ここから本文です

投稿コメント一覧 (371コメント)

  • 量子コンピュータとD-Waveについては、この本と記事が参考になります。
    記事は少し古いですが、現状と比較すると何かが見えてくるかも。。。

    量子コンピュータが人工知能を加速する
    ttps://www.amazon.co.jp/dp/4822251896
    「これは日本人研究者によるノーベル賞級の発見だ! 」
    元グーグル日本法人社長 村上憲郎
    実現は早くても21世紀後半と言われていた「量子コンピュータ」が
    突然、商用マシンとして販売が開始された。
    作ったのはカナダのメーカーだが、その原理を考え出したのは日本人研究者。
    しかも、人工知能に応用でき、グーグルやアメリカ政府も開発競争に参戦、
    NASAやロッキード・マーティンも活用を開始した。
    どのようにして量子力学で計算するのか。
    どのようにして人工知能、特に機械学習やディープラーニングに応用できるのか。
    そして、どうすれば日本の研究が世界をリードできるか。
    画期的な量子コンピュータの計算原理、「量子アニーリング」を発案した本人が語る。

    NASA、Googleが注目する「D-Wave」は、本当に量子コンピューターなのか?
    ttps://wired.jp/2015/01/03/dwave-vol14/
    グーグルやNASAを顧客にもつ、世界初の「商用量子コンピューター」企業D-Wave。
    まったくのゼロからマシンをつくった創業者は元レスラーだ。
    世界中の科学者が注目する、このブラック・ボックスは、ホントに「それ」なのか?

  • [速報] AIスピーカー「Amazon Echo」が11月8日上陸確定、巻き返しなるか?
    ttps://www.businessinsider.jp/post-106488

    アマゾンのスマートスピーカー、Amazon Echoが11月、ついに日本上陸することが確定した。アマゾンは11月8日、都内でAmazon AlexaとAmazon Echoに関する発表会を開催すると報道関係者にアナウンスした。

  • 日本企業で進むRPA革命の本質
    ttp://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/012300104/?ST=smart

    AIやIoTに続くキーワードとして、RPA(Robotic Process Automation)に注目が集まっている。顧客対応や秘書業務などの企業事務を、ロボットを使って自動化することで効率化を図るのがRPAだ。欧米の企業を中心に導入が始まり、日本でも大手金融機関や製造業での導入が進んでいる。人間はロボットとどう協働すればいいのか。RPA時代のこれからを、専門家が解説する。

  • >>No. 9939

    最近では、従業員数の「少なさ」に着目して、時価総額100億円以下で従業員50名以内、時価総額300億円以下で従業員100名以内、時価総額500億円以下で従業員200名以内で、従業員の大半がエンジニアであり、技術系の創業者またはCEOが率いる未来志向のテクノロジー企業、そんな銘柄を探しています。

    米国株、中国株メインの頃から投資していた富士フイルム@1400は別として、この掲示板を知るきっかけとなったメタップス@2000を始め、DMP@3000、モルフォ@4800、フィックスターズ@3600、JIG-SAW@7000、チェンジ@6000、フリークアウト@4000、アトラエ@5000に、先述の収穫した資金を使い、種蒔きしてきました。

    そろそろ新生の息吹を感じつつありますが、せっかく生えてきた芽を、雑草と勘違いして摘んでしまう事が往々にしてあるので、審美眼と忍耐力が大事ですね。

    摘んでしまった芽の筆頭が、以前この掲示板で書いた事のあるテンセントで、恐らく450倍位になったかと。。。

  • 富山さん、kohさん ありがとうございます。

    私はグロース株の長期投資がメインなので、お二人とはスタンスが違うかと思いますが、お二人の投稿は興味深く拝見しています。

    現在は米国の超大型株を収穫して、日本の中小型株に種蒔きしている段階です。

    AAPL 平均買値@14.28㌦(7分割調整後)→1/2収穫済み
    FB 平均買値@25㌦→2/3収穫済み
    GOOGL 平均買値@61㌦(株式配当による実質2分割調整後)→3/5収穫済み

