ここから本文です

投稿コメント一覧 (20233コメント)

  • 古賀茂明「辺野古署名20万人超でどうなる? 沖縄の心をカネで買おうとする安倍政権」
    AERA 2019/01/14 <抜粋>

    昨年12月8日に始まった「大浦湾辺野古の埋立を県民投票が実施されるまで停止せよ」で20万人超の署名が集まった。30日間で10万人の署名が集まれば、米政府が60日以内に何らかの回答を行うことになっている。

    今後は、アメリカ政府がどう答えるのかが、注目される。回答期限は60日以内だから(数え方が厳密にはよくわからないが)、期限は、概ね3月7日ということになる。
    米政府は、沖縄の米軍基地に対する日本の世論を非常に気にかけている。ただし、これは、従来の米国政府であればという話だ。最後の良識派と言われるマティス国防長官が辞任した直後にこの事態が起きたことで、これまでのような米国の対応が期待できないかもしれない。もしも、トランプ大統領がこの件を何らかの形で利用しようとすれば、問題は意外な方向に発展する「恐れ」がある。それは、安倍政権にとっての「恐れ」だ。

    米国が他国の安全保障のために犠牲を払い過ぎているという持論を展開しているトランプ大統領のことだ。「そんなに日本国民が嫌がっているなら、米軍を撤退させてやろう」などとツイートする可能性は十分にあり得る。これは、安倍晋三総理や自民党にとっては、悪夢である。沖縄の基地を最も欲しているのは、彼らだからだ。

    もしかすると、今頃、あらゆるルートを使って、「こんな署名のことは気にしないでください。『共産主義』の連中が騒いでも、安倍政権はびくともしません。日本はどこまでもアメリカと一心同体です。今も着々と工事は進んでいますからご安心ください。武器もますますたくさん買いますから、どうか撤退などとは言わないでください」とトランプ大統領に懇願しているかもしれない。

  • 30年前の平成元年、日経株価は3万9千円だったのが、平成が終わる今年の大納会は2万円であるw

    まぁそれでも日本政府が「経済は堅調」だというならw リーマン級の恐慌になる恐れはないようだしw 消費税10%に上げるためにも、来年の参院選は必勝しなければなるまいw

    翌年には第2回東京オリンピックであるw 韓国お断りするつもりなら、日韓でモメてる場合ではないだろうしw 米中貿易戦争も仲を取り持って上げねばなるまいw

    外交の安倍という自負を持つ日本の総理大臣はw いま英気を養うためと称して、またゴルフだそうであるw

    ロシアのプーチンと日ロ平和条約なんて話もあったなぁ・・・w

    憲法改正? あいつの頭にそんなものあるはずがないという、そういう落ちでこの掲示板は終わりそうですなw

    ガハハハw

  • 韓国が日本の哨戒機にレーダー照射をしたと、大騒ぎであるがw 相手は北朝鮮でも中国でもロシアでもないw アメリカの同盟国である韓国であろうw

    日韓は準同盟国のはずであるからw 朝鮮半島の南北終戦宣言以前までは、米韓日で協力してきたん対処すると約束していたw その韓国と日本の関係悪化は、今回の騒ぎで年が明けても静まるどころか修復不可能な決別まで行きそうであるw

    ちょいと前まで徴用工の問題でこじれていた日韓関係であるw それが解決しないままにこれであるからw 日韓関係は安倍政権の残り3年以内に修復は難しいと予測されるw

    話は飛ぶがw 日本の「いずも」空母化なんて話があってw そもそも日本が空母なんか待っても仕方がない話であったのがw 「攻撃型の空母じゃありません、災害救助用のヘリ搭載など、多目的な組んぼとして運用に必要」と言ってたのがw F-35が着艦できるように甲板改修を考えての空母化だというw

