IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (433コメント)

  • 楽天メディカルジャパン、日本におけるアキャルックス®点滴静注250㎎および BioBlade®レーザシステムの販売開始、約20施設から順次拡大

  • 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)と楽天グループの楽天農業株式会社(本社:愛媛県大洲市、代表取締役:遠藤 忍、以下「楽天農業」)は、両社で提供する農業サービス「楽天ファーム」の「100%国産オーガニック 冷凍ブロッコリー」を2021年2月8日(月)より、「100%国産オーガニック 冷凍カリフラワーライス」を同年2月15日(月)より、東都生活協同組合(本部:東京都世田谷区、理事長:風間 与司治、以下「東都生協」)において販売開始します。

  • 5Gの基地局が今日時点で2063。
    この凄さは、なかなかわからない。

  • 全てはアメリカ楽天銀行にかかっている。
    機関投資家が一気に動き出す。
    3回目の申請、もうそろそろ。
    光免疫並にパンチ力あるよ。

  • Rakuten mounts third attempt for industrial bank charter
    Bhavi Mandalia by Bhavi Mandalia January 19, 2021

    楽天、産業銀行憲章の3度目の試みを実施

    2021年1月19日

    ワシントン — 楽天は、2年足らずで3回目の試みである、連邦預金保険公社に対して、別の申請書を提出しました。

    アメリカン・バンケrとのインタビューで、楽天銀行アメリカのCEOリー・カーターは、同社が1月15日に最新の申請を行った、と述べた。同社は、以前のアプリケーションで想定されていたものよりも大幅に簡単なビジネスモデルを提案した、と彼は言った。

    「事業計画を簡素化しました。最初の計画。...「私はそれを強烈と呼びます」と、カーターが言いました。「たくさんの製品を持っていて、たくさんのことをしたいと思っていました。その後、事業計画を大幅に簡素化しました」

    電子商取引、技術、金融サービスを専門とする日本のコングロマリットである楽天は、FDICに初めて申請した2019年7月以来、米国に拠点を置く銀行の承認を確保しようとしてきた。

    銀行は何年もの間、楽天銀行は米国の商業と金融の伝統的な分離の違反を表すだろうと主張してきた。夏の間、大手銀行、コミュニティ銀行、消費者の代表者からの共同書簡は、産業ローン会社のための新しい規制承認に関する3年間のモラトリアムを宣言するよう議会に促しました。

    しかし、楽天は努力し続けています。カーターによると、提案された銀行の最新のイテレーションは、消費者にキャッシュバック報酬とオンラインバンキングのための「預金サービスのスイート」を持つクレジットカードを提供します。

    「それは私たちにとって自然なフィット感です」とカーターは言いました。「楽天と取引する商人を代表して、商取引を促進する方法です。楽天リワードに加えて銀行との取引により、お客様にさらなるメリットと報酬を得ることができます。

    対照的に、2019年のアプリケーションでは、楽天は「消費者ローン、消費者クレジットカード、消費者預金(NOW、貯蓄、時間)、商人の取得、商業ローン、商業貯蓄口座」を提供するかもしれないと述べた。

  • 養分さんTwitterより


    楽天モバイル202102末基地局状況
    総務省電波利用HPより

    【4G】
    関東7191
    東海1418
    関西1350
    四国143
    北陸237
    中国426
    沖縄27
    北海道313
    信越103
    東北603
    九州610
    個別免許1325

    合計13746

    2月は1637増でフィニッシュ
    総務省提出26年3末目標27397局に対し
    進捗率50%

    【5G】
    n77 927
    n257 1242
    合計 2169
    前月比+842

  • マレーシアでインターネット証券を手掛けるラクテン・トレード(楽天トレード)は1日、ポイントサービス強化の一環として、通信大手アクシアタ系の電子財布サービス「ブースト(Boost)」と提携したと発表した。

  • 楽天証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠 雄治、以下「楽天証券」)は、2021年2月末の「つみたてNISA」口座数が、前年同月比約2倍の109万4,776口座に到達したことをお知らせします。2020年3月に51万口座に到達してから、過去最短の約11カ月で50万口座増となりました。