  • 9月28日、虎の子のFB株の1/3を売却しました。
    持株残り1/3。
    為替を含めた取引明細を見ると、色々と感慨深い。
    2012/5/31 @28.0㌦買い ㌦/円@77.92円
    2012/6/22 @32.0㌦買い ㌦/円@79.12円
    2012/9/5 @18.0㌦買い ㌦/円@77.53円
    2012/12/27 @27.0㌦買い ㌦/円@84.70円
    以上平均買値@25.0㌦
    2013/11/6 @50.0㌦で1/3売り ㌦/円@97.55円
    2017/9/28 @167.0㌦で1/3売り ㌦/円@112.40円
    蛇足ながら、
    FB株は公募@38.0㌦
    2012/5/19初値@42.05㌦
    2012/9/4上場来安値@17.55㌦
    奇しくも、@18.0㌦で買った日、日本時間で翌9/5になっているが、上場来最安値をマークした日であり、ザッカーバーグ氏が声明を出した日でもあります。
    結果的には、上場後三ヶ月余りで公募価格の半値以下に下落した8月下旬から、声明を出す9月4日までが、究極の買い場になった訳です。

    保有株、1年間売却せず フェイスブックCEO
    株安歯止め狙う
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXNASGM05012_V00C12A9000000/

  • モノだけではなく、生物・細胞・ヒト・動物・虫も全部つながる、意外と真面目な研究分野かと。。。

    昆虫を知れば、ヒトが見える
    対談:神崎亮平氏(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)(前編)
    ttp://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/021200032/031000008/

    自動運転にディープラーニング以外の道はある
    対談:神崎亮平氏(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)(後編)
    ttp://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/021200032/031000009/

    Cyborg Insects(昆虫サイボーグ)
    ttp://iot-jp.com/iotsummary/iottech/robot/cyborg-insects%EF%BC%88%E6%98%86%E8%99%AB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B0%EF%BC%89/.html

    インセクトデバイス
    ttp://iot-jp.com/iotsummary/iottech/sensortech/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%87%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9/.html

  • 資料12P 取り組み一例、海外におけるコネクテッドカー実証実験のサポートとは、JIG-SAW×LITMUS×NISSAN以外の何ものでもないかと。
    Nスペ「自動運転革命」での日産シリコンバレー部隊の迷走っぷりから、この後にLITMUSとの接点がもたれたのかと。。。

    IR説明会資料 2017
    ttp://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material_for_fiscal_ym&sid=40323&code=3914

    JIG-SAW 米国シリコンバレー、Litmus Automation社の日本初のコアパートナーとして共同でIIoT(インダストリーIoT)サービスを日本国内で開始
    ttps://www.jig-saw.com/news/20170523/
    「RENAULT・NISSANグループでも複数の取り組みをスタートしており、米国NISSANのコネクテッド・カー実証を開始するなど、米国シリコンバレーにおけるIIoT(インダストリーIoT)プラットフォームの先駆け的な企業です。」

    Nスペ「自動運転革命」
    ttp://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160917

    ttps://youtu.be/6J6wk0VLUMk

  • 資料12P 取り組み一例、自動運転分野 建設業界向け自動運転・制御アルゴリズム開発とは、懐かしの神戸製鋼(KOBELCO)ネタかな。。。

    IR説明会資料 2017
    ttp://v4.eir-parts.net/DocumentTemp/20170907_032113394_45ts5xz3tikgzb45jztknd45_0.pdf

    ジグソー大幅続伸、大型商談期待で上場来高値にらむ
    ttps://s.kabutan.jp/news/n201604070347/
    「神戸製鋼が21年3月期を最終年度とする5カ年計画のなかで付加価値をつけた建機生産を示唆するなか、ジグソーとの提携思惑が底流している」

  • >>No. 346

    mdy7さん、いつもグリップ力を強化する投稿ありがとうございます。
    今回のdocomoの件に接し、下記投稿を思い出し再々掲いたします。
    FB投稿は本日確認では見れなくなっていますが、確か講演席の写真で山川社長の隣が、docomoの谷部長となっていました。
    (以前、チャチャさんの投稿に応じて、再掲いたしましたので、再々掲となります)

    ttps://textream.yahoo.co.jp/message/1835700/486f4c9ef59caaed99f79846d3e697a4/148/899