    んで話を元に戻すがw F-35ってぇのはステルス戦闘機じゃね?w いずもにF-35を艦載機として搭載していったいどこにやるのかねw

    あぁわかったw この前韓国の済州島で日章旗掲げちゃいけませんと言われたのを根に持っての、いずも空母化なんだな?w

    笑えw

  • ●マティス氏の役割が決定的に重要である理由

    理由は何であれ、米軍のシリア撤退とその結果として起きるトルコの勢力拡大により、中東は再び混乱に向かう可能性がきわめて高い。だからこそ、マティス氏は自らの進退をかけて、トランプ大統領に考え直すよう説得したのだろう。

    マティス氏はこれまでも、トランプ大統領の同盟国に対する過激な発言を修正する役割を果たしてきた。

    トランプ大統領が北大西洋条約機構(NATO)条約第5条を無視し、加盟国が他国から攻撃されても米軍を派遣しないと発言して他の加盟国から大きな不信を買った時も、マティス氏が火消しに奔走し、自ら大統領を説得して事態の沈静化を図っている。

    国防長官就任前にも同様のことがあった。トランプ大統領が日本や韓国に対して米軍基地の撤退をほのめかしたため、マティス氏は自らの国防長官就任後の最初の訪問先として日本と韓国を選び、火消しをして回ったのである。そうした経緯もあって、日本や韓国にとって、マティス氏はトランプ政権内で最も信頼できるパートナーとみられていた。
    -----------------------------------

    日本国憲法9条2項を削除すれば、日本は文句以上のことができると考えてるポンコツヤローが守りたいのは持論の2項削除だけであってw 日本の領土でも安全保障でもないw 自分の主張を守るためだけの2項削除であるw

    このポンコツ親父より辞めさせられた狂犬マティスの方がマシであったw
    「日本は同盟国のお手本」と褒めたアメリカ軍人は、日本を守ってくれていたのは間違いあるまいw

    日本の街のおっちゃんであるポンコツ親父と違って、アメリカ軍トップの国防長官は日本に9条改憲を要求しなかったぞw

    その同盟国思いのマティスも、トランプ大統領から嫌われて辞めさせられたわけだが、アメリカは日本の安全保障などどうでもいいようであるw

    問題は日本国憲法9条ではないw これからの日米同盟であろうw

  • 9条改憲実現できぬまま、ドヤ顔できなかった諸君w

    さらばじゃw

  • 来年は衆参W選挙かねw ほんで韓国と国交断絶かw

    来年の元号は? どうでもいいやなw

    憲法9条に賛成も反対も、どうでもよかったわけだw

    9条は残って掲示板は終わるw 

    大笑いであるw

  • 「1強」維持、懸案持ち越し=安倍政権、26日に6年
    JIJI・COM 2018/12/24

     安倍晋三首相が2012年に政権復帰してから26日で6年を迎える。

     今年は森友・加計学園疑惑など政権の土台を揺るがす不祥事が続発したものの、野党の追及をかわし続け、「1強」体制を維持。国会運営では強引さが目立ち、その代償として悲願の憲法改正の動きは停滞した。経済・外交の課題も積み残した。

     「そろそろ満6年だが、安倍1強が長過ぎるという批判を浴びている」。首相は20日、政治解説者主催の会合でこう語りながらも、「とにかく結果を出すことに全力を尽くしてきた」と強調。今年の「成果」として、働き方改革関連法や外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法の成立を挙げた。

     首相は過去5回の衆参両院選挙で連勝し、国会で安定した議席を維持。官邸主導が定着し、安全保障関連法など国論を二分した重要法案も次々と成立させてきた。

     今年に入ると、自身や夫人の関与が疑われた疑惑や、自衛隊日報隠しなど不祥事が相次ぎ、内閣支持率の急落を招いた。ただ、野党が少数乱立の状態だったことにも助けられ、窮地をしのいだ。財務省の決裁文書改ざんの責任が問われた麻生太郎副総理兼財務相も続投させた。

