ここから本文です

投稿コメント一覧 (329コメント)

  • 【NZイスラムモスク銃乱射】
    ニュージーランド(NZ)中部のクライストチャーチで15日、2カ所のモスク(イスラム礼拝所)で銃乱射事件が発生し、計49人が死亡、48人が病院で手当てを受けている。NZ警察は男3人、女1人の容疑者を逮捕。乱射にはうち3人が関係しているとして、動機の解明に向け捜査を開始した。反移民の過激思想に基づく犯行の可能性がある。
     NZでは銃乱射事件は珍しく、国全体が悲しみに包まれた。アーダーン首相は記者会見で事件について、「テロ攻撃と言えるのは明確だ」と強く非難。「十分に計画されていたようだ」と説明した。容疑者らは過激思想を持っていると指摘したが、要注意人物としてマークしていなかったと明らかにした。目撃者によれば、容疑者の1人は白人で金髪だった。事件を受けて国の警戒レベルが引き上げられた。
     オーストラリア生まれと自称する容疑者の1人はインターネット上に投稿。反移民を唱えた上で、NZを標的に選んだのは「世界のどこにも安全な場所はない」ことを示すためだったと表明した。モリソン豪首相は容疑者の1人が豪州の市民権を持つ「過激主義者、右翼のテロリスト」だと述べたが、詳細な身元は明らかにしなかった。
     動画を見ましたが戦争ゲームみたいな映像で現実とは思えない残酷なものでした

    為替はポンド主導で結構動きましたが予想通りEU離脱時期の延期ということで落ち着きましたが北朝鮮が米国との非核化協議停止を検討という情報でなかなか動きにくい展開になっています
    3月11日から3月15日までの結果レンジ
    ドル円は 110.88-111.90
    ユーロドルは 1.1221-1.1344 でした
    3月18日から3月22日までの予想レンジ
    ドル円は 111.00-112.00 
    ユーロドルは 1.1225-1.1380 としました

  • 【ゴーン被告保釈】
    108日間の勾留を経て6日に保釈された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(64)。世界を股に掛けた元カリスマ経営者は作業員に変装して東京拘置所の玄関に現れ、報道陣の取材に応じることなく、無言で車で立ち去った。公の場で自らの主張を語る機会はいつになるのか、動向に注目が集まる。
     ゴーン前会長は6日午後4時半ごろ、東京拘置所職員とみられる約10人に囲まれて拘置所の玄関を出た。青い帽子に紺色の作業着、オレンジ色の反射材を身につけていた。マスクはしていたが、かつての鋭い視線は変わっていなかった。
     玄関前に横付けされた2台の車両のうち、手前の黒いワゴン車を指さしていったん体を向けた。周囲に誘導され、前方のシルバーの軽ワゴン車に歩みを改め、後部座席に乗り込んだ。
     この直前、ゴーン前会長の弁護人が黒いワゴン車に布団やスーツケースなどを詰め込んでいた。シルバーの軽ワゴン車は「春日部」ナンバーで屋根に脚立が載せられ、前会長と一緒に車に乗り込んだ男性たちも作業員姿だった。2台は時間の間隔を空けて拘置所を離れ、前会長や弁護人が拘置所前で取材に応じることはなかった。
     関係者によると、弁護団は「保釈後のゴーン前会長の住居をマスコミに割り出されるのは困る。拘置所周辺で待機している報道機関に分からないように拘置所を出たい」と考え、苦肉の策として変装に踏み切ったという。 
    弁護士が変わってすぐ保釈になったがそんなに弁護士によって変わるものなのだろうか・・

    為替は英EU離脱案の見直しを巡り、今週行われた英政府とEUの協議では進展が見られませんでした。「ブレグジット協議は何も進展がなかった」と述べています。来週12日の英議会採決での修正案採決に注目が集まりますが、市場では「否決される公算が大きくなっている」との声が聞かれており、結局翌13日に合意なしの採決、14日の短期離脱延期の採決という流れになりそうですがリスクオフがつづいています
    3月4日から3月8日までの結果レンジ
    ドル円は 110.78-112.14
    ユーロドルは 1.1176-1.1387 でした
    3月11日から3月15日までの予想レンジ
    ドル円は 110.50-111.75 
    ユーロドルは 1.1200-1.1385 としました