    楽天証券は、1999年に日本で初めてオンライン専業の証券会社としてサービスを開始して以来、常に“すべては個人投資家のために”をモットーに、社員一同、サービス向上に努めております。

    近年では、株式やFXなどに加え、楽天グループの一員として「楽天エコシステム(経済圏)」の強みを最大限に活かした各種サービスの拡充などを行い、大変多くの投資初心者・若年層のお客様にも楽天証券を選んでいただいており、新規口座開設数は2018年から3年連続で業界最多となりました。

    特に、投信積立のサービスにおいては、「楽天ポイント」を積立額に充当できる「ポイント投資」や「楽天カード」の1%ポイント還元を受けながら投信積立ができるサービスなどを展開しており、多くのお客様からご好評いただいています。その結果、「つみたてNISA」の口座数は、2020年12月末に国内シェア29.0%に、2021年2月末には109万4,776口座にまで拡大しました。また、「つみたてNISA」口座の62%を30代以下の方が占めており、多くのこれから資産形成を行う世代の方に、投資への第一歩を踏み出していただけていることがうかがえます。

    このたびの「つみたてNISA」100万口座到達は、これからの資産形成に楽天証券を選んでいただいたお客様からのご支援の賜物であると考えております。楽天証券は今後も、「資産作りの伴走者」として、これから資産形成を始める投資初心者・若年層の方にも、「長く付き合いたい証券会社」として選んでいただけるように、より一層のサービス拡充に尽力してまいります。

  • 国内 3月4日(木)

    〔Market Flash〕テクニカルポートフォリオに楽天を新規採用~SMBC日興

    【13:30】テクニカルポートフォリオに楽天を新規採用~SMBC日興

     SMBC日興証券のテクニカルリポートでは、独自で選定しているテクニカルポートフォリオの構成銘柄の入れ替えを実施している。2020年度第3四半期の決算発表以降、最高値更新が続いた銘柄に頭打ちとなる銘柄が増える一方、長らく低迷していた銘柄の反騰が拡大するなど、物色基調のリバーサルの動きが強まり始めていると指摘。こうした中、テクニカルポートフォリオの採用銘柄のうち、中期的な上値メドの水準に到達したネクソン<3659.T>を構成銘柄から削除し、楽天<4755.T>を新規に採用している。楽天は19年6月につけた1313円を上抜くと、1900~1990円どころへ上昇する可能性があると、SMBC日興では考えている。

  • 楽天プラチナバンド再配分の波紋、電波利権を越えた有効活用を

    堀越 功 日経クロステック
    2021.03.05


     楽天モバイルが総務省の有識者会議で要望しているプラチナバンドの再分配が、業界を越えた波紋を呼んでいる。NTTドコモなど大手3社に割り当てられた帯域の一部の再配分を要望するという前代未聞の事態に大手3社は反発。「他の無線システムを利用している周波数も対象に議論すべきだ」(NTTドコモ)とし、同帯域を利用するテレビ放送やITS(高度道路交通システム)を含めた議論に広がってきたからだ。このことが、業界をまたぐ電波の有効活用という課題を浮き彫りにしている。

    以下略

    h ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01273/00013/

  • 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)、合同会社西友(本社:東京都北区、社長兼最高経営責任者:大久保 恒夫、以下「西友」)および横須賀市(市長:上地 克明)は、同市内の馬堀海岸地域において、自動配送ロボット(UGV:Unmanned Ground Vehicle)が「西友馬堀店」で取り扱う商品を配送するサービス(以下「本サービス」)を、2021年3月23日(火)から4月22日(木)まで、期間限定で提供します(注1)。自動配送ロボットが公道を走行してスーパーの商品を地域住民に配送するのは、国内初となります。

