ここから本文です

投稿コメント一覧 (552コメント)

  • 月曜日、寄り前までにSESCへ以下の例文を通報ご協力お願いします。

    『昨日9日、機関投資家であるモルガン・スタンレーMUFG』から空売り残高情報がありました。
    それによると、アスカネット(2438)への空売りを『アスカネット側から放出された8日のIR』に被せて実施されたことが証明されました。

    今回、数多くの通報があったことから、必ずや監視されていたと思いますが『明らかに下値誘導する空売り。
    つまりは、寄りの高値で大きな空売りを実施し上値を抑えた後、売った分を自ら回収。それを繰り返して下値誘導する方法は、明らかな相場操縦にあたるのではないでしょうか。昨日、モルガンから提出された空売り残高報告はその証拠である』と。

    どうか、通報よろしくお願いします。


    追伸
    とにかく皆が一致団結してSESCへ通報することが大切。
    彼らはSESC職員は準公務員。
    もし通報されていたのにも関わらずその監視をせず、実際に大事になってしまった場合責任が問われます。
    よって、彼らが考えることは『疑わしきは、注意喚起する。』です。

    【怪しい板の発注の仕方や誤解される紛らわしい取引の仕方は、辞めて下さい。】と注意喚起します。

    私達のこの戦略は、空売り機関投資家達を罰するのが目的ではありません。
    彼らに悪さをさせない。
    つまりは、布石を打ちことが目的なのです。

    ご協力の程、よろしくお願いします。

  • 【空売り機関に悪さをさせない!!】

    前回と今回。彼らの戦略で大きな誤算が発生しましたね。

    前回の踏み上げ戦略時には、魔坂の売り禁からのホルダー一致団結兵糧攻め。
    今回は、ホルダーが一致団結してSESCに告げ口をする(笑)という『ママに言いつけてやる戦法』からの注意喚起(たぶん)。

    それもこれも全てホルダーが一致団結できたからなのではないでしょうか。

    さて、そうなってくると、彼ら空売り機関の中でも『従来どおりの戦法では勝てない』と感じ始め、戦略を変更してくるのでは?
    となってくると、次発生するのが前回の踏み上げ戦略時のモル・クレ。
    つまりは裏切りですね。


    丁度昨日の報告で、モルは再度空売りを始めていた事が分かりました。
    やはり、9日の材料放出後の寄り天演出は、空売り機関の演出であり、そして、それを我々がSESCに告げ口(笑)をして咎められたので昨日は、それが出来なかった。
    っで、一転して上昇したので現在は、売った分が早速担がれているという事なのでしょう。

    よって、このまま上昇するのなら、前回の踏み上げ戦略時の様に、モル癌は間違いなくドテンをしてくると。モル癌の逃げ足の速さは、前回証明されていますのでね。

    っで結局苦しくなるのは、野村と個人空売りという図式になると考えています。

    ただ今更同情の余地などありませんよね。
    ホルダーから散々忠告され、十分に考え逃げる時間はあったのですから。

    ということで、トランプ茶番劇が一段落したことによる昨晩のNYの上昇が来週前半の世界情勢を後押し、制空権は買い方にありますので、恐らく月曜日の寄付きもこの勢いのまま継続していくと考えます。
    そして、その勢いを継続できるのなら、来週早々にも2000円奪還チャレンジもあるかもしれませんね。

    来週は面白くなりそうですね。

    追伸
    このSESCへの告げ口戦略が現在のところ功を奏したと考えるなら、引き続き来週も言い続ける。これに徹するべきだと思います。
    ですので、ご多忙ではあるとは思いますが、引き続きSESCへ『寄り前』、『と寄り後』の通報にご協力よろしくお願いします。

    現状、一回目の注意喚起がされ、それでも悪さをしてバレたなら、次の処分は売買停止又はそれ以上になるはずですので。

  • 空売り機関投資家の不正操作がなくなれば、これが正常な材料放出時の板ですね。
    当たり前の反応だと思います。

    でも。
    これもそれも全て、昨日アスカホルダーが一致団結してSESCに通報し続けたからです。

    それにしても、前回の踏み上げ相場と言い、今回のSESCへの通報と言い。
    本当にここのホルダーが一致団結した時の力は、素晴らしいですね。

    皆様に感謝です。

    追伸
    昨日の『あからさまな下値誘導操作』をSESCが監視していて、それによる注意喚起がされ、その結果、本日板操作が出来ないのなら、暫くは悪さは出来ませんね。
    とりあえず、来週の板も引き続き監視し、怪しい動きがあったら、すぐにSESCへ通報する体制を整えるつもりです。

    その時は、お手数ではありますが、どうかご協力お願いします。

  • この時間。
    ホルダーは既に買って様子見なのに、キャッチボールを繰り返す作業。
    これが、空売り機関の下値誘導方法です。

    ということで、アスカホルダーみんなでSESCへの通報をよろしくお願いします。

  • 【本日、多量の空売りが入ります!!】

    助兵衛さんが一斉に空売りを仕掛けてきます!!

