ここから本文です

投稿コメント一覧 (4コメント)

  • 「ちゃんと働けば、必ずいつか報われる日が来る。
    報われなければ、働き方が悪いか、働かせる者が悪いんだ。
    そんなとこはとっとと逃げだしゃいいんだ。
    だが、一番悪いのは、人がなんとかしてくれると思って生きることじゃ。人は、人を当てにする者を助けたりせん。逆に自分の力を信じて働いていれば、きっと誰かが助けてくれるもんじゃ。」NHK 朝の連続テレビ小説「なつぞら」より引用
    しました。旧態依然とした経営を続ける経営者の下で働く者として心に深く刻まれた台詞です。

  • 経営陣の給料は、従業員が頑張って稼いでいるのに。何故従業員の、賞与や給料をカットするのだろう?

  • 積水化学工業は、働き方改革に向けて2018年からの2年間で100億円を投資すると発表した。高下貞二社長は限られた時間で成果を最大化するために業務改革や人事制度改革、就業環境改革の3つの改革に取り組むと表明した。ICT(情報通信技術)関連に投資するほか、現場社員からの要望に応じて改善を図る。
    同社は社員1人あたりの年間労働時間を2000時間以内にすることを目標にする。地域ごとにあるグループの住宅販売会社の営業担当者が取得する休日数を高める。住宅の営業担当者は土日に出勤することが多いため、同社単体の年間休日よりも低い水準にあった。

  • 「積水化学、働き方改革に2年間で100億円投資 」の取り組みは素晴らしいと思います。積水ハウスや、積水樹脂など他の積水グループ各社では、隠れ残業が横行している状況である中、従業員の立場に立った施策に投資する事は、素晴らしいと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