     本サービスは、対象地域の住民が、専用のスマートフォン向けの注文サイトから商品を選択し(注2)、配送先住所と配達時間帯を指定して注文、もしくは「西友馬堀店」で購入した商品をサービスカウンターに持ち込んで配送を依頼することで、手数料無料で利用可能です(注3)。自動配送ロボットが注文したお客様の自宅の前に到着すると、自動音声による電話で到着を知らせます。お客様は、自動配送ロボット側面の操作パネルに暗証番号(注4)を入力して扉を解錠し、商品を受け取ることができます。なお、自動配送ロボットの走行中は、同地域から約5 km離れた「横須賀リサーチパーク」から、自動配送ロボットを遠隔監視します。

     楽天、西友および横須賀市は、2019年に横須賀市が推進するスマートモビリティ(賢い移動運搬手段)を活用した新規ビジネス創出や社会的課題解決を目指す「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」(注5)の一環として、自動配送ロボットやドローンを活用した一般利用者向け配送サービスを期間限定で提供しました。また、楽天と横須賀市は、2020年11月に包括連携協定を締結し、自動配送ロボットやドローンによる無人配送を通じた地域課題の解決に向けて連携を深めています。本サービスは、2020年12月に同地域で実施した公道走行実証実験を経て、自動配送ロボットが安全に公道を自動走行できることを確認し、実現しました。

     3者は、自動配送ロボットなどの新たなテクノロジーによるイノベーションとデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させ、スマートモビリティを活用した地域課題の解決を推進してまいります。

    (注1) 2021年3月23日(火)から4月22日(木)の期間中、火曜日と木曜日のみ計10日間が対象です。
    (注2) 注文できる商品は、米や飲料、菓子、調味料、日用品などの計約400点です。また、利用方法を問わず配送商品は生鮮食品や要冷蔵・冷凍食品、割れ物などを除きます。
    (注3) サービス受付時間は、10時~15時30分、1日の配送枠は11時発、12時発、13時発、14時発、15時発、16時発の計6枠です。※変更となる可能性があります。
    (注4) 暗証番号は注文サイトでの注文完了時、またはサービスカウンターでの配送受付時に通知します。
    (注5) 「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」について 

    ■概要
    ・実施期間: 2021年3月23日(火)~4月22日(木)の期間中、火曜日と木曜日のみ計10日間
    ・場所  : 神奈川県横須賀市馬堀海岸の住宅地(約200 m×約120 mの範囲)
    ・実施内容: 低速・小型の自動配送ロボットが、横須賀市馬堀海岸地域の「西友馬堀店」で取り扱う商品を同地域の住宅地へ配送
    ・実施主体: 楽天株式会社、合同会社西友、横須賀市

    ■使用する自動配送ロボット
    ・メーカー : パナソニック株式会社
    ・機体サイズ: 長さ115 cm×幅65 cm×高さ115 cm
    ・最大積載量: 30 kg
    ・最高速度 : 4 km/h

  • 楽天証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠 雄治、以下「楽天証券」)は、2021年3月22日(月)より、バイナリーオプション取引「らくオプ」において、デモ取引サービスの提供を開始することをお知らせします。なお、本デモ取引サービスは、楽天証券の口座保有の有無にかかわらず、どなたでも事前登録を行うことなく、無料でご利用いただけます。

    「らくオプ」は、 一定時間後の為替レートが、 指定したレートを上回るか・下回るかを予測し、 予測通りになった場合に、 利益を得ることができるサービスです。 楽天証券では、 2020年9月末に「らくオプ」を開始して以来、 1枚あたり1,000円未満の少額からお取引ができる点や、 業界初で唯一※1、 「楽天ポイント」※2を1ポイント=1円として現金の代わりに利用できる点などについて、 大変ご好評いただいており、 2021年2月末の「らくオプ」の口座数は、 2020年9月末比3.6倍となりました。

    今回提供を開始する「らくオプ」のデモ取引サービスは、 配信レートや取引条件など、 本番同様の取引環境を体験できるため、 実際にご自身の資金を利用して取引を始める前に、 操作性を体験するだけでなく、 取引の仕組みも学んでいただくことが可能です。 このたび楽天証券では、 より多くのお客様にバイナリーオプション取引を体験していただきたく、 楽天証券の口座開設や事前手続きなどが不要で、 どなたでもワンクリックで取引体験が可能なデモ取引サービスの提供を開始することとなりました。

