ここから本文です

投稿コメント一覧 (3828コメント)

  • >>No. 15

    個人投資家は空売りできないから、それしかないですね( ^ω^)・・・

    売上と利益が4Qに偏るのが特徴なので、1Q決算は底打ちに繋がらないでしょう。

  • >>No. 12

    ちなみに、サムライインキュベート・榊原健太郎は、
    今年の株主総会で後ろの方にひっそりと座って発言せず、
    終了後すぐに後ろを振り返ったら既に外に出ていました。

    総会では出席した株主からの株価低迷への厳しい発言が続き、
    その中でサムライインキュベートを含むVC売りのことも出ていました。

    その1週間後にEVO FUNDへ価格未定での大量売却ですから、
    株主総会の時点で取引の話が進んでいた筈なので、
    参加株主から詰め寄られるのを恐れて逃げ出したのでしょうね(´;ω;`)

  • >>No. 291

    君は業界マップすら頭に入っていないようですね(笑)

    サッシ業界では旧トステムだけでも首位で、
    4位の新日軽を吸収したことでシェアが5割に達して寡占化した。
    その際に複数購買をしたがる取引先がトステムと新日軽以外の競合との相見積に移行したため、潮田の買収によるシェア拡大は失敗した。
    三協立山はシェア3位の弱小に過ぎず、上位2社で十分なら排除される側。

    君の言う水回りが何を指すのか意味不明だが、
    トイレなら、TOTOが1位で、旧イナックスが2位で、この2社で90%以上。

    タカラスタンダードを上げているなら、システムキッチンだろうが、
    シェア1位がリクシルで、タカラスタンダードが2位、クリナップが3位で、
    パナが4位だから、TOTOはその他15%の一部に過ぎない弱小。

    いい加減なコメントを書き込むと恥をかきますよ( ´∀` )

  • >>No. 707

    8月13日 に第3四半期決算発表される予定です。

    なお、普通のネット証券会社なら掲載されていますので、
    情報収集と投資判断を自ら行うためにも、
    ご自身で調べる癖をつけておいた方が良いかと思います。

  • >>No. 6691

    くらさん、気管支炎なのですね…お大事に。

    くらさんの持ち株に買い方の機関投資家が入る「機関支援」があると良いですね!

  • >>No. 812

    そうやって妄想でもしていないと、
    「売りは命まで」という投資の格言が思い出されて不安なのでしょうね(´;ω;`)

  • 名証IRで1470Mpaのサンプルが出ていなかったので聞いてみたところ、
    現在量産中のセンターピラーの経常ならば作成可能だが、
    まだ、完成車メーカーの具体的なパーツでの採用が無い状況とのこと。

    技術が完成しているのなら、現状の量産パーツと同形状のサンプルで技術力をアピールするような積極性に欠けるのが残念なところです。

  • >>No. 807

    過去の高値圏で人気あったころは、2500円が底値圏のように思われていたよ…

    なので、助かる人が多くなるのは2700円突破が必要で、青天井は3000円越え。

    株価が低迷していたけど、業績は順調に拡大してEPSが増大したから、
    PERなどの指標面ではその頃より割安(^^♪

    慌てずにじっくりと構えて、上場来高値更新を期待して参りましょう!

  • >>No. 276

    チャートを逆にするとナイアガラに見えるね( ^ω^)・・・

    踏み上げたくて遊んでいるのかな???

  • >>No. 280

    掲示板でムキになるような売り方で長く成功している人は見かけませんが…

  • 私がなぜ、サムライインキュベートの所有分が今後も処分が続くと考える理由は、
    四季報記載の通り、サムライ・インキュベイト2号が120万株(11.1%)を保有し、
    かつ、下記の記事にある通り同ファンドは2011年1月に運用期間7年だから。
    このファンドはポート以外を含む総投資額が6200万円と記事に記載されており、
    ここを一株平均300円で譲渡しても6倍になる計算です。

    サムライインキュベート、投資ファンド「Samurai Fund2号」を設立--シード期のベンチャーを対象に
    岩本有平(編集部)2011年01月31日 CNET Japan