    どうか、貸し株返済要求をよろしくお願いします!!
    売り禁をもう一度味あわせてやりましょう!!

  • 情報ありがと。

    金利を上げてても借りたいということは、彼ら機関投資家も必死という証拠に他なりません!!

    貸し株をしている方!
    本日だけのお願いがあります。
    【貸し株返済要求】を本日だけ、一致団結して行ってください!!

    恐らくですが、これで再び売り禁へ持って行ける可能性がありますので。
    どうかご協力くださいっ!!

    追伸
    SESCへの通報も引き続きお願いします!!

  • 【SESCへ通報、ご協力お願いします!!】
    ttps://www.fsa.go.jp/sesc/watch/index.html

    本日は天王山です。

    彼ら空売り機関投資家は、本日、買いの勢いが止まった途端、死にもの狂いで、形振り構わず【下値誘導】を行ってきます!!
    例えこの【量産化発表】であっても、彼らにとっては関係ないのです。むしろ好都合なのです!!

    思い出してください。
    あの有り得ない程好決算で、誰もが予想していなかった昨年12月の第3四半期決算。
    あの時どうであったか。

    『流石に今日はないな。』なんて甘い考えは一切排除してください。
    彼らは、本日、必ず『それ』を行ってきます!!


    どうか皆様。
    私達のこの手で、日々努力し続けた、アスカネット関係者を守りましょう!!
    この祝うべき、念願であった日を、空売り機関投資家から守り通しましょう!!
    他の誰でもない、アスカホルダーのあなたが、空売り機関からアスカを守るのです!!

    よろしくお願いします!!!


    追伸
    本日は皆で一致団結し、SESCに以下の例文を通報し続けて下さい。

    寄り前
    【本日のアスカネット板を寄付きから監視してください。買い一巡後に明らかに下値誘導する怪しい板が連続で出る可能性があります。】と。

    寄り後
    【引き続き監視してください。過去、必ずと言って良いほど、今回のような材料放出局面では、下値誘導する怪しい板が連続で出ます】と。

  • あれ?ところで。

    いつもよりBADボタンが多いですけど(笑)。
    私の固定ファンは10人強ですので、増えた分は。。。。
    『空売りしたのですね。しかも純空。』

    なんて無謀。。。。いや、蛮勇というか。。。。
    本日、材料が出なくて良かったですねぇ~(笑)。

    ということで、明日も引き続き空売り。しかも、純空お願いしますね(笑)。


    追伸
    ホルダーの皆様は覚えておいてください。
    今の時期、彼ら空売り機関投資家達に絶対やらせてはいけないこと。

    それは。
    『ノーリスクで下値誘導キャッチボール』をさせてしまうことです。

    それに対抗する手段は。
    【SESCに訴えること又は彼らの売ってきた玉を少しずつ奪い取り沈めること。】

    本日もお疲れ様でした。

  • 続きです。

    この戦略ですが、先にお伝えしておきますが『今のみ。本当に僅かな期間限定の戦略』です。
    というのも、これが使える期間というのは、出来高が超細くなる期間のみで、材料が全くなくて、アスカホルダーが動かない(動けない)時期しか使えないからです。

    当たり前ですよね。
    材料が出てしまって乱打戦になれば、誰がどの板に入ったのか分かるはずもありませんので。

    だから、この出来高が超細くなっている時期で、アスカホルダー達の売買が一切なくなれば、一体誰が下値誘導したの?と。
    そして、もしその板状況をSESCが監視していて、紹介をかけられたらら。。。。。。

    ちなみに、本日私が投稿した時点でキャッチボールは止まったと言いましたが、あれは典型的なアルゴリズムだと考えています。
    つまりは、空売り機関投資家AIアルゴリズムのプログラムにおいて、アスカに関して『SESC』というキーワードを検知したら、売買プログラムを一時停止する。
    そんな、アルゴリズムだったのではないでしょうか。

    ということで。
    現在のアスカは材料待ちで、ホルダーが売買せず様子見を決め込み、出来高が超細くなる期間です。そして、その期間は、空売り機関投資家達が超得意とするフィーバータイムでもあるのです(キャッチボールし放題)。

    引き続き、怪しい下値誘導の板が発生した時点で、SESCに訴えてやりましょう。

  • 本日の午前中、『SESCに訴えましょう。』と投稿した途端、その時間を以て下値誘導キャッチボールが『ピタッ』と止まりました。

    ここまで露骨なのも笑ってしまうけど。
    ある意味彼らは、私達アスカホルダーが一致団結した時の力を恐れている証拠であると。
    つまりは、前回の【踏み上げ戦略】が余程効いたということなのでしょう。
    また、この事実は彼ら空売り機関投資家はこの本板を見ている証拠にも繋がります。

