ここから本文です

投稿コメント一覧 (370コメント)

  • >>No. 495

    男の人は給料が安いから辞めていく。
    女の人は辞める人もいるけど、何年も残っている人が多い。
    おばさんが多い職場は奴隷みたいな扱いを受けることはあっても、
    無理やり辞めさせられることは少ないです。
    なあなあの雰囲気だから、不良品が大量に出ても責任は追及しない。
    ただ、残業は厳しく制限されています。
    頑張っても頑張らなくても、時給は上がらないし、みんな平等だよ・・・
    やる気のなさそうな、ゆるい会社です。

  • オンキヨー再建、不透明
    ホームAV売却協議 OEM拡大カギ

    日本経済新聞 2019年5月16日朝刊

    オーディオ機器の名門、オンキヨー株式会社の再建に不透明感が出ている。主力のホームAV事業(主要製品はヘッドホン関連製品を除くオーディオ・ビジュアル関連製品)売却に向け、米同業などとの協議を始めた。売却資金を、力を入れるOEM(相手先ブランドによる生産)事業の拡大に回す方針だ。ただ残るのはOEM事業を含めまだ成長途上。稼ぎ頭を手放すからにはこれらを早期に拡大することが急務だ。
    米サウンド・ユナイテッドなどと協議する。対象となるAV事業では2015年にパイオニア株式会社の事業を買収し、アンプで世界シェア首位に躍り出たこともある。しかし携帯音楽プレーヤーの台頭を受け市場が縮小。AV事業の売上高は2018年3月期で346億3100万円、セグメント利益は25億9400万円。売上高は2016年3月期からほぼ半減しており、成長シナリオも描きにくい。
    だからこそ主力事業で利益が出ているうちに、OEM事業拡大を急ぐ。「OEMにカジを切り生き残る」(宮田幸雄副社長)方針だ。2017年にはインドの自動車部品会社「Minda Industries Ltd. 」と合弁会社「Minda Onkyo India Private Limited」(出資比率は50.0%であるが、実質的に支配しているため連結子会社となっている)を設立。今後5年間で現地の車載スピーカー工場に40億円以上を投じる。テレビ内蔵スピーカーも中国テレビ大手「TCL Multimedia Technology Holdings Limited」との提携を決めた。
    もっともOEM事業においては2018年3月期は先行投資がかさみ、売上高は68億6300万円、セグメント損失は3100万円だった。同じ期の全社の連結売上高は515億3300万円、当期純損失は34億2600万円で、最終損益は5期連続の赤字だった。今回の協議を早期にまとめ、残った事業を成長軌道に乗せられるか時間との勝負だ。


    ウチはパーソルホールディングスの契約社員。
    先日、オンキヨー株を7600株買ったら、爆発・炎上したよ。
    今月は8万円以上の利益が出そう!!!!!

  • オンキヨー再建、不透明
    ホームAV売却協議 OEM拡大カギ

    日本経済新聞 2019年5月16日朝刊

    オーディオ機器の名門、オンキヨー株式会社の再建に不透明感が出ている。主力のホームAV事業(主要製品はヘッドホン関連製品を除くオーディオ・ビジュアル関連製品)売却に向け、米同業などとの協議を始めた。売却資金を、力を入れるOEM(相手先ブランドによる生産)事業の拡大に回す方針だ。ただ残るのはOEM事業を含めまだ成長途上。稼ぎ頭を手放すからにはこれらを早期に拡大することが急務だ。
    米サウンド・ユナイテッドなどと協議する。対象となるAV事業では2015年にパイオニア株式会社の事業を買収し、アンプで世界シェア首位に躍り出たこともある。しかし携帯音楽プレーヤーの台頭を受け市場が縮小。AV事業の売上高は2018年3月期で346億3100万円、セグメント利益は25億9400万円。売上高は2016年3月期からほぼ半減しており、成長シナリオも描きにくい。
    だからこそ主力事業で利益が出ているうちに、OEM事業拡大を急ぐ。「OEMにカジを切り生き残る」(宮田幸雄副社長)方針だ。2017年にはインドの自動車部品会社「Minda Industries Ltd. 」と合弁会社「Minda Onkyo India Private Limited」(出資比率は50.0%であるが、実質的に支配しているため連結子会社となっている)を設立。今後5年間で現地の車載スピーカー工場に40億円以上を投じる。テレビ内蔵スピーカーも中国テレビ大手「TCL Multimedia Technology Holdings Limited」との提携を決めた。
    もっともOEM事業においては2018年3月期は先行投資がかさみ、売上高は68億6300万円、セグメント損失は3100万円だった。同じ期の全社の連結売上高は515億3300万円、当期純損失は34億2600万円で、最終損益は5期連続の赤字だった。今回の協議を早期にまとめ、残った事業を成長軌道に乗せられるか時間との勝負だ。


    いつも夢を追い求めるすてきな会社。
    オンキヨーが大好きです!!!

