ここから本文です

投稿コメント一覧 (1866コメント)

  •  スーパーツール <5990> [JQ] が7月16日大引け後(15:10)に決算を発表。20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比19.9%増の2.6億円に伸び、4-9月期(上期)計画の4.2億円に対する進捗率は63.1%に達し、5年平均の51.7%も上回った。

     直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の13.4%→11.6%に低下した。

  •  バロックジャパンリミテッド <3548> が7月16日大引け後(15:00)に決算を発表。20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は16.6億円となり、通期計画の47.2億円に対する進捗率は35.2%となった。

  •  シー・エス・ランバー <7808> [JQ] が7月16日大引け後(15:00)に決算を発表。19年5月期(6ヵ月の変則決算)の連結経常利益は3.6億円になり、20年5月期は6.3億円の見通しとなった。

     同時に、前期配当を20円→22円(前の期は40円)に増額し、今期は42円にする方針とした。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比13倍の2.2億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の0.9%→5.8%に大幅改善した。

  •  ウォンテッドリー <3991> [東証M] が7月16日大引け後(15:00)に決算を発表。19年8月期第3四半期累計(18年9月-19年5月)の連結経常利益は前年同期比79倍の3億1700万円に急拡大し、通期計画の3億3000万円に対する進捗率は96.1%に達し、さらに前年同期の2.3%も上回った。

     会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した6-8月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比92.5%減の1300万円に大きく落ち込む計算になる。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比95.5%増の1億3100万円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の11.7%→17.9%に急上昇した。

  •  ポエック <9264> [JQ] が7月16日大引け後(15:00)に決算を発表。19年8月期第3四半期累計(18年9月-19年5月)の連結経常利益は前年同期比87.7%増の1億0700万円に拡大し、通期計画の2億6400万円に対する進捗率は前年同期の35.8%を上回る40.5%に達した。

     会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した6-8月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比53.9%増の1億5700万円に拡大する計算になる。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比7.0倍の3500万円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の0.7%→3.0%に改善した。

  •  エコートレーディング <7427> が7月16日大引け後(15:10)に決算を発表。20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常損益は7300万円の赤字(前年同期は8100万円の赤字)に赤字幅が縮小した。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-0.4%→-0.4%とほぼ横ばいだった。

  •  マネーフォワード <3994> [東証M] が7月16日大引け後(15:00)に決算を発表。19年11月期第2四半期累計(18年12月-19年5月)の連結最終損益は17.3億円の赤字(前年同期は2.3億円の赤字)に赤字幅が拡大した。

     会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した6-11月期(下期)の連結最終損益は8億円の赤字(前年同期は5.8億円の赤字)に赤字幅が拡大する計算になる。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(2Q)の連結最終損益は5.7億円の赤字(前年同期は1億円の赤字)に赤字幅が拡大し、売上営業損益率は前年同期の-9.0%→-34.6%に急悪化した。

  •  TOKYO BASE <3415> が7月16日昼(11:30)に決算を発表。20年2月期第1四半期(3-5月)の経常利益(非連結)は前年同期比11.3%増の3.6億円に伸びたが、通期計画の18.2億円に対する進捗率は19.9%となり、4年平均の21.8%とほぼ同水準だった。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の11.1%→10.0%に低下した。

  •  ザインエレクトロニクス <6769> [JQ] が7月16日大引け後(15:00)に業績修正を発表。19年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常損益を従来予想の2億1100万円の赤字→9900万円の赤字(前年同期は1400万円の赤字)に上方修正し、赤字幅が縮小する見通しとなった。
     なお、通期の経常利益は従来予想の1億8600万円(前期は5400万円)を据え置いた。

  •  SIG <4386> [東証2] が7月16日大引け後(15:00)に配当修正を発表。従来無配としていた20年3月期の上期配当を11円(前年同期は無配)実施するとし、下期配当は従来計画の12円→6円に修正した。年間配当は従来計画の12円→17円(前期は17円)に増額修正した。

