ここから本文です

投稿コメント一覧 (362コメント)

  • Mobicommの代表取締役に、創業者の田中芳邦氏に代わり、JIG-SAW 執行役員 A&A事業本部長の尾崎博人氏が就任。
    その後、田中氏はNEW.VISION関連と思しき、ニューラルダイナミクス研究所長に就任。

    何か思惑があるのか、プレスリリースはされないが、水面下で色々と動きはある。。。

    ttps://www.jig-saw.com/company/

    ttps://www.mobicomm.co.jp

  • メタップスの株主総会に出席してきました!佐藤社長のお話と質疑応答の内容はこんな感じ。
    ttps://kabudekasegu.club/2017/11/29/metaps-36/

  • 日本経済新聞社は新興市場に上場する中堅企業約200社のランキング「伸びる会社 MIDDLE200」を更新した。
    サイバー攻撃の脅威を映し、ネット機器の自動監視を手がけるJIG-―SAWが上位に登場した。

    ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO27992490S8A310C1000000/

    ttps://vdata.nikkei.com/newsgraphics/middle200-2017/

  • 後編3Pより引用
    『たとえば、個人が株式会社のように擬似株式を発行し、ビットコインで資金調達を行うことができる「VALU」や専門家が10秒単位でリアルタイムに時間を取引できる「Timebank(タイムバンク)」といったサービスはその潮流を捉えた端緒に過ぎません。そこで生じる時価総額という概念は一体どういう金融資産として扱うべきか、ここにまだ結論は出ていません。

    しかしながら、今後は時間以外にも、あらゆるものが金融資産としての価値を持ち始めていきます。つまり銀行が法定通貨をベースにものを考え、査定せずとも、民主的に信用創造がなされていくのです。

    僕が信用創造のシンギュラリティを確信したのは、VALUやタイムバンクといったサービスが流行し、ビットコインがビットコインキャッシュとハードフォークしたにも関わらず、価格が下がらなかったような事象が多く生じ始めてきたからです。通常、供給量が同じものが二倍に増えたら、価格は下がるはずにも関わらず、ビットコインはその価格を下げませんでした。』

    【落合陽一 徹底解説・前編】「サピエンス全史」続編から見える日本の勝ち筋
    ttps://forbesjapan.com/articles/detail/19754

    【落合陽一 徹底解説・後編】「サピエンス全史」続編から見える日本の勝ち筋
    ttps://forbesjapan.com/articles/detail/19754/1/1/1

  • 古い記事ですが、SPIKE開発秘話。

    【注目サービスの舞台裏】手数料0%の決済サービスSPIKE開発秘話|メタップス決済事業部マネジャー 松倉 友樹氏
    ttps://career.levtech.jp/guide/pickup/column/22/

    株式会社メタップス 決済事業部マネジャー。高校3年生からコードに触れ、SFC(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス)に入学しITを専攻、国際学会での論文発表などを行った。卒業後、海外留学を経てコーチユナイテッド株式会社のチーフエンジニア、グリー株式会社のシニアエンジニアとなる。2014年よりメタップスにジョインし、現在は決済手数料0%の決済サービス「SPIKE」の開発を担当する。趣味はトライアスロン。

  • プリンの人、Wantedlyより。

    【株式会社pring CEO】板前→エンジニア→新規事業→事業経営。常に大切にしてきたのは「5の努力」。
    ttps://www.wantedly.com/companies/metaps/post_articles/101107

    荻原 充彦/株式会社pring 代表取締役CEO
    大和総研の情報技術研究所にて環境・通信分野に関する論文執筆・講演活動を行う。その後、銀行設立プロジェクトに参画し大和ネクスト銀行を立ち上げ。2012年からDeNAにてEC事業戦略室および決済代行事業にて新規事業の立案に従事。2014年にはメタップスに参画し、株式会社SPIKE代表として決済サービスSPIKEを3年で黒字化。2017年にみずほFG、みずほ銀行、WiLと共に株式会社pringを立ち上げ、同社代表取締役CEOに就任。

