IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (304コメント)

  • 3.ノースボルト

    前回第一四半期10億、今回第一四半期5億、初回金は別として、生産はじまったら単価で積むから普通はそないようけはもらえんよ、第二四半期以降はこの5億もなくなる


    いうわけで、1ニッケル.2水酸化ナトリウム.3ノースボルトで第一四半期よりも、第二四半期、第三四半期と悪化懸念多し、為替の水準次第なとこもあるけども、年後半は四半期単独で再度赤字なる場面あってもおかしくないん違うかの。
    戦争にニッケル取引事故余波、円安いう神風ご一行様が最大瞬間風速で吹き続けると考えるのは楽観にすぎるんちがう

    この会社は懸念も先に知らせてくれとるし、予想できんことは計画もたてられん、会社に文句いうんは筋違い

  • 2.水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)

    昨年11月頃からといわれとる1回目の値上げは新年度なってもしかしたら交渉折り込み済みで第一四半期は予想比で影響なしだったかもしれん、第二四半期は8月から20-30%値上げと報道されとるから第二、第三四半期はもろにかぶることになるのな。

    前期第三四半期に材料値上がり分の益が突然丸々消えたのが、市況推移から水酸化ナトリウム値上げが原因とふんどったが、のちに新聞報道で裏づけられた。その程度の影響はある。

    反応槽処理槽ある会社は大量につかうからあなどれんのよ。今回短信にも今後の懸念として言及されとったし、これはニッケルと違い円安はどちらかいうたらマイナスにはたらく。

    先行指標は下がる気配なし、原発一部稼動で11月の目こそなくなったかもしれんが、この感じでは今年度内に予定外の3回目の値上げもありえんとはいえんの。

  • 主な論点3点だけとっても第二四半期以降は厳しくなるとみるがどうかの 解散時間に大集合して何がしたいんかなとわしは思う

    1.ニッケル

    第一四半期も昨年来と同じく、製造でほんまの利益がでとるわけでなく、3月のLMEの青山のやらかし以降の異常値+円安で相場が高止まりしとっただけ、実情は依然赤字で改善項目はないと考えないかんのな。

    ニッケル LME USD/Lb  月中平均
    前第四四半期 1月 10.125 2月 10.967 3月 14.452
    今第一四半期 4月 15.104 5月 12.678 6月 11.720
    今第二四半期 7月 9.732

    これはドル建てだから円安なっとる分、円換算では下落は緩和されるが、7月からの急落をみて四半期平均考えると、日足月足で多少の反騰があっても第一より第二、第三にかけて四半期平均は下がっていきそうだが。
    それは今後の販売単価、売上の下落に直結するし、パナソニックの第一四半期は原材料価格高騰で大減益なっとる(ここの裏返し)から各得意先がいつまで黙認してくれるかはわからんのな。

