ここから本文です

投稿コメント一覧 (1309コメント)

  • 制度趣旨
    ストックオプションは自社株の時価が行使価格を超えて
    上昇するほどオプションを付与されている経営者や従業員の報酬が大きくなる
    自社の株価が上昇傾向にあればストックオプションは
    インセンティブとして絶大な効果を発揮する

    昨年の3/18 大阪第一工場の旧・山田電音より購入IR
    昨年の7/31の武漢精測との資本26億増資・業務提携IR
    昨年の12/27の中国第二工場を7億出資で子会社設立IR
    今月の2/4 IRで永年お付合いの台湾代理店と株式持合い
    による営業・技術サポートを締結3/19で決裁
    国内・海外含めて計画の通り社内/外、体制がまとまり
    LCDドライバーIC検査装置の、膨大な需要を目前にして

    2/20本日はストックオプションを役員決議に基づいて
    役員・社員・関連者へ新株予約権の発行を発表
    グループを含めて、全員で頑張ろう旗を立てた。
    業績の向上と共に役員・社員もインセンティブは絶大
    になる。

  • 上海・香港 市場は落着いている。
    日経はもみあい。

  • 中国のコロナ対策で峠が見えたら
    上海・香港が
    日経と同じく
    ↑上げて来るか

  • 2020/02/19 19:41

    2/18 NTT光ファイバー10Gbps提供発表で
    各社の固定光回線が最大通信速度10ギガの時代へ
    モバイル・スマホ関係の5Gは
    4Gの通信速度の100倍!次世代通信「5G」
    5Gの通信速度はサービス開始当初から
    下り最大で10Gbpsになると言われています。
    そして将来的には、
    下り最大20Gbpsに達するともアナウンスされています。
    スマホは中国・米国に続いて
    国内も先日のシャープが4Gから⇒5G機種を発表
    ソニーも追従
    ウィンテストのLCDドライバーIC検査装置の
    膨大な需要が目前にあり、中国第二工場3/中旬から
    生産稼動および納入技術サポートの2/4台湾代理店と
    締結発表で
    生産⇒納品⇒技術サポートの計画/体制が3月~始まる
    有機ELを含めて、
    昨年から3/18 大阪第一工場のIRおよび7/31のIRに
    ある通りに体制と資本拡大で進行中で面白くなって来た
    コロナ肺炎は
    中国は陽性から治癒した人数を発表しているのに
    日本は感染人数だけニュースにし大騒ぎで
    治癒した人数を発表していないのが不思議だ。

  • コロナの中国、陽性の拡大も続くも
    治癒して健康になる人も増えて来た。国策対応で
    コロナが峠を迎えている。
    献血を呼び掛けた。血液から血漿(けっしょう)を抽出し、重症患者の治療に
    国内も抗エイズウイルス(HIV)薬の臨床試験の早期開始に向けて準備、コロナが峠を迎えてほしい。

    中国第二工場3/2~整備再開
    3/中旬より生産開始予定
    2/10~は中国サポート拠点は業務を並行開始している
    あと1ヶ月余りで生産体制が整うと、ほぼ計画通りに
    シャープ2/17に5Gスマホ発表し、ソニー・サムスン
    アップルの発表が続く夏になるだろう。
    ウィンテスト生産工場2ヵ所以上の需要はあるはず。

  • 中国のコロナは国策封じ込み対策の効果および
    陽性の人が治癒した、対抗性・血清ワクチンの効果を
    発表し、期待待ち
     トヨタ自動車は17日、新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受けて春節明けの稼働を停止していた中国の長春と広州の工場の生産を再開した。いずれも稼働率を抑えており、生産台数は通常時の半分程度になるとみられる。
    マツダも中国・南京にある完成車工場の生産を再開した。
    トヨタは、中国にある完成車工場のうち、残りの天津と成都を順次、生産を再開する予定だ
    慎重に工場稼動の立ち上げ。
    国内のコロナは様子見の今週
    国内は工場の閉鎖は現在なし。

  • 2020/02/17 13:00

    前回の武漢精測が7/31 26億の払い込みが
    払込期間が8/16~10/31 払込完了が9/25だった
    この度の台湾は、払込期日が
    先程の訂正IRで
    払込期間が2/20~6/30に訂正 
    臨時総会3/19後の3月には払込完了もあり
    一連の体制計画のフローで、
    着実に具体化するのだろうと思う。

