ここから本文です

投稿コメント一覧 (33コメント)

  • >>No. 703

    総会の報告ありがとうございます。

    株主の質問が優待品とか、レベルが低いので経営者は安心です。
    無配は経営として恥ずかしいことなんですがね。

    復配の時期が読めないのは、利益を出す時期も読めない、というお粗末さ。

    この掲示板のレベルの方が高いねー

  • >>No. 667

    社名変更に、やけに反対の反応が多いのはなぜ???

    無配転落の次は、株主優待をやめる?
    発表ないのはなぜ??

    優待目的の株主さんはどうする?
    怒っちゃうよね。
    売りたくても損するから!!

  • 地図出版という本業を辞めて、旅行業界に本気で参入するなら、社名を変えてください。
    令和の時代に昭文社ではイメージがよろしくありません。
    社名を変えたら、少しは株価が上がるかも?

  • 次の手は、トリップアドバイザーを買収か、
    中国企業に買い取られるか。

    さあどーする、どうする。

  • 想定より多かった?
    96人退職したら、残った社員に相当負荷がかかるだろうね!

  • 今月、希望退職者を受け付けていますが、80名超えましたか?それとも全く希望者がいないので肩叩き始めましたか?

    社長は社員の皆さんに、「すまない、私の力量不足で」と謝罪しましたか?

    役員報酬返上します、とか配当金でスーパーマップル1万部買います、とか言ってもらわないと収まりませんね。

    45歳で退職しても家族を食わせていくのは、本当に大変だと思います。社長は何も感じないのだろうか。

  • >>No. 557

    「地図データで日米連合 自動運転」
    今日の日経見ましたか?
    これに昭文社が絡んでれば、業績アップも期待できるけど、「地図で首位級」っていつのことでしょう?

  • 昭文社のリリースを鵜呑みにしただけの記事のなんと多いことか。
    ゼンリンと比較して何か言ってるつもりだろうけど、的外れ。
    深掘りするコストをかける価値もない、か。

  • スマホに負けた、と書くニュース記事は違うね。リリースに「無料ナビアプリに負けた」と言い訳を書くからいけない。

    昭文社は他社より早くスマホアプリを開発し、マップルに電子地図が付いてくる、といろいろ手は打っている。

    ナビアプリと競合して負けたのはマップルナビで、キャンバスマップルという子会社だろ。その会社と縁を切れば良いわけで、本体の社員は関係ない。
    まだ潤沢に財政豊かなので、クビを切るほど困っていないはず。

  • Xさん)久々ですね、Yさん。
    Yさん)下方修正が今期も出ましたからね。ちょっと言いたくなってね。
    X)3期か4期か連続赤転ですか?
    Y)予想出来ましたけどね。今後も上場維持できますかね。
    X)どうでしょうかね。経理の役員が首切られたそうで。ほかの役員は前期にうまく逃げたようですが。
    Y)リストラするんだから経営陣が責任取るのは当然ですがね。10年前にリストラやって身軽になったわけで、そのときに社長が本気で立て直さなければならなかったよね。社長はどう責任とるのかな?
    X)毎期の未達の理由が、PNDが売れなかった、とか地図出版物が売れなかった、とか返品が増えたとか、聞き飽きたね。結局無策だったのよ。GoogleMapや出版市場のせいにしちゃいけねぇ。そんなの最近のことじゃないからね。
    Y)社長が地図に興味ないし、出版よりネットで手数料稼ぎの方がカッコ良さげに見えたんじゃね。
    海外アクティビティやレストラン予約とか。
    X)小銭稼ぎじゃ、社員を食わせられないだろうに。
    Y)その社員を切るわけだからひどいねぇ。日経電子版のCM風に「なんて社長だ!」

  • 2017年昭文社の株主総会に行ってみた - 起点3.11 (id:falken1880) http://d.hatena.ne.jp/falken1880/20170713#p1

    2017年7月12日「昭文社にみる市販出版物売上高と返品率」
    http://d.hatena.ne.jp/falken1880/20170712#p1

    まとめていただきありがとうございます。
    ————-
    2009年以降の市販出版物売上高と返品率である。

    2009年 98億円 33.6%
    2010年 89億円 30.9%
    2011年 89億円 29.0%
    2012年 89億円 31.9%
    2013年 81億円 32.8%
    2014年 73億円 32.9%
    2015年 64億円 39.4%
    2016年 79億円 30.7%
    2017年 58億円 41.8%