  • オンキヨー&パイオニア株式会社は2018年3月期に12億4884万円の当期純損失を計上している。総資産は89億6226万7407円、自己資本比率は-22.1%。

    オンキヨーのオーディオ機器事業は営業利益率が高い、と日本経済新聞に書いていた。
    いや、これは研究開発費を含まない段階のセグメント利益でしょ・・・
    日本経済新聞の社員ってアホが多いの?
    電機業界のこともよく分かっていないし。

  • >>No. 493

    パーソルはそんな会社です。
    上司のおばさんは、部下を将棋の駒のように雑に扱います。
    人が足りなかったら、違うところから無理やり連れてきます。
    ニコニコしているときはいいけれど、怒り出したら滅茶苦茶怖い。
    部下の女の子は何人かいなくなった。

    この仕事は将来性がないから、オンキヨー株を7600株買ってみた。
    そしたら、株価が下がりまくって、6万円の赤字に・・・
    将来が真っ暗だよ!

  • 2019/05/18 13:48

    ウチの人生は元々滅茶苦茶だったから、オンキヨーさんに対する恨みはありません!
    いや、その頑張る姿がウチに生きる希望を与えてくれます。
    恨むとしたら、元勤務先である大阪のはんだごてメーカー(従業員数250人)です!!!
    ヒントは青と黄色の「☆彡」(お星さま)の会社です。
    ユーザーは中国、ベトナム、フィリピンなどにある電子機器受託製造会社の工場。
    ただでさえ価格競争が酷いのに、「低価格で製品をばらまく」という方針だったので、売上高に占める労務費の割合は10%以下に抑えていた。
    だから、3年以上勤めても、月給は手取りで11万円しかなかった。
    まともな生活できないから、最後はパナソニックの関連会社に逃げた。

    オンキヨーさんに関しては、IR爆弾で急騰するチャンスを狙っているだけです。
    ウチはいつも、将来のことよりも、目先のお金に目がくらんでしまう。
    オンキヨーさんの提携先(生産委託先だと思う)、Zyluxの工場もボロボロだね。
    オンキヨーさん、従業員をこき使う会社にだけはならないで下さいね!!!

    http://www.zyluxacoustic.com/

  • >>No. 15

    仕入れ原価が高いなら、本部が決めた販売価格に数%のマージンを乗せて売ればいいのに・・・
    そうすれば、売上総利益率が上昇し、キャッシュフローも良くなるよね。
    セブンイレブンの店長と店員はアホすぎる!!!

  • >>No. 941

    その廃棄する食品は、ローソンの加盟店がお金を払って仕入れているから。
    売上ゼロでも、仕入原価が発生します。
    本部はその赤字を加盟店に押し付けて、ロイヤリティーをバイトから巻き上げます!
    コンビニは一種の貧困ビジネスです。

  • ウチの事業所って、契約社員をもう募集しないんだね。
    今、人員削減、やってるよ。
    潰れたら、多分、泣く!

  • この掲示板、これから過疎るの?
    みんなの人気者、大朏社長がここにやって来たらいいのに!

  • >>No. 149

    株価が10円以下になったら会社終了w
    というか、上場廃止。
    一番かわいそうなのはオンキヨーの従業員。
    給料は安そうだし、将来のことなんて考えてもいないだろうな。
    ウチの工場みたいに、行き場のないおじさん、おばさんがしがみついているのかな?

  • 2019/05/18 07:53

    50年前ってつい最近のように感じるけど、当時のテレビ番組を見ると、
    時代は完全に変わってしまっていることに気付く。
    昔は良かったのになあ・・・
    オンキヨーもウチもダメになってしまった!!!

    https://www.youtube.com/watch?v=JmsXaONLZwY

  • >>No. 143

    オンキヨーの製品開発は効率的なのかな?
    毎年40億円以上の研究開発費を投じて・・・
    打首獄門同好会のヘッドホンができたよ。

    https://onkyodirect.jp/shop/pages/UGD_HEADPHONES.aspx

  • 去年みたいに、本決算の発表を延期しても驚かない。
    祖業のオーディオ事業を売り払っても驚かない。
    倒産しても驚かない。
    ウチは最初からあきらめて、株主になっている!
    だって、オンキヨーだもんw

  • ウチはパーソルホールディングスの子会社(従業員数8000人)の契約社員。
    最近、女しかいない組み立てラインに放り込まれてね。
    1日の目標が1600個なんだけど、1400個くらいしか作れなくて、
    周りのおばさんに毎日怒られてる。

    でも、上司のおばさんがほめてくれたよ!
    「君はえらいわ。ここの仕事、男の人が専属で担当するのは初めてなんだ。
    今まで何人か、試しに入れたことはあったけど、みんな続かなかった。
    『シール貼りは女がやる腐った仕事だ』と言う人もいたなあ」。

    パーソルの株価、なぜか上がってるね・・・
    入社してからもう7カ月。
    小人数で仕事を回すため、欠員募集をかけずに、滅茶苦茶な配置転換をやってます。
    何年たっても時給は一緒で、正社員にはなれません(準社員にはなれるけど)。
    残っているのは、行き場のなさそうなおじさんとおばさんばかり。
    こんな酷い会社に誰が応募するのかな???

