ここから本文です

投稿コメント一覧 (1930コメント)

  • 現状維持のニュースなのにここまで増減するとはな。。。

  • いやほんと、調整幅うんぬんかんぬん言っときながら、政策金利そのままだし、焦らしてあそんでたってことよね。
    黒田焦らし。。。

  • >>No. 198

    不採算部門の売却やリストラが完了したばかりですが、四半期決算の連続黒字、通期決算も無事黒字だったのですから、流れ自体は良い感じだと思います。

    これだけ下がったのは、ここは優待も配当もない、デイトレーダー向けな株なので、疑義解消による爆上げ狙いの人が多かったからじゃないでしょうか。
     次の期の直前まで、大きく上がることは無さそうだし、会社に失望というよりは、このまま次の四半期や本決算まで塩漬けにするぐらいなら、それまでは別の株に投資するほうがいいかなって判断じゃないですか?

     疑義解消の条件として、決算内容が最重要事項であることは事実ですし、来期も黒字出来そうな感じなら、悲観的になる必要は無いですよ。

     1番の問題は、疑義があったとしても、保有し続けるだけの魅力に欠ける株ってことですよね。
     安く買っても高くならないし、配当も優待も無いので、投資(長期ホルダー)している意味が全くないという。。。。

     黒字体質になりつつある今こそ、長期ホルダーに対する優遇策の検討が最重要課題だと思います。

  • >>No. 213


    >堤社長の手堅さは賞賛。
    逆でしょ!
    来期分を先食いするような上方修正して、先食い出来なかった。

    まぁ、もし先食い出来ていて株価が上がっていたら、この世界株安ショックで、せっかくの盛り上がりを失い、大暴落していそうだから、偶然とはいえ、来期に弾を残せたのは運が良かったかも。

  • >>No. 216


    >8年続いた疑義が監査法人との間でとれないとわかったから盛らなかったんだよ。

    短信読んだ上での発言ですよね?
    二部上場企業が、上方修正出しときながら、そんな理由で来期に移すようなことするとは思えないし、またそんなことを許す監査法人があるなら紹介して欲しい。
    それを認めたら、ステークスホルダーに対する裏切り行為でしかないです。

    私はここの会社には期待しているし、継続して株を持ち、買い増しもします。
    ただ、上方修正して株価を上げれず、決算で未達でだだ下がりの失態をみせた経営者を褒めるなんてことは出来ないです。応援はしてますけどね。

  • >>No. 232


    >市場からの信用が本当にないな。
    市場(機関投資家など)からはとっくに見放されている株ですが、今日の状態は呆れますね。

    まぁ、見放されたというよりは、ここの株は当分上がらないので、売って別の株で利益を得た方が得策と考えたんじゃないでしょうか。
    短信出した以降、なーんもIR出さないし、せめてボールの販売状況の推移とか、なんらかの出すべき情報があると思うんですけどね。

    下がり続けるまで買い続けるけど。いつまで買わせる気なんだ。

  • >>No. 235

    赤字決算でも株価を上げ続ける会社は珍しくないですよね。

    ここは、事業自体はいいもの持ってるのに、IRやメディア戦略など、個人投資家向けの戦略がめちゃくちゃ下手くそなんですよ。
    確かに金額ベースの数字公開は大切なのですが、もっと大事なこと、企業イメージを上げることを忘れています。

    パッとIRを打ち上げて、後は放置みたいなこと平気でするし。
    打ち上げたものが、どう推移していて将来性があるものなのかを全く知らせないし、ちゃんと広報部門を作るべきだと思います。

  • >>No. 236


    >一説によると会社身売りの噂もあるし
    何を言っているのだ。過去何度か筆頭株主が変わって、既に何度も実質的な身売りをしているじゃないか。

    事業譲渡ならともかく、どこに買われようと構わん。というか、身売りした方が株価は上がるんじゃない?
    ただただ、会社が成長して、株価が上がればそれでいい。経営者が誰だって構わないよ。

  • 爆上げのトリガーが黒字化ではなく、疑義解消であることがわかった以上、次の四半期までは大きな上昇は無いと思うので、どかっと買うより、のんびり少しずつ買い集めるのが良いんじゃないですかね。

    200-350あたりなら、いつでも買いだと思うし、四半期黒字がこのまま続けば、来年の今頃は、きっと倍以上になっているか、さすがに内部保留も充実して、配当ぐらい出してくれるでしょ?(すっごく怪しいけど)

    あとは、できもしない計画を打ち立てたりしないで堅実かつ、こまめな情報開示を願うばかり。
    次に同じようなことがあったら、もうQUOカード目的だけにして、ほとんどの株を売却するわ。

  • >>No. 245


    >大株主に電話会社がいるってのは強みって聞いた。
    そんな嘘を吹き込まれて信じるなら、ここの株はオススメしないけど、買ってくれて嬉しいです。共に夢を見ましょう!

    JALみたいな超大手の交通インフラ企業だって潰れる時代ですから。。。

  • >>No. 266

    多分、それがだだ下がりの理由ですよね。数字と理由に微妙なズレがある。

    さらに何か新しいこと、もしくは派生製品の拡充でもして、株主に夢と配当をください!

