ここから本文です

投稿コメント一覧 (20233コメント)

  • 2012/11/29 16:43

    オメー等は、金城タッチャンに票を投じるんだな?w

  • アベちゃん・・・なんか顔色悪いよw

    病状が再発してんじゃないの?w

    改憲を争点に誘導できなくて、興味のない原発や消費税じゃ気が滅入るだろうなw

  • 民主党にガッカリしたのは自民党政治になっちゃったからだろ?
    で、ガッカリした有権者が本家の自民党を望むのかね?w

    アホやw

  • タイムマシンにお願い
    Sadistic Mica Band - Documentary DVD (clip 2)
    http://www.youtube.com/watch?v=Eq4hHacLNyQ

  • アベちゃんは言う・・・日銀に「お札をい〜っぱい刷れ!」w

    それを銀行にばら撒き、民間の事業者に貸すw

    借りた金で社員の給料増やしたり、事業の運転資金で仕事するw

    徐々に金が世の中を回り始めると、まだ儲かっていなくてもやたら忙しいので人手が足らないから雇用が増えるw

    「なんか景気いんじゃね?」と、錯覚するw

    こういったオコチャマ経済学に乗っかり、政府が公共投資で景気浮揚の仕事を民間に発注すると、建設関連にコネのある政治家や派閥が規制緩和の恩恵で何でもいいから大型プロジェクトのハコ物をと、注文取りに地元を走るw

    今やってる政治家の選挙運動はそれw

  • 安倍シンゾウ君の人格には定評がある。
    生粋の風見鶏であり、自民党が作り上げたリーダーとして、鯛焼きの鋳型から生まれたような日本人の好む指導者であろう。
    お行儀が良さそうでも、ケンカしてまで無理を通そうとしないところに定評がある。
    彼の叔父さんである佐藤栄作は、沖縄返還、非核三原則でノーベル平和賞だし、隠れて核の密約までやったw
    右や左の旦那様をけっして疎かにしない血筋はシンゾウ君にもある。
    国政で、与党政治家のリーダーとは国家の指導者である。国民の声を聞こうともしないリーダーなどでは政治は一歩も前に進まない。

    チンタロも自分が首相になんかなったって好きな事が出来るわけじゃないのを知ってるから、暴走老人をやってるだけである。
    その暴走ぶりが他の政治家に真似できないので一部のマニアックな人々に喝采を受け、政界の一隅で目立っていられる。

    人格が個として際立つ有名人と、公に尽くす没個性の奉仕人のどちらを選ぶか?
    ウヨちゃんはこれからも野党的立場において、いっそう政府を糾弾し続ける元気を忘れずに、こぶしを振り上げるべきであるw
    サヨちゃんも同じく家族連れで仲良く平和を連呼すべしw

  • 本音がどうあろうと、アベ晋ちゃんどころか、自民党政権が憲法を変えずにきた改憲党是の護憲政党w

    これは結果的に見て、歴史的事実w

  • 野党時代、自民党は極右になれなかった。
    米国その他の諸外国の機嫌を取る外交しかできない相変わらずの自民党であるw
    保守政党のよいところは、無理をしないw 時期を待つ辛抱強さがあるw
    国民は経済が良けりゃたいして文句は言わないのを知ってるからであるw
    国の安寧を思うから保守であり、国家を保つから保守を自他共に認めるのであるw
    自民党あっての日本であり国民であるからして、自民党がしっかりしないと選挙に負けちゃうのであるw
    非核三原則、村山談話も河野談話もしばらくは踏襲であるw 米国から警戒される「ウヨク」と見られる体たらくではそうするしかあるまいw
    さすが腐っても自民党w

    たちあがれ日本は、2010年から2012年の2年間、自民からこぼれ落ちたはみ出し物を拾い集め、最後にボケ老人を担いだ挙句に石原新党であるw
    太陽の党ってのが石原新党の始まりで、あっという間に消えて日本維新の会と合併。維新の支持者の何割かはこれを見て見限ったw
    極右の掃き溜めだからであるw 
    案の定あれから維新人気に蔭りが出始め、つい最近では共同代表の大阪市長が「年内消滅」を口にしたw

