ここから本文です

投稿コメント一覧 (89コメント)

  • 前から短信に記載されてる話だけど、偶発債務の件だけが心配。「施行会社の提示内容と大きな乖離があり」とは、どの程度なのだろう?

    (偶発債務)
    高層分譲住宅の外壁PCタイルの剥落について
    当社が過去に製作しました高層分譲住宅の一部外壁タイルの下地コンクリートからタイル剥落が発生し、調査を進めておりました。その補修費用等については、協議中ではありますが、当社が現時点で負担が見込まれる金額を補償損失引当金として計上しております。なお、協議は現在も継続中であり、施工会社の提示内容と大きな乖離があり、今後の協議次第では変動する可能性があります。

  • 買い取るに越したことはないと思うけど、一部株主のために
    今日の市場価格に比してこんな高い価格で買ってよいのかというのが、その他株主が抱く疑問

    法的には問題ないのだろうが、感情としては...

  • 792千株の自己株取得だけど、これがもし1株主からの取得だとすると、相続人しかいない。
    さすがに、それは無いと思うけど。
    数日中に変更報告書(1%以上の増減)が出るか否かで明らかになる。

  • 企業結合の注記によると、のれんは最終的に655百万円となった模様。ただし、のれんではなく特許権に配分された原価が300百万円(8年償却)あったり、前3Qののれん償却費はサンエー関係とは言えないことから、サンエー関係での影響は130百万円程度あったかも(655÷5÷12x9+300÷8÷12x9。企業結合日が9月30日のため、9ヶ月で計算)。

    それに欧州関連での償却費も発生しているし、償却費負担が重い。
    買収で企業規模を大きくし多角化を図るなら、償却費無しのIFRSを適用することが望ましいけど(まあ、当然、考えているとは思う)。

  • >>No. 475

    ごめん、顧客関係資産の前3Q償却費94百万円(推定)は年間のものだった。よって、償却費影響額はもう数千万円上。

  • のれんの償却費(主にサンエー関係)のインパクトは60百万円弱じゃない? CF計算書によれば、前3Qの償却費は44百万円で、当3Qは102百万円。

    顧客関連資産の償却費(欧州事業関連)の増加額は、CF、PLからは把握できないけど、BSと企業結合の注記から、前3Qは94百万円、当3Qは144百万円。増加額は50百万円。

    ということで、当3Qでの償却費影響額は110百円程度と思われる。ただし、これらの償却費は来期以降も発生するから、一過性のものではない。

    利益を落としている一番の原因は産業資材事業。 営業利益が前3Qで566百万円あったのに、当3Qでは43百万円しかない。売上(セグメント間相殺後)は6,392百万円から7,364百万円と増加しているけど。

    523百万円の減益のうち、のれん償却費の影響は60百万円程度と思われるし(前述の計算が正しいとして)、それほどインパクトはない。

    減益の主原因は、サンエーの事業自体ということはない? 2014年8月期まで大きな赤字を計上してきた会社が、クリヤマ傘下になったからと言って、業績が直ぐに好転するのかは分からない。将来性はあるという話だろうけど、サンエーの業績が知りたいよ。

  • 上方修正でもあるかと思ったけれど、全くの見込み違いだった。
    逆にこのペースで通期予想に到達できるだろうか? (経常利益の進捗率65%)

    株価は、1,300円位なら御の字と言えそう。来期に期待するしかない。

  • 日経には、毎期、決算観測記事が載る。
    情報が洩れてるとしたら、ガバナンスに問題があるのではないか?
    というか、情報漏れ無しで観測記事書けるの?
    日経記者と一般投資家との間に大きな情報格差が生じるのは好くない。

  • いすゞの決算がそれほど好くなさそうなので心配してたけど、これで一安心。
    年内500円が見えたかもしれない。

    以前は、投資家なんか歯牙にもかけない感じだったけど、上方修正をタイムリーに発表する等、
    非常に変わったのではないか?

  • 適時開示の対象となりそうなイベントを纏めて頂けると有難いが。
    2Q決算発表前に開示されそうなイベントある?

