは。

    私も昨日は気温が高い最後の日、地元の山道をバイクで走っていました。
    タイヤも新しいので、ほぼフルバンクまで攻めました。
    バンク角が少し深くなるだけでライン取りに余裕が出来て、スロットルを空けられますから楽しくて、疲れを忘れて走りました。
    ここから寒くなりますと、タイヤのグリップが落ちます。
    ブレーキの制動距離も伸びますし、慎重に走りましょう。

    明日は寄りの成り買いでどうでしょうね。
    売り板次第では寄りから攻めますか?
    高寄りすると少し怖いしと。

  • 裁定残(枚数)ベースの売りが急速に撤退。

    12月のSQまで大量に買い戻す機会が無い事から、防戦しながらの撤退になりそうだが、まだ2週間と3日もあるので、油断は禁物。

    日経のチャートも、典型的な抑え込み線からの上放れ。

    ダウは、3万ドル到達はもはや通過点。
    何度かトライした後、もしも、上回って終われれば、ロスカットの買戻しが入り、3万が下値支持線に変わる。

    そうなれば、日経は売り方の投げが嵩み、手取川の戦いとなるやもしれない。
    千載一遇の好機を逃さないように見守ろう。

    ここ東海は、金曜にみずほの売却が判明した時点で半ば勝負が付いた。
    本来なら1300円に行ってしかるべき株価が、大量の売りで抑えられてきた。
    しかし、その売りも終わり、反対に短期買いは投げて、空売りが入った。
    今日もいい撤退のチャンスにカラ売るから、逃げ遅れる。

    もはやEVは中国だけでなく、欧米でも物色の最先端にある。
    東海は、負極材、アルミ、タイヤとその恩恵が存分にあり、EV関連の代表的な銘柄として飛躍していくだろう。

  • 惜しい、高値引け逃したか。
    明日の燃料ですね。

  • 米国の新規感染者が一日20万人越え。

    馬鹿じゃねーのっていう増加率。
    今までにおよそ大体13万人が感染したことになる。
    人口比率で3.8%の感染者。
    折しも、米ファイザーは20日に米国で緊急使用許可申請を行う予定とある。

    日本は月曜が休場なので、世界のマーケットがどちらに動くか、見てから動けるのは少し気が休まる。

  • >>No. 695

    かつて、一緒にここ東海に居た時もそうでしたが、私は少し違う考えです。

    値抑え、空売りどうのこうのと言っても、制度としてある以上、文句言っても始まりません。
    下げ相場、上げ相場、どちらでも収益を上げていく手法が大切になってきます。

    ここで見るべきは空売り残と東証の貸借倍率。
    東海は、東証を見ると買い残の方が多いように見えますが、これは10月9日に東証から貸株に114万株が移行したためです。
    売られ過ぎの構図に変化はありません。

    対して日本カーボンは買い残が多い。
    今は日証金の売り方が焼かれていますが、この後は、東海の動向次第では注意が必要かと思います。

  • 281万株の売却。その2

    では残りの158万株はどうなったか?
    私の推測では、市場外取引で何処かの証券会社に売り渡されたと思います。
    何故なら、同様の空売り残高ベースの変化がないからです。

    それで、引き取った証券会社は、市場価格より安く買っていますから、今度はリスクを避けるために素早く売り抜ける必要があります。
    ですので、11日からの週よりもゆっくりと売られました。
    空売りの場合は、株価を下げるために売りますが、今度ばかりは、下げずに売り抜けたいから、手口は極秘、その日の内に現渡しで証拠を無くしました。
    だから、いつも大体、14時で売り終えていたのです。

    そして、みずほの報告書が出たころには全て売却済みという訳です。
    証拠はありませんが、値動きに一致します。

  • 281万株の売却。その1

    土曜の筋トレ3時間と1時間のサウナで消耗しましたが、少し考える時間が持てました。

    空売り残高ベースで11月11日に123万株の空売りがありますので、この日くらいから売り込んできたと思います。
    この日、朝から引けの寸前まで一日中売りが続いたのでよく覚えて言います。

    ただ、翌日には買い戻されています。
    売り手の「みずほ」は、自前で売ったか、他社に仲介依頼したのか分かりませんが、とにかくカラ売りました。
    空売りを選んだのは単に手数料を考えての事。
    一気に売れば暴落しますので、小ロットにまとめて売りをセットする訳です。
    そして、翌日直ぐに現引き。逆日歩による損失を最小に抑える為です。

    普通の換金売りは一日で終えるのと、空売りを利用しても、その日の内に現引きするので空売りネットに出て来ません。
    今回は数量が大きく、自前で処理できずに他の証券会社を経由した可能性があります。

  • >>No. 690

    訂正ありがとう。
    11日〜13日の下げが強烈なので、確かにこの週です。
    日経の上げに同調しなかった理由が判明しました。
    今週は、日経もやや軟調でしたし、カラ売りなら報告は無いかもしれません。
    下髭で買い戻ししているようですし。
    来週から、戻しいくでしょう。

  • さっき、投稿してから思いつきました。

    EDINETの提出時刻が12時40分となっているから、前場、寄り売りもみずほの可能性が強い。今日は10時くらいから抑えが軽くなりましたので、この辺りまで売っていたと思われます。

    今日も前場から、日経の下落率が0.5%を超えると売り圧力が弱くなりました。
    後場、結局、日銀は来ていませんが、自力で戻す力が強く感じました。

    ここで裁定取引残、枚数ベースを見て頂くと、空売りが猛烈なペースで逃げているのが分かります。

    東海は225採用銘柄なので全体の上げに同調するのが本来の姿。
    来週は、日経の戻しをオーバーパフォームしてくれるでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