IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (267コメント)

  • >>No. 1492

    AMZNは
    指値注文ことごとく買えて
    大分増えた。

    株主とかそういう訳でも無いが届くまでの時間とか
    ネットでの注文はAMZNが多くなった。

    例えば通販のコーヒーなどでも
    そのサイトで注文したら届くまで数日かかる。
    AMZNなら大抵翌日だが
    今朝注文したのは今日届くとのメッセージが有った。

    又別荘というのでは無いが別のところで避暑する時用に
    ミニ洗濯機を買った。

    それも実際に電気店にも行ったけど
    結局買ったのはAMZNだった(笑)

  • 真のランダムは残酷
    従って予測は不可能が前提。

    こういう場合私は過去のチャートを参考にする。
    上はダウの10年チャート
    下はAB-Dの10年チャート

    ダウも昨夜30000ドルを割った。
    でダウは30000ドルは過去に何度も割っている

    っていうか2021年以前はダウは3万ドル以下だったので
    昨年が異常な高さだったという結論になる。

    で。ダウが低い間もAB-Dは1万前後でずっと推移している。
    時々分配基準を満たした間はちょこちょこ上がっているので
    分配込みのチャートは下のグラフになっている。

    この結論から言えることはダウが下がっても
    AB-Dは基準価額1万円前後を維持する可能性が高いということ。

  • 日経記事から

    FRB、なぜ大幅利上げを決断? 円安圧力さらに


    ・なぜ0.75%の大幅利上げ?
    ・金融引き締めどこまで続く?
    ・円安・ドル高さらに進む?

    -----------------
    と色々書いているが
    どれもこれも可能性の言及しかしていない。

    そんなのちょっと経済齧ったり
    統計論とか齧ったら誰でも書けるわ。

    真のランダムは残酷なので有るのよ。
    統計に収まり切れませんわ。
    人間の欲や恐怖が混じるんで理論通りには行きませんのよ(笑)

    もうメール配信もやめることにした。

  • オセロ対戦自分黒。相手は五段
    これは接戦で無く勝てた。
    どうしても相手が5段六段になると気合が入ってしまう(笑)

    ネット対戦なのでオンライン対戦になり
    相手のIDも隠さないといけないから
    ペンでなぞってみた。


    最近ネットで口座開設とかも簡単に出来るが
    個人情報などはこうやって必要最低限の情報以外は
    目隠しする方がいい。
    スマホなりPCなりで画像を撮ってその後隠したい部分をペンのマークの部分でなぞれば隠せる。

    が、スマホで目隠しした画像は明るさを変えると見れるので
    完全に隠したい場合はマークアップで枠で囲んで真っ黒にする方法がいい。

    で、オセロ。
    なかなか上位組は強いので自己流でやっている自分の限界と思って
    強い人の対戦を観戦するけど
    これって他人のやり方を暗記するやり方なので
    それを自分のものにするってなかなか難しい。

    で、やっぱり自分のやり方で負けた時どこが悪かったかを修正する方が
    やり易いかな?とも思えて来た。

    もちろん自己流は限界が有るのはわかっているので
    他の上手な人のをマスターするしかないけど。

    と書いている間に朝寄り付き1936円で買ったレノバ2000円で
    指していたら約定出来てた(笑)

  • 【儲かる投資信託が埋もれてしまう日本のナゾ】東洋経済記事から抜粋
    1990年にノーベル経済学賞を受賞したハリー・マーコウィッツの「現代ポートフォリオ理論」によれば、保有する金融商品が十分に分散化されたインデックス型の商品での運用が効率的であると述べられています。「資産形成はインデックス型の商品がベスト」という風潮は、現代の投資理論から生まれたものであり、この考え方が独り歩きした結果、「優れたアクティブ型の商品」が、インデックス型の商品の陰に埋もれてしまうという事態になってしまったのです。

    もちろん、私自身も「現代ポートフォリオ理論」の内容自体は正しいと考えており、その点に異論はありません。しかし、最前線で投資信託分析の仕事に携わってきた私は、「インデックス型の成績を大きく上回る、優秀なアクティブ型の商品がきちんと存在している」という事実を知っています。そのため、「投資信託で資産形成をするなら、インデックス型の商品がベストである」という定説は、少し行きすぎた話であり、違和感を抱かずにはいられないのです。