     9月の自民党総裁選で連続3選を決め、総裁任期を21年9月まで延ばした。党内の強固な支持を背景に、国会では採決強行を連発。ただ、丁寧さを欠いた手法は野党の反発を招き、当初目指した年内の党憲法改正案の国会提示は見送られた。

     来年10月には消費税率10%への引き上げを控える。株価急落など景気動向は不安を抱え、在任中にデフレ脱却を達成できるか正念場となる。国の歳出が膨張する中、財政再建に道筋を付けられるかも問われる。

     日ロの北方領土交渉、日米貿易協定交渉など外交面でも懸案が山積。首相は北朝鮮拉致問題の解決を掲げるが、米朝の非核化交渉が足踏みしていることもあり、実現は見通せない。

     こうした課題の解決を進める上で、安定した政治基盤の確保は欠かせない。当面の焦点は来年夏の参院選の行方となる。野党候補の一本化が進めば与党が苦戦するとの見方もあり、結果によっては首相の政権戦略に狂いが生じる可能性もある。

  • >>No. 165236

    アメリカの軍事力は危険ではないのかねw

    アメリカのために日本も血を流すべきだと長年言い続けてるのはお前だろw

    お前がガキの頃、アジア一の軍事大国は日本帝国であろうw 世界から見れば天皇はその日本のエンペラーで独裁者であるw 日本軍は太平洋戦争の前に中国大陸でその軍事力を使って侵略やってた昔があるが、侵略されてた方にすれば恨みは消えないだろうよw

    昔軍事力がないばかりに日本に国を侵されてた国が、軍事力を持つのは再び侵略されないために必要だからだろw

    お前は周辺国の何が恐ろしいのかねw 日本が昔蹂躙してた国から復讐される、報復の攻撃がされると信じてるのか?w

    相手が恨みを忘れず、日本を滅ぼそうなんてこと考えてる世代はもうほとんどいないはずであるw

    安倍や習近平が日中戦争を前提に戦略的互恵関係などやるか!ボケw

    軍事力を使わなきゃ日本や中国が生き延びることが不可能な時代かどうか考えりゃ分かりそうなもんだw

    おいw 日本が戦争に負けた子供時代から、ポンコツジジイになる今の今まで、日本はどこの国から攻撃されたのかねw

    軍事力が危険なのは、もっぱらアメリカが教えてくれたから、お前アメポチを卒業出来ねぇわけだろがw

    軍事力を、戦争できる軍隊を持つために9条2項削除なんだろ?w 違うのか?w

    アメリカが頼りにならないのが理由なら、アメリカと縁を切り、そのうえで軍隊を持てよw

    危険な軍事力など、今の日本で誰が必要とするw 北のミサイルを一度も撃ち落とすことなく、間もなく平成も終わるw

    お前にとって軍事力が危険だけど必要だという話など、日本中が大笑いだよw

    強大な軍事力を持ちつつあることの危険性を知らないのはお前じゃねぇかw

  • >>No. 165154

    同盟の本質が「共助」であり、具体的に言えば日米同盟とは、両国の軍事力や経済力、すなわち両国が一体となった国力をもって安全保障を補い合うということであるw

    安全保障バカのお前は、アメリカ第一主義のアメリカと、日米同盟が基軸の日本という、このスタンスの違う現実を忘れてやしませんか?w

    日米同盟の実態が共助でないわけだからw 日本に北朝鮮には核兵器が黙認され、日本の核武装や韓国の核武装も現実になり得ないw 核開発やってるのは当の昔から承知のアメリカがなぜ北朝鮮に先制攻撃をやらなかったのかねw アメリカの国益にならないからだw

    日本のためにアメリカが先制攻撃してくれれば、日本も集団的自衛権のお呼びがかかって、自衛隊を朝鮮犯と有事に派兵できたであろうが、残念だったな、ポンコツ爺さんw

    安全保障のイロハがなんだって?w 日米同盟から離れられないアメポチのお前が言うなw

    大笑いであるw

  • >>No. 165152

    「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」
    「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」