    ということで、この時間は露骨な誘導は止まっていますが、いつ何時『下値誘導キャッチボール』が始まるか分かりません。
    ですので、アスカホルダーの皆様方にあっては、引き続き先程の1,2の戦略を実行し、一切、板の売買に加わらないこと。
    そして、怪しい下値誘導キャッチボールが発生したと感じ始めたのなら、即座にSESCへ通報すること。

    この2点に引き続きご協力ください。
    よろしくお願いします。

    追伸
    『株は買わなければならないから騰がる。』でしたね。
    彼らが下値誘導キャッチボールを諦めた時点で、それは始まると考えています。

  • お疲れ様です。

    さて皆様方に、ご協力頂きたくて、厚顔無恥ではありますが、再びこちらに書かさせて頂きます。
    というのも、現状彼らの板操作【下値誘導キャッチボール】が上手く行き過ぎて、株価だけ下がって、空売り玉は全く溜まっていません。

    このままだと、ただ単に。
    『株価位置を下げられた』だけとなってしまいます。

    ですので、ここから皆様方にご協力頂きたいのですが。
    やることは簡単で。

    1 現物玉は、引き続き『沈める。』(今更売りませんね(笑)。)
    2 そして今度は、回転用の信用玉も来月決算まで沈める。

    つまりは、本決算まで買ったら【一切の売買を停止】するということです。


    そして、ここからが今回の戦略の肝なのですが。

    3 【SESCに現在のアスカネットの板操作について、下値誘導キャッチボールが止まるまで訴え続ける。】

    これをこの時期にやられると、空売り機関は青醒めます。
    何故なら、彼らはこの本決算までに、いかに下値誘導し、空売り玉を清算するかが勝負だからです。

    でも、ここで私達アスカホルダー達が市団結し、現物玉も信用玉も沈めて一切の売買をしなくなると、アスカネットの板は、空売り機関投資家かし居なくなります。
    つまりは、出来高に対する売買比率が『空売り機関投資家』のみになるのです。

    そして、ここで私達が継続してSESCに訴え続けます。
    『現在、アスカネットの板で下値に誘導する怪しい動きがあります。板の監視を強化してください。』と。

    どうか皆様。
    今回はこの戦略にご協力ください。

    そして、もしこの戦略が前回の様に成功すればこの下げは止まり、上手く行けば、奴らはもう二度とアスカ板で悪さをしようとは考えないはずです。

    よろしくお願いします。

    追伸
    SESCへの送付例文及びURLは以下のとおりです。
    『現在、アスカネットの板で下値に誘導する怪しい動きがあります。板の監視を強化してください。』
    だけで良いです。
    これを、アスカホルダーの皆が訴えることに意味があります!!
    ttps://www.fsa.go.jp/sesc/watch/index.html

  • 【情報ありがと。】

    なるほど、この情報でこの動きということは『ここまで』を株価は織り込んでいるということですか。ここまでと言うのは、もちろん先の展示会情報による共通認識の部分であって、1万枚の量産体制はもう間もなく、そして現在はパートナー企業を探しているところまで来ていると。

    となると、この価格帯に織り込んでいない部分は、当然それ以降ですね。

    売り方さん。
    安値覚えではないですが、恐らくもう、その価格には戻らないからね。
    何を期待して待っているかは分かりませんが。
    それにしても、やはり腐ってもモル等空売り機関投資家達は流石でしたね。
    引き際を知っている。
    野村以外は(笑)。

    という事で本日は権利確定日。
    売ってしまって『下がれぇ~、下がれぇ~』と呪文を唱えていた買い方さんも買い戻す(笑)日です。
    お早めに。

  • 【この2週間の総括及び今後について。】

    おはようございます。
    さて、権利落ち日まで残すところ2日間となりました。
    急落がなければ、ここで踏み上げ戦略の総仕上げを徹底するところだったのですが、木曜日に急落が発生。ある程度想定内のことでしたが、その後の動き、金曜日に上昇して引けたことが、正直、嬉しい誤算(想定外)で、それをどう考えれば良いか、少しシナリオを点検していました。

    っで、その結果なのですが、この踏み上げ戦略。
    つまりは、機関投資家による買戻し相場は、ほぼ昨日で終えた可能性はありますが、その結果、空売り個人はこの高値で放置され置いてけぼりとなった。