  • 昨年大型の実績があって対前年では異常値なっとる点

    為替あれだけ動いたのにまあよくやったうちかの

    通期予想は据置だったが、こないだの月次の大きな受注が第四四半期におそらく実績に入るから通期の予想は達成できそうな水準ちがうかの

  • 社長の性格だと、あれだけやいのやいの言われつづけたら意地でも上方修正してきそうだが

    実績は為替のマイナスをケース売ってカバーしぼちぼち、予想は積み増し上方向いう感じかの

    決算またぎやられてばかりなんで、損切りして減らして臨んだから今回は上下どっちでもええわ

    業績より地合がどうなるかのほうが株価に効くご時勢なのもあるし

    とかいたら開示されてた

  • 日足の買われすぎ度は、前回4月の決算開示日のときより大きくなっとるのな

    余計なお世話だが大丈夫かいの

  • ワクチンも個人や小集団のレベルでは打たなくてもいい例もあるわの

    社会的には打ったほうが差し引き利点が勝るからやっとるわけだが、考えようや

    さすがに屋外ではマスクいらんよな

    UCのは大方事実、わかっとる人らは憤りを感じとるよ

    どれもいうほどおかしなことではないが、会社とは別にしてもらったほうがええかもしれんの

  • ファストリからレジでもらえるカネはないのにまたいうとるのかいの

    あったら開示せないかん規則あるのに、開示なかったからもうないの決定しとるの

    デマで上げると後がもたんのな

    6月はじめもタイヤデマでぶちあげたあと投げでて困ったとこやないか

    あげるなら事実でないとな

  • 最大の懸念の為替の問題は解決されとらんからの

  • まだファストリからのライセンス料とかいうとるのかいの

    毎度決算前になると無理にはやすのでてくるの

    ファストリとの間で有意の額のライセンス料もらえんのは後発事象の開示がなかったので確定しとるよ、100%なしや

    ファストリからはライセンス料をもらえんしファストリが独自開発続けるのも許すかわりに、NIPに譲渡済みの特許権は今後他社には有効になる、という痛みわけ以外に未開示の合意内容はありえんのな、常識からいうて

    次の決算開示は5月までの成績やから、それも間違えんようにせんと

    期待しすぎず失望しすぎず

  • 明日は雲の下が1日で+200円以上、8640円へとぽーんと跳ね上がる日だがの

    さがっとるのか

  • 5日線が8426円で上昇中やからの

    そこまで大きくは下げにくいのではないかの

  • 意外なことに、3兄弟のうち商船三井だけはここ2日陽線

    このあたり4月にブラックロックが買い増した水準なのを、三井の株主は知っとるからな

    定期的に社長と会談しとる彼らだけに勝算のない勝負はせんわ、今期の状況についても何か知っとるはず

    ささやかれとるように、三井主導で川崎との本体合併はありうると思っとるけど

  • >>No. 597

    ちなみに雲の下は明日8405、金曜は8640、月曜8690いう具合にあがっていく

  • いうてもここは雲が日々上昇していっとるからの

    7月末まで雲上の8800円くらいでもたもたして

    7月末に商船三井の1Q決算確認して動意づくん違うかの

    その前後で遅行線が実線上抜けるタイミングに到達する見込み

    今日はさすがに下がるわ

  • >>No. 123

    こういう人こそ葬儀保険入るべき

    わしは死して屍拾うものなし、の気概でいくから

    化けてでるかもしれんがな

  • >>No. 121

    練習のつもりがいきなり本番になっても、やり直しきかんからやめときなはれ

  • 予想通り水酸化ナトリウムの国内再値上げが8月からはじまるニュースでとったの

    これで昨年からすでに2回目の値上げ、しかし先行指標になるアメリカのアルカリ類のPPIはもう爆騰がとまらん

    2017-18年には2割ちょいの値上げでここだいぶ減益なっとる

    今回は昨年からすでに6割以上の実勢価格値上がり、仕切価格は8月でまだ4割ぶんぐらいしかカバーしてない、すると年内、おそらく11月からは3回目の値上げ不可避

    2017-18年比で価格幅で2-3倍、加えて量も1.5倍くらいの影響か、半分も転嫁できんのと違うかの

    資源の1次産品が下がっても、日本では電気代は構造的に下がりにくいから、電気分解で電力料がかさむアルカリ類には不利な展開

    株は結果がわかっとる無謀な戦いは控えたほうが賢明

  • 金曜の寄り前気配はびびったの

    こないだのタイヤデマで掴んだ向きの投げかもしれんが

    ここんとこヤフーファイナンスの広告が、葬儀保険に入っとけ、としきりにいうてくるんやが、わしだけかいの、なにを勝手に予定きめとんや 笑

    IRの出し方は基準にのっとってやっとるからおかしくはないのな

    出しまくりのよその会社がおかしい

    社長の個人プレイにちと疑問なとこがあるだけで、まっとうな会社

    信用残がほぐれて地合と為替落ち着いたらまた元気になる

  • 石炭は単価は好くても量が課題だったが、この夏の休止中の火力発電所2機稼動のニュースで量のほうもクリヤーしてきたかの

    天才投資家、先を読んどるな、さすがや天晴れ

本文はここまでです このページの先頭へ