    楽天証券は引き続き、 お客様のニーズにお応えする魅力的なサービスや商品を、 より一層安心・安全な環境で提供することで、 さらなる顧客基盤の拡大を図るとともに、 お客様の投資活動・資産形成に貢献してまいります。

    ■「らくオプ」デモ取引サービス概要
    ・サービス開始日: 2021年3月22日(月)
    ・利用条件: なし
           ※楽天証券の口座保有にかかわらず、 どなたでも事前登録不要で利用可能
    ・利用料金: 無料
    ・取引時間: AM8:20~翌AM4:20の間に2時間毎の計10回号を実施
    ・取扱い通貨ペア: ドル/円、 ユーロ/円、 ポンド/円、 豪ドル/円、 ユーロ/ドル

  • 全日本空輸(ANA)は、国際線エコノミークラス機内食のネット販売を、ANA公式通販サイト「ANA STORE/ANA ショッピング A-style」とANA公式ギフトショップ楽天市場店で、きょう3月10日より再開する。
    今回販売するのは、過去最多となる5種類。「よくばり丼ぶりセット」、「まんぷく3種詰め合わせ」、「和食3種詰め合わせ第2弾」、「和食3種詰め合わせ第3弾」の4種類は再販、「洋食な一日セット」は新規追加となる。いずれも3種類、各4食の計12食入り。価格はいずれも9,000円(税・送料込)。冷凍で保存し、食べる際には電子レンジでの加熱が必要。
    新たに追加する「洋食な一日セット」は、ボリュームがあるビーフハンバーグに特製デミグラスソースをかけた「ビーフハンバーグステーキ」、トマトと牛肉をたっぷりの赤ワインでじっくり煮込んだハッシュドビーフにペンネクリームソースを添えた「赤ワインで煮込んだハッシュドビーフ」、表面をカリッと焼いたイングリッシュマフィンに大きなオムレツ、付け合せにポテトフライとソーセージが入った「イングリッシュマフィンとオムレツラタトゥイユ添え」の3種類、計12食がセットになっている。
    ANAは2020年12月より、ANAケータリングサービスが製造した、国際線エコノミークラス機内食のネット販売を開始。この他に、ラウンジで提供しているチキンカレーや、機内などで提供しているオリジナルドリンク「香るかぼす」、国際線ファーストクラスの食器も販売している。

  • 関東楽天基地局 1都7県

    2月末  7191
    3月10日 7464

    10日間で273箇所
    驚異的なスピード。

  • 2021/03/13 07:30
    楽天出資の欧州の配車企業Cabify、ラストワンマイルの物流に注力へ


    世界の配車サービス企業がパンデミックの打撃から脱出しようとする中で、スペインの「キャビファイ(Cabify)」が、都市部でのロジスティクス事業に注力している。

    楽天の出資を受けるキャビファイは、自社のドライバーネットワークを利用して、小売店からの配送サービスを拡大している。同社のCabify Envíosという宅配サービスは、パンデミックが世界を襲った昨年4月に開始されたが、当時は個人や企業が都市部で小さな荷物を運ぶためのサービスだった。

    その後のEコマースブームを受けて、キャビファイはこのサービスを、小売業者の店舗や倉庫と顧客らをつなぐ、ラストワンマイルの需要に特化したものに進化させた。

    現在、このCabify Envíosの拡張版は、スペインやアルゼンチン、チリ、コロンビア、ペルーの一部の市場で試験的に導入されている。キャビファイのバイスプレジデントのLucia Chávarriによると、同社のプラットフォームには約2万人のドライバーが登録しているという。

    配車サービスが、パンデミックを受けて困難な状況に直面した結果、この分野の企業の多くが、ロジスティクスやEコマースなどの領域に軸足を移そうとしている。ウーバーは、フードデリバリーへの注力を進め、Glovoはフードデリバリーだけでなく、生鮮食品を含む多様なアイテムの宅配に乗り出した。

