ここから本文です

投稿コメント一覧 (2269コメント)

  • >>No. 85

    今日は、何時も貴重な資料の共有をありがとうございます。
    二度ばかり読んで見ましたが、まだ完全理解には程遠いと自覚しています。
    上市が完了した暁には是非とも工場見学などしてもらえると嬉しいのですが。
    ブルー オーシャンの世界、小口株主には無理な話ですかね。
     頑張れ!d(@^∇゚)/ファイトッ♪

    p.s.
    期末になり、公民館の種々イベントも中止が続出しています。
     皆さん くれぐれも 感染防御をお忘れなく。

  • 返信ありがとうございます。
    何か解ったら教えて下さい。

  • 今晩は
    教えて下さい。
    マス生産では培養器はどれくらいの容量で行うのでしょうか?
    私はラボ生産と同じか、少し大きい程度の容量で培養するように思うのですが?
    日本酒の製造のように大きな樽でつくったりして。
    杜氏のような感性を持った社員が、今日で培養おしまいとか言ってたりして。

  • お早うございます。
    ひよこさん🐣 元気ですか?
    cocoで会えるのかな?
     コロナ 何とかしないと 先に進めない。😂

  • > iPS細胞の培養過程をみたって試験管5本くらいで培養しているけど
    > 同時に5本培養できる装置を何個並べれば大量培養になるのかね
    > それも1本1本生産担当者が手で培養液のうわずみを吸いだしているのを見ると
    > どこまで自動化、大量化できているのかな

    理系の人であれば、試験管をフラスコに変えるだけで10倍以上、5本を50本
    にするだけで10倍、1機の培養機器だけで100倍のスケールアップが可能で、
    そのような培養機器を10台稼働させれば1000倍にすることは技術的には可能
    だろうと思うのですが どうでしょうか?
    ただ医薬品しかも細胞再生医療薬と言う最先端医療薬の製造なので法令適合性等
    サンバイオ側さらには委託製造先の日立化成にも整備すべき案件が残されたと言う
    ことかと思っています。
    量産化によって品質的な問題が生じてPMDAに指摘され承認申請が遅れたのであれ
    ば、12月13日の四半期報告書での延期理由はあの様な書き方にはならなかったと
    思っています。

  • 再生医療細胞薬の大量生産ではどの工程がネックになるのでしょうか?
    ラボ内製造と工場内製造では、化学製品等では反応装置のスケールの違いが
    問題になる事がありますが、細胞薬のスケールアップはラボ内も工場内も
    同じような大きさのガラス容器を培養機器にセットして創られるように思うの
    ですが。スケールアップは容器の容量を大きくするのではなく、培養機器の
    数を増やすのだと思います。
    サンバイオの説明でも安定的な生産、供給体制の構築する為と言っているように
    品質的な問題では無いと思うのですが。
    もし、PMDAから品質面で指摘されているのであれば、12月13日の四半期報告書
    にあったような承認申請遅延の理由は書けないと思っています。
    コロナウイルス同様に 正しく恐れながら 朗報が届くのを待とうと思っています。

    投資判断は何時も自己責任でお願いします。

     頑張れ!d(@^∇゚)/ファイトッ♪

  • 頑張れサンバイオ!
    最近日立化成株の株価の推移を見守っているのですが、4605円から4610円
    の狭い範囲で売買が進んでいます。
    これって あれ ですよね。

     頑張れ!昭和電工

  • プラセボ効果で快復したと言うことは、ダメージ部位の傍に活性な幹細胞が
    有ると言うことだと思います。直ぐにSB623を投与すればもっと快復できた
    のではと思います。623が上市されたらプラセボだった患者さんは優先的に
    治療が受けられるようなことを昔の掲示板で見た覚えがあります。
    一日も早くそうなると良いのですが。
     頑張れ!d(@^∇゚)/ファイトッ♪

  • 皆さんお早うございます。
    なかなか思い描いた通りには事が進みませんね、ホルダーにとってはの話ですが。
    昨夜イロイロ思案?と言っても直感に近いものですが、本日から少し戦略の見直し
    をすることにしました。
    中長期から長期戦略への遺伝子組み換えをはかりながら、ホルダー継続を目指す。