    この憲法9条を1項も2項も維持する意図で、自衛隊を明記するというのが自民党の憲法改正案であろうw

    すなわち自衛隊は1項2項の維持を遵守するということであるw

    正当防衛による自衛権行使は憲法ではなく、国際法に認められた権利であるから、攻撃を受ければ反撃はできるw しかし報復攻撃は意図しないし、復讐の攻撃もやらないw

    相手に攻撃する意図を失わせるために抑止力が必要?w
    日本が必要としている抑止力はアメリカ軍の日本駐留でも足りないのかねw

    台湾が報復という抑止力を持つから日本が持ってもいいという話か?w
    日本政府がそんなものは必要とはしないから、自衛隊明記の1項2項維持の安倍自民党ではないかw

    その自民党保守政治を長年支えてきたお前が憲法学者や日本のアホ国民に安倍を打倒してほしいような洗脳でもやってるつもりかねw

    騙されてたのはお前であるw 憲法が誰かを騙しているわけではないw
    ガハハハw

  • >>No. 165149

    「正当防衛を口実に、犯罪を犯す者」というのは論理的に成り立たんぞw

    それじゃ正当防衛は合法的な犯罪ということになるw 自衛権による武力行使は合法だから犯罪じゃないというのなら、正当防衛でどうやって犯罪を犯せるのかねw

    犯罪を犯すという意図をもった者が正当防衛を口実に第三者のために攻撃を受けてもいない相手を正当防衛だといって攻撃する?w アメリカは、あるいは日本はそういう意図のために集団的自衛権を必要としてるのかねw

    アメリカは日本のために北朝鮮や中国と事を構えないようにしてるのにw バカかお前はw
      
    自衛権も正当防衛も何のためにあるw 守るためにあって、攻める口実のためにあるもんじゃねぇよw

    そもそも憲法と何の関係があるw 憲法9条は自衛権を禁止してるのか?w

    誰だよ、そんなバカ言ってる憲法学者はw お前は義務じゃないいうなら、政府が集団的自衛権をやらないのは間違いじゃねぇだろw

    正当防衛が犯罪ではないとかいうのは当たり前であって、攻撃されなきゃ正当防衛できませんという話だ! ボケw

  • >>No. 165138

    目的が敵機の撃墜ならそりゃもう戦時の話であるw トルコもロシアも中東で戦闘中w そこで起きた領空侵犯を国連が問題にする以前に、戦争をやめろよと言ってる国連がどうして領空侵犯を問題にするのかねw

    バカかお前はw

    スクランブル発進は、相手が領空侵犯する前にやるもんだw 相手機の飛行コースが日本空域に侵入すると判断して、それを警告するためには領空侵犯した後では遅いんだよw

    これは警告が目的であって撃墜が目的ではあるまいw

    悪いのは許可もないのに領空侵犯するほうだから、やっちゃっていいという話なら、なぜ過去何百回もスクランブル発進などやってるw 領空侵犯が日本に対する攻撃だから?w 国連が問題にしないでも、撃墜された方は大いに問題だろうよw 中国やロシアと交戦するチャンスが増え、そこにアメリカを巻き込むとなれば、アメリカはいよいよ日本を見限るしかないという話になるがw

    お前がいくら領空侵犯機撃墜を煽っても、そんなお子ちゃま論理など通るはずもなくw そもそも自衛隊にそんなことやらせる日本政府かどうか、考えりゃ解る話であるw

    日中友好もロシアとの平和条約締結も、空の彼方に吹っ飛ぶのは間違いあるまいw

    もう一度言っとくw バカかお前はw

  • さて、掲示板は日経トピを除いて、今年いっぱい、つまりあと3週間で終わるわなぁw
    憲法9条に賛成も反対もないw 9条は終わらず、掲示板が終わるw

    2007年から11年ほどここで交わされた議論で、何をお前らは得たか? 憲法改正無理w そういうことだろw

    大笑いであるw

  • 、最終的に決めるのは国民の皆さまであるという認識を強く持つべきだろうとこう思っています」

    「つまり国民の皆さまが決める上においては、しっかりとこの議論を進めていくことが大切なのではないのかなと、このように感じています。いわば、それぞれの政党が憲法についてどういう考え、どういう改正案について考え方を持っているかということを開陳しなければ、国民の皆さんも、やはり議論を深めようがないのではないのかな、と思います」---安倍首相会見 12/10