    (こちらも参考に)
    なぜ半値になるまで損切りできなかったか?成長株投資の大失敗から学んだ教訓 https://media.rakuten-sec.net/articles/-/13153

  • 総会に出席されましたか?
    どんな感じだったか教えてください。

    3本目の柱という手数料収益の今後の見込みとか、レッドオーシャンに乗り出した覚悟のほどを社長からどう感じたか、知りたい。

    2年連続(実質3年?)赤字の責任、組織体制ばかり弄っていていいのか、とかね。

    配当金減額への謝罪といつ20円に戻す予定とかね。

    まあこの掲示板で聞くのもどうかと思うけど。

  • 総会に出席されましたか?
    どんな感じだったか教えてください。

    3本目の柱という手数料収益の今後の見込みとか、レッドオーシャンに乗り出した覚悟のほどを社長からどう感じたか、知りたい。

    2年連続(実質3年?)連続赤字の責任、組織体制ばかり弄っていていいのか、とかね。

    配当金減額への謝罪といつ20円に戻す予定とかね。

    まあこの掲示板で聞くのもどうかと思うけど。

  • >>No. 283

    株主は配当金でスーパーマップルを買おう!
    2役員の退任は引責辞任だろ?
    ガバナンスも大事だが、社外取締役の比率を
    上げても業績は上がらないからね!!

  • 株主は配当金でスーパーマップルを買おう!

    [東京 13日 ロイター] - 産業革新機構や三菱電機など7社は、自動運転向け3次元地図データ会社「ダイナミックマップ基盤企画」に出資すると発表した。政府は2025年をめどに完全自動運転の実現を目指しており、革新機構などは自動運転に不可欠な地図データの整備などを資金と経営の両面から支援する。

    ダイナミックマップ基盤企画が実施する総額37億円の第三者割当増を7社が引き受ける。引き受け後の出資比率は産業革新機構が33.5%、三菱電機が14%、以下、ゼンリンとパスコが各々12%、アイサンテクノロジーが10%、インクリメント・ピーがとトヨタマップマスターが各々8%。

  • ホンダが1981年に世界で初めて製品化したカーナビゲーションシステム「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」。
    地図シートは昭文社製だった。
    今は昔。

    注目の自動運転にはもう関係ない??

  • まあ連鎖倒産はないだろうが、今期も赤字だが役員さんはまだ居座るつもりでしょうか。
    もう応援する気もないが、組織変更しても事業戦略がぜい弱過ぎて笑える。

  • >>No. 201

    昨日の日経に社長の顔写真付きで記事が載っていましたね。

    昭文社 中国人観光客は難しい:日本経済新聞社

    中国でフェイスブックが使えないのは既知のこと。
    8月リリースのこれはどうなったのかな?

    「DiGJAPAN!」は中国で最も使われているSNSサービス微博(ウェイボー)と微信(ウィーチャット)のアカウントを開設し、日本に興味のある中国の方向けに旅行情報の発信を開始しました。」

    そもそも旅行代理店業ではないでしょう。
    どこで売上を稼ぐのでしょうか?

  • >>No. 181

    月曜日は暴落だね。

    RMBキャピタルはターゲットを間違えたのでは?

    エムティーアイはどうするのだろう?


    > 取締役も結局選任されるのだろうけど、ちゃんと仕事してださいね!
    > 慰労金をしっかりもらって、それだけの仕事をしたのか自問してほしい。
    > 長年の業績の右肩下がり。株主や社員のことを大株主は考えているのでしょうか?
    >
    > インバウンドもたかが売上3億円目標を半分も達成できないのでは!
    >
    > 東洋経済 会社四季報から
    > 【急ブレーキ】マップルミニ版、利益率高いカーナビソフトは下げ止まり。ただ前期のような新刊ヒットなく返品負担減の特殊要因もない。インバウンド関連初期負担増。退職給付費用増も痛い。大幅減益。減配も。
    > 【インバウンド】15年度売上3億円目標が1・4億円と期待外れ。16年度は宿泊予約改良、中国企業との提携等で同4・5億円目指す。商品企画会議でムック新企画厳選。

本文はここまでです このページの先頭へ