ここから本文です

投稿コメント一覧 (1127コメント)

  • 「中国製造2025」の衝撃 習近平はいま何を目論んでいるのか2018/12/22
    遠藤誉
    単行本 ¥ 1,836プライム
    https://amzn.to/2VRqrdy

  • 中国問題研究家 遠藤誉 が斬る
    https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/
    読むことお勧め

    「中国製造25」の衝撃 PHP 習近平は今何を目論んでいるのか
    ベストセラーで入荷待ちがあるかも?
    分厚いですが一気に読めてしまうと思う。

    これを見た上で証券会社やマスコミの情報を見ると違った見方が出来ると思う

  • エコノミストは基本的に株価がある程度高値で動けば証券会社としての手数料収入が稼げるし、自分にとっても手取りが増えると考える。証券会社は政権に近付くことで情報収集がしやすくなり、誘致に取り計らってもらえる
    そこには顧客重視の考えなど何処にも無くなってしまう

    トランプも安倍も互いに言えることが1つあると思う
    市場を揺さぶってダメだと思わせて対策が出てくる
    利用する手もあったが、ここまで露骨だとみんな分かっている
    知ったらお仕舞い

    高値圏で大きく揺さぶる事がいいことか?
    明らかに実質でのダメージが大きくなるだけ
    気がついた時は景気後退が相当深刻になっている
    名目だけよく見せかけるから我々の生活は一向に良くならない
    それが名実共に悪くなるという意味

    預金封鎖の準備もされている事だし、準備した方がよさそうだ

    これからは互いに助け合うしか生き残れない

    ===================

    官僚のある人は、『阪神淡路の時に国のキャパを超えた』と強調した
    ボランティア元年とは、国の限界を示した年であったという事らしい

    これは事実なので知っておいて欲しい

    難しい移行期なのに滅茶苦茶にしてくれた日本をどう立て直すかは
    国民全員に課せられた大命題なのです

    今から心の準備をしておかないと、突然の出来事にパニックになるだけ
    冷静に考えたいところです

  • いろんな意味でTOWAには頑張って欲しいです

  • 中国の長期戦略を甘く見てはいけない
    これからが中国の本領発揮で今までは準備段階なのです
    半導体産業はシリコンバレーの頭脳が戻ってきてアメリカを追い抜こうとしている。ノーベル賞学者を含む留学生と称する頭脳が呼び戻されている
    この頭脳の流出を最大に警戒して、アメリカ経済に貢献してきた彼らをスパイと言っているのかもしれない
    マスコミがハッキングを誇大に言うので私は完全に騙されていた
    ハッキングはこれだけネットが発達したのだから比例して増加するのは当然
    あまり手口を言わないで相手を刺激せずに警戒するのが本当の警戒だと思う
    あからさまに言うのは政治的意図が見え隠れする
    そんな事をしている間に中国は教育重視で長期戦略を、対して日本は教育劣化と少子化が極端に進み、近年特に加速している
    これで中国に勝てと言う方が無理な話

    日本企業の場合、新自由主義を取り入れ過ぎて
    技術の継承もままならない状況で、出来ない場合は経営が厳しくなる

    コア技術がない機械の組み立て会社は淘汰されて行く
    機械には出来ない職人技はその点で強い
    同じものを大量に作るのは中国に負ける
    消費税と称する内関税で税率分確実に経済縮小する国で
    如何に勝ち残るのかを考えないといけない
    政府は経済の事などどうでもいいから増税できる
    その金は身内にしか流れないのが日本だと思う

    株というものは、創業者の上場の時にこそ莫大な収益が得られるが、それ以外は10人に1人しか勝てないと昔から言われている。
    つまり9人は1人の餌食になる仕組みだと
    それが新自由主義の台頭で1人が0、1人になり、更に続いていく

    難しい時代なのに経済をぶっ壊そうとしているのが現与党政権
    経済に強いとか言われたのは世論誘導で真っ赤な嘘
    消費税を決めたあたりからそれが決定的なものになった
    だから世界で唯一実質賃金が目減りする一方で名目が上がる
    この格差が市場から吸い上げたお金で実質経済の縮小をさせた現れ

    消費増税はこれを更に広げるという意味です
    本当の企業経営者なら先頭に立って反対のデモをしないと嘘

  • アメリカの株高は異常なまでの信用拡大が産んだもの
    普通に考えたら信用出来ないものまで信用して
    その終わりの始まりがリーマンショック

    その後は信用収縮に対し、市場に無理矢理投機マネーを供給することで凌ぐ
    落ち着きを見せたところで出口のない出口戦略に出て受け皿を日本に求めた

    一連の動きは米国株高の信用拡大がによる成長に戻す為
    しかし、FRBの利上げにより信用拡大のシナリオが壊れた
    決して良い状況でないのに出てきた米中摩擦による制裁競争

    天井圏で米国の新自由主義の成功体験を否定するような政策に将来は無い
    ハードランディングを選んだと言っても差支えない状況に陥った可能性がある

    統計を捏造して偽の好景気で、実質給与が減り続ける社会で希望が持てるか
    少子化の原因は市場から景気後退でも負担増を求めた政権にある
    それが暴走を加速させ、食まで奪おうとしている

  • 100万損出すの躊躇ったら300万の損になったりするから怖い

  • 下振れしたのはアップルの下方修正が出そうな状態だと漏れていたのか?
    どうしても買いたいのなら現物で買って必ずヘッジ売りのセットにする。
    儲けなしだが、損失は最小限に抑えられる。

  • ここの最安値知っていたらとても買えない

  • 2018/12/28 14:57

    MSCI Taiwan Index Futures (SGX) だけ10月終わりから横ばいトレンド

    世界の半導体の行方を占う企業があるだけに興味深い
    丁度節目でどちらに振れるか見守っているように見える

  • 戻り売りが強まり一気にロスカットしてくる可能性がある。
    可能性ですから全く当てになりませんが、一つの見方として参考に。
    まともな相場に戻って欲しいですが、日経の傷は大きいので非常に難しい

  • 日経の1分足 大きな保合いから下振れ

    後場注意した方がいいと思います

  • >>No. 1647

    出口戦略の受け皿を引き受けた売国奴政権の結果でしょう

  • 最近のマンションは、無理矢理に辺鄙なところまで作っている。液状化するような地盤に耐震偽装のタワーマンションとか、常識的にあり得ないものが増えている。
    昔の不動産バブル(原野商法とかを思い出す)のような怪しい建設ラッシュ。
    本当に需要があるのか?日本はオリンピックと万博を土建の利権誘導の為に無理矢理、
    アメリカはカード延滞率問題が顕著になる。担保であった筈のモノが一気に消失するのだからどうなるこちか。

  • >>No. 1120

    株などの含み資産で生計を立ててきた人達がみんな狂ってしまった。
    新自由主義の終わりで、これまでのような消費は期待できない。
    低所得者層の消費に期待というところですが、日本の場合は消費増税や値上げラッシュ。期待どころかパニックになる恐れも。これでは無理です。
    何か明るい情報があれば教えて欲しいところです。

  • 1時間だけ強気と出てもとても買えない

  • 空売りも買いもできないような相場
    保険かけてやらないと無理だし、苦労しても儲からない
    もう少しましな暴落なら買えるかもしれないが、内容が悪過ぎると思う

  • 2018/12/28 08:25

    日経CFD

    1時間 強い買い

    日間 強い売り
    週間 強い売り
    月間 中立

本文はここまでです このページの先頭へ