ここから本文です

投稿コメント一覧 (236コメント)

  • 言わんでも良いことを言う経営者...
    一番ダメなパターンだね。

    そりゃ下がるわ。

  • きたー!!通過点だけど、こっからはまたどんどん上がりそう。
    パワーアシスト装置の研究をやってたことがあるけど、
    はっきり言ってここは技術力と作りこみが別次元だった。
    この分野で敵う企業はないですよ。

  • 前も同じ様な投稿をしたのですが、昔パワーアシスト装置の研究者でした。
    HALの理論自体は論文読めば理解でき、私も自身のロボットにテスト実装しましたが...上手くいかず。もちろんだけど、論文にはないパラメーター調整、ノウハウがあることが明らかで。すぐに勝てないと思いました。
    作り込み、モーターの特注形状、理論以外でも他を圧倒して最早匹敵するアシスト装置は世界でも存在しません。
    加えて当時には取得していなかった、様々な認可が加わり、他企業にはとてつもない参入障壁です。
    流してもらって構いませんが、関係なくなった身としてはとりあえず応援する気持ち、この技術力なら必ず飛躍すると思ってホールドしています。

  • >>No. 1993

    少し細かくなりますが...
    HALがナンバー1であることは前置きしておきます。あえて問題点をあげるのなら、パワーアシスト装置の難しさに身体との固定があります。基本的に人間の体は非線形的(数式で扱うのが困難という意味にでも捉えてください。)です。加えて人間の関節は1自由度ではない。
    しかし、私が知る限りのHALはアクチュエータ(モーター)による1自由度補助になります。
    ここはまだまだ改善の余地ありと思いますが、多自由度補助でき正確に数式で制御できるアクチュエータは存在しません。(人工筋は完全にモデル化した細かい制御はまだ無理なはず。)

    シリコンバレーに行ってアメリカのスタートアップのエレベーターピッチも数々見てきましたが、はっきり言って日本の技術力は全く負けていないというか、勝っている部分が沢山です。
    ただ商用化、エンゼル投資家との距離が遠い、などの問題から差がついている印象です。

    サイバーダインはそれを突破しています。
    技術力もあります。

    僕は経済のことをよく分からないのでそこについては語りませんが、伸びしろがあり技術力があり海外マーケットもある。ここが一番だと思います。
    そこらの流行り企業とは技術力が違う。作り込みが違う。

    日本企業を応援する気持ちで持ちたいなと思います。

  • 先物上がってますね。
    騰落レシオ的にもそろそろ反発ですかね?

  • 他のフィンテック関連と違って、perが20台とまだまだ伸びていく。
    完全にフィスコが今後の流れですね。

  • やはり実際に適用が確定したのとしないのとでは雲泥の差だと思います。
    この適用で多方面での信頼性も更に増すので、その分野だけでなく、広がりは加速する。海外での信頼性ももちろん上がると思います。
    何より、これでますます他社の参入障壁が高くなった。政府にこれだけ推されてることが明らかなので...

  • これだけ業績回復して勢い出てきているのに、
    通期予想が修正されなかったのでPERが若干割高ですが、
    4Qもそこそこ業績改善されていきそうですけどどうでしょうね?
    4Qは単なる赤字縮小として通期予想が据え置かれているのが、しっくりきません。
    3Qまでで予想を大きく上回っているのだから、
    通期だけ予想と一緒ってのは不自然な気がします。
    この勢いなら通期はもっと良くなりそうですけどね。

    素人なのでよく分かりませんが、皆さんはどう思われますか?