  • 大量保有報告書は、市場内での取引ならその取引日毎の取引株数、
    市場外なら価格を記載するのが決まりなので、かなり詳細に分析可能です。

    なお、こうしたVWAPからの割引のような契約での譲渡の場合には、
    単なる売却業務の委任に当たるはずなので、
    本来は売却元の大株主が、その契約内容を重要な契約として記載するとともに、
    EVO FUNDへ譲渡した形式の分も共同保有として記載して、
    日々の処分状況を記載するのが本来の在り方と思います。

    今日も年初来安値更新ですから、
    abcさんの書かれた通り淡々と処分を進めているのでしょう。

    なお、サムライインキュベート・榊原健太郎名義の保有分のうち大半を占める
    VCファンドは上場前に設定当初の運用期限を経過しているので、
    EVO FUNDを利用してまで処分している以上、残りも急いで処分すると思います。

  • >>No. 252

    昨年10月の瀬戸CEO解任と潮田の復帰で2000円から1800円まで急落した窓が、
    今の水準との間に空いていますね( ^ω^)・・・

    経営陣の復帰による業績改善を材料として、その窓を埋める展開になるのでは。

    慌てずにじっくりと構えて、期待して参りましょう!

  • >>No. 235

    確かに雨はスゴイね!

    売り方のtonkooyajiさんにとっての「雲行きが怪しい」は踏み上げですね(^^♪

    ならば、私たち買い方には、雲行きがよろしいようで( ^ω^)・・・

  • >>No. 677

    今日は全体相場の悪化という追い風があったから、
    安く仕込みたい機関投資家にはやり易かったのでしょうね…

    ご希望価格を下回ってきたから、仕込み始めましたか(^^♪

  • >>No. 232

    潮田時代の1Qについてガタガタいうのは、
    本気で瀬戸CEOの復帰を歓迎した側にはいませんよ(^^♪

    中長期での業績回復期待ですから、復帰後の業績変化などを注意深く見守る段階。

    株主総会後に株価が上がった理由を無視した売り煽りは、無理がありますね(笑)

  • >>No. 774

    そうそう、不安になってむやみに攻撃的になったりするような精神力と資金力の乏しい売り方は怖くありませんね。

    機関投資家が信用買いの個人投資家をあきらめさせるべく、
    淡々と際限なく続きそうな感じで売られている時が一番怖いですね。

    どんなに調べたとしても、見落としや知らない情報があることを考えれば、
    盲点となっている情報を基に売られているのかもしれないとの考えがよぎる。

    そんな風に、狼狽売りさせられないように、情報入手に勤めつつ、
    資金管理や自分自身の心理も管理する必要がありますね。

    慌てずにじっくりと構えて、良い投資をして参りましょう!

  • >>No. 929

    最先端の物流というのは、AVC関西の開設時の記事によれば、
    3次元自動ピッキングの設備をフル活用して、保管場所からの荷物移動を自動化、
    トラックが入線するバース管理自動化アプリの導入などを指すようです。

    自動ピッキング装置は設備投資が大きく成るので、
    十分な売上がなければ過大投資となって償却負担が重荷になるし、
    トラックバース管理ソフトは出入りする運送業者が常に十分な回してくれることが
    前提となるけど、運転手不足の運送業界に無理が利かなくなったらアウト。

    ちなみに、ロハコ事業は売上1000億円で黒字転換を見込むとの話でしたが、
    昨年度はその約半分の513億円に過ぎず、大幅に未達。
    にもかかわらず、今期の期首計画の成長率が4%台とEC業界の平均より低く、
    シェア低下が続くので黒字転換は困難です。

    こうした状況なので、プラスがまずしびれを切らしてヤフーと協議し、
    共同で社長の再任反対をすることになったのでしょう。

  • >>No. 772

    そうじゃなくて、1830円で空売りをしていて、全体相場が悪かった今日も含み損。

    そんなところに、ベトナム最大のIT企業との合弁会社設立のIRなので、
    不安なんですよ(^^♪

    私たち、ホルダーは、慌てずにじっくりと構えて、期待して参りましょう!

本文はここまでです このページの先頭へ