IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (121コメント)

  • >>No. 227

    私も、配達の第1希望日を、2021年7月25日(日)としていた一人でして、お気持ちは、よく分かります。

    日曜日は、到着を家で楽しみに待っていたので、夕方頃から、ちと、淋しい気持ちになりましたよ(笑)。

    私、現物株で長期保有していて、これまで何度も、優待をいただいてますが、第1希望どおりに商品がこなかったのは、今回が初めて。

    ひょっとしたら、郵便事故で、株主優待申込ハガキが、会社に届かなかったのかもと考え、日曜日(7/25)の夜、ホームページの問い合わせフォームから、次のように、問い合わせました。

    1.株主優待申込ハガキは、貴社に届いておりますでしょうか?

    2.万一、届いていない場合、必要な手続きがあれば、お知らせください(申し込みの控えは、手元に保管してあります)。

    で、本日(7/26)一日待っていたのですが、携帯に電話もかかってこないし、電子メールも送られきませんでした…。

    返送した株主優待申込ハガキが、到着しているかどうか位、すぐに回答できそうなものだと、思っていたのですが…。

    謎だ…。

  • 優待に関する書き込みが多いので、三井住友信託銀行 証券代行部に問い合わせてみました。

    結果ですが、本日(7/21)、発送したとのこと。

    明日(7/22)以降、順次お手元に届くのでしょうから、皆さま、楽しみに待ちましょう!

    なお、一週間経っても届かない場合は、三井住友信託銀行 証券代行部に連絡していただきたい旨、オペレーターの方の発言がありましたことを、念のため、申し添えます。

  • 昨年7月に、英国の通信社“The Worldfolio”の取材を受けた時の記事が、やっと掲載されましたね(題名:Kuriyama: Supplying industrial rubber and plastic products)。

    記事を読んだ感想ですが、「1年前の内容なので、現時点の視点でみると、内容が古臭いかなぁ。」っと感じましたよ、私個人としては。

    一番違和感を感じたのは、「近い将来、貴社が拡大したいと考えている事業分野は?」という問いに対して、「産業用ホース事業(特に、工業用ホース及び飲料用ホース)」と答えている点ですね。

    現時点では、「建機・農機のティアワンサプライヤー(tier one supplier)」を目指し、全力で取り組んでいるはずですよね、確か。

    産業用ホース事業の売上が、一番大きいのは、事実だから、これでも間違いではないけど、建機・農機の部材メーカーの頂点を目指すという志を、世界に発信できたら、もっと良かったんじゃないかなぁ…。

  • 最近のクリヤマホールディングスの株価、完全な「ボックス相場」ですね。

    株価を動かすような話題・材料が、何もないので、当然の結果なのですが…。

    このまま、2021年8月6日(金)に予定されている「第2四半期決算発表(中間決算発表)」まで、大きな動きは、ないだろうし、5月12日に発表された第1四半期決算で、経常利益が対前期比で23%増益、対会社予想進捗率:47.7%だったので、現在の株価は、既に、「ある程度の業績上振れ」を織り込み済みだろうから、中間決算発表で、大きく株価が動くことも、ないだろうなぁっと、個人的には、思っています。

    私の唯一の心配は、「石橋を叩いても渡らない。」と言っても過言でない位、慎重なクリヤマホールディングスが、中間決算発表では、「業績見通しを修正しない。」という選択をした時、市場がどういう反応をするのかということ(その「慎重なところ」を、私は、評価してますけどね(笑))。

    「業績見通しを修正しない。」とした時、誰もが納得できる合理的な理由があるのなら、いいのですが、前年のように、「経済の先行きが不透明だから。」という理由だと、今年は、市場の同意を得るのは、難しいだろうと感じています(今年になって、既に決算発表をしている企業は、概ね、業績見通しの上方修正を発表しているので…)。

    長期保有している株主の一人として、この時期に、敢えて一言言わせていただきます。

    慎重さも「ほどほど」が大切。行き過ぎると、悪印象につながますよ。業績見通し発表時に、アナリストからも、同じような指摘されてましたよね(「保守的だ。」と言われた事、覚えてますか?)。

    そろそろ、会社としても、中間決算発表時に、業績見通しをどうするか検討していると思いますので、その点も、十分考慮してくださいね。お願いしますよ、クリヤマホールディングス!

