ここから本文です

投稿コメント一覧 (403コメント)

  • >>No. 74

    ⇓四季報にもある様に、
    今期売上予想+52.7% 税引き純利益+49.5%増!!^)^♪
    コレで騰がらないわけがない。幸運にも今なら全員
    スタートラインにいます。それでもなお、そう思わない
    と云う面々は実にお気の毒というほか無い。

    10月4日から少し出来高を増しピョン高を繰り返して
    先週末860そして今日、9月6日の高値880●を抜いて
    888◉881+33●55500株、次は8月1日につけた高値
    930●越から大台乗せが当面のターゲット。

  • 昨日のIR、iPS腸細胞は何に使う?で検索

    ➡iPS由来の腸でノロウイルスを増殖 ワクチン開発に光 (2018.11.21.)
    https://www.asahi.com/articles/ASLCN3T72LCNPLBJ002.html

    ★リプロセルは業績相場待ち、他で稼いでココに継ぎ込めッ です^)^♪

  • 解禁!ゲノム編集食品、明日10月1日販売開始!!
    肉厚真鯛、高栄養トマト、アレルギーのない卵等

    https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4331/

  • 買い下がれば良いだけのはなし

    宝の山の真っ只中!!^)^♪

  • 次はいよいよ2月18日につけた高値750◉越え!!^)^♪

  • >>No. 61

    大化け期待の★ザインは既に黒字転換済み!!

    にも拘わらず株価は軟調、安値圏で出来高低迷
    投稿無しは、仕込むには絶好のラッキーチャンス~
    株は安く買える時にこそ買っとけッ です。
    それで下げたら徹底買い下がり~株の醍醐味は
    逆張りです!!^)^♪
    おっと、そう思わない方々は誠にお気の毒様と
    いうしかない。

    【業績】 売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
    連14.12 3,712 372 887 660 57.5 9
    連15.12 3,488 312 530 378 36.1 9
    連16.12 2,903 -181 -275 -303 -28.7 9
    連17.12 3,165 -490 -524 -523 -49.2 9

    連18.12 3,207 32 54 107 10.1 9
    連19.12予 4,900 170 190 160 14.8 9
    連20.12予 5,500 200 220 180 16.7 9

    連19.1~6 2,097 -94 -99 -125 -11.6 0
    連20.1~6予 2,500 50 50 40 3.7 0

  • ★3Dマトリックスは安く買える時に買っとけッ です^)^♪

    【URL】http://www.3d-matrix.co.jp/
    【業績】 売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
    連15. 4 99 -1,903 -1,795 -1,994 -94.9 0
    連16. 4 141 -1,821 -1,935 -2,459 -114.5 0
    連17. 4 615 -1,240 -1,270 -1,392 -64.6 0
    連18. 4 228 -1,874 -1,767 -1,866 -81.3 0
    連19. 4 328 -2,267 -2,426 -2,554 -97.4 0
    連20. 4予 880 -1,850 -1,850 -1,850 -63.0 0
    連21. 4予 2,700 100 100 100 3.4 0   (2019.9.19.四季報)

  • 財務、技術ともに優秀!! 大化け期待の★ザインは
    安く買える時に買っとけッ です^)^♪

    【特色】ファブレス半導体企業の草分け。自社ブランドの集積回路を開発。テレビから産機軸に構造転換
    【連結事業】LSI100(1)、AIOT-(-)【海外】26 <18・12>
    【通期増益】AIOT事業で通信モジュール製品好伸。LSI事業はOA機器向けなど苦戦でもアミューズメント反発。研究開発負担こなし通期営業増益。20年12月期は先行的研究開発費の負担減。連続営業増益。
    【超高速無線通信】広島大など3大学と共同で5G超の高速通信開発プロジェクトを開始。イメージセンサーのデータを長距離伝送するチップセットの販売を開始。
    【業種】 電子部品・産業用電子機器 時価総額順位 156/243社 (2019.9.19.四季報)

  • ルネサス強い!!次は2月13日につけた

    750◉高値がターゲット。

    その前に3月4日の719円越を期待!!^)^♪

  • ⇓続きがあります。
    事業会社
    CYBERDYNE株式会社(茨城県つくば市、代表取締役:山海嘉之)
    日本全薬工業株式会社(福島県郡山市、代表取締役社長:高野恵一)
    株式会社リプロセル(神奈川県横浜市、代表取締役社長:横山周史)

    当社は、肝細胞増殖因子(Hepatocyte growth factor: HGF)の組換え蛋白質の医薬品開発を行っています。HGFは生体内の再生修復因子であり、様々な難治性疾患の画期的な治療薬となる可能性を秘めています。当社は現在、神経難病(脊髄損傷急性期、筋萎縮性側索硬化症(ALS))に対する国内での臨床試験に注力しており、今回の増資による調達資金は、主に脊髄損傷急性期を対象とする第Ⅰ/Ⅱ相試験の加速・推進のために使用いたします。