    頑サンバイオ張れ!d(@^∇゚)/ファイトッ♪

  • 皆さん、お早うございます。
    昨日のIRでもう少し戻すのを期待していたのですが〃´_`〃。
    プラテンしたのでこれから頑張れ!
    米国での反響がどれくらいあるのか興味がありますね。
     頑張れ!d(@^∇゚)/ファイトッ♪

  • > ジョーカーさん
    > 申し訳ありません、SB623シート説は私の早とちりのようです。

    上記理由により1032を削除しました。
    SB623の適用範囲拡張には間違いありません。

  • ジョーカーさん
    申し訳ありません、SB623シート説は私の早とちりのようです。

  • >>No. 13036

    私がコメントできる内容では無いのですが-
    AI翻訳を読んでも、どの化合物がSB623に相当するのか解りませんが、
    623は効果因子を排出する細胞の一つとして使われたのでは無いかと
    思います。
    併用しても悪い影響は無いと言う意味ではポジティブ情報だと思います。
    どなたか、間違いあれば訂正願います。

  • 貴重な情報有難うございます。
    これを見ると 
    昭和電工、日立化成 ⇒ 同調  ⇒⇒買収へ
    日立化成、サンバイオ⇒ 従来から同調 
      ⇒⇒⇒昭和電工、サンバイオ 共鳴しているように思いますが?
        正式発表が待ち遠しいですね。
     頑張れ!d(@^∇゚)/ファイトッ♪

  • 拝読しました。
    有難うございます。
    増員したから直ぐに即戦力でとはいかないでしょうね。
    新卒なら尚更? 自分自身電話を取るのもビビってました。

  • バイオに限らず、日本経済の危機急襲。感染症に対する備えが不十分だった
    と言うことですね。
    中国以外で一番感染者が多くならない内に封じ込めないと。
    製造ラインの複線化は多国籍企業に委託製造するのが正解のようですね。
    昭和電工はその意味でヒッタリです。
    WIN-WINの契約条件で是非締結して欲しいものです。
     総ては そこにかかっているのでは。

     頑張れ!d(@^∇゚)/ファイトッ♪

  • お早うございます。御指摘有難うございます。
    自身、コンシューマーというのは適切ではなかったかもと思いましたが
    委託製造と言う事業に対する顧客と言う意味でそう表現しました。
    EUへの進出は米国での承認以降の話でしょうね。
    サンバイオの構想には入っていると思います。
    実現するか否かは現段階では解りませんが、そこに向かっていることは間違いない
    と思っています。
    従って
     頑張れ!d(@^∇゚)/ファイトッ♪!サンバイオ
     継続中です。

  • 横から失礼。
    サンバイオはアプセスバイオのコンペピターでは無く、コンシューマーになります。
    昭和電工に買収されることは無く、アプセスバイオとはEUに進出する時には顧客として製造委託契約するのでは?

  • 生産能力が引っ掛かって、期限及び条件付承認 というのは無いのでしょうね。
    今はコロナですったもんだしているから、腰を据えて本承認取ってくれると嬉しいが。
    ともかく 昭和電工 ですね。

  • > 権威ある学会での発表は重要な要因らしいから
    > 脳梗塞が指定されることはもうない
    > ホームページからも消えて可能性を感じない⇒消えていませんよ。
    米国での開発 P3から継続予定です。時期が解りませんが、2021.1以降かな?
    >
    > TBIはこれからSB623そのものについてなんらかしらの
    > 欠陥や問題が出てくれば再度の申請延期もしくは断念の可能性もあるね
    ⇒どの新薬でも避けて通れない道ですね。
     メガファーマに導出すればもっと早く通り抜けことができるのかも
     知れませんね。多くのベンチャーはそうするようですね。
    >
    > SB623からすい臓細胞薬へのシフトを目論んでいるのかも

    ⇒内容把握していません。
     グローバルプラットフォームの一環だと思っていました。

本文はここまでです このページの先頭へ