    では、どう選べばいいか?
    私が考える、「本当に優良なアクティブファンド」の定義はとてもシンプルです。インデックスを上回る運用成績を収めていて、なおかつ、その運用成績が、カテゴリー(「国内株式」「先進国債券」など)内でおおむね上位20%以内に入っていること。さらに、世間ではあまり知られていない、本当に儲かるファンドを抽出するため、私は以下の6点を条件として掲げています。

    ① 購入時手数料がかからない
    ② 決算回数が年2回以下
    ③ 3年以上の運用実績
    ④ 2社以上の金融機関で購入が可能
    ⑤ 同じカテゴリーに属する商品との比較
    ⑥ 運用手法および運用体制の評価
    ---------------------
    以下長いので省略しました。
    AB-Dは①は手数料無料のネット証券で買えばクリア
    ②は目論見書を精細に読んだ結果
    ここは11000円以上で分配金を保証すると明記されていることから
    毎月分配と言うより運用成績が上がった時だけ出す→自らの足を食って出すタコ足では無い。
    そして昨今の状況から年に2回程度の分配の可能性も有る。

    なので上の条件を全てクリアーしている。

    私もインデックス以外にも本当に【優良なアクティブファンド】は存在すると思っている。

  • いよいよ訪日観光客の受入れが再開

    って言われてもな。
    これ以上のコロナ禍はごめんだ。

    インバウンド狙いたい業種には悪いけど。。

  • 米国の大暴落が有ったので

    2年ほど前に契約した保険の残高を以前は毎日運用状況閲覧出来ていたが
    実はあまりにも不要なメールが届くのでメールアドレスを変更したらその手続きをしていなかったのと
    保険会社も色々な強化策としてワンタイムパスワードも導入されていてそのワンタイムパスワードは登録のメールアドレスに届くので
    生保に電話してメールアドレスの変更からやったので
    やっと画面が見れるようになった。

    そしたらやっぱり米ドルで運用している生保の残高は日々ダントツで増えている。
    ってことは。。。

    で。多分米国市場が乱高下しているのである方から親切なメールが届く
    リーマンの経験は無くとも直近のコロナショックとかも有り、
    不安に備え、ロスカットの基準を決めているか?とかそういうもの。

    でも、実はABに関しては去年の方が売りたくて仕方がなかった。
    ほぼ毎日売りボタンに手がかかっていた。

    今はこの状況に際し山のようなメールも日経のサイトや証券サイトや色々なところから届く。

    ロスカットだのなんだの。

    どうせいくら含み益が有ったとしても230億も稼いだcisさんにはとても適わないから
    自分の才覚でやれるんだから儲けが大きいとか小さいとかそんなのどうでもいい。
    今いい勉強をしているんだなと思っている。

  • >>No. 1494

    またまたAB-Dがファンド純資産ランキング8位に返り咲きました♪

  • 日経記事
    次々とメール配信で記事が飛び込んでくる。

    円、一時135円台前半 1998年10月以来24年ぶり安値
    グローバルマーケット

    円、一時「日本売り」以来の安値 投機筋狙い撃ち
    為替・金利

  • >>No. 1494

    これだけダウ、ナス下がって
    先物下がって
    それでもAB-Dの加入口数増えてたらもう
    驚きしかないわ。

  • とある投信2種の10年チャートの比較

    上は分配は有るが半年に1回。
    下は毎月分配型。

    これで見ると10年持ち続けての結果は一目瞭然。

    上の投信は開設が2006年だけど10年前の今頃もまだ基準価額10000円前後だった。
    出も10年後の現在44000円程で実に元の4倍だ。
    1000万投資して4400万だ。

    下の毎月分配型は10年後も分配込みで12000円前後。

  • トータルリターンで見るものとは言え
    みんなやはり分配気にしてると思うので

    基準価額11000円未満での2019年のDATAから

    上が分配金年間を通して1月を除き100円出ている
    2019年10月などは分配の査定基準になる基準価額も10月11日が10203円分配日の15日は10222円で100円出ている。
    10月のDATAだけ掲載しておく

    日付 基準価額

    20191001 10239
    20191002 10105
    20191003 9895
    20191004 9972
    20191007 10084
    20191008 10095
    20191009 9955
    20191010 10078
    20191011 10203
    20191015 10222
    20191016 10394
    20191017 10372
    20191018 10414
    20191021 10357
    20191023 10288
    20191024 10327
    20191025 10438
    20191028 10476
    20191029 10579
    20191030 10533
    20191031 10577

