IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (309コメント)

  • 2020/05/22 19:15

    >>No. 75

    そうですね。

    新規事業の定義を考えたら、思いもしない、何で今までなかったんだろう?って思えるような事業なんですよねぇ。

    しかも50億も潤沢な資金があるから余計気になりますね。

    事業モデルの表では転職ドラフトとイエシルに近い事業。なんだろ。(笑)

    ちなみに私は、例えば合同会社説明会をオンライン化して顧客にあった会社を紹介する事業(学生が検索しなくても、リブセンスがその人ひとりひとりにあった会社を調べて紹介してくれる)とか。

    とにかく、新規事業はSEOに頼らない、依存しない事業というのが大前提。過去にはgoggleにやられましたからね。苦い経験です。皆様はいががお考えでしょうか?

  • 今日の前場はマイナス決算のわりには下げなかったので、ホッとしていたのもつかの間。後場売られましたねー。

    既存事業が利益だしていてもやはり赤字って計上は売られますね。残念。

    ところで上半期の会社予想は据え置きでしたね。コロナ影響が、ある程度推測されるにもかかわらず。もし影響があるのなら、予想を取り消したり、非開示や減額って選択しもあるのに。

    最近マーケットには赤字の転換はインパクトが強いようなので、2Qがいまから楽しみです。

  • >>No. 70

    それは私も気になったのですが、その費用が計上されてマイナスってこともあるでしょうね。それにしても198百万円黒字→127百万円赤字って…中身が知りたいです。

  • とりあえず私のシナリオは崩れていないので継続。後は2年以内の新規事業複数立ち上げ。これを見てシナリオが崩れるようならサヨナラします。

  • >>No. 67

    なるほど。そういうことなら納得しました。

    ありがとうございました。少なくとも本業は順調ということがわかりました。

    尚更ガチホからの下値で拾います。(笑)

  • すみません。どなたかご教授下さい。

    決算補足資料のp17、既存事業の四半期売上高・営業利益推移で、2020の1Q、営業利益198百万円とあります。

    つまり、door賃貸は売上高には貢献していないが、費用面で未だ足を引っ張っているということなのでしょうか。

    また就活会議は譲渡はするものの、その期日は延期。ということは本決算に組み込まれたのかどうなのか、短信や財務諸表を見てもわかりませんでした。

    数字に間違いがなければ、door賃貸の費用負担がなければ利益があったってこと?しかもdoor賃貸の売上利益なしで。

    今回のIRは未だかつてないほど、分かりにくかったです。

  • 2020/05/15 17:17

    >>No. 63

    確かに、この1Qは苦しい内容でしたね。

    2Qも怪しくなってきましたが、不幸中の幸いかな、マッハバイトが伸びていますから、これを更に利益化しないとじり貧になりそうです。

    ま、売られたら売られたで、コツコツ拾います(笑)

  • 直近下値を割り込んだら買い準備。ヨコヨコになったら100株打診買い。高くなったらソコソコで売り。

    どなたかも仰っていましたが、株のセオリーができるのがアドウェイズじゃないでしょうか。

    とはいえ、ファンダメンタルズとIRにもありましたが、今後の広告市場拡大はアドウェイズに追い風なのは間違いないわけで、安心してガチホです。

  • ま、今日は地合いも悪いし戻り売りもあるだろうし。

    しかし変わらないのはアドウェイズの業績。長い目で見たらまだまだ安いです。(笑)

  • No.478

    強く買いたい

    いよいよ決算ですねワクワク

    2020/05/12 09:17

    いよいよ決算ですねワクワク

  • >>No. 60

    お言葉ですが、果たしてそうでしょうか。
    少なくとも、アフターコロナを考察すると、中期的に正社員の隙間を非正規労働者が担い、また現金給付故に現金に対する要望は高いと感じます。

    そう考えると大手リクルート人材企業よりも、リブセンスにアドバンテージがあると思うのですが。

    結果は21通期決算で知るかな?

  • No.440

    強く買いたい

    4月9日のネタですが… 博…

    2020/04/29 09:51

    4月9日のネタですが…


    博報堂DYホールディングスは9日、2020年3月の広告収入などの売上高を発表した。博報堂単体のネット広告の収入は前年同月比22%増えた。これまでもネット広告は伸びていたが、新型コロナウイルスの影響で「巣ごもり」している消費者が動画配信などを利用していることが背景にあるようだ。テレビ広告などを含めた全体の売上高(博報堂単体)は6%減った。

  • 今回のコロナウイルスによる自粛は非正規労働者には解雇など収入が激減する一大事でした。

    しかし、これが終息すれば労働市場の流動性が一気に活発になるのではないでしょうか。

    今まで仕事をしていなかったり、リタイア世代も働く。その時こそリブセンスのサービスが光るとしんじています。

    まだ先の話かと思っていましたが、意外と早かったりするのかな?

  • ドミノ・ピザがアルバイト大量募集のニュースが出ていましたね。

    こういった状況にはやはりアルバイトやパートの流動性の高い雇用形態が注目されるのではないでしょうか?

    事態が長期化すればするほどリブセンスの出番!だと思います。

    だから自社株買いしたとかはないとは思いますが…汗

    マッハバイトが成長路線にのっているので2、3qは期待しています!

  • こういった相場だからこそキャッシュリッチ、健全財務企業に追々マネーがながれてくるのではないでしょうか?
    ただ今は自社株買いの下支えがありますがその後どうなるか…ま、私は現物ガチホですが。(笑)

  • ホント、今回も大きく下げましたね。
    出来高は少ないですけど。

    その間にネット広告がテレビ広告を越えたってニュースがあったのに吹き飛んじゃいました(笑)

    ここはチャンスと思い、少しずつ買い増ししています。

  • 今更ながら、決算説明の動画を観ました。

    事業ポートフォリオの最適化は最後にも語っていました。

    それは今期はまず就活会議だったということなのでしょう。

    それと印象的だったのはマッハバイトが成長トレンドに入ったことと、M&Aについて何度も発言しているところ。相手のことについてもいっていましたからね。

    今期はマッハバイトと転職ナビにリソースを注力して、新規事業は売却した金で他社事業を買収するのかなと邪推しております。

    それにしても自社株買いはよめなかった(笑)

  • >>No. 34

    はたして株価対策だけでしょうか。

    IRには還元するためと記載がありましたし、ましてやはじめてとなると、いいタイミングだったのではないでしょうか。

    配当ではなく、全体の2.6%自社株買いを選択したのも充分評価できるものと思いますよ。

  • 2020/03/17 23:51

    >>No. 29

    少なくとも就活会議とdoor賃貸は譲渡オファーがあったのでしょう。またIRの内容をみると、結局二つともこの先ののびしろがみえたのではないでしょうか。

    今回は税負担が少ないので、純利益は前回以上に発表されそうですね。

  • >>No. 26

    おっしゃることは承知しておりますが、今回のこのタイミングでの自社株買いは安く自己株を取得できますし、そもそも利益剰余金が毎年積み上がっていましたからね。

    今回のようなシステマティクでの急落がなければ逆に自社株買いをしなかったのではないでしょうか。

    ちなみに取得費用と株式数の上限で計算したら約338円。

    初自社株買いにしては充分ではないでしょうか。

本文はここまでです このページの先頭へ