IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (11コメント)

  • 今回、KDDIがこのタイミングで従来の戦略を踏襲するような新プランを発表したのは、武田総務大臣の出方をうかがう意味合いではないかと思います。
    そのために準備したプランというわけではないでしょうけど。。
    武田総務大臣は3キャリアの料金に対する不満を述べた後、一転して企業の経営には口出ししないというような発言をしてきましたから。
    docomoは、今回のKDDIの新プランに対する武田総務大臣の反応を見て、未発表の新プランの値下げ幅を調整。
    KDDIとソフトバンクはdocomoの新プランを受けて、“実質の値下げ幅”を試算、それにピッタリ合わせるような新プランを発表。
    というような流れになるような気がします。
    もし、このようになったら企業間の競争ではなく、政権vs3キャリアの構図で、政権が納得する料金の探り合いです。
    形ばかりのアクションプランを作ったとはいえ、天下り先を失いたくなかった総務省官僚が武田総務大臣との関わりの中で、この流れに誘導したのでは?と邪推してしまいます。
    唯一、得しないのは権力も資本も知識もなく、いいように流される大衆ですかね。
    使用されていないプラチナバンドの再編や、再割り当て、新事業者の呼び込みが行われて企業間の競争が活発に行われれば、4割どころか、もしかしたらもっと料金は安くなるのではないかと思うと思うのですが。

  • 今回の携帯料金の値下げ騒動の顛末は非常に残念でした。
    今日、docomoの新料金発表がありましたが、あまり競争力のあるプランとは思えませんでした。
    auならピタットプラン、ソフトバンクならミニフィットプランを幾らか値引して最大通信容量を上げれば対応できそうです。既存プランの変更ではなく新プランとして出してくるとは思いますが。。(大容量、または無制限プランも少しは値引が入るかもしれません。)
    問題は、3社寡占状態が継続しそうなことです。
    寡占が続けば、通信料金の値引での減収分を他の商材の売り込みで補填し、さらに囲い込み戦略を進めることが出来ます。
    寡占が続けば、政権が変わって携帯料金への注目度が下がった頃、しれっと値上げすることができます。
    以前は、値下げ競争を積極的に行なっていたソフトバンクが、契約者数が横並びになった頃から料金も横並びになったことがその証左だと思います。
    批判もありましたが、寡占状態であればユーザの批判など握りつぶせてしまいます。
    本当に料金を下げたいなら総務省は企業の競争を促すような公正なルール作りにだけ注力すべきでした。プラチナバンドの再割り当てはいつやってくれるんでしょうか。楽天は公正な競争をさせてもらっていないと思います。
    アクションプランは、もともとやる気なんか無かったのでは?
    僕は引き続きMVNOを使い続け、資産形成のために3キャリアの株を買っていくことになりそうです。

  • 国内の二酸化塩素での感染管理事業で、ようやく先駆者利益を取ったという段階だと思いますので、これから海外での事業展開に向けてどんどん投資していかなければいけないと思います。
    配当増は、その後になるかと。。
    一族経営で株安でもTOBを余り警戒しなくていいのは、この会社の強みではないかと思います。
    株主にとって一時的に不幸ではありますが。。

  • 株価の話はさておき、3キャリアの囲い込み戦略は度が過ぎていると思います。
    あまり魅力を感じない、かつ解約方法もまちまちなオプションサービスや高いオプション品の売り付け、わかりにくくペナルティーも発生する可能性のある端末代金や料金の割引設定など。
    僕はKDDI株のホルダーですが、これを嫌って格安SIMを使っています。
    切り替えの時、契約していたのはKDDIではなくDOCOMOですが、MNP予約番号をもらうために電話で問い合わせたところ長時間、強い詰問口調で思いとどまるよう説得された後、ようやく予約番号をもらえることになっても電話を繋いだまま長時間待たされるなど、嫌がらせとも思える行為を受けました。
    どのキャリアのユーザからも同じような不満が聞かれます。
    3キャリアの通信品質や5Gには魅力を感じますし、優良なサービスを気持ちよく使えるのであれば現状の通信料金でも不満はありませんが、上記のようなことが改善されなければ3キャリアに戻ることはないと思います。
    逆に言えばユーザから嫌われるやり方を排除すれば、僕のように格安SIMに流れたユーザが戻ってくることも念頭に総務省と3キャリアにはアクションプランを粛々と推し進めていただきたいです。
    ただし、抜本的な改革には販売システムの改修なども含めて時間とお金がかかると思いますので、じっくり待つ必要があります。
    自分の要求がすぐに実現されないからといって、せっかくのアクションプランを否定する形で不満を漏らしたり、前回の発言が批判を受ければ乗り換え手数料に論点をずらして自分の正当性を訴えたり、武田総務大臣は少し子供じみてるように思います。
    長文で申し訳ありません。