  • 【新ミッキーミニー】
    東京ディズニーリゾートの公式ブログやSNSで4月4日から始まる新イベントの写真が公開され、ディズニーパークのファンを中心に“あること”が大きな話題になっています。それは、写真に写るミッキーマウスとミニーマウスの「顔」の違い。
    「ちょっといつもと雰囲気が違うような……」と気付いた方は結構なディズニー好きではないでしょうか。そう、いわゆる「着ぐるみ」のミッキーマウスとミニーマウスの顔が、いつも東京で見ているものとは異なるのです。
    新しいお顔=新ヘッドのミッキーとミニーは、2016年の中国・上海ディズニーランドの開園に合わせて導入されました。その後、段階的にアメリカ、香港、パリ……と続々と新ヘッドに切り替わっていきました。新ヘッドは英語では一般的に「New look」と呼ばれ、日本では初出が上海だったことから上海ヘッドと呼ばれることもありました。
     当時、日本のSNSでは「新ヘッドは違和感がある」など、どちらかというとネガティブな意見が多く見られ、「東京ディズニーリゾートではいつ新ヘッドに切り替わるのか?」といった議論が数多くなされていました。
    新ヘッドの初出から約2年半。海外パークの中で最も遅かったフロリダのウォルト・ディズニー・ワールドでも2018年5月に新ヘッドへの切り替えが完了し、現行のヘッドが残るのは東京ディズニーランドのみという状況が長らく続いていたのです。
    あまりわからないけどなあ・・わかる人にはわかるんでしょうね

    為替は米中貿易摩擦の解消期待などでリスクオンになり200日移動平均線のある113.30あたりを上回って一気に週末112円台の買いすぎの場所まで到達してきているのでどのようになるでしょうか
    2月25日から3月1日までの結果レンジ
    ドル円は 110.35-112.08
    ユーロドルは 1.1326-1.1419 でした
    3月4日から3月8日までの予想レンジ
    ドル円は 111.30-112.30 
    ユーロドルは 1.1330-1.1430 としました

  • 【スーパームーンか】
    21日夜に起きた胆振地方を震源とする地震で、厚真町は最大震度6弱を観測し、厚真町豊沢では一時150戸が断水し、23日現在も67戸が復旧していません。
    全面復旧にはまだ数日かかる見込みで現地では給水活動が続いています。
    住民は:「去年、まるまる1か月(復旧に)かかっていますから、それに比べるとまだ先は見えやすい」
    一方、去年の地震で大規模な土砂災害が起きた山間部などでは斜面に土砂崩れのような形跡が見つかっています。
    今後も余震活動などによる土砂崩れや雪崩に注意が必要です。
    スーパームーンの前後には大きな地震が起きるとか言われていましたが残念ながら的中してしまいました

    為替は上にも下にも厚い壁があるようでドル円に関しては1週間に50銭ほどしか動きませんでしたが米中通商協議がうまくいくとどうなるでしょうか
    2月18日から2月22日までの結果レンジ
    ドル円は 110.40-110.95
    ユーロドルは 1.1275-1.1372 でした
    2月25日から3月1日までの予想レンジ
    ドル円は 110.00-111.50 
    ユーロドルは 1.1200-1.1375 としました

  • 【ボロボロ1億円】
    愛媛県によると、1月29日、県知事宛てに段ボール箱が届き、中には大量の1万円札が入っていた。1万円札は変色し、くっついた状態で複数の束になり、紙幣が溶けて固まるなど簡単に剥がせない状態。水分を吸って膨れ上がり、カビが生えている札束もあった。差出人の記載はあったが、中に入っていた手書きの手紙には「架空」と記され、その現金については「何かの役に立ててほしい。そっとしておいてほしい」という趣旨の内容が書かれていたという。
    どういう状態だったんだろうか不気味ですが・・

    為替は予想に反し110円を抜けて円安が進みましたしユーロドルも年間レンジ予想の1.1300を割り込んでドルの強さがうかがえますがトランプさんの非常事態宣言など政治が不安定になってきましたのでまた動きにくくなるでしょうか
    2月11日から2月15日までの結果レンジ
    ドル円は 109.67-111.12
    ユーロドルは 1.1234-1.1342 でした
    2月18日から2月22日までの予想レンジ
    ドル円は 109.75-111.00 
    ユーロドルは 1.1275-1.1400 としました