    「慰安婦は必要だった」から日本軍が組織した従軍慰安婦とは、たしかにいってないw
    真意は、「慰安婦になられたかはお気の毒であり、同情を申し上げるが、日本が彼女等を強制したわけではないから非難に対しては反論する」だけで終わらず、「過去には、他所の軍隊だって慰安婦は居た」といい、オレにも言わせろと、イシハラが「軍に慰安婦はつきもの」wつい 最近では、
    石原氏は、橋下氏が「敗戦の結果として侵略だと受け止めないといけない。反省とおわびはしなければいけない」と述べたことについて「全然違う。正確な歴史観、世界観を持っていないとだめだ」と批判w 爺さんは侵略じゃないってよw
    石原を筆頭に西村と、内輪で解凍ならぬ解党に拍車がかかる始末で、みんなの党も選挙協力を見直しそうで、あながち「年内消滅」も予言どうりになりそうであるw

    まぁ、韓国をはじめ米国からさえ文句言われ、改憲では協力してあげる自民党でさえも引いちゃってるw
    国民の半数、つまり女性から顰蹙されるんだからアカンやろw コスプレ機長の前歴から言っても奥様に顔向けできまいw 父親としての威厳も地に落ちたんじゃねぇの?w 米軍に風俗斡旋やらありえんだろうw 

    大阪市長と元東京都知事のこの二人、道州制や地方分権なんてのはもう頭の片隅にもありゃしないw
    潔く華と散ってほしいもんだw

  • 国会議員の3分の2の賛成票で決まるのは「改正案の発議」である。
    3分の2に足りなければ国民投票ができない、だから3分の2を過半数にして「日本初の国民投票で憲法をニホンジンが選択する」、「脱押し付け憲法」から晴れて日本人による憲法が誕生する、つまりは国民投票することが目的の要件緩和であり、その意義は国民による選択する権利の行使だから国民皆それを望むはずである。「決めるのは政治家ではありません、アナタです!」w

    ・・・・。

    国民の半数くらいなら権利の行使を望むだろうから、96条改正はほぼ間違いなく通るだろう・・・改憲党是の自民党にとってこれも念願の改憲であるw

    問題はその次の改憲であるw 3分の2から過半数へとハードルが下がっただけ改憲案は通りやすくなるのは政治家の望む事であるw
    それを最初にヤルんだから、見え透いているw 
    いつやるの? 「自民党が政権にいる、今でしょ!」といいたいのをぐっと我慢してw 政権基盤を磐石にした後であるw
    まぁ、7年後だなw 
    というのも景気の上げ下げは大体四年周期で巡っているので、経済不況を持ち直して経済界がウハウハになった時がタイミングであろう。ただし、バブル期には政治家も我を忘れて改憲みたいな面倒は忘れて浮かれてたから当てにならないw

    そして、何年先か分からぬが本命の9条改憲が決まるのは有権者の過半数を超えた場合であり、過半数を超えて否決もありうるのであるw
    否決であってもそれは国民の選択なのである。もう押し付け憲法とはいえなくなるw

  • >>No. 101387

    YESかNO、賛成か反対なんだよ?w

    数の多い方が選択されるw

    どっちにしても結果に従わなきゃねw

    非武装中立がいやな君が「国防軍明記」に変えて欲しい理由を国民投票に書くつもりか?w
    長い事続いた9条に感謝してるのは君だけじゃない、もっと続いてほしいと思ってる人の望みを現状追従と問題視したって選挙で選択するってことにその理由を聞いてどうするんだよ?w アンケートやってるんじゃないんだからw

    ちなみに毎日新聞のアンケートには、
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130519-00000079-mai-pol
    <毎日新聞調査>憲法96条改正、反対52%
    毎日新聞 5月19日(日)22時5分配信

    君が問題視すべきは政府が国民に追従することなんじゃないの?w

  • >>No. 101405

    「複数の案からの選択」てのはなにかい、賛成、反対以外に改憲草案を二つ三つ品揃えして好きなのを選ばせようってのか?w
    それだと、個々の案に分散されて過半数に満たないおそれが出ないか?w
    店先に商品デリバリして、何でも良いから改憲を売りつけようってのかね?w

    で、否決以外の内容の違う改憲案の総数で過半数を超えようってたくらみかね?w
    おもしろいじゃないか、議員さんにその手で行けと進言したら良いw

    反対はしないが、はたして議員が食いつくかどうかは大いに疑問だがねw
    だって考えても見ろ、3分の2さえ厳しいから過半数にしようとしてる連中は、改憲したい連中ではないかw
    そいつ等をまとめきれないのに、また新たな96条の要件緩和改憲案を作り直すと思うか?w


