ここから本文です

投稿コメント一覧 (4504コメント)

  • 先週火曜のマイクロン決算会見で、「ファーウェイ向け部品供給を再開した」
    とのニュースで半導体株が先週は軒並み高だった。

    「ファーウェイ向け部品供給を再開」=「ファーウェイへの措置緩和」

    と翻訳できなかった情弱の個人が週末報道で騒いでいたが、先週仕込んだ
    大口がアホ個人にババ引かせて終わりそうだ。

    関税の影響は米国の方にマイナス作用すると判明して、中国製造25をはじめ
    もはや中国覇権制覇を阻止する手段を失った事が露呈した首脳会談だったな。

  • >材料ビシバシでてから行使するに決まってんだろ

     好材料が連発されて4,000円、5,000円と株価が上昇すると
    考えてるのなら、取締役会で行使価格を変更なんかしない。
    受け取る調達資金が減ることになるからな。

     2相中間解析の良好な結果でも、株価が悲惨な事になって
    悔しかったと発言したくらいだ。市場に対しては不信感しかない
    だろうよ。

     だから行使できる時にやってくるに決まってるだろう。

  •  昨年高値7770円から長期に渡って、(その間にはF 中間解析良好という
    鬼材料があったのに)下降トレンドが続いて、市場への不信感はホルダー
    だけでなくルオ社長も抱いているのではなかろうか。
     昨年12月から行使価格と株価の関係で半年間資金調達が叶わず、支出
    予定期間が19年8月~となっていることから、猶予はこの7月だけ。
    金曜引け値が3,465円なのに異様に低い行使価格へと下方修正したのは、
    何がなんでもファイナンスを成功させるため?か。
     とするなら、週明け早々にも行使してくるのでは? 早く終わった方が
    すっきりするし、1週間で終わらせてもらいたい。

  • ペンス副大統領、そういえば最近影が薄かったな

    今回の方針転換でトランプさん、経済界からの受けは良いだろうが

    政治家としての評価は??じゃないのか

  •  グローバリズムとはヒト、モノ、カネが自由に国境を越える経済です。自由で公平な競争とはいっていますが、一切の規制を取り払って極限の利潤を追い求め、競争に勝った者がすべてを奪い取るシステムなのです。したがってこれは、1割の勝者と9割の敗者を生み出します。中間層を消す経済学です。
     それなのに、日本の歴代政権はグローバリズムを信奉し、大企業や富裕層に有利な規制緩和や構造改革を強行。90年代半ばから今日にかけて、金融ビッグバンや郵政民営化、商法改正、そして商店街をシャッター街に変えた大規模小売店舗立地法の施行などアメリカから求められるままに受け入れてきました。経済に弱肉強食の論理を持ち込んだことで、日本人の持つ優しさや思いやりといった美風が失われ、物事を金銭で評価する風潮が世の中に蔓延するようになりました。
     しかし、ここにきてグローバリズムの不合理に世界が気づきはじめたようです。16年の米大統領選で自由貿易ではなく保護主義を訴えるトランプが勝利したこともそれを物語っています。また、イギリスが国民投票でEU離脱を選択したことも、EUというグローバリズムへのイギリス国民の反発が強かったことにほかなりません。ただ日本だけが世界の潮流に逆行して、いまだにグローバリズム、挙げ句の果てにこれから多くの移民を受け入れようとしているのです。経済や政治は失敗してもやり直しが利きますが、移民だけは不可逆過程でやり直しが利きません。
                              (数学者 藤原正彦氏)

  • キャベツを販売している八百屋さんを馬鹿にしているのか?

    >JPモルガン様に儲けてもらうためだっちゅうの!
    CVIに質問してちゃんと裏を取ってるんだろうな

  • F351の進捗やアイスの売上&適応拡大も、そりゃ大事だろう。

    しかし株価の爆騰、水準訂正につながるのは、カルナバイオのように
    世界的メガファーマとの提携によって信用を勝ち取るしかない。

    2月にそれらしい事(提携)を匂わせておいて、その後何の説明もしない
    経営陣の姿勢は悪意すら感じる。

  • ”純投資”目的で保有したはずの巨大ファンド ハイツキャピタルが
    持ち株のうち27万株相当を、株主総会直後に取得単価よりも安値で
    売却するに至ったのは、なぜ?

    2月のIRにCullgenに関して、世界的製薬会社と交渉中で顕著な進展とあるのに
    4カ月経っても提携が実現していないのは、なぜ?

  • ・先週金曜、日足+3σにタッチ
    ・25日MAとのプラス乖離率19%
    ・77万株もの新規イナゴ養分を捕獲
     (F絡みのIR期待で買ったら、まさかのお知らせ)
    ・売り需要105万株が発生
    ・経営陣から示された数値¥2,513

    ちょうど1年前の7月第1週、売り機関が演出した惨劇。
    涎の出そうな物件を前に、果たして売り機関連合の担当者たちは
    指をくわえて見逃してくれるでしょうか?

  • トランプ大統領、猫になってしまった。

    跪いて習さんの靴底なめるなんて共産主義の大勝利だ。

    キリスト自由主義は破れたり

  • 今回の大幅譲歩は、後に米国凋落の転機と評価されるだろう。

    5年後には中国が覇権を制することになる。

  • G20で唯一良かった点は、日韓首脳会談を拒否したことだな

  •  今日上がった理由は、ツイッターでF351の情報を見た奴らが
    イナゴ買いしたからだろう。
     打席に立ってたら、味方のベンチから狙撃されたようなものだ。

  • 悪魔の増資!MSワラントの仕組み
    ○ttps://kabukiso.com/column/msso.html

     この中に2018年にMSワラントをおこなった銘柄事例として
    GNIが取り上げられてますよ
     以上が、2018年にMSワラントを発行した企業の直近10銘柄です。MSワラントといえば「バイオ企業のお家芸」といわれるほど、バイオ企業が乱発するイメージがあります。赤字の会社が多いため、通常の資金調達方法をおこなえないからです。最近はバイオ企業に限らず使われているようです。これらの会社は、既存株主に平気で損をさせる会社です。決して手出しをしないようにしましょう。

    貴方こそ、事実を歪曲して悪辣ですよ

  • MSワラントでググってご覧
    ”悪魔の増資!MSワラントの仕組み”
     タイトルに「悪魔の増資」と書きましたが、最大の理由は、すでに投資をしている株主が損をする増資だからです。そして、引受先である証券会社などが、確実に利益を得られるようになっています。投資家にとってデメリットが多いので、「悪魔の錬金術」ともいわれています。
     新株予約権者は新株予約権の目的である株式を空売りすることにより、株価を意図的に下落させ、株価が十分に下落した段階、すなわち、新株予約権の行使価額が十分に下がった段階で新株予約権を行使し、これにより取得した株式をもって空売りのために借りた株式の返還に充てるという方法で容易に莫大な利益をあげる。

  • 96ut.kabuでの評価
    不動産テック企業で、出資がないベンチャーは珍しく需給面は非常に期待できる。
    特に上場後の売り圧力が皆無。

    嘘八百 詐欺サイト

  • 米中会談で好材料がもし出るのなら
    上海総合が真っ先に察知して上昇するはず

  • あんなネタで14%高するなんて、驚きましたわ

  • この情報なら、少し前に見ましたよ
    その時は反応なかった

本文はここまでです このページの先頭へ