  • 【雪まくり】
    イギリス南部では1日から広い範囲で雪が降り、場所によっては19センチの積雪があった。その影響で2日早朝には、自然が作り出した雪のロールケーキのような珍しい現象が、南西部ウイルトシャーで見られた。
    日の出の直後に自分の牧草地で、珍しい「雪まくり」を6カ所で見つけた。最初は誰かが作ったのかと思ったが、周囲に足跡がなかったため、天然のものだと分かったという。
    「こんなものを見るのは初めて」で、近づくと「中心部から太陽がのぞいて見えたので、何なんだこれは」と不思議に思いながら撮影したと話す。
    「諸条件がぴったり重ならないと、雪まくりはできない。植生のないなだらかな斜面だと、発生の確率が高まる。今回の場合は、ウイルトシャー州モールバラの近くだ。その斜面に雪が薄く積もり、下の氷とくっつかず、特定の気温や湿度や風速がすべて合わさって初めて、この珍しい気象現象ができる」
    風が強すぎても弱すぎても、あるいは雪が重すぎても、雪まくりはできない。
    しかし条件がぴったり合えば、ドーナッツや空洞のロールケーキのような雪の造形物が出来上がる。
    人間が転がすと雪だるまみたいに丸くなりそうですが・・

    為替は今週も大きな流れができてくるような感じがなくレンジで推移していますが若干頭が重くなってきているような感じもしてきていますので上が抑えられるようだと下もありそうですね
    2月4日から2月8日までの結果レンジ
    ドル円は 109.43-110.16
    ユーロドルは 1.1318-1.1460 でした
    2月11日から2月15日までの予想レンジ
    ドル円は 108.50-110.00 
    ユーロドルは 1.1300-1.1425 としました

  • 【ハチワレ】
    五島市三井楽町の白良ケ浜(しららがはま)海水浴場の砂浜で、体長3・95メートルの魚1匹が打ち上げられているのが見つかった。すでに死んでいたが、尾びれが体長の半分ほどの1・82メートルもある魚に、市民が見物に訪れた。
     魚類分類学が専門の「神奈川県立生命の星・地球博物館」の瀬能宏学芸員によると、魚はオナガザメ科の「ハチワレ」。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅の危険が増大している種」に指定されている。
     ハチワレは先月18日、同海水浴場で地元の人が見つけた。県生物学会の方の話では「五島でオナガザメの仲間を見たのは初めてで驚いた」と話した。
    深海魚が最近たくさん見かけられるようになっているのは大地震の前兆なんだろうか・・・

    為替は大きなイベントがあった週の割には大きな流れが出なかったということで上値も下値もかたくなっているようですが来週も・・
    1月28日から2月1日までの結果レンジ
    ドル円は 108.50-109.75
    ユーロドルは 1.1390-1.1514 でした
    2月4日から2月8日までの予想レンジ
    ドル円は 109.00-110.25 
    ユーロドルは 1.1370-1.1500 としました

  • 【住宅の間にぽっかりと穴】
    アメリカ・ロサンゼルス近郊の住宅街で地面が大きく陥没し、住民が避難する事態になりました。
     住宅の間にぽっかりと開いた大きな穴に木や芝生が崩れ落ちています。穴の大きさは長さ約30メートル、幅は約6メートルにわたり、深さは最も深い所で4.5メートルあります。23日深夜に突然、陥没しましたが、周辺の住民はすぐに避難したため、けが人は出ていません。住民の安全を確保するため、アパートの方に傾いていた木を切り落とす作業などが行われました。原因は調査中ですが地元メディアは、先週降り続いた大雨の影響で地盤が緩んでいたと分析しています。
    これ以上穴が大きくならなければいいんですが・・

    為替は下は底堅く上は110円ジャストで抑え込まれていて動きづらくなっていますが今週は水曜28時からFOMC金利発表とパウエル議長会見 金曜22時半は雇用統計発表とイベント目白押しの週でどちらかにはじけるか注目です
    1月21日から1月25日までの結果レンジ
    ドル円は 109.14-109.99
    ユーロドルは 1.1289-1.1417 でした
    1月28日から2月1日までの予想レンジ
    ドル円は 109.25-110.25
    ユーロドルは 1.1330-1.1530 としました