  • 料金の値下げを実感したいなら通信品質と料金を天秤にかけて安い料金プランに乗り換えればいいだけですから、「選択肢を増やしたから自由に乗り換えてください」というのが不親切だとは思いませんけどね。。
    「今契約されている料金を下げなければならない」という趣旨の今回の武田総務大臣の発言は、総務省がアクションプランで示した「乗り換えをしやすくして事業者間の公正な競争を促進し、新しいサービスや安い料金が自然に生み出されるようにしていく」といった内容とも矛盾してしまうのではないでしょうか。
    全キャリアが今契約中のプランを同じように値下げしたら競争は起こらないですから。
    むしろ、通信品質が悪く、料金での優位性も失った楽天などが新規契約者を獲得するのが難しくなるのでは?
    アクションプランは妥当だと思ってますが、官僚が作った計画を大臣がよく理解していないのだと思うと、この人にトップを任せておいて大丈夫なのだろうかと思ってしまいます。

  • 茨木工場のニュース、水を差すようで悪いし、この会社に期待して買ってる僕が言うのも何なんですが、この板にいる人ならすでに知ってたことですし、それほどインパクトは感じないんですがどうなんでしょう。
    新規参入者の無邪気な買いで上げてくんでしょうか?
    直近の株価は予想できないですね。
    むしろ多くに人に、この赤信号が真っ赤に灯ったチャートがさらされると思うとちょっと恥ずかしいんですが。。
    この会社、僕の中では将来的にEPSを2倍、3倍にしてくれそうな優等生なのに運とタイミングは悪いと言うキャラクターです。
    会社名と相まってかなり面白いことになってます。

  • 8月初旬にロシアのワクチン承認のニュースではほぼ無風だったのに、先日のファイザーの発表で下げたときは資産が減ってるのに思わず笑ってしまいました。
    ロシアとしては不本意でしょうね(^_^;)
    プーチンさんは大幸薬品の株価は見てないでしょうけど。

  • > 総合除菌産業を日本から世界に作りたい

    インフルエンザの歴史から考えると、僕が生きている間はコロナとも付き合っていかなければならないのだと思ってますが、一日も早く都市をロックダウンさせるほどの脅威ではなくなることを祈っています。
    大幸薬品、ファイザー、モデルナ、頑張れ!!

  • 時価総額の小さなところから順に資金が入るのは仕方ないですよ。
    それにしてもワクチンニュースのたびに下げているようですが、コロナ発生前、インフルエンザの感染拡大期にクレベリンの売り上げがどうなっているのか、セグメント別の売上推移まで決算資料に目を通している人は意外と少ないんですね。。

  • ままならないものですね。
    この会社は需要に合わせてウィズコロナならクレベリン、アフターコロナなら正露丸や整腸薬のように主軸にする商品をシフトしていけるし、クレベリンの増産に一時もたついたものの、需要増となってからクレベリンのラインナップを増やしたり、コロナショックの対応は早かったので成長を期待できる優良企業だと思うのですが、もし売り叩かれるなら勿体無いですね。企業としても頑張りがいがないですよ。。

  • 2020/11/12 21:27

    仕事終わって決算短信見て、好決算だったからお祭り騒ぎだろうと思ってきてみたら悲観的な意見もあって意外。。
    コンセンサス達成できなかったというコメントがありますが、通期のコンセンサス予想は余裕を持って達成出来そうな実績だったと思います。
    会社予想が5300、コンセンサス予想7050ですよね。
    今日発表された2020年12月期 2Qが4114で、3Qは少なく見積もって去年の3Qと同じ経常利益、3067だったとしても、4114+3067=7181ですから。
    大喜びから一転、掲示板を見て自信がなくなってきたんですが、考え方おかしいですか?
    大幸薬品が上がったらパソコンの購入費用に当てようと思っていたんですが、考え直した方がいいんでしょうか。。

本文はここまでです このページの先頭へ