  • 原油価格も上昇し、定期用船期限前解約損も発生し、減配するしで今期は何も良いことがなさそう。

    「人にやさしい豊かな社会の実現に貢献します」と言ってるけど、株主の豊かさには全く貢献していないんだよね。

    この掲示板も、sun某が出現して、カオス(自分の投稿に「そう思う」を何回も押すのは恥ずかしいと思うのだが)。

  • 中期計画策定と自社株買いはプラス材料だけど、個人株主をターゲットにした空売りファンドが常駐してる限り、
    大幅に騰がることはなさそう(一旦騰げて落とすの繰り返し)。

    自社株買いも、上限が120万株で3億円となると、
    「1株当たり250円となってしまうことも、会社は想定してますよ」と読むこともできる。

    上限まで購入することはマストでないのだから、120万株で4億円とでもしておけば良かったのに。
    こういう所の繊細さが抜けているんだよね。

  • 月曜は5%安程度で済めば良いけど、10%以上は覚悟すべきか?
    経常利益90%減はちょっと酷い。

  • 減損計上は毎年の恒例行事。
    高い価額で購入してしまった役員は、報酬減額等すべきじゃないの?
    来年も減損計上あるんじゃないかと、まともな投資家は見向きもしないよ。

    発表のタイミングだけど、もっと早く監査人と相談して、アナウンスすべきじゃないのかね。
    3月の特別利益IRで誤って買ってしまった人もいるだろうに。

    最近、頭の切れる経営者って見たことないな。

  • P.S.
    個人株主は4,000人いるらしいので、出来れば、総会に参加してもらいたいところ。
    平日の総会集中日に開催するということを今年もやるのだろうから、難しいとは思うけど(因みに、私は無理)。

  • 相変わらずのぼろ株。日経平均が上昇しても、上がる気配がない。

    ROE5%が最低合格点とすれば、1株利益60円は欲しいところだが、持分変動利益を入れて、ようやく22円というレベル。一過性の持分変動利益がないと、さらに酷い。

    最低合格点を確保するには、リストラしかないと思うよ。年間1人当たり役員報酬5百万円(それでも多すぎ?)、従業員給与・賞与3百万円で充分じゃないか? (有報等で、HDの役員報酬、1人当たり従業員給与等が開示されるので、増額していたら怒りましょう)
    また、業務の殆どがいすずの下請けなんだろうし、営業の人数は削減して良いんじゃないか?

    清水さんは、悲惨な経営成績の責任をとって退任するのかもしれなけど、いすゞリーシングの会長になるし、少数株主の怒りをミティゲートするために、ちょっと他へ行ってよという感じかもしれない。

    リストラしないなら、いすゞの利益を少しはこの会社に分配しろと言いたいね。

  • 皆さん、生きてますか?
    日経が大幅上昇でも、全く上がる気配がない。いすゞの2月新車販売(国内)も良くなかったし。

    ここの株主で含み益のある人はどれほどいるのだろう?(何の根拠もないけど、個人株主の9割以上が含み損では?)
    株価を見てると、江戸時代の農民政策である「生かさず殺さず」という言い回しが何故か頭に浮かんでくる(現状は、「生かさず生かさず」が正解かもしれないけど)。

    頭を光らすのではなく、株価を光らせてもらいたいね。

  • >>No. 109

    会計実務に詳しい方ではないだろうが、108で書いた以上の処理方法(内部の処理規程)が表に出ることはないだろう。

    進行基準は基本的な処理方法だが、重要性(業務実施期間、受注額等)、及び見積もりの確度で、完成基準を採用することになってしまうケースは多い。重要性の基準値等を表に出すようなアホな企業はどこにもない。

    全ての受注業務を四半期毎に利益計上するのは難しい。それが出来るなら、今までの四半期決算で会計士に指摘されるでしょ? 会社に確度の高い見積もりを要求するなら、別だけど。

  • あっという間の200円台。この株価じゃ、完全子会社化もやってほしくないよね。

    明るい材料は何もない。リストラ推進して、費用削減する位か?

    引け指値、引け成りファンドは、相変わらずいるようだから、これ位の株価でもナンピン買いはパスすべきか?
    早くいなくなれば良いけど。

  • >>No. 261

    さすがに、将来の株価を予想するのは無理でしょう。日経平均次第のところもあるし(アナリストの分析も全くあてにならないし)。

    ただ、この会社の株は特に売る気にはならない。積極的なM&A+配当性向の向上で、随分、株価を上げてもらってるしね。
    多くの経営者が自分の在任期間は大過なく過ごそうとしている中、企業価値を高めようとしている姿は非常に好ましい(東証2部は、株価を気にせず、何もしない経営者が多すぎると思う)。

    これからは、一時に比べ全体的に株価は安くなるだろうから、より積極的な(ただ高値掴みはしないで)M&Aで会社を大きくしてもらいたいよね。利益は出てるのにPBRが異常に低い上場企業が一杯あるから、どんどん買収してもらいたい(負ののれんを多額に計上できる)。

    懸念材料は、分かりにくいサンエーの買収かな?

本文はここまでです このページの先頭へ