  • No.495

    強く買いたい

    Minda Industrie…

    2019/05/11 05:41

    Minda Industries Ltd. は、インドのグルグラム(同国の首都デリー近郊に位置する都市)に本社を置く自動車電装部品メーカー。2018年3月期の連結売上高は447億0600万ルピー(約715億円)、売上総利益率は15.5%、営業利益率は8.3%、純利益率は6.9%。従業員数は7064人。設立は1992年9月。


    オンキヨーってミンダ・インダストリーズとの合弁会社を設立して、スピーカーを製造しているよね。
    ミンダは上場企業、会社概要を載せます。
    今は赤字だと思うけど、いつかはオンキヨー復活の切り札となってほしいです!!!
    ミンダ・オンキヨーは元気かな?
    同じ業界の人間として応援するよ。

  • 2019/05/08 22:14

    オンキヨー株式会社はいくつかの子会社を、姉妹会社であるオンキヨーデジタルソリューションズ(グループ会社ではない)に譲渡して、組織改革を進めています。有利子負債残高は86億0900万円で、金利負担はそれほど重くなく、現金及び現金同等物の期末残高は71億6300万円もあります(2018年3月末時点、連結決算ベース)。オンキヨーの経営が本当に傾いているのであれば、本社(大阪府大阪市)や両国オフィス(東京都墨田区)は賃料の安い場所に移転して、技術センター(大阪府寝屋川市)は閉鎖・売却していると思います。

    ウチはパナソニックの関連会社の契約社員。
    お昼休みに、同僚のおじさんと株式投資の話をしていてね。
    「昨日はJVCケンウッドと村田製作所の株価がいずれも13%下がった。大型株を買うには、今は地合いが悪すぎる。だから、ウチはオンキヨーを7600株持っている」と言ったら、かなり心配された。
    今年の1月に損切りして20万円の損失を出した、パイオニアの二の舞になるんじゃないかと・・・
    オンキヨーの有価証券報告書を見ると、大型倒産が起きる可能性は低いと思うけどなあ。
    内部事情に詳しい人がいれば教えて!!!

  • 大阪音響株式会社(大阪市旭区大宮西之町5の32)は、ステレオ、テレビ、ラジオ、スピーカー等の製造・販売を手掛ける音響機器メーカー。1970年度の売上高は240億円。従業員数は2800人(うち女性1200人、1971年3月18日現在)。
    創業は1946年。資本金は1億2960万円。代表者は取締役社長 五代武。現在の社名はオンキヨー株式会社。生産拠点は大阪市内3カ所、大阪府寝屋川市内3カ所。月間生産高はステレオ2万台、テレビ5万台、アンプ他6000台、ラジオ1万台、スピーカー160万本。輸出比率は16%。1972年4月入社の新卒採用計画(見込)数は950人(中卒・高卒のみ、大卒・高専卒は未定)。

    大阪音響株式会社(オンキョー)は1946年、「音」のオアシスを全世界へ、との念願のもとに、先ずスピーカーメーカーとして発足しました。やがて苦心の研究の末ついに『特許ノンプレスコーン』を完成して、音響技術界のトップレベルをゆくオンキョースピーカーを世に送り、続いて今日の電子科学の枠を結集した数々の音響製品をつくり、また最近ではマルチ方式のステレオを開発し、旋風を巻き起しました。創意と誠実を尊ぶ若々しい社風が、この発展の原動力なのです。オンキョーは、今後は広く「音」に関する製品を通じて人類の幸福に貢献するため、IC応用製品の開発等無限の可能性を追って力強く前進してゆきます。


    「音のオアシスを全世界へ」というオンキヨーの経営理念、いいですね!!!
    やる気と熱意を感じるよ。

  • No.351

    強く買いたい

    JVCケンウッドの株価が294…

    2019/05/07 20:36

    JVCケンウッドの株価が294円から255円に暴落。
    たったの1日で13.26%も下がったよ。
    ウチは274円で1000株買って、305円で売りました。
    その後、オンキヨーの株式を40円で7600株買いました。
    現在の株価は39円。
    JVCよりオンキヨーのほうが景気がいいみたい!!!

  • パーソルの掲示板が酷いことになってるよ・・・
    ウチは会社の内部から見たときの感想を書いています。
    上層部の方々は株主の声だけでなく、現場のダメ人間から上がってくる声にも耳を傾けて、危機感を持ってほしいと願います。

    同業他社に対するM&A(合併・買収)を繰り返していますが、経営陣は巨大な企業集団をまとめる能力を持ち合わせているのでしょうか?
    M&Aに力を入れすぎて既存の子会社をほったらかしにしてしまうと、収益力が低下して、多額の「のれん」の減損損失を計上することになります。
    M&Aが成功する確率は20~30%。
    ライザップの(経営不振の)件は、決して他人事ではありません!

本文はここまでです このページの先頭へ