  • >>No. 283


    >高田屋?マジ?w なんでアクロディアなんかにw
    最近のアクロディアは副業にご熱心過ぎて、アクロディアホールディングスに社名変更した方が良いんじゃないかと思うほどですね。

    株価上がるのか下がるのか判断に困る(*´д`*)

  • >>No. 289


    >アクロディアはIOTの会社ではなくなったようだな。
    本業がよくわからんくなってきましたよね
    筆頭株主の意向が強くあらわれた結果のような気がします。
    社長が社長として機能しているのか謎ですけど、採算性のある事業の買収なら、まぁマシかな。

  • >>No. 301


    >軒並み3%以上上がっている銘柄が数多あるのに
    >ここに粘着して売買する理由はなぜか教えて下さい。


    3%以上上がるとわかっている銘柄がわかるのなら、もう本職にすべき域ですよ。

    ここは疑義の付いた銘柄であるものの、事業自体がちょっと特殊で、例えば携帯キャリア3社に対して、着せかえや、MPI for Androidなど、プラットフォームを握ったソリューションを好む傾向にあります。
    メーカーに対してではなくキャリアに対してなので、その影響力は大きいはずです。

    3キャリアがこの会社のシステムを採用するということは、それだけの技術力と同時に、取引するだけの信頼がある会社だと、勝手に思っています。

    さすがに明日にもコテッと潰れてしまうような会社と取り引きする会社ではないでしょうから。

    しかし、今までと同じことをしていては黒字化に時間がかかりすぎて、倒産の可能性が出てくる、だから新規事業の立ち上げや企業買収などを進め、収益性の向上をはかっているのだと思います。

    売買し続ける理由は
    ・倒産の可能性をどの程度とみるか
    ・プラットフォーム事業の将来性
    ・疑義がとれた場合の株価予測

    私は、充分に魅力的な当たりくじだと思って買ってます。当選発表伸ばしすぎだけど。

  • >>No. 302


    >蕎バブルきたこれ
    やったぜ! (´・ω・`)ホントにくるかな?

  • >>No. 299


    >これはいいIRだ。MAにより売り上げ増
    まぁ数字的には悪くはないですよね。別に悲観するニュースではない。

    ただ、「よくやった!」と素直に喜ぶほどでもないというか、いまのアクロディアに必要としているものが、ソフト屋やハード屋ではなく、焼肉と蕎麦だったことに、もう株主優待でもしてくれないと一般の株主は納得いかないんじゃない?

    アクロディア+焼肉+蕎麦でどんな相乗効果が出るのか、全く予想がつかないです。ワクワクする?不安になる?もちろん。。。

  • >>No. 310


    >では例えばエナリスはどうでしょか?
    >疑義注記は折り込み済みで確かさほど上がりはしなかったと
    >記憶しております。
    >ここは爆益をもたらす中核となる事業が無いので
    >低迷を続けているようにしか見えないのですが。

    エナリスの疑義の理由は、虚偽の決算が認められたためと聞いております。傾いたのは、実態不明の会社との取引がトリガーっぽいけど。
    (あれ?なんか某アク■ディアと似てない?)

    では、実際はどうかわからないけど私はこう思いました。


    そもそも電力や鉄道などの社会インフラ関係の銘柄は、安定志向の株です。基本的には潰れない。
    ただし、電力自由化により生まれたベンチャー企業はその限りではない。

    kddiは、auでんきなどの電力事業を本格稼働しており、より事業の拡充をしたかった。

    エナリスは疑義銘柄となったおかげで、電力事業を拡大中のkddiにとっては、疑義により超お買い得な物件だったと思います。同時に株価も上がったので、みんながwin-winに。
    大手に買収されて株価上昇という、ベンチャー企業とそのステークスホルダーにとっては、悪くはない、理想的な株価上昇を見せたと思います。

    つまり、今はkddiの子会社で、安定志向の電力インフラ株になりました。
    親会社がしっかりしているため倒産の不安はほぼなくなりました。そして、一段と安定、法令遵守した事業を求められることになります。今の事業の拡充が最重要事項なわけで、大きな冒険は出来ないわけです。

    そもそも疑義が取れた理由は、エナリス本体の努力ではなく、kddiが親会社となったことによる効果だと思っています。

    kddiによる買収がなかった場合、どれだけ期待の出来る企業だったか、代替や受け皿となりそうな企業はないか、倒産の可能性などを考えてみて、どう感じたかが、私にとっての企業への投資価値判断です。

    今のエナリスは、kddiのエネルギー関連の子会社にずぎません。
    (あえてマザーズ銘柄である意味も薄れてますし、市場の鞍替えでもすれば何かあるかもしれないけど、東証自体が市場再編を検討しているようですし、皆さん様子見じゃないかなと)

    また、ベンチャー企業時代も、そんなイノベーションを起こすような企業ではなかったと思うので、私はここに魅力を感じませんでした。

    以上!長文スミマセン
    (kddi買収あの時は、羨ましかったです~)

  • >>No. 311


    >ある意味、総合商社ですねwww
    子会社の売買もお手のものですしね。。。
    身売りだってしちゃうわよ!(-_-;) 株価が上がればそれでいいケド

  • >>No. 316


    >しかし糞過ぎて売ったことをマジで助かったと思わせるくらい今年下がったな・・・・
    そう!糞だとわかっていたけど、黄金の糞だと思ったら下痢だったという。
    ちゃんと固まって、早く黄金になって欲しいものです。

  • いきなりドエロいIRを持ってきたな。。。

本文はここまでです このページの先頭へ