    思いつきを口にして後で撤回なんて恥をかくなよw

  • できない事は盛り込まないというのが自民党の政権公約である。
    党是である改憲、自主憲法の制定は党の結成以来なされていない。だから改憲は公約ではなく自民党だけの内輪の話であってしかも理想なのであるw
    「こうありたい、ああであってほしい」希望であって、「こうするべきである、ああするべきである」行動指針とは違う。

    改憲が自民党の党是であることは、大方の国民が苦笑しながらも知っていることである。しかし結党以来できなかった事実も知っているw
    自民党を信じているわけではなく、1955年の結党から58年経っても出来ないであろう事実が信じられ、国民に愛されているのであるw


    できない事は盛り込まないというのが自民党の政権公約・・・公約違反でもやろうものなら、民主党のようになるw
    自民党にその実力がないのではなく、状況が許さないのである。
    状況とは、国際関係や経済、数が多い分だけ政権与党内をまとめるのも大変なのである。中央と地方でさえ党の方針が違うw

    国会議員といえども地方で選出された議員なら、出身地の意向を無視出来まい。議員にしてくれたのは有権者であって人気ではない。

    まだなんの実績もない日本維新の会のように「オレがオレが」と好きな事口にしていては、日本をまとめるどころか依って立つ基盤に放火して消火もしないヤジウマではないかw

    できない事は盛り込まないというのが自民党の政権公約・・・それでもできなかったら? 出来なくても差し支えない事言っとけば良いw
    だから非核三原則、河野談話、村山談話のように過去を踏襲する。多くの国民はそれについて文句は言わない。もとは自民党がこさえた代物で国民生活に何の影響もない、どうでも良いからであるw つまり国民生活に良くも悪くも影響して迷惑することのないようなものを公約に上げてれば無難なのである。

    安倍首相「痛切な反省が原点」=村山談話継承アピール
    時事通信 5月23日(木)19時43分配信

    安倍晋三首相は23日夜、東京都内でアジア外交をテーマに演説し、「わが国はかつて多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた。そのことに対する痛切な反省が戦後日本の原点だった」と語った。首相の歴史認識に対する中韓両国の反発を踏まえ、1995年の村山富市首相談話を継承する姿勢を改めてアピールしたとみられる。
     また、東・南シナ海で挑発行為を繰り返す中国を念頭に、「大切な海を法とルールの支配する場所として保つべきだ」と重ねて強調。「日本が経済的に縮むことはみんなに迷惑を掛ける。その(海洋秩序構築の)ための努力を日本が十分できない事態になりかねない」と述べ、円安をもたらしている経済政策「アベノミクス」に理解を求めた。 



    余計な事は言わない、男は黙って○○ビールw

  • <普天間移設>自民沖縄県連「県外」明記へ 地域版公約
    毎日新聞 5月26日(日)9時6分配信

    自民党沖縄県連は7月の参院選の地域版公約(ローカルマニフェスト)に、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の「県外移設」を明記する方針を固めた。27日にも県連役員会などを開き、正式に確認する。党本部は同県名護市辺野古沿岸部への移設を決めた日米合意に反するとして「県外」の取り下げを引き続き求める構えだが、党本部と県連の分裂は決定的となった。

    【石破氏も那覇に出向いたが】自民、公約で党沖縄県連と協議物別れ

    党本部は県連に配慮し、参院選公約に辺野古移設は明記しない方針。同党は昨年12月の衆院選公約で、「沖縄をはじめとする地元の切実な声に耳を傾けつつ、負担を軽減する在日米軍再編を着実に進める」と移設先を記載しなかった。参院選でも踏襲し、県連側の理解を得たい意向だった。

    ただ、県連側の姿勢は硬く、19日に沖縄入りした石破茂幹事長に対し、沖縄選挙区で立候補する安里(あさと)政晃氏は「私は県外でいきたい」と主張し、県外移設を主張する姿勢を明確にした。

    会談後、安里氏は記者団に、「自分は自民党員である前にウチナーンチュ(沖縄人)。ウチナーンチュの声を代弁するのは当たり前だと思う」と語った。22日に党本部で開かれた全国政調会長会議でも、沖縄県連は県外移設を明示するとの主張を崩さなかった。

    県連が県外移設にこだわるのは、「県民のほとんどが求めており、県外を掲げなければ選挙にならない」(県連幹部)との事情がある。党本部は方針に従わなければ、ローカルマニフェストの作成費用を負担しないことも検討している。