  •  東京衡機 <7719> [東証2] が7月16日大引け後(15:00)に決算を発表。20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比74.2%減の3200万円に大きく落ち込み、3-8月期(上期)計画の1億4000万円に対する進捗率は22.9%にとどまり、さらに前年同期の127.8%も下回った。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の10.1%→3.6%に急低下した。

  •  リテールパートナーズ <8167> [東証2] が7月11日大引け後(15:00)に決算を発表。20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比19.1%減の11.5億円に減り、3-8月期(上期)計画の31.5億円に対する進捗率は36.7%にとどまり、5年平均の50.9%も下回った。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の2.1%→1.7%に悪化した。

  •  カンセキ <9903> [JQ] が7月11日大引け後(15:00)に決算を発表。20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比8.0%減の3.4億円に減り、3-8月期(上期)計画の8.4億円に対する進捗率は41.3%にとどまり、5年平均の45.6%も下回った。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の5.0%→4.3%に悪化した。

  •  ローソン <2651> が7月11日大引け後(15:00)に決算を発表。20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比11.1%増の133億円に伸びたが、3-8月期(上期)計画の305億円に対する進捗率は43.9%となり、5年平均の41.9%とほぼ同水準だった。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の7.4%→8.0%に改善した。

  •  グラファイトデザイン <7847> [JQ] が7月11日大引け後(15:00)に決算を発表。20年2月期第1四半期(3-5月)の経常利益(非連結)は前年同期比60.0%増の3200万円に拡大し、3-8月期(上期)計画の1億0500万円に対する進捗率は前年同期の19.0%を上回る30.5%に達した。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の1.3%→5.7%に大幅改善した。

  •  サーバーワークス <4434> [東証M] が7月11日大引け後(15:00)に決算を発表。20年2月期第1四半期(3-5月)の最終利益(非連結)は9300万円となった。
     併せて、3-8月期(上期)の同利益を従来予想の7300万円→1億円に37.0%上方修正した。
     上期業績の好調に伴い、通期の同利益を従来予想の2億6500万円→2億9200万円(前期は3億5600万円)に10.2%上方修正し、減益率が25.6%減→18.0%減に縮小する見通しとなった。

  •  アルファ <4760> [JQ] が7月11日大引け後(15:00)に決算を発表。19年8月期第3四半期累計(18年9月-19年5月)の連結経常利益は前年同期比32.0%減の1億3200万円に落ち込み、通期計画の2億3000万円に対する進捗率は57.4%にとどまり、5年平均の117.3%も下回った。

     会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した6-8月期(4Q)の連結経常損益は9800万円の黒字(前年同期は2000万円の赤字)に浮上する計算になる。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比5.8倍の4600万円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の0.4%→0.9%に改善した。

  •  ビックカメラ <3048> が7月11日大引け後(15:00)に決算を発表。19年8月期第3四半期累計(18年9月-19年5月)の連結経常利益は前年同期比12.5%減の202億円に減り、通期計画の306億円に対する進捗率は66.2%にとどまり、5年平均の77.2%も下回った。

     会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した6-8月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比69.3%増の103億円に拡大する計算になる。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比27.7%減の63億円に減り、売上営業利益率は前年同期の3.7%→2.3%に悪化した。

  •  ケイブ <3760> [JQ] が7月11日大引け後(15:00)に決算を発表。19年5月期の最終損益(非連結)は12.4億円の赤字(前の期は0.7億円の赤字)に赤字幅が拡大し、3期連続赤字となった。なお、20年5月期の業績見通しについては配当(無配)以外は開示しなかった。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(4Q)の最終損益は2.1億円の赤字(前年同期は0.3億円の赤字)に赤字幅が拡大し、売上営業損益率は前年同期の-4.3%→-29.1%に急悪化した。

  •  タケダ機械 <6150> [JQ] が7月11日大引け後(15:00)に決算を発表。19年5月期の連結経常利益は前の期比30.3%増の8.6億円に拡大し、20年5月期は前期比0.5%増の8.6億円とほぼ横ばい見通しとなった。10期連続増益になる。

     直近3ヵ月の実績である3-5月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比24.3%減の1.6億円に減り、売上営業利益率は前年同期の13.8%→10.3%に低下した。

本文はここまでです このページの先頭へ