ここから本文です

投稿コメント一覧 (1834コメント)

  • 先週金曜日と今朝の気配 怪しい雰囲気がありました。
    始めは 安いところに 店出している、そのうち消えるだろうと思っていたが
    その近辺で寄りついた。
    ただ金曜は直ぐにプラテンしたが、今日はジリ貧でした。

    水曜日はどうでしょうか? 

    X-デー<79日=100日-21日
     
     おやすみなさい。

  • 厚労省の役割は 先駆け承認審査制度を上手く運用するための法制度、システム、
    体制、予算等を管理することで自ら全ての申請書類を審査することではないと思い
    ます。
    審査はPMDC、申請者支援はコンシェルジュ等 速やかに承認審査が進むようにするのが厚労省担当者の役割です。勿論彼等は頭脳明晰な人達ですから、申請過程の間に内容は十分に理解して大臣の認定印を貰います。

    先の新聞報道にあったように、人員増員の為に追加予算申請等を行い法制度を問題なく管理するのが役割です。
    ただ、申請書類に不備が繰り返し有ると一言有るかも知れませんが。

  • >>No. 909

    D社に限らず大手企業は慎重、通常は保守的。TBI-SBでの帝人も同じだったのでは?
    だから結果出なければ直ぐに契約解消する。
    ただ、D社は既に多くの資金を投じているので慎重では有るが前向きで考えていると
    思います。
    一方、遺伝子情報との関連性を調べはじめたのはips細胞ー京大の影響を受けたのかも知れない?何か新しい知見が得られれば良いのですが。

    > 大日の態度がはっきりしないのは、623に疑問があるから?


    > 大日の態度がはっきりしないのは、623に疑問があるから?


    > 大日の態度がはっきりしないのは、623に疑問があるから?

  • >>No. 901

    > 「申請」と「継続」どっちが先ですかねぇ。
    > 同時に来てくれても構いませんよ。

    TBI-SBの申請はPMDA&サンバイオの処理能力が律速、脳梗塞-SBの継続はD社の
    決断待ち
    前者は予測不能だけど同時に合わせる理由はない。申請日=発表日
    後者は今月末のD社決算報告に合わせるのでは?現時点ではネガティブ情報はない
    ようなので継続と思っています。サプライズ有るとすれば遺伝子情報との関連性
    を組み入れた新規治験デザインとの同時発表!
    頑張れ!サンバイオ!D社!

  • 先週金曜日と同じようなスタート、この後は?
    ベンチャー企業の株価は人気票が多く含まれているので実力のほどは?
    時価総額での判断は一般常識としては正解かも知れませんね。
    ただ、宇宙の膨張と同じでどこまで膨らむかが測り知れないのがベンチャー、
    サンバイオの魅力。
    SB623の実力については、私には正直言って解りません。
    従って、公的機関の評価を信ずることにしています。
    SB623はカリフォルニア州で認められたのを始めに、日本、EUそしてアメリカ
    の公的機関によってその実力、そして上市の可能性が認められています。
    日本では承認手続きの段階、EU、アメリカでは治験による統計的有意差を
    実証する為の準備段階、これらの階段をひとつづつ上る毎に株価は付いて来ると
    思っています。
    頑張れ!サンバイオ!

  • 皆さん お早うございます。
    昨夜は スポーツでイロイロ 盛り上がったようですね。
    ラグビー、さすがに体格差が大きく残念でした、トップスリー?とそれ以下の
    差はまだかなり有るように感じました。次回はトップ4を目指して貰いましょう。
    ところで、先週金曜日の早朝の気配は異常でした。
    今日はどうでしょうか?まだしばらくは株主交代?が続くのでしょうか?
    離陸前にスッキリすると嬉しいO(≧∇≦)oですね。
    頑張れ!サンバイオ!サンバイオ

  • senさん アロバトロスさん
    そろそろ始まるよ
    一旦 オフサイドにしましょう。

  • D社の決算報告会の延期の理由は何でしょうか?
    TBI-SBの承認申請は関係がないでしょうし、豪州バイオの買収断念の説明資料
    に変更を加えるとしてもそれ程時間がかかるとは思えない。
    脳梗塞ー提携中止であれば、既にIRが出ているハズ

    こうして絞り込むと、脳梗塞の詳細解析で何か新しい成果が得られたとは考えられないだろうか?特に遺伝子情報との関係で何かポジティブなことが解ったとか、それを組み込んだp3治験デザインができたとか。
    契約継続だけなら説明会延期の理由にはならないと思うのですが?