    県連は県内移設が決まった1996年当初、県内移設を容認していたが、2009年衆院選で民主党の鳩山由紀夫代表(当時)が「最低でも県外」と発言し状況が一変。期待が高まり、「パンドラの箱が開かれた」(座喜味一幸・県連政調会長)状況となった。首相に就いた鳩山氏は10年5月に辺野古移設に修正したが、沖縄の世論は保守系を含め今も県外移設が大勢を占める。

    ただ、今年4月には、沖縄選出参院議員の島尻安伊子内閣府政務官、西銘恒三郎衆院議員が県内移設を容認する発言をするなど、辺野古移設に向けた動きも出ている。【井本義親、青木純】
    ----------------------------------------------------------------
    沖縄県民が米軍普天間飛行場の「県外移設」に凝り固まってしまったのは、前民主党政権の鳩山元首相がちゃぶ台返しで「最低でも県外」とできっこない約束をしてからだそうだ。日米同盟信者はたしかそう言ってたなw
    という事は政権交代がなければ辺野古に移設された米軍基地が誕生していたはずである。政権交代がなければその3年後に自民党の政権奪還でアベちゃんが2度目の総理となり、「96条改憲」や村山、河野談話に代わる「安倍談話」を言う事もなかったであろうw

    あるいは、民主党は鳩山などの風見鶏に余計な事を言わせず、社民党などと連立を組まなければ沖縄県民は辺野古移設をオスプレイが配備されても仕方なく受け入れたはずである。現にオスプレイは配備され、普天間飛行場から訓練のために飛んでいる(2022年まで普天間を使うそうである)。といった具合にならなかった現実が、親米ポチの痛恨の歴史であるw

    親米ポチ・・・これはヘイト用語だろうか?
    まぁ、蔑称の意味でオレは使っているが、「中国の属国になるくらいなら米国の一州でいい」と言うくらいだから「親米」をどのように嘲っても一向に応えやしないw 生まれながらの負け組みであるw
    彼ら負け組みには、責任はない、非難する資格がある。負けてるんだからw 勝ってりゃ文句言うはずがないので本人等は被害者のつもりなんだろうw だから痛恨の歴史を選んだアホ国民を非難するしか他に何も出来ないw

    現実に参院選の公約には沖縄普天間は明記されず、県外移設を掲げる自民党沖縄県連を切ろうともしない。
    でも親米ポチは思いやりのある自民党のよき理解者である。日米同盟堅持が老舗の自民党であるw
    自民党政権も沖縄県連も悪くない、理解しないバカサヨク一色に染まった沖縄アホ民族が全ての元凶だから沖縄の負担軽減など考えなくても良い、非国民扱いで十分であるw 
    非国民であろうと大事な有権者を非難できない自民党であるから親米ポチが頑張って沖縄を非難するしかない。
    第一彼らには沖縄の負担で自らが基地の負担を強いられる事もなく米国様に守られているという意識がまるでないからであるw

  • 弾道ミサイルは、遠く離れた場所にある、敵の弾道ミサイル発射施設、物資集積場、指揮・通信施設、港湾、空港、人口密集地帯などへの攻撃に使用される。
    弾頭には炸薬を内蔵する通常弾頭の他、核、化学、生物兵器なども搭載できる。
    大気圏再突入時の速度は音速の6倍以上と、航空機や砲弾などの攻撃手段に比較して、格段に高速なため迎撃は困難である。
    飛翔経路 大きく3つに区分される。

    加速段階(ブースト・フェイズ:Boost Phase)
    推進装置に点火して上昇、所定の速度に達し加速を終了するまでの間。時間は1~5分程。
    推進装置からは大量の赤外線を放出し、再突入体を分離していないため、レーダー反射面積も大きい。オトリやチャフなどの妨害手段も展開しておらず、速度も比較的遅いので迎撃には理想的条件だ。

    中間コース段階(ミッド・コース・フェイズ:Midcourse Phase)
    加速終了から大気圏再突入直前までの間。最も時間が長く、長距離弾道ミサイルでは約20分間。
    中・長距離弾道ミサイルでは、再突入体を分離、オトリやチャフなども展開する。推進装置は停止しているが、与えられた初速により惰性で飛翔する。最高高度は、射程500kmの短距離弾道ミサイルでも高度100km以上、長距離弾道ミサイルでは1000kmを超える。最高高度に達した後は降下を開始、重力により速度を増大させる。