  • 砂糖氏ツイートより、これは下記新年の抱負②や、「お金2.0」にも書かれている、自律分散型共同体の件ですね。

    「実験的プロジェクトとして、政治と経済を区別しない分散型の新たな社会システムを作るので、一緒に作ってくれる人を募集です!ブロックチェーンを使って何か作りたいエンジニアで、フリーランスor副業OKなど、組織の垣根を超えて取り組める方はFBで私に直接連絡くださーい!
    facebook.com/katsuaki.sato」

    「2018年は個人的な目標として2つのことに挑戦しよう。
    ①サービスをマスに普及させる
    ②自律分散型の新しい共同体を創る」

  • pring(プリン)店舗用なんて、いつの間にリリースされたのやら。。。

    「このアプリは、pring(プリン)の店舗用アプリです。
    ※ご利用になるにはお申込みが必要です。お申込みは無料です。ttps://www.pring.jp/help/ よりお問い合わせください。

    pring(プリン)は、あなたのお店に簡単に導入できるマネーコミュニケーションアプリです。
    iPhoneまたはiPadと、インターネット環境があれば、さまざまな業種業態の店舗でご利用いただけます。

    ・導入費用は0円
    ・月額固定費や解約手数料もありません。
    ・超圧倒的に業界最安の決済手数料をご用意。(クレジットカード手数料の半分以下!詳しくはお問い合わせください。)

    ●ご利用までの流れ
    ①HPからお問い合わせください。加盟申込の手続方法をご案内します。
    ※加盟には所定の加盟審査があります。審査の結果ご利用いただけない場合もあります。
    ②審査結果、およびpring(プリン)店舗用を利用するためのログインIDとパスワードが発行されます。
    ③ご利用開始」

  • コズミック フロント☆NEXTに、インフォステラが取り上げられていました。
    「発想の転換によって新たなビジネスチャンスをつかんだ企業」が同社です。
    渋谷のインフォステラ本社を紹介、倉原女史のインタビューあり。
    見逃した方は、2月28日に再放送予定なので是非ご覧あれ。

    コズミック フロント☆NEXT「超小型衛星がひらく 未来予想図」
    ttp://www4.nhk.or.jp/cosmic/x/2018-02-15/10/25600/2120206/

    インフォステラが初の衛星通信向けアンテナシェアリングサービスをリリース
    ttp://jp.techcrunch.com/2018/02/13/infostellar-launches-stellarstationamateur/

    インフォステラが8億円を調達、衛星通信アンテナ共有事業を2018年にローンチへ
    ttp://jp.techcrunch.com/2017/09/13/infostellar-raises-800million-yen/

    衛星アンテナをシェアすれば 宇宙の情報が、地上に溢れ出す
    ttps://wired.jp/waia/2017/24_naomi-kurahara/

  • >>No. 1198

    ttps://messe.nikkei.co.jp/files/SS5904/4-201801101501310822.pdf

    ttps://messe.nikkei.co.jp/files/SS5904/5-201801101614210020.pdf

  • >>No. 1193

    ZIA™ Platformは、日本のGPUベンダーとして創業以来蓄積してきたGPU技術をベースに開発した、AI/Deep Learningに対する知見を融合した新しいソフトウエア・ハードウエア製品で構成されるAIプラットフォームである。
    AI/Deep Learningに対する様々な要求に対し、ZIA™ Platformの提供を通じて、お客様のAI活用をサポートする。

  • そろそろ出展のお知らせの頃合かと。。。

    SECURITY SHOW
    ttps://messe.nikkei.co.jp/exhibitor/info/SS/ja/10354/

  • 来期は中期経営計画(2014.3-2019.3)の最終年度、帳尻合わせ達成なるか。

    ttp://www.cmstream.com/ir/dmprof201405/pdf/shiryo_dmp_201405.pdf

  • そろそろ製品情報欄にRS1/HAYABUSAプラットフォームを掲載しても良さそうな頃合。。。

  • 豊通との協業におけるフィックスターズの役割
    フィックスターズ決算補足説明資料 P12参照
    ttp://v4.eir-parts.net/DocumentTemp/20180202_125309887_qqt5ej45fgjs2y55dyofje45_0.pdf