  • >>No. 712

    優待のクオカードですが、例年、株主総会終了後、配当金計算書等と一緒に、郵送されてきます。

    今年は、本日(2021年6月28日)が、株主総会の開催日なので、クオカードが届くのは、早くても、明日(6/29)以降になると思いますよ。

    因みに、我が家は、例年、総会の翌々日位に届くので、6/30位かなぁっと思っています。

  • 本日(6/12)、我が家にも、総会関係書類が届きました。

    当然、内容を確認のうえ、ネット投票にて、議決権の行使を行いましたが、心境は、複雑ですよ。本当に。

    お家騒動、いつまで続くんでしょうね。

    一個人株主としては、会社内部の揉め事は、早期に解消し、会社が一丸となって、業績向上に努めていって欲しいと、切に願っています。

  • >>No. 878

    この件、クリヤマ(株)から、何か公式の「お知らせ」があるかなぁっと思ってましたが、6/12(土)時点で、何も発表がないようなので、一個人株主としての考察を、述べてみますね。

    クリヤマ(株)が扱っている櫛状ゴム(スキマモール)は、阪急阪神レールウェイ・テクノロジーとクリヤマ(株)が共同開発したもので、阪急電鉄で既に使われています(阪急の公式ホームページにて、その旨、ハッキリ記載されています)。

    一方、大阪メトロで使われている櫛状ゴムは、大阪メトロが独自開発したもので、共同開発した素材メーカー名は非公表となっています(2021年5月11日付 東洋経済オンライン「列車とホームの隙間埋める「秘密兵器」の開発者 JRや大手私鉄が続々と採用、足元の安全支える 」という記事に、その旨、記載されています)。

    以上のことから、大阪メトロで使われているのは、クリヤマの製品ではないと、私は思っているのですが、皆さまは、どうお考えですか?

  • >>No. 138

    総会関係書類、まだお手元に届いていませんか。
    我が家には、6月4日に届きましたので、郵便事故の可能性も、そろそろ考慮された方が、いいかもしれませんね。

    2021年9月30日(木)迄に、「優待申込書」を返送すればよいので、まだ時間的余裕はありますが…(申込み期限内に、申込みしないと、優待品が提供されなくなるし…)。

    月曜日(6/14)にでも、マルハニチロ株式会社 株主優待事務局に問い合わせてみては、如何でしょうか?

    連絡先や受付時間は、去年と同じですよ。
    ネットで「マルハニチロ株式会社 株主優待事務局」を検索しても、でてきますしね。

  • 鳥取・布勢総合運動公園陸上競技場で行われているサトウ食品日本グランプリシリーズ 鳥取大会 「布勢スプリント2021」にて、本日(6/6)行われた男子100m決勝で、山縣亮太(セイコー)が9秒95の日本新をマークしましたね。

    布勢総合運動公園陸上競技場のトラックには、クリヤマが取り扱っているイタリア モンド社の"MONDO TRACK(スーパーX)"が採用されているので、新記録がでたことで、クリヤマにも、世間の注目が集まるといいなぁ。

    最近上がり調子の株価に、弾みがつくことを期待していますよ!

  • >>No. 199

    昨年、配当金は、確かに、2020年6月8日に支払われましたが、株主優待品は、2020年7月22日に、優待事務局からゆうパックにて発送され、我が家には、2020年7月24日に到着しました。
    今年も、株主優待の缶詰等は、7月下旬頃、届くのではないかと思います。
    今年どうなるか、正確にお知りになりたいのであれば、三井住友信託銀行 証券代行部に問い合わせてみては、如何でしょうか?