    終末段階(ターミナル・フェイズ:Terminal Phase)
    大気圏再突入から目標到達までの間。時間は約1分と短い。
    短距離弾道ミサイルでも音速の6倍以上、長距離弾道ミサイルでは音速の20倍を超え、空力加熱により高温となり流星のように輝いてみえる。オトリと再突入体の識別は空気抵抗による落下速度の差、運動を比較して可能である。
    -----------------------------------------------------------
    日本の上空を飛び越えて、同盟国あめりか様に飛んでいくミサイルなら、長距離弾道ミサイルである。
    日本の上空、つまり、日本の領空領海で打ち落とす事ことは可能かどうか? 不可能だと思うw
    だから、打上げる前に潰すことが可能に法整備したいから敵基地攻撃であるw

    なぜなら、日本国民の住む、我が国に照準されてると、軍オタが言うのだから間違いあるまいw
    銃口向けられてるんだから、それで十分正当防衛の理由になる、だから撃たれる前に撃つ、憲法変えなくても正当防衛の自衛権発動で集団的自衛権に頼る必要もない、個別的自衛権で十分可能であるw

    可能かどうかよく考えて見ろw
    たとえ日本に着弾すると分かったミサイルの迎撃に、パトリオットがあるから大丈夫なのかね?w
    音速の6倍で落ちてくるミサイルの弾頭は、途中で切り離された飛翔物体や隕石とわけが違うw
    それでも1発や2発のミサイルで、日本に着弾するとわかっているなら法的にも技術的にも可能だし、そのためにPAC3を装備した自衛隊がいるw これで迎撃失敗、東京都庁のツインタワーが9.11の悪夢の再現でもなろうものなら日本の平和憲法と一緒にそのときの政権も吹っ飛ぶw
    しかしそんなことは想定外であり、ありっこない、したくないw 
    だから「日本の上空を飛ぶミサイルは米国を守るために打ち落とすべきである」を想定したいのであるw 集団的自衛権したいからw

  • しかしである・・・この想定に対する対処は、技術的に不可能であるw

    解釈で法的に可能でも、技術的に不可能なら意味ないではないかw


    日本と日本にミサイルを照準してる国がたがいに宣戦布告してもいないのに、まして日本に着弾するわけではない上空を通過するであろうミサイルを狙って日本が先手で攻撃できるのか? 他国のミサイル敵基地攻撃を?w

    そんなことのために、日本国民の総意で過半数を超えるには、日本国民に改憲教育をするだけではなく、米国を言いなりに出来る日本になってからでなければ無理だねw 借金を返済し、名実共に日本の実力をあげ、土下座外交を日本に代わって米国にやらせるくらいにならなけりゃ、米国は本気で日本を守らないし、日本の自主独立など米国は後押しをしないだろう。日本の常任理事国入りなんて無理w

    これこそ不可能であろうw

    たとえ米国製の最新鋭防衛システムといえど無理w 

    ●弾道ミサイル相手なら、PAC-3の有効範囲は射程15~20km、射高15~20km
    ●PAC3の射程は20キロから30キロといわれています。
    ●この性能の開きですが、垂直発射が重力加速度に逆らわねばならないので射程が短くなりがちなのにに対し、水平発射は揚力が働くので射程が延びやすいことによると思われます。おそらくPAC3の射程は打上でおよそ20キロ、水平発射でおよそ30キロといったところでしょうか。
    ●弾道ミサイルのように、高く上がるミサイルを迎撃するシステムは、現在日米で開発段階のため存在しない。

    これがネットで出回ってる大方の情報である。
    つまり無いよりはマシの迎撃ミサイルで射程の届かないターゲットを打ち落とすことが可能かどうかは、法が許すから可能だとはならないw

    もし、北朝鮮の衛星打ち上げをミサイル攻撃だと認識して、迎撃しなかったなら大問題であるw しなかったのではなく、する必要もなかったからであろう。まぁ、できませんとは言いたくないのは分かるw

    以前、日本の衛星打ち上げが失敗する事がよくあったが、他国にミサイル攻撃と見られてトンデモ国家に迎撃された事なんかないw
    普通に考えりゃ迎撃より攻撃の方が楽で、効果を見込めるからであるw

