IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (165コメント)

  • カンファレンスコール聞きました?
    Chamathが”we are now within months of commercial operation"と言ってます
    サービス開始まであと数ヶ月です

    ウェイターの求人も始まってるし、ディズニー出身のCEOの下、お客さんを迎える準備を着々とすすめてます
    28日にはキャビンのデザイン公開もありますね
    これから数ヶ月の間にどんどんニュースが出てきそうでです

  • キャビン公開で大きなサプライズ発表などなかった場合、期待が大きすぎた分、一旦株価が落ちる可能性もあると思います 
    それでも運行開始に一歩近づくのは確かなので、長期ホルダーにとってはなんの問題もないのですが…サプライズあるといいですね

  • やっぱり一旦下がっちゃいますね

    みんな「いつ宇宙に行けるの?」っていうのが一番知りたいわけで、それについて何か発表があるかもという(勝手な)期待で上がっていたので、それがなかったから下がるのはしかたない 
    最終テストフライトもFAAライセンスもそう遠くないと思うので、楽しみに待つことにします

  • CNBCリポーターのMichael Sheetzのツイートによると、現在宇宙船のキャビン設置作業中とのこと 完了次第テストフライトを行うようです

    詳細は、決算カンファレンスコールで発表されるとのことです

  • >>No. 220

    スペースXは、イーロンが株主の意向に左右されるのを嫌がってるから、少なくとも火星に普通に行けるようになるまでは上場しないらしいよ 
    そこまで行くのに何年、何十年かかるのか、それまでにSPCEの株価が何倍になっていてどんな事業をやってるか全く想像もできないし、今考えるのは無駄 その時点でSPCEに可能性がないと思ったら売ればいいと思う
     
    スターリンクは上場するという話があるけど、事業内容がSPCEとは全然別の分野だし、個人的には上場したらぜひ投資したいと思ってる

  • >>No. 229

    人工衛星打ち上げって 宇宙ビジネスの中で一番儲かる分野みたいですね 
    Virgin Orbit上場するって話はまだ見たことないなー

  • 証券取引委員会のサイトにあるヴァージン・ギャラクティックのプレゼン資料では、事業の3つのフェーズがあげられています

    フェーズ1 宇宙旅行の商業化
    フェーズ2 宇宙旅行の拡大・民主化(低価格化で多くの人が行けるようにする)
    フェーズ3 宇宙旅行を超えて:(超高速飛行による)2点間移動

    超高速飛行は、ハイパーソニックジェットで東京〜ロサンゼルス間を2時間で結ぶという構想です 

    今フェーズ1の入り口に入ろうというところだと思いますが、宇宙旅行ビジネスで収益をあげながら、超高速飛行の開発をすすめていく計画ですね 
    前CEOが新しく"Chief Space Officer"という役職に就きましたが、宇宙旅行を超えた新しい事業、つまりフェーズ3の事業の開発に専念するためのようです

  • スタートレックのカーク船長役で有名なウィリアム・シャトナーが、最近のNASA関連のイベントで「(宇宙に)ちょっとの間行って戻ってくる可能性があるんだけど、事故が怖くて。。。」と、NASAの宇宙飛行士たちと話してました。Youtubeの"Back to the Moon and Beyond With NASA | Comic-Con@Home 2020"という動画の20分頃からです。

    ヴァージン・ギャラクティックの名前はそこでは出ていませんが、シャトナーは以前リチャード・ブランソンに宇宙旅行に誘われて、「怖いから」という理由で断っています。もうすぐ商業飛行が始まるということで、あらためてブランソンに誘われているのかもしれないですね。 カーク船長がヴァージン・ギャラクティックで宇宙へ、って相当盛り上がるはず!
    どんな有名人でもちゃんとお金を払って行くそうなので、経費ゼロで勝手に彼らが宣伝してくれるとしたらすごく効率のいいビジネスです。


    ちなみに、トム・クルーズは映画撮影のためにスペースXで宇宙にいくことが決まっているようです。

  • ロールスロイスって高級車のイメージしかなかったけど、航空機エンジンのシェアはGEについで世界第2位なんですね。 コンコルドのエンジンもロールスロイス製。
    知らなかった!

  • 2回のテストフライトが秋に その後FAAのフルライセンス取れたら来年のQ1にブランソンが宇宙へ
    増資で下がってる間少しずつ買い増すかな
    さらに遅れる可能性もあるけど、ブルー・オリジンよりは先に行ってほしい。。。

  • 増資したのが主な理由とは思うけど
    新CEOが商業飛行開始は"spitting distance"(つばが届く距離)と言ってた割には、来年開始ってそこまで近くないじゃん!っていうがっかり感もあるかも

    予定通りに行けばテストフライト2回とFAAライセンスは年内にクリアするはずだから、開始に近づいているのが見えてくれば徐々に上がってくはず

  • >>No. 294

    ブランソンが飛べば株価もふっとんでくだろうし、予定が遅れれば更に下がるだろうから 色々見えてきてから入るのが賢いかもね
    器用なことできないから ホールドして下げたら買い増すだけっす。。。