    ------------------------------------

    2020年までに新しい憲法をとの気持ちに変わりがないという安倍であるw

    気持ちは変わらないけど、国民が判断して決めることだから、政府としては是が非でも改憲という立場にないので、国民的な議論の後に、国民が要望する改憲の声が巷に溢れるようにならなければ、政府主導の憲法改正などできないという、平成最後の安倍さまのおことばであるw

    アメポチ改憲おバカ諸君w 安倍にすべてお任せしてきた結果がこれだw
    憲法改正しなくちゃ中国に日本を乗っ取られるとか、自衛隊を軍隊にしないと米軍と一緒に戦えないから、アメリカから見捨てられるとかいう話じゃなかったのかねw

    まぁ、煽り運転してきたお前らの思惑通りには行かず、9条改憲で2020年に憲法が新しくなることはないw 当たり前だろw 自衛隊明記でも1項2項維持ではなんも変わらんのだよw

    ガハハハハw

  • >>No. 165126

    トランプ米政権の首席大統領補佐官、年内に退任へ 辞任圧力か
    12/10<抜粋>

    「ホワイトハウス首席補佐官の職に、本当に素晴らしい数人を面接しているところだ。フェイクニュースはニック・エイヤーズで決まりだと言っていたが。彼は素晴らしい人間で今後もずっと我々の『またアメリカを偉大に』目標に協力し続ける。もう間もなく決める!」とツイートした。

    トランプ政権が2017年1月21日に発足して以来、これまでで合計28人が辞任、もしくは解任で政権を去った。
    ---------------------------------

    あのバカがw 記者会見で誰かを感謝するとき、それは首切り通告のようであるw

    数々とホワイトハウスを去ったものに「お疲れさま」の感謝で送る言葉であるw

    在日米軍に感謝したという話だからw 在日米軍も日本での任務は終わるようだw

    笑えw

  • トランプ氏、海兵隊機事故で「在日米軍に感謝」
    2018.2/07

    トランプ米大統領は6日、高知県沖の太平洋上で米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)のFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が墜落した事故に関し、ツイッターで「事態に迅速に対応し、救助活動にあたった在日米軍に感謝する」と述べた。墜落機の搭乗員らの捜索・救助活動を行った自衛隊への言及はなかった。

    -------------------------

    あのバカが、自衛隊は在日米軍だと勘違いしてるとしても、事故を起こしたのは米軍であることを認識してないし、米軍に対しての叱責もなければ日本に対する謝罪もないw

    アメポチのお前らにとって大事なアメリカ大統領がこれだから、アメポチは世界中から笑われるのであるw

    あのバカとともに、お前らアメポチは世界の笑いものだw

  • 9条2項削除以前に、安倍政権がやりたいところの憲法改正には、皆が反対する意見が多いw

    教育無償化は安倍自民党の憲法改正4点セットのひとつであるから、少なくともここのおバカ連中には自民党がやろうとする憲法改正には反対だということw

    極めつけは9条1項2項維持の自衛隊明記であるw お試し改憲で失敗したくない自民党としては、案の定改憲先送りに舵を切る以外に世論の反対に抗する手立てがないw

    来年は参議院選挙で、それが終わらないと憲法審査会も開けないようであるw
    安倍の任期は3年しかないがw 国民投票が来年以降、安倍の残り任期の2021年までに実施されることなどどう考えたって不可能であるw