    さあー今夜はラグビーで盛り上げましょう。

  • >>No. 678

    北米での公募増資? ナスダック上場? 方法はイロイロ有るかと。
    まずは TBI-SBの日本国内承認~上市と脳梗塞の詳細解析結果と新規治験デザイン
    の内容に説得力が有ることが前提でしょう。
    頑張れ!サンバイオ!

  • ゴールデンゲイトブリッジをくぐって一旦日本に戻り旗揚げを確実なものにした。
    しかし、当社の志はグローバル、インド洋を横切り喜望峰を超えようとしている。
    ここは荒海の名所、しかしグローバルリーダーになるためには避けられない難所。
    ヨーロッパを制覇すればアメリカ上陸は自然の歩み。
    というところで、しばらくは船が揺れても心配無し。確実に目的地に近づいいます。
    でも嵐の合間にも秋空見たいですね。
    多少ストーリーが前後すること、予めご了承下さい。

  • 本日は開店時、閉店時それぞれに やり取りする株価にイロイロ駆け引き
    があったようですね。無難な範囲で納まったので結果オーライですが。
    来週には久しぶりにおめでたいことが有るので、市場も上昇ムードに乗って
    行きたいものです。
    先駆け指定されたO社も新しいステージに進んだようですので追い越されることが
    無いように。
    そろそろゲートには入っているとは思うのですが、ゲートが上がらない?
    頑張れ!PMDA!頑張れ!サンバイオ!

  • >>No. 376

    > 持ち株の中では唯一のお荷物株になってしまった。
    > ただ、一発大逆転満塁ホームランのある株なので、たとえ僅かでも持っておきたい。

    ⇒逆転? 駄目押しじゃあないの?
     朝一に 3823円  約7万株が約定、機関⇒個人への移動でしょうか?
     どちらが微笑むでしょうか?

  • >>No. 249

    頼もしい応援団女からさすがの投稿があり嬉しいです。
    新規療法の詳細解りませんが、脳細胞の構造が大きく変わりそうで不安一杯ですね。
    今後詳細が解って来るのでしょうが~
    ナスダック上場の件、開発が順調に進めばゆくゆくはそうなるのでは?
    その前に、先の海外募集で北米を対象外にしたのはその含みが有るのかな?とは
    感じていました。D社の出方次第ではそれも有るのでは?
      注)上記は私の妄想です

     頑張れ!サンバイオ!

  • >>No. 192

    待ちぼうけを食わないように。
    でも 自分も 内心思っているかも(笑)
    BIG-IRを控えた今、どちらでも 良いと言う心境です。

  • どうしても売らないといけない株が23000株あったと言うことですかね。
    Xデイ<82日 =100日-18日
      それまでに 4300円に復帰せよ!

    応援の皆さん ご苦労様でした。
    明日も頑張りましょう。
    それにしても スカット 秋空 晴れて欲しいね。

  • >>No. 40

    お早うございます。
    貴重な情報有難うございました。
    D社ーサンバイオ 提携継続続行に向けてはポジティブ情報のように思います。
    頑張れ!サンバイオ!

  • フォロー有難うございました。
    これだと両方の融資の使途がダブルかも知れませんね。
    ともかく、当面資金に窮する事はなさそうですね。

     と言うこと? この話題はオシマイにさせて下さい。

  • 二度のフォロー有難うございました。
    私の投稿には嘘は無いのですが、時々思い違いや解釈違いが有るかも知れません
    のでそれなりに流して下さい。

  • この意見が繰り返し投稿されていますが事実でしょうか?
    公募を開始してから71億円納付する迄対して日数が無かった。
    ⇒応募者が無いとは解らない。
    それに、確かこの公募をした時期、N社は業務観察?を受けていたハズ、
    そんなインチキが出来たのでしょうか?
    と言うことで私には信じられませんね。

  • こんばんは
    使途の決まっている71億円がそのままだと逆に問題だと思いますが、メガバンク
    の融資金は特別使途が決まっていなかったように記憶しています。
    好きな時にお使い下さい?と言った感じで
    ⇒アバウト人間の記憶で有ることご容赦ください。サンバイオの決算報告のどこかに
     書いてあったように記憶しています。
     更に言えば、2020年?には黒字化を目指すような事も書いていたように~
     一度IR資料を確認して頂けると幸いです。

本文はここまでです このページの先頭へ