    不可能な迎撃より楽な迎撃をするのが合理的であっても、不合理と分かっていても世界の目を気にする協調性が問われるから、ミサイル発射実験をやめろと口をそろえて制裁の圧力をいってるんじゃないのか?、アメリカはw
    六ヶ国協議なんだから韓国や中国ともめてる場合かよw あの中国さえ北に対して制裁を科すw 経済的ヤバイってんで打ち上げ予告してたのに中止したんだろ? 北の坊ちゃまw 
    日本は橋下いうように、言うべきことは言えば良い、その上で集団的自衛権は別だと手を結べるもんならやってみればいいw 現実は結果としていいなりになるしかなく、経済や開発援助で気前の良さを発揮する平和的な外交である、軍事力をバックにした圧力外交などの発言力など何処にも入り込む余地などないことを日本の政府は今正にやってるではないかw プーチンを皮切りに、アベちゃんの外交は韓国中国アメリカを後回しに東シナ半島やインドと飛び回り、アフリカのインフラ整備に力を貸すそうであるw

    日本が敵地先制攻撃を可能にする法整備など目論んでる事など、今外交で友好をアピールしている国々は興味が無いw
    「米中韓ロシアに口出しする権利は無い、日本の安全保障である」と無視できる、そういい切れるのは、政権を担ってない維新のボケ老人や幸福実現党のアホくらいのものであるw

    合理的な国益に適うなら、日本の主権を自ら守るために、平和憲法で築いた信用を覆してまでやる価値があるなら、敵地先制攻撃を法整備すればよい。言っとくが法律にする意味は、いちいち会議をしてるヒマがないので現場がミサイル発射の兆候を認め、間違いないとなれば迷わず敵地を攻撃しないわけにはいかないのである。逡巡してミサイルが発射された後で攻撃したって遅い、現場の責任が問われるだろうw

  • >>No. 101530

    ミス苦の9条改憲案は、
    「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」

    これを国民投票で改憲できるならやったらいい。
    これなら可能なんだろ? 集団的自衛権できるw
    憲法には自衛権について書いてないから自衛権はある、だから9条2項の戦力不保持をなくせば集団的自衛権はできるw

    アベちゃんと防衛省がケントウしてるんだろ? ミサイル防衛w
    集団的自衛権は権利として国連憲章にも認めてるんだから、改憲の手続きである96条の3分の2の発議を勝ち取り、国民投票で国民の過半数なんか実質3分の1の改憲したい連中が投票するんだから発議した時点で決まるw

    世の中は、やがて変わる、バカが利口になったからアベちゃんが返り咲いたw
    「いつやるんだ? 今でしょ!」w

  • >>No. 101530

    >現在自衛隊がイージス艦に装備中のSM-3ブロック1Aでも射程1200km、射高(邀撃高度)は最大500kmはある。北朝鮮からガムを狙う中距離弾道ミサイルは九州上空を通過する。その最大到達高度はほぼ500km故に今でも邀撃は可能。現在日米で共同開発中で2018年装備開始予定のSM-3ブロック2Aは射程5000kmクラスの弾道ミサイルを対象としている。これを装備した場合は、東北上空を通過するハワイを標的とした弾道ミサイルの邀撃が可能。

    北朝鮮によるミサイル発射実験 (2009年)wikiより抜粋

    2009年2月4日、北朝鮮が咸鏡北道花台郡舞水端里のミサイル発射施設で3段式のテポドン2号の改良型とみられる飛翔体の発射準備を進めている可能性が明らかになった。
    4月4日10:00JST、朝鮮中央通信は発射準備が完了したとし、「まもなく打ち上げる」と報道。各国に緊張が走ったが、同日の発射はなかった。
    4月5日11:30JST頃、発射され、11:37JST頃東北地方の上空数百kmを通過した。レーダーで追尾し日本の領域への被害がないと判断したため迎撃は行われなかった。


    光明星3号1号機wikiより抜粋

    自衛隊がBMD統合任務部隊を編成するのは2009年のミサイル発射実験以来2度目となる。航空総隊は今回の任務に先立って司令部を東京都府中市の航空自衛隊府中基地から福生市の在日米軍横田飛行場へ移転しており、新体制下での在日米軍との共同連携を含め、統合作戦能力の検証を含めた初の実任務にあたった。
    自衛隊が採用している弾道ミサイル防衛システムは、イージス艦によるイージス弾道ミサイル防衛システムで運用されるSM-3と、パトリオットミサイルPAC-3で構成されている。PAC-3部隊は首都圏のほか沖縄本島、宮古島、石垣島に輸送艦「おおすみ」などで運搬され配備された。イージス艦は「みょうこう」が日本海に、「きりしま」と「ちょうかい」が沖縄周辺海域に配置された。中国およびロシアがイージス艦に情報収集機を接近させる可能性があることや、ミサイル迎撃時には自艦の防空機能が一時的に低下するため、航空自衛隊のF-15戦闘機が警戒にあたった。
    また、行政機関においては、万一の弾着に備えて全国瞬時警報システムを通じて国民に屋内退避を呼びかける民間防衛を実施した。
    ----------------------------------------------------

    2009年のミサイルは、東北地方の上空数百kmを通過したのに日本の自衛隊も米軍も可能なはずの迎撃をしていない。
    2012年のイージス弾道ミサイル防衛システムで、日本の了解領空内に出動してながら、なぜ日本のイージス艦3隻1発もSM3を撃たなかったのか?