    ・ソフトウェア開発・高速化
    限られたコンピュータリソース内で自動運転を実現するため、アルゴリズム開発から実装まで幅広く支援
    ・車載向け半導体IPコア提供
    次世代自動運転の実現のため、専用チップ開発に向けた半導体IPコアの提供

    こ、これは。。。

  • 東芝、豊通、PFNと協業関係にあるフィックスターズ、好決算+分割+JV設立発表。
    ttp://www.fixstars.com/ja/ir/news/

  • 矢継ぎ早に。。。

    ヘイ株式会社及び株式会社カンムとの包括的資本・業務提携に関するお知らせ
    ttp://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS08108/dca753aa/6275/443f/85a1/dc68b2bad327/140120180131460157.pdf

    代表取締役の異動に関するお知らせ
    ttp://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS08108/125730a1/ca65/4460/9109/b6f4e7060b03/140120180131460134.pdf

  • 素晴らしい。。。

    コイニーとストアーズ・ドット・ジェーピーが経営統合を実施。同時に持株会社として hey を設立
    ttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000031375.html

    ■ hey からのメッセージ

    - Just For Fun. 「楽しみ」のための経済へ。

    「ただ、自分が楽しかっただけなんだ。社会のことなんて考えていないよ。」世界にとってなくてはならないソフトウェアである Linux を小さな部屋でつくりはじめたリーナス・トーバルズはこう言った。

    そう、小さくたって、壮大なビジョンがなくたって、楽しいことを追求することができれば、その小さな熱狂がいつかは人を巻き込み、ひとりひとりに楽しさをもたらすことができるのだ。

    そして、進化するテクノロジーやインターネットのおかげで、その可能性はどんどん広がっている。

    何かを始めるのに、大きくなくてもいい。何かを満たすことは、たくさんでなくてもいい。何かを成し遂げることは、どこでだっていい。

    今や、ひとの創造力を掻き立て、経済のありかたまでをも変えていく原動力は、それが「楽しい」かどうかなのだ。

    作り手と受け手、生産者と消費者、クリエイターとファン。わたしたちは、あらゆる障壁や分断を取り払うツールを提供し、あらゆる機会へのアクセスをつくりだしたい。

    本当に楽しいと思えるモノやコトが、本当に必要としている人たちをつないでゆき、ひとりひとりにとって居心地の良い豊かな世の中へ。すべては「楽しい」からはじまる。

    Just for fun.

  • マクニカ好決算+増配
    ttps://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20180129/ax5rff/140120180129457915.pdf
    ttps://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20180129/ax5rfx/140120180129457933.pdf

  • DMPにとって、このややこしいスキームの肝は以下引用にあるかと。。。

    『SMFL は、(中略)新たに住友三井オートサービス(中略)へ資本参加します。併せて、SMFL は、
    SMFL キャピタル(中略)を吸収合併します。』
    『SMFL が FLC を吸収合併することで、FLC の優良な顧客基盤、人的資源を取り込み、国内営業
    の付加価値向上を目指します。なお、上記シナジー追求の一環として、FLC のフリート事業(オ
    ートリース事業)については、SMAS 傘下(補足:100%)とし、ともに成長を目指します。』
    【参考】
    SMFL:三井住友ファイナンス&リース
    FLC:SMFL キャピタル
    SMAS:住友三井オートサービス

    要は、住友三井オートサービスの車両保有管理台数約75万台の更なる上積み。。。

    株式会社三井住友フィナンシャルグループと住友商事株式会社との
    リース共同事業の再編に関する基本合意締結のお知らせ
    ttp://www.smauto.co.jp/news/details/20171106PM1700.pdf

本文はここまでです このページの先頭へ