  • クリヤマ所属のプロゴルファー 佐藤大平。昨日最終日が行われたミズノ・オープンで、14位でしたね(トータル 7アンダーで、トップと10打差)。

    日本プレーヤーズ選手権は、初日は首位タイだったのに、二日目に大幅にスコアを落とし、終わってみれば、73位。ダイヤモンドカップは、初日3位だったのに、終わってみれば74位という成績だっただけに、今回は、よく頑張ったなぁって、個人的には、思っています。

    が、「プロ」を名乗る以上、「モンチュラ」の広告塔として、もっと精進してもらわねば。

    最近、ゴルフを嗜む人が増えてきているそうだし、佐藤選手が、活躍すれば、モンチュラのゴルフウェア、もっと売れるようになるかも…。

    次の大会では、是が非でも、首位だ! 頑張れ、佐藤選手!

  • >>No. 770

    期末配当金の支払開始予定日は、2021年5月27日(木)と聞いていますよ。

  • モンチュラ(MONTURA)関係のコメント連投になるので、ちょっと気がひけますが、気になることがあったので…。

    明日(4月23日(金曜日))、「那須ガーデンアウトレット」(栃木県那須塩原市)に、「MONTURA(モンチュラ)」がオープンするそうですね。しかも、この度の那須ガーデンアウトレット店は、関東のアウトレット初出店となるとか。

    私、このニュース、​​双日商業開発株式会社の4月19日付けプレスリリースで知りました(総合商社の双日のグループ企業で、私、双日の株も、持っているので…)。

    その後、エアモンテ社のホームページを見てみたら、確かに、エアモンテ社のホームページにも、プレスリリース載ってましたけどさ。

    クリヤマホールディングスも、アパレル事業のテコ入れを本気で考えるなら、もう少し、モンチュラの販売促進に、力を入れてもいいんじゃないかなぁっと、思いましたよ。

    年寄りの小言みたいで、申し訳ありませんが、少し気になったので…。

  • >>No. 218

    日本国内でも、福島県浪江町で行われた「浪江町スマートモビリティーチャレンジ」という実証実験の中で、「自動運転技術の導入を見据え、巡回シャトルの運行においては、自動運転車両による走行実験も実施されている。」というニュースが、先日ありましたしね(どこのメーカーのものかは、ニュースでは報道されていませんが)。

    そろそろ、イーソル株式会社でも、自動運転車について、どの程度実用化の目途がついてきているのか、IRをだして欲しいですよね。

  • 3月に送られてきた総会関係資料の中に、イタリアのアウトドアブランド「モンチュラ(MONTURA)」の宣伝ビラが入ってましたよね。

    私、これまで、スポーツアパレル事業については、あまり関心を払っていなかったので、この機会に、自分なりに調べてみたのですが…(毎年、株主優待でいただく、クオカードでは、お馴染みだんですけどね(笑))。

    正直な話、「ブランドイメージ」が、よく分かりませんでした…。

    【山と渓谷社】の特集記事とかを読むと、登山愛好家の間で、高評価されているので、山岳用品のトップブランドなのかなぁっと思いましたが、ゴルフウェアも、作ってるようだし…。

    どなたか、詳しい人がいらっしゃいましたら、教えてください。

    モンチュラ・ジャパンのホームページから、通販サイトも覗いてみましたが、お値段も、一級品ですね(笑)。

    アパレルなので、愛用者は、毎シーズン、新作を購入されるでしょうね。きっと。

    昭和生まれの私から見ると、「今の若い人は、お金持ちだなぁ。」っと感心するやらビックリするやらでしたよ。

  • 最近、厳しいコメントばかり書き込んでいましたが、それも、クリヤマホールディングスに、期待していればこそ。

    私が、クリヤマホールディングスに投資してみようと思ったのは、産業用ホースメーカーとして、世界の主要企業であるイートン社(Eaton)、パーカー社(PARKER)、ゲイツ社(Gates)、ユナイテッドフレキシブル社(United Flexible)と、互角に渡り合っているクリヤマホールディングスの将来性に魅力を感じたから。

    一時期、子会社が、ホテル事業に手をだしたりしましたが、最近は、本業に力を入れ直しているし、コロナ禍が終息すれば、業績も上向くだろうなぁっと思っています。

    それだけに、先日の総会で、不振続きの欧州事業の今後の事業戦略について、丁寧な説明がなかったのは、不満ですね…。

    素人目にも、欧州事業を黒字化しようとするなら、スペインの工場で作っている消防用ホースとノズルの販路を、拡大するしかなさそうだし、それを、どうやって実現させようとしているかを、説明して欲しかったなぁ…。

    2021年5月12日に予定されている「第1四半期決算発表」では、その辺についても、丁寧な説明がなされることを、期待していますよ!