    また、その間に我々買い方の信用買いなのですが、木曜日の急落、そして金曜日の乱高下により、当初予想を上回る程の返済売りが発生。また、信用買いの返済だけでなく、現物株まで放出され需給を大幅に改善させることに成功しました。
    恐らくこの利確玉は、権利確定日後に売ろうとしていた玉であったのでしょう。


    この結果から考えるに。
    木曜日、金曜日の急落は【実利益の先食い】が発生した。
    もっと分かり易くい言うと。

    権利確定日以降の急落を『織り込んだ。』可能性があるということです。

    記憶に。いや、皆さんの経験則にあるのでは?
    業績が良いと思って先に買っていて、実際にそれが発表されたら株価は下がったというやつ。
    あれと同じです(ちなみに、この株価でのアスカ本決算は、既に織り込み済みです。)

    話を戻し、上記を整理しますと。
    ・ 空売り機関投資家の返済は終わった。あるいは、残り僅かとなった。
    ・ 空売り個人はほとんど買戻しが成功できず、この高値に置いて行かれた。
    ・ 買い方個人は、信用返済を終えた又は付け替え終了した。そして、一部現物株の利益確定売りを行った。

    結論
    今回の踏み上げ戦略による急騰は、ほぼ終了した可能性はあるが、相場はこれで終わりでなく、引き続き空売り個人の返済による下支えが作用し、相場は堅調に推移すると想定しています。
    そして、そうこうしている内に・・・・・

    今週もお疲れ様でした。来週も引き続きよろしくお願いします。

  • 【空売り機関投資家情報ありがとう。』

    今日、出来高が減った理由について『これは、どこかの機関投資家は、返済が終わったな。』と考えていましたが、それを証明する情報ですね。
    感謝です。

    逆にこれで確信もあります。
    モルとクレは、何か掴んている可能性がありますね。
    ここまで解消する理由はないですから。
    ということは、野村はいつもどおりババを掴むか。。。。。

    この妄想の答え合わせは来週にできるか。

    今週もお疲れ様でした。
    残り2日間よろしく。頑張りましょう。

  • 【っていうか、もう売りたい人は売ったのでは?】

    昨日と今日のこの時間までに。
    となると、アルゴリズムはどう動く?

    下に揺さぶっても玉は出て来るのか?いやいや、もうないでしょう。
    となると。。。

    引き続き本日も出来高50万前後に注目です。

  • 【売りも買いも、おっかなびっくり。】

    唯一、AIアルゴリズムだけが淡々と買戻しをしていく。
    そりゃ、そうだね。
    機械だから感情ないもんね。

    でも私達は人間。
    心があって、すぐに動揺して、弱気になったり強気になったり。。。。忙しいったらありゃしない(笑)。

    でも、恐らく今回は、今後続く大きな相場の初動で、業績相場の入口に入ったと考えています。
    不安な気持ちを持ちながらも、前に進んでいきましょう。

    追伸
    私の隊長としての任期は残りわずかではありますが、精一杯応援し続けます。
    残り、本日入れて3日間。
    踏み上げ戦略を完遂するですよ!!

  • 【鰯隊長から盲目の小鰯達へ】

    お疲れ様です。
    さて、本日は大きく下落しましたが、私はまだ何も変わっていないと結論付けました。
    よって、引き続き、残り3日間実施することを伝えます。

    ・現物ガチホ株は、沈めて権利を確定させる(今日売った方も買い戻して沈めて下さい)。
    ・新規信用買いは絶対に持ち越さない(持ち越すと本日のようになる)。

    この2点だけです。

    以上、よろしくお願いします!!

    追伸
    もう少し後になってから言うつもりでしたが。
    アスカは一度動き出すと『三つの山と三つの谷』を必ず形成します。
    そして、初動の山が大きければ大きいほど、残り二つの山は期待が持てます。

    また、現在月足で『超長期の三尊崩し』展開中です。
    今回の相場は、とても大きな相場の初動にしか過ぎません。

  • 【あっ、ごめんもう一個。】

    今日のこの下落ですが、権利確定日後にでるか、今日出るかだけの違いだったから。

    そんだけ。

  • 【鰯達の一斉の利益確定売り】

    無闇に使用した信用買いの投げが呼び水となって、ここまで我慢に我慢を重ねていた買い方達の利益確定売りが出ました。

    悪くないと感じています。
    いや、これでむしろ【相場の息が長くなった】可能性も。

    今回のこと相場は、今後に続く相場であると考えていますので、適度なガス抜きをしながら相場形成していく。

    今回はそのように感じています。

    少し早いですが、本日もお疲れ様でした。

  • 【張り詰めた風船】

    災い転じて福となすではないですが、今回のこの下落。むしろ良かったかも。まだ、分かりませんが。

    いわゆる『ガス抜き』となった可能性が出てきました。

    このまま注目します。

本文はここまでです このページの先頭へ