    当社代表取締役社長 岩谷邦夫は、次のように述べております。「バイオベンチャーを取り巻く金融環境が厳しい中で、6億1千万円の資金調達に成功したことは、株主の皆様のHGFに対する期待の表れに他なりません。今回の資金調達により、脊髄損傷急性期を対象とする第Ⅰ/Ⅱ相試験を完遂する目処が立ちました。本試験により患者さんでの有効性を確認し、HGF医薬品を一日も早く実用化できるよう全力を尽くします。今回の調達では、HGFの事業化に向けて将来的にシナジーが見込まれる事業会社からも多大なる協力を得ることができました。HGF医薬品とCYBERDYNE社の「医療用HAL®」(世界初のロボット治療機器)によるサイバニック治療を組み合わせることで、脊髄損傷やALSの患者さんに対する新しい複合治療が誕生すると期待されます。また、再生医療の実用化に向けて再生医療等製品の製造に用いられるGMPに準拠したHGFの重要性が高まっており、iPS細胞のリーディングカンパニーであるリプロセル社との新しい事業展開も考えられます。当社は、HGF動物薬の開発を目指す日本全薬工業株式会社と連携してきましたが、今後は組換えヒトHGF蛋白質の製造についてもさらに関係を強化してまいります。上記各社との関係構築を通じて、HGFの価値を最大化することができると期待しています。」(2016.12.5.)

    iPS細胞、再生医療のリーディングカンパニー★リプロセル!!^)^♪

  • 8月7日666◉戻り高値を抜いてきた!!^)^♪

  • クリングルファーマ株式会社ir
    2018.6月1日 当社が製造した組換えヒトHGFを、株式会社リプロセルより研究用試薬として販売いたします。詳細は株式会社リプロセルにお問い合わせください。
    (株式会社リプロセルHP: https://reprocell.co.jp/

  • 連日の年初来安値更新、期待のザインは(覚悟をして)

    コノ安値、どこで買っても大正解!!^)^♪
    いつの日か、テンバガーゆくのを待っている。

  • ココは黙って、ザインエレクトロニクス!!^)^♪

    ロイター 比較分析
    上場全3751対比成長性=93点( 52ランキング / 3751社中 )収益性= 21点( 3103ランキング / 3751社中 )安定性= 100点( 1ランキング / 3751社中 )割安度= 24点( 3077ランキング / 3751社中 (2019年 08月 9日)

  • ビジネスの中心はアメリカ、この秋発売!!^)^♪

    ➢ PuraSinusは3つの効果(癒着防止、止血、創傷治療)が期待され、これを同時に達成できる製品はない
    ➢ PuraSinusの利用はQuality of Life(QOL)の向上に繋がる
    - ガーゼ等のパッキング材による苦痛を無くす
    - 既存の止血材で発生する癒着を軽減する
    ⇒ 患者QOL、それに伴う評判を気にする米国の病院にとって、患者に対するアピールポイントになりうる (②四半期決算説明会 岡田社長)

    ★株価を押し上げるには確実な業績の裏ずけが必須、株はそれ迄が面白い。

  • ★ビジネスノ中心はアメリカ!! そのアメリカで
    オンリーワン製品が9月にも発売開始されます。

    ※PuraSinus(耳鼻咽喉科領域の癒着防止兼止血材)の認証取得
    *米国の癒着防止材の市場は 耳鼻咽喉科領域で約 100 200億円の市場規模と推計される
    *米国と オーストラリアの 耳鼻咽喉科領域での手技および臨床ニーズは近似していると見られる
    *オーストラリアの直販での成功を米国でも実施すべく、まずは直販により早期に一定の成功を収める

    【発売開始までの想定スケジュール 】
    *初ロット製造: 2019 年 5 月済
    *初ロット出荷: 2019 年 8 月予定
    *発売 2019 年秋予定PuraSinus  (事業進捗報告および中期経営計画)抜粋

    3DMは安く買える時に買っとけッ です^)^♪

  • 京都大学の山中伸弥教授らは再生医療の切り札とされるiPS細胞の製造や供給を担う新法人を今夏にも設立する。iPS細胞を使う再生医療では、治療が難しかった目の難病や脳の病気を治す臨床研究が始まっている。脊髄損傷などの治療も計画されており、iPS細胞を着実に治療現場へ届けるしくみが必要だと判断した。再生医療が研究段階から普及期をめざす新たな局面に入る。
    2019/8/4 2:00日本経済新聞 電子版

  • そこと★天下のリプロセルがライバル??

    全く次元が違いすぎて、月とスッポン。

    味噌とくそを一緒にするな^)^♪

  • CIPベンチャーズについて

    日本に本拠を置くセルイノベーションパートナーズ(CIP)は、世界の再生医療と幹細胞技術に特化したベンチャーキャピタルファンドです。CIPは、幹細胞研究のリーディングカンパニーであるReproCELLと、新生銀行の子会社である新生コーポレートインベストメントによって2014年に設立されました。CIPは、事業開発、研究開発、金融における専門知識と幅広いネットワークを通じて、投資先企業を支援しています。詳細については、同社のウェブサイトをご覧くださいhttp://www.cell-ip.com/en

    シミックバイオについて

    Symic Bioは、マトリックス生物学に焦点を当てた新しいカテゴリーの治療薬である新しいマトリックスターゲティング治療薬を開発しているバイオ医薬品会社です。これらの治療薬は、多種多様な疾患状態に応用される可能性があり、細胞外マトリックス内で重要な調節的役割を果たす天然の高分子に触発されています。Symic Bioには現在、変形性関節症の治療における疾患修飾および疼痛管理を対象としたSB-061と、末梢静脈移植不全の予防を目的としたSB-030の2つの臨床候補があります。さらに、Symic Bioは、中枢神経系の線維症、腫瘍学および疾患の分野での応用を調査している。詳細については、当社のウェブサイト(www.symic.bio)、LinkedInのページ(www.linkedin.com/company/symic-bio)をご覧www.twitter.com/symicbio

    幹細胞研究のリーディングカンパニー★ReproCELLは凄い!!^)^♪

本文はここまでです このページの先頭へ