    Jun Emi氏ツイートより

    『JIG-SAW.
    「IoT」&「A.I.」
    鹿児島での講演』

    とあり、山川社長のFBに繋がり、一枚の写真から、NTTドコモ 法人ビジネス本部 IoTビジネス部 部長 谷直樹氏に繋がる。
    同氏でググると、色々なIoT関連記事が出る訳だけど、今回はDOCOMO×TOAMI×JIG-SAWの縁かな。
    下記記事には、自社ブランドのLTE対応の通信モジュールなんて言葉も出てくるけど。。。

    IoTのビジネス活用に向けた展望と課題--ソフトバンク、KDDI、ドコモが語る
    ttp://japan.cnet.com/news/service/35072788/3/

  • 地方医大教授の想いに共感して、開発協力に応じる東京の中小企業...。
    「下町ロケット2 ガウディ計画」を彷彿とさせる物語ですね。
    山川社長の父への想いも、桜田社長の娘への想いに通じるものがある。
    「Make The World A Better Place」シリコンバレー的世界観を醸し出すJIG-SAWに共感して投資するか、「従業員数が」「研究開発費が」「設備投資額が」とリスクを恐れて投資しないか、それだけの事。
    物事はシンプルに。。。

    記事掲載のお知らせ「特殊眼鏡 視覚再生に光」
    ttps://www.jig-saw.com/news/20170905/

    下町ロケット2 ガウディ計画
    ttps://www.amazon.co.jp/dp/B016PVVIOO/ref

  • フリークアウトかユナイテッドか、まさかアトランティス(グリー)?
    フリークアウトとユナイテッドは同じような株価の動きですね。
    グリー(アトランティス)は当然ながら論外かw

    レシピ動画の「クラシル」、タイアップ広告に続いて広告配信プラットフォームの提供を開始
    ttp://jp.techcrunch.com/2017/09/01/kurashiru-ads/

    delyにはフリークアウト・ホールディングス代表取締役社長の佐藤裕介氏や、アトランティスの創業者でもある連続起業家の木村新司氏、ユナイテッド取締役の手嶋浩己氏といった広告に詳しい面々が投資家として参画している。広告事業を展開する際に彼らのサポートが受けられるのは大きなメリットだろう。

  • 社員に誇りとやりがいを。役員が人事権を手放した究極のホラクラシー型組織
    ──株式会社アトラエ 第1回
    ttps://fledge.jp/article/atrae-1

    全社員が株を保有するオーナー!!? 個の主体性がハンパない上場ベンチャーがあった
    ──株式会社アトラエ 第2回
    ttps://fledge.jp/article/atrae-2

    ワクワクする組織でイキイキ働く。「週3日・時短勤務」子育てと両立した自分らしい働き方
    ──株式会社アトラエ 第3回
    ttps://fledge.jp/article/atrae-3

  • 8/21開催のチェンジの個人投資家向けオンライン会社説明会(3Q)の質疑応答にて、僭越ながら下記質問をしてみました。
    「御社を知るきっかけとなったJIG-SAWとの資本業務提携リリース、情熱的なメッセージが印象的で、今でも時々読み返しますが、某大手鉄道会社や航空会社以外にも連携は広がっているでしょうか?」
    「両社の共通理念である、『Think Big,Start& Scale Fast』のその後を話して頂ければ幸いです。」
    質問への回答は37分頃から、
    ・JIG-SAWとは良い関係を保つ。
    ・業務提携を通じたプロジェクトの具体的な開示は難しいが、顧客という観点からも、IoTなど新しい技術分野という観点からも連携は広がっている。
    ・JIG-SAWはビジョナリー・新しい領域に挑戦する会社であり、一緒に新しいマーケットを切り開いて行きたい。
    ・JIG-SAWとは、一緒に日本のIT業界を変えて行こうと話をしている。
    ・情報サービス産業は14兆円規模のマーケット、チェンジは特に上流工程を革新、JIG-SAWは運用・保守・サポートなど下流工程を革新したい。
    ・IT業界・情報サービス産業を革新して行く後には、当然ながら日本企業の競争力強化がある。
    以上です。

    チェンジ 個人投資家向けオンライン会社説明会(3Q)
    ttps://trading0.sbisec.co.jp/vcube/seminar/seminar_ptb.do?Param1=2e5a132d7169830c1b9caaa125c098648e17e38e&Param2=seminar_ptb