  • ・Virgin Atlantic が米国破産法15条申請 これは先日発表された再建計画の一環で、Virgin Atlanticが再建中であることを米国に告知し、米国でヴァージンの保有する資産を債権者から守るための手続き

    ・Virgin Atlantic の再建計画では、ヴァージン・グループから2億ポンド出すことになっているが、ブランソンが5月にSPCEの持ち株を売った分でまかなえる

    ・ブランソンが現在保有しているSPCEの株は現在46%かそれ以下 ヴァージン・ギャラクティックの筆頭株主ではあるが、支配権はない

    最近のニュースおさらいしてみたけどこんな感じで正しいかな? 会社経営も法律も全然知らんから理解が怪しいけど

    ブランソンが持ち株を売ることは当分なさそうだし(来年10月までロックアップかかってるはず)この件で心配することは今のところなさそうなのだけど、しばらくは風評被害はさけられないだろうね。。。

  • 15年間飛ぶ飛ぶ詐欺をずーっとやってる会社であることと、2014年の事故
    それをおさえて最悪の事態も考えたうえでホールドするかどうか決めたほうがいいとは思う 。。。てかここを中〜長期ホールドすると決めた人は当然そうだとおもうけど
    夢はあっても超超ハイリスク物件!

    上場して経営体制が変わった=Chamath Palihapitiya が関わるようになったのをきっかけに企業体質が変わったのか?有言実行できるようになったのか?っていうのを測るために、来年Q1までのタイムラインが守られるかは重要だと思うし、注視したい 

    まずは秋のテストフライトとFAAライセンス
    材料としては9月か10月にテストフライトが成功すれば、っていうのがあるけど、スケジュールが遅れたら株価はさらにさらに下がると思う

  • あなたのような方が投資すべき会社だと思います。

    自分は投資する会社にどんな可能性とリスクがあるかはできる限り熟知したいと思っています。会社の歴史や事業計画を調べ、関わってる人たちのインタビューをyoutubeで見て、どんなビジョンを持っているのか知ろうと努めています。
    たくさんの批判やネガティブな情報も入ってきますし、技術的な限界を指摘する声や、「ヴァージンはそもそも宇宙に行かないよねー(カーマン・ラインを超えないから)」なんていうベゾスの批判なんかもあったります。それでもなお買う???最悪すべて失ってもいい?って自分に問うたりしてますが、今のところこの会社の魅力に負けてしまっています。
    まずはブランソンが宇宙に行くのを見届けたいと思っています。

    ここの情報なんかに流されて自分でろくに調べもせず買っちゃって、日々の値動きに左右されて勝手に不幸になるような人は手を出さないほうがいいと思います。もっと低リスクで利益を出せる会社はたくさんあるから。

  • 証券詐欺訴訟専門の法律事務所がGRWGを「調査中」という情報を見たので、微益撤退しました。リンク貼れないので、”Investor Alert: Fields Kupka & Shukurov LLP is investigating potential securities violations involving the board of directors of GrowGeneration Corp. (Nasdaq: GRWG). ”で検索してみてください。
    あくまで「調査中」というだけなので、多分何もないと思いますが。

    ただ、ここの社長のMichael Salamanは、前に経営していた会社が詐欺で訴えられて倒産してたり、と、ちょっと色々ある人物のようです。この経歴のせいで調査対象にされたんでしょうね。
    株価のボラの高さは許容範囲だけど、まだこの会社について確信が持ててなくて調べている段階だったし、これは自分のリスクの許容度をちょっと超えてました。

  • もちろん何も影響もなく株価もどんどんあがっていくかもしれません。この法律事務所は同じような調査を色々やっているようですが、影響を受けた銘柄は今の所なさそうです。全部調べたわけではないですが。万一何か出てしまったらBLNKみたいなことになるでしょう。

    ただそういう経歴を持つ経営者がいる会社だ、っていうことを情報として書いただけです。それをどう判断するかはもちろん個人の勝手です。自分もあとでここが株価10倍くらいになって「失敗したー」って思うかもしれないけど、それは仕方ないと思ってます。

  • Twitterで拡散されているレポートは読みました?"GrowGeneration: This Latest Euphoric Retail Stock Has The Brightest Management Red Flags We’ve Ever Seen—70%+ Downside Published on August 21, 2020"というタイトルの。経営陣についての部分だけでも読むことをお勧めします!結局BLNKと同じことになりましたね。。。

    このレポートを書いているのは、GRWGのショートポジションを持っている人たちなので、会社の悪いところをあばいて株価を下げようというのが目的です。ので、もちろん悪いことしか書いていないんですが。それを差し引いても。。。

    これを読んだ上で可能性を信じて投資するという方には、幸運を!結局そういう人が最後に笑うのかもしれないし、それは自分もわかりません。自分はもうここを降りたので、この書き込みで最後にします。

  • アナリストのアップグレードがあったらしく、目標22ドル。
    多少は上がりそう。

    進捗の方はまだキャビン設置の段階みたいだから、テストフライトはまだもう少し先っぽい。予定通りに進むとしたら、10月には1回めのテストフライトがあるかな。。。

本文はここまでです このページの先頭へ