IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (37コメント)

  • 新年度の役員人事案について、先程開示をさせて頂きました。

    定時株主総会での承認をもって正式決議となりますが、今回は新しく4名の方にJoint頂くことを考えています。

    伊勢谷さんはSONY出身で、世界中のSONYを束ねられてきた方です。

    椿さんは元サイバーエージェントグループで新規事業立ち上げの経験が豊富です。

    今川さんはNTT出身でNTTグループの海外上場や財務を一手に担ってこられました。

    江藤さんはインフルエンサーとしても著名な方で、様々な企業の経営や事業開発経験があります。

    これまで以上に守りに加えて攻めの体制でリミックスポイントの企業価値向上を実現させていきます。

    昨年から100名以上の方と直接面談をさせて頂き、取締役以外のポジションも強化してきました。面談を通じて、多くの気付きや学びを頂くことも出来ました。

    新年度になりましたが、これまでの延長線上ではなく、さらなる高みを目指し、新しい価値を創造していきます。

    小田社長のFacebookより

    楽しみです

  • >>No. 419

    微妙な価格ではあるが、5月半ばの決算悪くないじゃないかな。

  • 昨日リリースした内容になりますが、電力事業と感染症事業のコラボ企画になります。

    経営状況が悪化している飲食店や宿泊業はコスト削減と感染症対策が重要になります。この両方を実現できるのが今回のプランになります。

    電力小売事業は12月・1月の市場価格高騰で大きなダメージを受けた企業が多くいます。幸いにも、リミックスポイントは一定の対応を行っていたために事業継続には問題がなく、また、需要家保護も行ったために多くの需要家からも支持を頂くことが出来ました。

    そのような中で、電気料金の削減と感染症対策の両方でサポートするのが今回の企画になります。

    感染症対策はやりたいけど、今はなかなか予算をかけられないという方に、無償で感染症対策機器を提供するのは、時短や自粛だけでなく適切な感染症対策をすれば感染拡大は防げることを身をもって証明したいからであり、また、新型コロナを含めた感染症は適切な対応をすれば防げると確信しているからです。

    介護や病院の現場も、クラスター発生はしているものの適切な感染症対策がまだされていないところがほとんどです。そのため、今回のプランに介護業界も加えさせて頂きました。

    新型コロナの抑制は政府だけの責任ではなく、事業者としても貢献していく必要があります。そのための企画の一つです

    Facebookからの小田社長のコメント

    ホープの様にはならないですね。

  • 中国人民銀行の李波(Li Bo)副総裁が18日、ビットコインなどの仮想通貨やステーブルコインを代替投資資産として捉えているという見解を示した。中国事情に詳しい専門家によると、中国政府関係者が仮想通貨の資産価値を認めた発言をしたのは初めてとなる。

    中国海南省で例年開催される大型国際会議「ボアオ・アジア・フォーラム」で登壇した際、暗号資産(仮想通貨)やデジタル人民元の活用方法について言及した。

    中国人民銀行は中国の中央銀行に相当する。日銀総裁に相当する最高責任者は全人代で任命されている。

  • 海外インフルエンサーであるスティーブン・リベラ氏は「ビットコインの世界に長くいる人にとっては急落は当たり前のこと。ビットコインが10億円に向かうまでの普通の動きにすぎない」とあくまでも楽観視している。

    またブロックチェーン分析で有名なグラスノードのラファエル・シュルツクラフト共同創業者兼CTOは、SOPR指標(相場全体におけるビットコイン購入価格と売却価格の比率)が今年3月以来の反発ポイントに入ったと指摘。今が「買いを入れるべきタイミング」かもしれないとコメントしている。

  • ここの2017年の覚醒した動きが心に残ってるので、今の動きは退屈です。

    ところであの時のムウムウは何だったんだ。
    機関の音頭取りだったのか(笑)

  • とりあえず5月14日(予定)の決算発表まで待ってみようか。

  • 今、私のKeep銘柄はここと荏原製作所、Food&Life、千代田建設、パンパシフィックです。

    ここに1番期待していまが。
    ガチホの気持ちが折れてきます。
    ダイフク、レーザーテックに乗り替えようかな…

  • 日本に上場した仮想通貨トロン(TRX)が急騰、背景は?

    TRX急騰

    時価総額19位の暗号資産(仮想通貨)TRX(トロン)が、前日比で一時50%高を記録している。

    出典:CoinGecko

    また、TRXの高騰を受け、トロンのエコシステムに関連するDeFi(分散型金融)銘柄のSUNとJSTも大幅高となっている。

    TRXは3月10日、国内暗号資産取引所ビットポイントジャパンに上場し、国内のホワイトリスト銘柄入りした仮想通貨となる。

    背景は?

    価格急騰の背景には、以下の材料が意識された可能性がある。

    TRXのバーン(焼却)

    DuckDAOとの提携

    Justin Sun氏がTIMEマガジンのNFTを落札

    JUST NFTファンドの設立

    1. 新たなトークンバーン(市場供給量減少)イベントが3月30日に実行された。約1億円相当となる約850万TRXがバーン、市場供給量が相当分減少した。

    2. DeFiインキュベーターのDuckDAOとの提携が発表された。この提携で、トロンブロックチェーンを利用するプロジェクトはDuckDAO上で、トークンセール(IDO仕組み)を行うことができるようになる。

    トークンセールに参加条件に、TRXが用いられるケースも想定される。

    3. トロンの創設者であるJustin Sun氏は3月31日に、米TIMEマガジンがオークションにかけた1965年の雑誌カバー『The Computer in Society』のNFTに落札したことを伝えた。

    一時は、ツイッターの投稿も控えていたSun氏だが、2021年3月に入り、NFT落札などを含め様々な活動に参加、活発にSNSの活動も続けている。

    Sun氏は同作品について、29日に設立したNFTアートに特化した「JUST NFTファンド」に追加すると発表している。

    このNFTをTRC-721トークン(ERC-721類似)として発行し、ファンドに組み入れる

    JUST NFTファンドは、高額なNFTアートに投資する仕組み。すでにSun氏が先日落札した約6.6億円に相当するBeeple氏の作品を同ファンドの資産に追加している。

    著者:菊谷ルイス

  • 今週もワラントの消化10000個で、週末終値210位まで行けばいいなぁ。

  • やっと買値186円越えた。
    ↑↑に行けば新しいゴルフクラブ買いたいなぁ。

  • がっちりマンデーで取り上げられるのは良いね。予告見たけど怪しい水でした。

    そろそろ業績、または暗号通貨のニュースリリースかIRを期待してます。

  • 後進国(特にアフリカ)は銀行口座を持ってない家庭が非常に多く、しかしスマホは普及していており銀行を通さずにスマホで金融サービスを使っている世帯がかなり増えてきているのですね。

    故に仮想通貨は浸透していくのではないかと思ってます。
    ただ政府や中央銀行は管理したがりますが。

  • 186円×50000の買値下回ってしまったよ。
    700になると思ってるんだけど…、

  • 暫く退屈でしたがまた明日からドキドキ、ハラハラ感が始まりそうです。
    ここは楽しみでしかないです。

  • ドキドキハラハラ感が無くなったなぁ。
    とりあえず黒字転換の様なので、持っておこう。

  • ありがとうございます。
    その分下がれば…です😢
    ↑↑を祈っています。

  • 今週長いサラリーマン生活で貯めたヘソクリでここを思いきって186円で50000株買いました。
    ドキドキ、ハラハラです。

  • 初動の様な気がします。
    800はいきますね。。
    年末1800も本当にあるかも。

    ワラント関係ないですね。

本文はここまでです このページの先頭へ