IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (30コメント)

  • ともひこの次か次かと思ったら~
    くにひこ、よしひろでした~
    チクショ-!

  • ともひこの次か次かと思ったら~
    くにひこ、よしひろでした~
    チクショ-!

  • 三菱電機へのサイバー攻撃で、防衛省が研究を進める最新鋭の「高速滑空ミサイル」の性能に関する情報が、同社から漏えいした疑いがあることが二十日、関係者への取材で分かった。防衛省は、サイバー攻撃の全容について調査を続けている。
    菅義偉(すがよしひで)官房長官は同日、記者会見で「流出した可能性のある情報は、防衛省で安全保障上の影響を精査中だ。事案の詳細についての答えは控えたい」と述べた。
    関係者によると、漏えいした可能性があるのは、ミサイル試作品の製作に関する入札の際、企業側に求めた性能などの情報。開発過程で性能は変わり得るため、防衛省の指定する「秘密」ではないが、慎重な取り扱いが必要な「注意情報」に当たるとみられる。
    三菱電機は二十日、「防衛省の調査に協力している」とのコメントを発表。漏えいの疑いについては防衛省に報告済みで「それ以降、新たな情報流出の可能性は確認されていない」とした。
    三菱電機は入札に応募したものの受注できず、別の企業が契約した。入札を所管する防衛装備庁は「安全保障上の影響を精査している。個別の装備品に関して情報が漏えいしたかは答えられない」としている。
    高速滑空ミサイルは、超音速で複雑な軌道を飛行し、敵の防衛網を突破するとされる。防衛省は島しょ防衛強化のため、二〇一八年度から研究を始めている。

  • 三菱に壁を作れ!
    費用は三菱が払え!

  • 最新鋭ミサイルの性能情報漏洩か 三菱電機サイバー攻撃

    三菱電機への大規模なサイバー攻撃で、防衛省が研究している最新鋭兵器「高速滑空ミサイル」の性能に関する情報が、同社から漏洩(ろうえい)した疑いが強いことがわかった。防衛省や防衛産業へのサイバー攻撃で、特定の装備に関する情報流出の疑いが発覚するのは異例。防衛省で安全保障上の影響などを調査している。
    高速滑空ミサイルは、複雑な軌道を描いて超音速で長距離滑空し、敵のミサイル防衛網をかいくぐり、目標を精密攻撃する。中国、ロシア、米国などが開発を進め、防衛省も2018年度から装備化に向けて研究に着手している。
    政府関係者によると、防衛装備庁が、その試作の発注先を入札で決めるのに先立ち、三菱電機を含む複数の防衛産業に貸し出した「性能要求事項」が、サイバー攻撃で漏洩した可能性が高いという。入札の結果、試作を受注したのは三菱電機とは別の防衛産業だった。
    性能要求事項には、射程や耐熱性、推進力などが記されているとみられる。今後の開発過程でミサイルの性能が変わりうることなどから、特定秘密保護法で指定する「特定秘密」などの対象ではない。ただ、「防衛業務の遂行に支障を与える恐れがある」とした「注意情報」に該当。防衛装備庁は三菱電機にも情報保全の徹底を誓約させていた。
    三菱電機への一連のサイバー攻撃で、同社は当初、採用応募者らの個人情報や営業・技術に関する社内情報流出の可能性があると公表する一方、「機微な情報は流出していない」としていた。ところが、2月10日に一転して「防衛省の『注意情報』が含まれている」と説明を変更。漏洩の中身については明かしていなかった。防衛省は他にも防衛装備の機微な情報が流出した可能性があるとみて調査を進めている。

  • >>No. 81

    > 配当半減なら、悪名高い三菱電機は役員達の超高報酬報酬はゼロにしろ。!!!!
    > 少なくとも、役員報酬は配当に充当するのが筋だろう。

    営業利益が半減しても1億円以上の役員報酬は維持されます。
    減配しても社員が減収となっても役員報酬は死守されます。

  • >>No. 90

    > NECとかソニーとの違いは
    > リストラしてるかしてないかだろうね

    NEC、ソニーはリストラしましたが、社員を殺していません。
    三菱電機はリストラしませんでしたが、何人も殺しました。

  • 18年に発覚したスルガ銀行による不正融資問題は、多くの従業員が認識していました。内部通報を利用しようと思ったものの結局やめたという人が200人弱もいたと、第三者委員会報告書は指摘しています。20年3月に閣議決定された改正公益通報者保護法案では通報者特定につながる情報を守秘するよう義務付けました。しかし報復した事業者に対する行政措置や刑事罰は導入されていません。
    ――通報が増えれば企業風土は改善しますか。
    以前と比べて内部通報の利用が増えていることは間違いありません。いまの時代、内部通報のもみ消しなどをすれば、大スキャンダルにつながりかねません。内部通報があった場合、会社は「リークされる前に内部で是正する機会を与えてもらった」とありがたく考えるべきなのです。
    国広弁護士は、日本の企業風土が変わるかについては「会社による」と厳しい見方をします。内部通報制度は作るだけでなく、会社が報復を戒め、制度を本気でリスク管理に生かす意気込みをもたなければ、効果はないのです。