  • 上海・香港は上げている。
    日経はコロナ不安で連続下げ・為替は変わらずで
    日経は-200円以上は戻している感じ。
    クルーズ船の入院中の人が、退院されるまで、もう少し
    クルーズ船の陰性の人は、
    今週から帰国のお迎えが随時で
    米国・カナダ・香港・台湾・オーストラリア・欧州と続く
    後場がどこまでか

  • アジア圏は+下げていない
    日経だけ
    コロナが怖いより
    ニュースで不安を感じるのが実態か

  • コロナの国内ニュースで、日経だけ下げている感じ
    韓国・上海・香港・シンガポールは下げていない
    国内は武漢~帰国で⇒ホテル2週間足止め組は陰性で
    昨日から全員陰性・帰宅が相次いでいる。
    峠は越えたかと思うと
    感染ルート不明な感染が3カ所出て、日経だけ下げ
    全体としてはインフルエンザ相当なのに
    不安要素もあり日経だけ下げ
    国内コロナは来週まで様子の感じ

  • 参考
    深押しの川本産業(3604)が出直りを見せていたが、
    13日は一転して売り気配だ。
    2月3日には4000円の高値
    6日には1495円の安値まで
    下落率62.6%
    マスク不足は解消されつつある
    “ウィルス”関連株フィーバーは終わりの
    タイミングを迎えているのではないか。
    1月6日の終値は455円
    短期的に8.8倍の急騰

  • まだコロナの峠は越えていませんが
    多くの感染者が抗ウイルス薬や抗菌薬などの
    特別な治療なしで改善しているということです。
    SARSやMERSと比較して重症化する確率や致死率は
    かなり低く、ウイルスの感染力を示す「基本再生産数」を
    考慮すると、
    現在流行している季節性インフルエンザと同様にも
    思われます。
    パニックを起こさずに厚生労働省や国立感染症研究所
    などからの正確な情報や指示を確認し、
    必要な対応をとることが重要です。

  • 2020/02/13 14:31

    2/12 コロナ肺炎のデマ記事
       役員と連絡が付かないとかで煽り運転記事
    中国第二工場3月稼動に対して
    2/12IR コロナ肺炎の対応・・・的確にIR対処
    2/13IR
    台湾販社と資本業務提携2/4締結【営業・サポート基盤】
    の強化を目的として。
    昨年7/31の計画が、来月3月中旬~稼動を予定。
    販売と技術サポートは、2/4締結に加え
    この度2/13IR
    大阪第一工場からの営業・技術サポート+台湾メンバーで
    生産体制の、量的な対応を強化し固めて行きます。
    昨年7/31の計画が、明らかに発表されて見極めが付く
    受注発表こそ、まだですが水面下での引合いのお話し
    3方向から出ると推測しても良いと思う
    それ程・遠くない受注のうねりを待つだけ。

  • 上海・香港・シンガポールが押してない
    ダイヤモンド・プリンセスは完全隔離状態だし
    日経も陽転しそうな感じ

  • 武漢コロナ肺炎は、
    中国/上海市場では下落反応はしていない
    エイズ薬の効果見極めか
    広がっていても致死率は範囲内になるか
    他のインフルエンザ●型と同じ程度かも

  • No.756

    買いたい

    14時20分から30万株の …

    2020/02/06 14:53

    14時20分から30万株の
    買い上げか・買戻し
    動きはいい

  • 前場から先程まで揉んで、
    本日やっと来ました。
    下げる理由がない
    追加分はプラスに転換した。

  • コロナ肺炎の対応が的確になり
    ダウ・日経もアジアも↑かなり↑
    ここは明日からか
    追加

  • 2020/02/06 12:25

    2/4 7億増資価格220円前後で揉んでます
    拡大・体制固めは2/4 IRで完成の感じ
    新社長になり、詳細な行動が発表されて嬉しい
    追加しています。

    コロナ肺炎の対応が的確になり
    肺炎重傷者も国内はなしで良かった。
    極端な不安が減った。
    マスク不足も徐々に解消と思う。

  • 臨時株主総会の内容番外編【蔚華科技】との7億提携
    日時3/19も決まり
    スッキリしました。
    ①中国第二工場の新会社8億も計画通り進み【設備・物】
    ②番外編【蔚華科技】との提携【人・エンジニア】
    ③大手の6875アドテスト
     7725インターアクションと同じ業種で
     1993年8月創業で小粒でも【技術】の積上げはある
    その他【金・資金】も増資提携で26億+7億で決まり
    ①②の増資株は3年間保守される内容になっている
    国内+海外生産の
    【設備・物】【人・エンジニア】【技術】【金・資金】
    が整える方針との事
    計画が具体的に観えて面白い。スッキリしました。

本文はここまでです このページの先頭へ