ここから本文です

投稿コメント一覧 (927コメント)

  • フラッシュクラッシュで仮死状態。
    ようやく、復帰できたわ。
    10円の変動にも耐えられる、資金管理がやっぱり重要だね〜
    明日の5時のトランプ爆弾💣発言で、月曜日は大きく下窓かな?
    ノーポジ最強!

  • 普通のテクニカル派は、円高予想だが、資金の流れから見た、円安を想定。
    年末から、おそらく公的な買い支えにより、ダウが堅調だが、ドル円には波及していない。今週は雇用統計も有り、104円から114円の50%戻しに当たる109円ミドルで、一旦の様子見になるだろう。
    特に来週は、英国議会で離脱の採決があり、大手ヘッジファンドは、合意なき離脱予想なので、円ロングを手仕舞い、ポンドショートに傾けるだろう。当然、大きなポンド売りドル買いを誘発し、円買いを上回り、今まで売られ過ぎた、ドル円や豪円の巻き戻しが起こるだろう。下げ止まった株式の売りよりも、来週のポンド売りの方がより魅力的な、投機対象だろう。円買いはその後で十分だからね。

  • 珍しく、トランプがダウの押し目買いを推奨していた。明らかに、ダウの下落が気になっている。ムニューシンやFRB議長の件についても、押し黙ってしまった。今後、下落局面では、なんらかのサポートが働くだろう。それが、買い支えか、ツイッターのよる買材料の提供かは分からないが。世界同時株安の震源地が黙ってしまったのだから、ダウべったりの日本株もしばらく大人しくなるだろよ。明日は、休日前なので、金曜日の様なポジション調整になるだろう。今年最後の仕込みのチャンス。今後、多少の下落も想定に入れながら、ドル円、豪円のロングで行くか。

  • テクニカル派は、110円割れからの、円高局面を予想してる。
    ダウも日経も最後に、あきらかにおかしな買い支えがあった。おそらく、ここら辺を底にしたいと、ようやく株については動き出した。
    為替がすぐに追随するか分からないが、一方的な円高は無いだろう。
    今出ている悪材料は、既に折り込み済み。
    そう考えると、皆んなが円高とほざいてる内が、ロングの仕込み局面。

  • No.461

    来週も

    2018/12/23 03:05

    来週も

  • この10ピップが今後を占う重要な攻防。
    みんな、気づいてんの?
    今、ポジションを持ってないのら、決着ついてからが吉。
    本命は、中国🇨🇳じゃなよ〜
    週末からの日米だよね。

  • 他の通貨の動きからドル円を考察。
    直近のトレンドラインを割っている通貨に、カナダ円やニュージー円などがある(画像参考)これらの通貨は、一旦下方向へ向かう可能性が高い。もし、ドル円が動かないとすると、なぜ下方向なのか?共通する事はおそらく、貿易問題だろう。現在、カナダとはNAFTA交渉中であり、中国とも再開する予定。トランプは、支持率の低下を抑える為に、容易には合意しないのでは?国民にギリギリまで、米国の国益を守る為に交渉を続けているアピールをしたいのだろう。交渉の扉は開けているが、簡単には合意しない。
    おそらく、日米でも同じ事だろう。赤字の大部分を占める自動車や、仮に関税をかけてもチャラにならないように、円安の抑制など、米国国民に戦っている姿を長く見せ続けたいだろう。
    ドル円についてはトレンドラインを下抜けしてないので、まだ若干の上値余地はあるが、週末には下げに転じるだろう。そうすれば、カナダ円やニュージーランド円の下落も納得がいくだろう。

  • 名のあるアナリストやトレーダーの方々は、皆揃ってドル円の上げを予想。
    支持率低下中のトランプが、週末からも始まろうとしてる日米通商協議で、円安歓迎\(^o^)/
    果たして言うだろか?
    中国との協議を再開しようとしてるのに、なぜ追加関税を持ち出すのか?
    全ては支持率の低下が原因である。
    では、日本との協議は?
    答えは見えている。
    来週から、ドル円ショートで良いよね?

  • 中国側も🇨🇳、くるなら来い
    受けて立つって、改めて表明。
    来週から、ドル円ショートで良いですか?

  • 叩けば叩くほど、支持率アップ。
    来週から、中国🇨🇳叩き再開。
    ショートで良いですか?

  • 2018/08/27 13:04

    おっと、画像の貼り忘れ

  • 月末要素もあるし、先週末から、赤線のトレンドラインは、割れていたので、初動で売りから入るのは必然。第1目標は、青線の旧トレンドライン付近まで。スイングなら、上下はするだろうが、61.8%戻しまで狙っていける。

  • ちなみに4時間足で見ると、こんな感じ。
    来週は、週末、月末、期末が重なるので、週中盤から、ポジション調整の動きになる。もはや、予想は不可能。

  • 2018/08/26 00:28

    名のあるYouTubeの動画を見ると、殆ど上げ予想だったが、あえて来週は下落を想定する。右肩下がりの下落チャネルの上限を少しオーバーシュートしたが、チャネル上限に戻って来ており、さらにトレンドラインも最後の下落で割れている。高値から下方向にフィボナッチ数50%~61.8%の下落を想定すると、ピンク色のゾーン内になる。

  • 予定通りの方向感のないレンジ突入で、上下取れた人、往復ビンタくらった人、様々じゃないかな?来週は、今週よりも大きく上下の揺さぶりが来そうだね〜
    ファンダもチャートも通用しない一週間だと思っている。ユーロ、ポンドも上げて来てるので、仕掛けは近いだろうね〜
    前回成功したように、まずユーロの急落から入り、休日中のトルコを狙い売り浴びせ、最後にドル円で仕上げじゃないだろうかな?多くの YouTube 動画がそうであるように多くの人が、リラのロングをしてきている。本命はユーロだが、今の美味しいトルコの状況を投機筋がみすみす、放っておくはずないからね〜

  • トルコ問題は、収束に向かうと判断、ショートは既に利確。
    今後は現在の値を中心に、レンジになると予想。
    それよりも、中国人民元安の方を緊張を持って注視する。
    レンジ抜けから、再び参戦する。

  • 4時間足でトレンドラインを割って来たので
    ショートエントリー
    利確は110.15
    損切は111.53

  • 今朝の上昇で61.8%戻し達成。個人的には、もう少し上がる予定だったが。
    元々の日足で見たトレンドライン(赤線)にも戻りを付け、4時間の120日移動平均線にも絡んできたので、青線のトレンドラインを割るのも時間の問題だろう。
    カナダ円と合わせて、ショートを狙っていく。

  • 現在、日足の20日移動平均線が111.38近辺にあり、その上に111.55のレジスタンス。
    そこらを天井に下げれば、グランビルの法則も良く効いて理想的な形だろう。
    そうすれば、次に出るのが、本命の3-3波になるので、ショートが面白い。
    さあ寝るぞ。

  • 次のステップは、今引いてる青線のトレンドラインを4時間ベースで、ロウソク本体で確実に抜き去ったのを確認して、ショートを入れるだけ。簡単だね〜
    今日はそろそろ寝るか。

本文はここまでです このページの先頭へ