    「私たちが経験している変化は、モビリティの役割をさらに強化するものであり、この市場の未来は、現状よりも持続可能なものになるはずだ」と、Chávarriは述べている。

    「ここ数カ月の状況を見ると、国や都市によって異なるものの、平均して需要の3分の2を回復している」と彼女は話した。キャビファイの今年の新規事業の売上は、昨年の5倍に成長する見通しという。

    同社は先月、スペインのカーシェアリング企業WiBLEと提携し、自動車の予約サービスをキャビファイのアプリ内に統合した。

    「テクノロジーとイノベーションによって、自動車が人とモノの両方を運ぶビジネスモデルを確立することは、当社のゴールの一つと言える」と、Chávarriは話した。

  • traders web

    3月4日(木)

    〔Market Flash〕テクニカルポートフォリオに楽天を新規採用~SMBC日興

    【13:30】テクニカルポートフォリオに楽天を新規採用~SMBC日興

     SMBC日興証券のテクニカルリポートでは、独自で選定しているテクニカルポートフォリオの構成銘柄の入れ替えを実施している。2020年度第3四半期の決算発表以降、最高値更新が続いた銘柄に頭打ちとなる銘柄が増える一方、長らく低迷していた銘柄の反騰が拡大するなど、物色基調のリバーサルの動きが強まり始めていると指摘。こうした中、テクニカルポートフォリオの採用銘柄のうち、中期的な上値メドの水準に到達したネクソン<3659.T>を構成銘柄から削除し、楽天<4755.T>を新規に採用している。楽天は19年6月につけた1313円を上抜くと、1900~1990円どころへ上昇する可能性があると、SMBC日興では考えている。

  • 2021/03/13 21:19

    Rakuten Mobile (楽天モバイル)は中国のShenzhen Tinno Mobile Technology (深圳市天瓏移動技術)製のスマートフォン「Rakuten Hand (P710)」に関して注文の受け付けを再開したことが分かった。

    Rakuten Handは好評に伴う入荷待ちの状態を受けて、2021年2月7日より注文の受け付けを一時休止していた。

    2021年2月17日より手帳型ケースとセットで購入する場合に限定して注文の受け付けを再開していたが、Rakuten Mobileの公式ウェブサイトでは2021年3月12日より注文の受け付けを再開したことを確認できる。

    ただ、依然として入荷待ちの状態となっており、入荷および配送時期は2021年4月上旬以降の予定であるが、状況によって遅れる場合があるという。

    申し込み時に選択する希望日時には配送できないことも案内している。

    Rakuten HandはRakuten Mobileが展開するオリジナルのコンパクトなスマートフォンで、各種キャンペーンの展開および新たな料金プランとして提供するRakuten UN-LIMIT VIの発表に伴いRakuten Handの申し込みが急増した模様である。

    ディスプレイはコンパクトな約5.1インチの有機ELディスプレイを搭載しており、ディスプレイ一体型の指紋認証も備える。

    リアには約4800万画素の広角カメラと約200万画素の深度測定用カメラで構成されるデュアルカメラ、フロントには約1600万画素のカメラを搭載する。

    第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式では高速な通信を実現できる下りの4×4 MIMOおよび256QAM、上りの64QAMに対応し、通信速度は下り最大400Mbps/上り最大75Mbpsとなる。

    おサイフケータイも利用できるなど機能は充実しているが、製品価格は20,000円(税込)と比較的低価格に設定されている。

    Rakuten UN-LIMIT Vを初めて申し込み、Rakuten Handを同時に購入する場合は、Rakuten Linkの利用など指定の条件を満たすと、製品価格を上回る最大24,999円相当の楽天ポイントを還元するキャンペーンを実施している。