  • 長期ホルダーです。
    なるべく穏やかに上がっていって欲しかったですが、避けては通れないですよね...
    デイ組に遊ばれながれでも順調に上がっているので、気長に応援してます(^^)
    ホルダー組ファイト~

  • 完全に踏みあげますね。
    長期でみたら今の時点は格安。誤差の範囲です。
    間違いなく売らない。下がっても買い増し。それだけです。
    バイバイモルガン
    買い戻して爆上げだ。

  • 飛び付きが多くなるから、ジリ上げして欲しかった。
    これで高値つかみの売りの壁ができて最悪。

  • ジグソーも持ってますが、モルフォも持ってます。
    そしてモルフォの伸びはジグソーより大きいかもしれません。
    画像技術はダントツであり、ミラーレスが標準になるのは間違いないですからね。
    IoT等のソフトよりだと比較的真似されやすいですが、ここはその分の強さもあると思います。
    モルフォ自身がこの株価を割安と踏んでいることからも分かる。
    私達がまだ得ていない情報をもとに判断しているはずですからね。

  • ①取得し得る株式の総数 50,000 株(上限)
    ②株式の取得価額の総額 350,000,000 円(上限)
    ②÷①=7000円
    会社はこの価格を割安と判断していますからね。
    今後は7000円オーバーでジリ上げかと思います。
    機関が買い集めている値動きなので、
    どのタイミングで爆発かは分かりませんが、
    7000円以下は全て買いの判断になります。

  • サイバーダインでもモルガン買い戻し始めましたね。
    ジグソーもろとも焼かれて欲しい。
    企業応援もできない金儲け集団なんか何の意味もない。

  • 技術力とPERと配当性向から言っても決して高くないと思いますよ~♪
    ストップ高ならなかったら知らずにいた銘柄なので、損中ですが、気長に持ってみます(^^)
    下がっても、800前後なのでたかが知れてる。

  • サイバーダイン、ジグソー、モルフォ持ってますが、ここ加えました。
    というか完全に知らなかった...
    利回り3%、配当性向30%、材料がジグソーとほぼ同じ(宇宙はないけど)、PER10台。
    すぐに上がらんでも持つ価値充分。

    シグナルは陽転してるしね。

    明日からの動向は気づく人が多いか少ないかでしょうね。
    仕込んでおきます。

  • 配当ないモルフォが1株7000円を自社株買いで設定したんだから、よっぽど割安と感じているということ。
    これからの伸びがかなり大きいと見ている証拠ですね。

    売り煽りも多くなってきたし、欲しい人が相当いますね。

  • 紹介されましたね♪

    マザーズ“沸騰前夜”、関門突破ならこの銘柄が来る!? <株探トップ特集>

    モルフォは米韓スマホメーカー向け拡大

     モルフォ <3653> [東証M]は、携帯電話用の画像処理ソフト開発のベンチャー企業。同社は2月25日、同社の静止画撮影技術「PhotoSolid」が、韓国サムスン電子のフラグシップスマートフォン「Galaxy S7」、「Galaxy S7 edge」に搭載されたと発表した。16年10月期通期の連結業績は、売上高25億円(前期比22.7%増)、営業利益9億5000万円(同28.0%増)と大幅増収増益を見込む。16年10月期は、主力の手ぶれ補正システムを中心に、米韓のスマートフォン既存顧客向けが順調に拡大する見通しだ。

  • 中国だけで1500万てヤバすぎです。
    モルフォが自社株買いしたのはここら辺もふまえてるかもですね。

    SamMobileが独自に実施した調査によると、中国市場最大のオンラインストアJD.comにおいて635万件ものGalaxy S7シリーズの予約注文が確認され、その他の小売店を通じて行われた先行予約の申し込み件数を合わせると、既に1000万件を突破している模様とのことです。

    さらに今回、先行予約の受け付けが終了するまでには、その数字が1500万件にまで達する可能性も指摘されました。世界各地で順調な滑り出しを見せつつあることが報じられているGalaxy S7シリーズですが、どうやら世界最大級の市場においても高い需要が見込まれる模様です。

  • SamMobileが独自に実施した調査によると、中国市場最大のオンラインストアJD.comにおいて635万件ものGalaxy S7シリーズの予約注文が確認され、その他の小売店を通じて行われた先行予約の申し込み件数を合わせると、既に1000万件を突破している模様とのことです。

    さらに今回、先行予約の受け付けが終了するまでには、その数字が1500万件にまで達する可能性も指摘されました。世界各地で順調な滑り出しを見せつつあることが報じられているGalaxy S7シリーズですが、どうやら世界最大級の市場においても高い需要が見込まれる模様です。

本文はここまでです このページの先頭へ