    お前らが改憲の旗頭としてきた安倍であるw その安倍が9条改憲を不可能にしているw
    笑えw

  • >>No. 165108

    ◇危険増す悪循環
     元米軍幹部は「オバマ前政権下の国防予算削減で人員が減った半面、任務は激増している」と分析。「整備は行き届かず、訓練にも十分な時間を割けない。部隊の練度は落ち、さらに事故の危険が増す」と悪循環に陥っていると指摘する。

    昨年には横須賀を拠点とする第7艦隊でイージス艦の衝突事故が相次ぎ、乗組員計17人が死亡。内部調査で、乗組員の多くが定期訓練を修了せず、レーダーの基本操作や操船技術など基本技能を習得していない実態が明るみに出た。

    トランプ政権は「米軍再建」を掲げ、国防予算増加を打ち出した。だが、空軍ではいまだ1000人以上のパイロット不足が続く。専門家は「米軍の即応能力低下はあまりにも深刻で、1、2年で回復を図るのは困難だ」と話している。
    -----------------------------

    日米同盟が基軸のお前らにとっては、「米軍の即応能力低下」を如何ともしがたいわけでw 憲法9条2項削除で何とかなる話ではないw

    それでも日米同盟のために日本も軍隊をもって、アメリカ様の負担軽減がやりたいのかねw

    お前らバカかw

  • 米軍機事故率、5年で倍増=海軍・海兵隊が情報開示―予算削減・訓練不足影響か
    時事通信 12/8

    米海軍・海兵隊が世界で運用する航空機・ヘリコプターの2017会計年度(16年10月~17年9月)の10万飛行時間当たりの事故率が、5年前からほぼ倍増していたことが6日、時事通信が情報自由法に基づいて入手した資料で明らかになった。

    6日には在日米軍海兵隊の航空機2機が高知県沖で墜落したばかり。海軍・海兵隊航空機事故の増加傾向が数字で裏付けられた。

    ◇「危機的状況」
    米軍では中国やロシア、北朝鮮などの脅威の高まりを受けて任務が増加する一方、予算削減のあおりで人員不足や装備品の老朽化が進む。17年には米軍全体で、訓練中の事故により80人が死亡し、戦死者数(21人)の4倍近くに上った。専門家らは「米軍は危機的状況にある」と警告する。

    米軍のデータを基に時事通信が算出した結果によると、12年度に海軍・海兵隊が運用する全航空機・ヘリコプターで起きた飛行中の事故は150件。損害額や死傷者の有無に応じてクラスA~Dに分類された全事故の10万飛行時間当たりの事故率は12.38だった。最も重大とされる「クラスA」は15件発生した。

    一方、17年度の事故件数は263件。事故率は24.53で、12年度からほぼ倍増した。17年度のクラスAは19件だった。事故率は12年度から5年連続で上昇した。クラスAは損害額200万ドル(約2億2500万円)以上か死者が出る事故。11年度途中に新たなカテゴリーとして追加されたクラスDは損害額2万~5万ドルと定義している。

  • 池上彰さんの連載「WEB 悪魔の辞典」より抜粋。

    ●「朝ごはんは食べましたか?」と聞かれたら、「食べませんでした」と答える。そうか、朝食抜きなんだと思ったら、実際はパンを食べていた。朝食は食べたが、ご飯は食べていない。
    そこで「朝ごはん食べましたか?」と聞かれたら、「食べていない」と逃げる。詭弁としか言いようがありませんが、安倍政権は、この論法を駆使してきました。

    ▲ほぉほぉ・・・安倍はどんな詭弁を駆使したの?

    ●首相が友人の加計孝太郎・加計学園理事長とゴルフや会食を重ねていたことについて、テレビ番組でキャスターに問題ではないかと追及されたときのこと。
    安倍首相は「ゴルフが駄目で、テニスはいいのか、将棋はいいのか」と反論しました。

    ▲バカですねぇw

本文はここまでです このページの先頭へ