    結果が全てであろう、日本も米軍もミサイル発射実験を阻止できないと北朝鮮は判断したw
    迎撃可能なミサイルを持ちながら使わないのであれば、相手はこれからも金の工面がつけば祝日の花火のようにまた上げるw

    相手にやる気をなくすために抑止力を持つべきというなら、たとえ1発の弾道ミサイルモドキでも持ってる全ての火力を用いて落とさねば、抑止力にもならないw

    1993年
    1998年
    2006年
    2009年
    2012年
    2012年

    すでに6回もやってるのに1度も阻止できた事無いんだよ?w
    「ウチには完璧の防衛システムがある」と日本国民にアピールするより、1度でも良いから北のミサイル打ち落として見ろよw

  • 安倍首相「日本への期待高い」=アフリカ開発会議
    時事通信 6月3日(月)22時29分配信

     安倍晋三首相は3日夜、都内で記者団に、同日閉幕した第5回アフリカ開発会議(TICAD5)について「多くの国が日本に対して信頼も期待も高いんだなと感じた」と語った。 
    ---------------------------------------------------
    TICAD5に集った多くのアフリカ諸国は、日本の何に期待してるとシンゾー君は思ったのか?

    改憲バカは「日本の改憲を目指す安倍首相に期待しているに決まっているではないか!」とバカな答えをするはずがない、いくらバカでもw
    せめて「国際会議の場において主導権を握りたい、会議の盟主を気取り、世界に経済外交の安倍を印象付ければ何かと味方をしてくれるに違いないとの期待であろう」くらいは言って欲しいw

    開発に、お金も技術も出してくれる日本が世界の世論を味方につける・・・アメリカや中国に文句はいわせない。成長著しいアフリカ諸国が味方であるw 中国だって今のアフリカのように日本から技術も投資を得て大国になれたw

    いくら日本国民が改憲に乗り気であろうと、右傾化を米国が懸念するのは、単に日本が生意気なだけの話で米国のために改憲するならともかく、自主独立などというバカな理想は「やめとけ」といってるにすぎないw 慰安婦問題など米国が気にするはずがないw
    騒いで拗れれば、いろいろと面倒だから「余計な事いわないでよろしい」とイエローカード程度のことを、菅官房長官が「誤解である」とわざわざ日本国民に米国は勘違いしてるなんて説明しなくたって良いのだw

    とまぁ、中国様はもちろん、アメリカ様も話し合って思い通り行く相手ではないのでアフリカなのであろうw

  • 7、G8、G20というのは、世界の各地域でグローバルな主導国とされる国々が集う総称の会議であったが、グローバルであっても主導出来ているかどうかは大いに疑わしい昨今の主導国であるw
    つい最近では、その地位が安っぽくなったので数が減ってG2(米中)を言ってたはずであるw
    ところが覇権国家を口にこそしないが世界を平和に導く責任国家だった米国が、中東や極東の管理も思うようにならないのだから世界の警察に嫌気が差すのも解からないではない。
    中国は名より実を重んじ、世界を主導などバカらしくてやってられない。G2の相方と煽てられて責任など負えばどうなるか?
    米国の憂鬱を見れば将来が見えるからだろう、世界より中国人民、人民から見限られる中国共産党であってはならないw
    責任を負うとしたらそっちの方が優先であろうw
    他のグローバルな主導国とされる国々も、もってしかるべき体たらくであり、頼りの大国を顔色を伺いつつ、どこかに美味しいものが落ちていないか探すチャンスに恵まれただけの話であるw

    成長戦略を打ち出し、参院選に勝って安定政権を与えてもらうのは、政治の王道である。
    選挙で国民に信頼を得れば、なんだって出来るのである。給料が上るのは最後かもしれないが、まずは景気の牽引力として経済が活

    性化すれば景気は良くなる。稼ぐに追いつく貧乏は無いw
    TPP参加など、米国の誘いに付き合い程度でよろしい。ロシアやアフリカ、ミャンマーやインドでTPP以上の旨味があるw
    別に中国や韓国、米国を無視するわけではない、商談があればいつでも交渉はできるし、これまでのように常にドアは開かれている