  • 統計学

    真のランダムはイメージより残酷

    確率論、統計学の定理に【大数の法則】があり
    それによると
    回数が増えれば現実値は理論値に近づくというもの。

    コインを投げて回数が少ない間は表が続いたり裏が続いたりしても
    回数が多ければ次第に平均化されるというもの。

    しかし、コインの裏が出るか表が出るか?というのは
    どんなに回数が増えても、表が出るかの確率は常に半分ずつだと言うことが忘れれらている。

    10回コインを投げたとして9回裏が出たとして10回目が表が出るとは限らない。
    コインは神様じゃないから10回目も同じように裏が出る確率も表が出る確率も半分ずつなのである。

    現実のランダムは残酷だということ。

    だから私は株式でもナンピンはしない理由がこれ。
    勝ち続ける間は買い増しもするけど
    下がっている時にナンピンとか押し目買いとかはしない。

  • 自分のstrategyは明かさないので
    具体的なことは絶対書かないけど。

    これだけアメリカ市場だけでなく世界も色んなことが有ったら
    愚痴もこぼしたくなるよね。

    みんなが乗り越えて行かれますように~♪

  • >>No. 1490

    届いたスマホは
    iPhone 13 Pro-128gb-グラファイトだったので

    昨日ビッグカメラとか色々見て来たけどカバー用がまだ揃っていないみたい。

    アマゾンでも普通のiPhone 13 Pro用なら可愛いカバーも多種有るけど
    どれもサイズが小さいw

    私のがデカすぎかもだけど、どうせ買うなら今一番機能のいいのが欲しい。
    PCも一昨年に買ったのは当時では最先端の機種。

    スマホも同じ感覚でと思っている。
    早く可愛いカバー出してね(笑)

  • >>No. 1495

    分配金の件

    モーニングスターのDATAで過去の分配履歴を見てみた。
    今年3月無分配だったので目論見書の規定を読んで
    11000円以上で無いと分配出さないと思っていたが

    過去には2019年辺りは11000未満でも100円出している。

    なので10000円ぎりぎりでは無ければ100円は有りうる。

  • いつも思うのは
    証券各社の後付けコメント。

    テレビでも大地震が起きた時、前からこうなることはわかっていたとか。

    ジャーナリストやコメンテーターはコメントすることで飯を食ってるから
    そういう類のはほんとお笑いもの。

    で。ABの分配も今年は出ないと自分は思っているが
    中には分配欲しい人もいるだろうから
    分配欲しいならこういうのが有りますよと
    紹介してあるファンド見たら
    今は出ているが2017年以前は全く無分配の期間も長かった。
    これには大いに笑ってしまったわ。

    投信は株式のように自分でトレードするものでは無いので
    コントロールの利かない商品だと言うことを頭に入れておく必要が有る。

    その上で投信の中身、ファンドマネージャーの方針、そして自分で基準価額、純資産、加入口数などエクセルで入れてグラフ作って推移を自分でチャートにして眺めている。

    そしてその上で自分がアメリカに住んで直に株式を分散で買っていても同じような銘柄になるだろうなと思いながらファンドを見ている。

  • 又純資産総額ランキング接近して来た。

    順位が逆転するかも
    わだすは分配よりこういうのに目が行く(笑)

  • >>No. 1489

    AMZN118の指値でも買えてしまった(笑)

    日本株今日も押しているところで買えた。
    米国は当分軟調だし。。

  • >>No. 1488

    日本株は薄利だけど
    毎日決済しているので
    ダウ下がった時でも冷やりと言うのが全くない。

    毎日8時から寄り前の気配で注文決める。

    先日米国だけでなく世界の景気がRecessionに備え
    米国ベアETFのお勧めが有った。

    レバレッジを利かす投資もやるそうだ。

    でも私は信用は日本株のデイトレに限ってやっている。
    上がったら利確を出来るだけ我慢して予想より下がると思ったら即撤退。

    なので追証という羽目になったことは一度も無い。
    自分の予想通り行ったなら自己資金の3.3倍のレバレッジも有効だろうけど
    反対に行った場合売りたくなくても反対決済で追証で売らされてしまう。

    そういう自分の意志とは関係ないところで決定されてしまう・・・コントロール不能と言うのが絶対嫌いな性分なんでこれは断った。

    投信も持っているが全て現物。

    安易に儲かりそうだとかの期待感で買わないし、
    償還期限に引っかかりそうな純資産の少ない物とか加入口数が増えていないものとかは絶対手を出さない。

本文はここまでです このページの先頭へ