    参考:全産業の自動化・分散化・シェアリング化を加速させる次世代のA&Aロボットテクノロジーカンパニー「JIG-SAW」と戦略的資本・事業提携
    ttp://www.change-jp.com/news/detail/04.html

    参考:チェンジ 個人投資家向けオンライン会社説明会(2Q)における投稿再掲
    ttps://textream.yahoo.co.jp/message/1835700/486f4c9ef59caaed99f79846d3e697a4/156/517

  • PFN、NVIDIA、デンソー、豊通と関係のあるDMP。
    PFN、NVIDIA、デンソー、豊通と関係のあるトヨタ。
    点と点が線に繋がると、時価総額的にも凄いインパクトが。。。

  • トヨタ、東大発ベンチャーのPreferred Networksに105億円出資――AIの共同研究・開発すすめる
    ttp://jp.techcrunch.com/2017/08/04/pfn-toyota/

    2015年12月 10億→3%
    2017年 8月 105億→?

  • 破壊的な深層学習強化を進めるPreferred Networks
    ttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kyokai/1072/636/amp.index.html

     『もう1つ同社が注目しているのが、エッジだ。今はディープラーニングを活用しようと思うとクラウドを使おうとすることが多い。だが、IoTではデータセンターと外の世界の間のネットワークがボトルネックになると考えており、すでにそのような問題は起きているという。

     同社はクラウドではなくデバイス側で処理を行なう「エッジヘビー・コンピューティング」を提唱し、製品開発を進めている。「Deep Intelligence in-Motion(DIMo、ダイモ)」プラットフォームもエッジヘビーを楽にすることを主眼としている。』

  • プリファード・ネットワークス、世界を変える物語は続く
    ttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00437605

    『岡野原副社長も、個人の能力を生かしつつ、新しい重要な課題にチームで挑戦し、いち早く実用化することの重要性を掲げながら、同社が提唱する「エッジヘビーコンピューティング」でのイノベーション創出を視野に入れています。エッジヘビーコンピューティングとは、ネットワークのエッジ(末端)にあるデバイスで分散協調的にデータを処理する技術のこと。』

  • 量子コンピューティングでテック大手に対抗する極小企業、Rigettiの挑戦
    ttps://wired.jp/2017/07/31/quantum-computing-factory-taking-on-google-ibm/

    グーグルやIBMが激しい競争を繰り広げる量子コンピューティング産業に、社員数わずか80名の小さな企業「Rigetti」が参入した。お金も時間もかかるこの産業に小さな企業が参入するのは不利なことのように思えるかもしれないが、Rigettiは先手を打つことで大手企業とも対抗できているのだという。

  • 【買い】オプテックスグループ(6914):調整一巡で高値奪回の準備完了!利益成長が青天井入りの銘柄◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆
    ttp://minkabu.jp/stock/6914/news/1336182

    【競争優位の技術力で存在感を発揮】
    【企業の設備投資意欲が追い風に】
    防犯用、自動ドアなど各種センサー大手で、他にFA(Factory Automation)事業やマシンビジョン照明事業を展開。自動ドア用センサーは世界首位級のシェア。国内外の住宅向け警戒用センサーや有機EL、半導体、二次電池などの電子部品業界の設備投資が堅調で増収増益基調が続く。

    【過去最高益達成で利益成長が青天井入り】
    スマートフォン向けを中心にFA用センサーや画像検査用LED照明などの国内販売が伸びることが収益を押し上げるかたちになっており、今期は増収増益で、10期ぶりに過去最高益を更新する見通し。株主還元となる年間配当は50円になることも魅力。その他、車載電池業界向けFA用センサーも業績を伸長させる要因になり、時代の産業需要を背景に業績が好調な同社のさらなる快進撃を期待。

    【競争優位の技術力で存在感を発揮】
    経済産業省にグローバルニッチトップ企業として選定されるほどの技術力は確かなものがあり、屋外向け侵入検知センサーは現在世界シェアの4割を占めている。加えて、FA事業の方でも収益化が進んできており、先行き見通しは明るそう。特に同社は海外売上比率が高い一方、想定為替は保守的に見積もる傾向があると言え、為替水準によっては業績が上振れる可能性を有している。新規事業で取り組んでいるIoT技術を活用した遠隔監視が可能になればさらに引き合いが増えることも楽しみの一つだ。

本文はここまでです このページの先頭へ