    日本の外交である。

    同盟国に気兼ねしていたこれまでの外交では日本の独自性が発揮できないのを、アベちゃんの経済外交が教えてくれたではないかw
    WINWINの共に成長する国と国のありかたこそ外交の王道である。
    米国は日本のまねが出来ないように、日本は米国のまねをしない。
    国際平和へのアプローチが国によって違うのは、単に武力が強大であるとか、覇権国家や属国だとか、経済大国だとかの違いだけで

    はなく、その国が歩んできた歴史である。

    グローバルな主導国はもはやない。Gゼロの時代だという人もいる。
    これから伸びようとする途上国が、大国の庇護を望むとも思えないので、日本の独自外交は大いにチャンスがあるw

  • ●韓国国防省関係者は1日、2015年に予定される戦時作戦統制権の在韓米軍から韓国軍への移譲に伴い、韓国軍合同参謀本部議長が司令官を、在韓米軍司令官が副司令官をそれぞれ務める「連合戦区司令部」を創設することで米韓両軍が合意したと明らかにした。
    (2013.6.01)

    ●第12回アジア安全保障会議に出席するためシンガポールを訪問している韓国の金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官が6月1日にヘーゲル米国防長官と会談する。両長官の会談は初めてで、対北朝鮮での連携策や2015年に予定されている韓米連合軍司令官(在韓米軍司令官兼務)から韓国軍への有事作戦統制権移管など両国間の懸案について協議する。

    ●北朝鮮に対し、核開発計画の放棄などを要求するとともに、核・ミサイル開発やさらなる挑発行為を抑止するため、3か国が引き続き協力していくことを盛り込んだ共同声明を会談後に発表した。

    会談は約45分間行われた。閣僚の靖国神社参拝などをめぐって日韓関係が悪化する中、韓国には慎重論があったが、米国側の働きかけで実現した。会談は北朝鮮への対応で、3か国が結束していることを示す狙いがある。
    小野寺氏は会談後、「北朝鮮の様々な脅威について、防衛協力をしっかり行うことで意見が一致した。北朝鮮問題を含めて(日米韓3か国が)協力しないといけないとの思いから会議ができたし、共同声明を発表できた」と記者団に語った。
    ----------------------------------------------------------
    韓国軍 
    ○総兵力 総兵力78万人
    陸軍兵力約54万8千人(2006年現在)。
    海軍約3万人。
    空軍約6万5千人。
    海兵隊約4万人。
    戦闘部隊として第1上陸師団と2個独立旅団。予備兼訓練部隊として第2上陸師団。

    在韓米軍
    2010年5月に再編後も約28,500人規模の兵力を維持することが決定されている。
    ---------------------------------------------------------
    日本自衛隊
    総兵力は約24万人(女性1万2,300人)

    在日米軍
    2010年現在の展開兵力は日本を母港とする第七艦隊艦船乗組員を含めて総計約5万人。
    駐留人数
    アメリカ陸軍: 2501人
    アメリカ海軍: 6766人
    アメリカ空軍: 1万2490人
    アメリカ海兵隊: 1万4951人
    合計: 3万6708人
    ---------------------------------------------------------

    もし、休戦中の朝鮮戦争が再び有事に至れば、そして日本の自衛隊が集団的自衛権を可能にしたならば・・・。
    集団的自衛権で実戦を経験できる自衛隊にとって、これほど名誉な事はなかろうw 
    これまで挑発や恫喝で調子こいてる生意気な北朝鮮を、国際協調でもって本格的な自衛隊の実力が発揮できる。しかも他国の地で戦える上に専守防衛ではなく、攻撃部隊として前線に投入される機会を与えてもらえるかもしれないw 

    集団的的自衛権を目的にした改憲ならば、朝鮮半島有事に日本も協力しないわけには行かない。
    名目は同盟国への支援であっても、自衛隊は主体として戦う韓国の隷下、米軍の指揮下で武力行使を命ぜられる。韓国軍にとって日本の自衛隊などあてにしないだろうから、頼りにされることもない。米軍は在日米軍の下に付き従う自衛隊くらいにしか考えない。

    日米韓3か国が協力して戦う以上、歴史問題や竹島云々など集団的自衛権で武力行使する多国籍軍の軍人は一切考慮しないであろう。プロを自認する軍人ならねw

本文はここまでです このページの先頭へ