  • イオンが役員に支払う報酬の最大3割を自主返納することが22日、明らかになった。新型コロナウイルスの感染拡大で2021年2月期は最大7割の営業減益が見込まれている。業績が悪化する中でまず役員報酬を減らし、パートやアルバイトも含めた全従業員で危機感を共有する。
    岡田元也会長と吉田昭夫社長を含めた執行役9人と部門責任者7人の計16人が5月から10月までの半年間、月額報酬の一部を返納する。会長と社長は月額報酬の30%を、その他の役員は10~20%をそれぞれ返納する。社外を含めた取締役は執行役の兼務者を除いて対象にしない。なおイオンの主要グループ会社のトップも同様に月額報酬の10~20%を自主返納する。
    イオンでは新型コロナの感染拡大でショッピングセンター(SC)「イオンモール」の国内全施設でテナント部分を休業している。

  • 杏も不倫していた!?
    「妻子ある男性と…」 母親が裁判で暴露!
    収まらぬ「反戦歌ギター弾き語り」の波紋…“痛恨の黒歴史”がバレた!?

  • 当社におけるChinese virus感染者の発生について(2020 年 4 月 10 日)

    4 月 9 日に、当社本社(東京都千代田区)に勤務している従業員が、Chinese virusに感染していることが新たに判明しました。同従業員は、3 月 30 日の勤務中に発熱し、一旦解熱したものの再び発熱したことから、PCR 検査を実施した結果、4 月 9 日に陽性と診断されました。
    現在、管轄する保健所の指示に基づき療養中です。
    感染者が発生した本社においては、すでに全従業員を対象として在宅勤務にて業務を行うことを原則としておりますが、当該従業員の行動履歴を確認したうえで、注意を要する従業員を特定し、4 月 13 日まで自宅待機(出社不可)とし、健康状態の経過確認を行うこととしました。
    勤務フロアについては、入居ビルの管理会社と連携し、共用エリアおよび当該従業員が勤務する当社専有エリアの消毒作業を実施済みです。また、お客様についても従業員と同様に特定しご報告いたしました。今後も、管轄する保健所の指導を踏まえながら、適切に対応してまいります。

  • 世界のChinese virus死者、9万人超す

  • ブラック企業賛成!三菱電機は、従業員を大切にしません。
    キッチリ決められた時間通りに働けない。休みがカットされる心配もある。研修も、全くしっかりしていません。ルーズな所があり、キチッと整えられていない環境がないから安心して働くことができません。職場の「ブラック度」で選ぶなら、三菱電機がおススメです。

  • 2020/04/07 19:54

    Chinese virus感染者は姫路製作所の2名だけでないんじゃないの?
    また隠蔽してるんじゃないの?

  • 姫路市は三菱電機から得られる税収より、損失の方が大きいのです!
    三菱電機社員はChinese virusをまき散らし、姫路市を廃墟にしました!

  • 三菱電機でChinese virus感染者2人 兵庫県内の工場、400人自宅待機

    目標未達!
    三菱電機の杉山が悪い!
    責任取れ!

  • 2020/04/02 14:11

    Chinese virusはブラック企業が好きなのです!

  • 杏が離婚決意…別居中の東出昌大に不信感、子供のため躊躇も完全に吹っ切れた

    夫の俳優、東出昌大(32)が起こした不倫騒動で別居中の女優、杏(33)が離婚へ向けて弁護士を立てたことが31日、分かった。

  • 三菱電機社員自殺で不起訴、神戸 教育主任、嫌疑不十分

    三菱電機の新入社員だった20代男性が昨年8月に自殺した問題で、神戸地検は27日、自殺教唆容疑で書類送検された教育主任の30代男性社員を嫌疑不十分で不起訴にしたと発表した。「証拠上、起訴して有罪とするのは困難だった」と説明している。地検によると、教育主任は容疑内容を否認した。
    遺族側の弁護士によると、昨年8月23日に男性が自殺しているのが見つかった現場には、教育主任から職場で「自殺しろ」などと言われたとの書き置きが残されていた。地検は「公判を維持するための証拠としては不十分だった」とした。

本文はここまでです このページの先頭へ