    また、2021年4月1日より提供を開始するRakuten UN-LIMIT VIは月間データ通信量が20GBを超過しない場合は従来のRakuten UN-LIMIT Vより月額料金が安くなり、2021年3月31日までに加入した場合は無料かつ自動でRakuten UN-LIMIT VIにアップグレードされる。

    ほかに300万人を対象に初回の申し込みであれば1年間にわたり月額料金を無料で提供するキャンペーンも適用できるが、2021年4月7日をもって新規適用を終了する。

    Rakuten Mobileの公式ウェブサイトでは2021年4月7日の23時59分まで、楽天モバイルショップの店舗では2021年4月7日の各店舗の閉店時刻までに申し込むと適用が可能である。

    キャンペーンの内容などその他の詳細はRakuten Mobileの公式ウェブサイトで確認できる。

  • 関東楽天基地局 1都7県

    2月28日 7191    
    3月10日 7464
    3月12日 7625

    凄く加速している。

  • 日本郵政、全国の郵便局で高齢者に楽天スマホを販売へ
    ブルームバーグ 2021-03-13 11:04:00

    楽天はモバイル事業での高齢者層の獲得を狙い、資本提携した日本郵政と郵便局網を使って新規申し込みができるよう協議を始める考えだ。
    楽天の古橋洋人常務執行役員が12日夕、ブルームバーグのインタビューで明らかにした。全国に2万4000局ある日本郵政のネットワークに段階的に担当者を派遣したり、特設ブースなどでオンライン申し込みを受け付けたりすることを想定しており、「できるだけ早期に」新たな取り組みを開始したいと話した。規模や詳細は未定で、今後詰めるという。
    国内の携帯電話市場では、菅義偉政権による料金値下げの要請もあってNTTドコモやKDDI、ソフトバンクなど大手各社との間で顧客獲得競争が激化している。
    楽天は1月、データ使用料が20ギガバイト(GB)以下なら月額1980円、1GB以下は無料とする新料金プランを発表。大手3社もインターネット経由の申し込みで低料金にするなどサービスの見直しを進めている。
    古橋常務は、これまで楽天モバイルには300万件超の申し込みがあったが、「モバイルリテラシーの高い」比較的若い層だと説明。一方、郵便局やゆうちょ銀行を訪れる人々の年齢層は高く、楽天が現在獲得できていない顧客層との認識を示した。今後対面での新規顧客の開拓などにより、「ナンバーワンのモバイルキャリアになる」と抱負を語った。
    楽天のモバイル事業は基地局設置の前倒しなど先行投資負担がかさんでおり、前期(2020年12月期)決算では同事業の損失が2270億円と前の期の765億円から赤字が拡大した。
    また、古橋常務は今回中国テンセント・ホールディングスの子会社が楽天株式を3.65%を保有することで、ゲームの開発や国内出店業者の中国市場への進出を視野に、テンセントと連携する可能性についても言及した。
    楽天と日本郵政は12日、資本業務提携の締結を発表。楽天が実施する第三者割当増資を日本郵政が引き受け、約1500億円を出資する。出資比率は8.32%となり、物流や金融、モバイルなど幅広い分野での連携強化を図るという。

  • こういったニュースが出てくるとテンセントが投資したから買う個人、機関投資家も出てくる。


    テンセント、上場企業100社への投資利益が約13兆円に 積極投資が貢献し予想の6倍

    2021年3月13日
    テンセント(騰訊)が保有する約100社に及ぶ上場企業の少数株主持分から得られる含み益が、2020年は合計約1200億ドル(約13兆円)に達すると報じられた。海外メディアが入手した内部データによると、これら少数株主持分によるテンセントの含み益は、2020年の予想利益の約6倍になるという。

    この突出した数字は、テンセントの株式投資家としての積極性がアップル、グーグルの持ち株会社であるアルファベット、マイクロソフト、フェイスブックなど米国のテック大手をはるかに凌駕していることを浮き彫りにした。これらの企業のほとんどは、債券や国債に現金を手堅く投資しているが、 テンセントはこれとは対照的に、発生した現金の一部を幅広く株式投資に投入している。

本文はここまでです このページの先頭へ