    頑張れ、クリヤマホールディングス!

  • 本日(3/31)、「臨時報告書」が近畿財務局に提出されて、EDINET(金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)で閲覧できるようになりましたね。

    3月25日に行われた定時株主総会の議決結果が、確認できるわけですが、第2号議案(役員人事)の結果を見ると、

    能勢 広宣氏 賛成136,258 反対11,953 賛成割合91.80%

    とのこと。

    因みに、昨年は、

    能勢 広宣氏 賛成137,766 反対 7,246 賛成割合 94.74%

    でしたので、約3%程、賛成割合が落ちています。

    この差分について、経営陣は、どのように考えているのか、気になるところです。

    私を含め、反対票を投じた株主の気持ちが、少しでも、経営陣に届いていれば、良いのですが…。

    あとは、株主総会で報告された事業報告の内容及び当日の株主からの質問と、それに対する会社からの回答の概要が、クリヤマホールディングスのホームページに掲載されるのを待つばかり。

    当日、株主からどのような質問があったのか、気になっています。

  • 暇つぶしに、「Youtube」を見ていたら、偶々、クリヤマホールディングスが、チャンネル登録をしているのを、見つけました(登録日は、2021年3月25日。この日は、第81回株主総会開催日)。

    チャンネル名:KURIYAMA VALUE

    現在登録されている動画は、次の2本

    ・KURIYAMA HOLDINGS SHORT MOVIE
    ・株式会社サンエーの尿素SCRセンサー技術とは?

    チャンネル開設したのなら、その旨、「お知らせ」を出せばいいのになぁ…。

    IR担当者も、何を考えているのやら…。

    言うまでもなく、株主なので、ちゃんと、チャンネル登録しましたよ(笑)

  • クリヤマホールディングスと同じく、東証2部上場企業だったブルドックソースが、2021年1月14日付で、東証1部に指定されたのは、周知の事実。
    ブルドックソースは、1963年に上場したので、昇格まで、58年かかってます…。

    クリヤマホールディングスも、これ位、時間かかるのかなぁ…。

    もし、そうなら、私が生きているうちには、昇格、ないなぁ(泣き)…。

    愚痴は、これ位にしておくとして、コロナ禍という、不測の事態もあり、経営陣に同情するところもありますが、ここまで業績が低迷し、大口投資家に見向きもされない企業になったのは、経営陣の采配ミスも、大きかったと、私は、思っています。

    まず、2018年の株式分割ですが、時期が、早すぎましたね。功を焦りすぎたというべきか。
    次回、株価が上昇する局面がきたら、最低でも、1株5000円以上になるまで、分割は、しないで欲しいと思っています。

    2015年の欧州企業の買収も、裏目にでましたね。短期取引しかしない方には、関係ない話ですが、結果、2018年と2020年の2回、特別損失を計上することになりました。将来への先行投資とも言えますが、それにしても、経営陣は、株主に「申し訳ない。」という気持ちを持ってほしいものですよ。そういう気持ちが、経営陣から微塵も感じられないのが、少々、頭にカチンときています。

    最近、改善の兆しが見え始めましたが、経営陣が、投資家との対話を怠っていたのも、いただけませんね。
    目標株価を公表しているのが、野村証券1社のみというのが、その証左。
    アナリストが一人もつかず、目標株価が公表されていない上場企業も多いから、1社でも注目してくれているのは、評価しますが、今後、東証の「プレミアム」銘柄を目指すなら、もっと多くのアナリスト・機関投資家に注目してもらわねばなりません。

    株主総会前なので、日頃思っていることを、つらつらと書いてみました。

    乱文、ご容赦ください。

  • 月寒あんぱんが、たった今、届きました。
    ありがとうございました。
    早速、本日のおやつに、いただきます。

本文はここまでです このページの先頭へ