  • 【氷の円盤】
    米東部メーン州の川に直径約90メートルの巨大な氷の円盤が形成され、反時計回りにゆっくり回転し続けた。未確認飛行物体(UFO)か水上に現れた「ミステリーサークル」のような不思議な光景として、米メディアが伝えた。
     渦をつくる川の流れと厳しい寒さが相まってできたとみられ、鳥たちの宿り場にもなった。ドローンで撮影した映像がインターネット上に投稿され、人々の目を楽しませた
    川の流れが鳴門のうずしおみたいに丸い氷の塊ができるんでしょうね

    為替は中国に対する制裁関税の一部か全てを取りやめる案を提起したとか今月上旬に北京で行われた米中通商協議で、中国は米国からの輸入を拡大する6カ年計画を提示し中国は米国からの輸入を年間で計1兆ドル超引き上げ、対米貿易黒字の縮小を図る計画を示すなどの情報でリスクオンが進みドル円も110円手前まで戻してきましたが110円あたりにはかなりの売り玉があるようでこなしてくるとまだあがりそうですが・・
    1月14日から1月18日までの結果レンジ
    ドル円は 107.98-109.89
    ユーロドルは 1.1353-1.1490 でした
    1月21日から1月25日までの予想レンジ
    ドル円は 109.00-110.70
    ユーロドルは 1.1300-1.1450 としました

  • 【電線を渡るサルの群れ】
    青森県むつ市で、サルの群れが電線を渡っていく様子を撮影した映像がツイッターに投稿され、大きな話題になっている。
     映像は7日に撮影された。サルの大群が、雪原の上に張られた電線を器用に伝いながら移動していく様子が映っており、「ありえねぇで」という驚きの声も入っている。
     映像提供者の母親が撮影したといい、母親は「(地面に)降りてくると人に追いかけられるので警戒しているのかもしれない」と話しているという。

    為替は年末年始に乱高下したがかなり落ちついてきたがこのあと再び円高に進むのか原油価格も戻してきてリスクオンの円安に進むのかまたヨコヨコが続きそうな感じもしますが

    1月7日から1月11日までの結果レンジ
    ドル円は 107.77-109.09
    ユーロドルは 1.1393-1.1570 でした
    1月14日から1月18日までの予想レンジ
    ドル円は 108.00-109.50
    ユーロドルは 1.1380-1.1580 としました

  • 【アップルが業績下方修正】
    明けましておめでとうございます 
    本年も閲覧よろしくお願いします

    日本が休みの間(正月・GW・盆休み)はよく商いが薄くなるのか値が飛んでしまうことがありますが今年は典型的な形と波乱のスタートなってしまいました
    その要因はアップルショックが、また金融市場を襲った。業績下方修正の理由が中国での販売不振であったため、企業業績全体への懸念に広がり、世界的な株安が進んでいる。ただ、マーケットが不安視しているのは、業績悪化だけではない。同社株を組み込んでいたファンドへの影響や、自社株買いの減少など需給面への警戒感も株安の背景だ。象徴的銘柄の急落は、上昇相場を支えてきたマネーの逆回転を引き起こしつつある
    アップルの自社株買いはすさまじい。2018年は9月までに752.7億ドル(約8兆円、出所:S&P Dow Jones Indices)の自社株買いを行っている。1社でS&P500社全体の10.4%を占める規模だ。過去10年間では2503億ドル(約27兆円)に達する。
    そのアップルが業績下方修正を行った。中国でのiPhone販売減速を主因として、年末商戦を含む第1・四半期(12月29日まで)の売上高見通しを引き下げた。同社が四半期決算発表前に売上高見通しを下方修正するのは、2007年のiPhone発売後で初めてで、先行きへの不安が強まっている。
    関連企業への受注減少だけでなく、いずれ同社の自社株買いにも影響が出るのではないか。そうした警戒感も3日から4日にかけての世界的な株安の一因になった。

    為替も株価急落とともにリスクオフの円高が進んだ
    がさすがに104円台まで一気に落としたため膿を出し尽くした形となって今週終値は108円台まで戻して終わったが1週間の間にこれだけ乱高下するのは久しぶりで儲かった人と損した人がかなりいそうですね

    2018年12月31日から2019年1月4日までの結果レンジ
    ドル円は 104.56-110.48 
    ユーロドルは 1.1280-1.1545 でした
    1月7日から1月11日までの予想レンジ
    ドル円は 108.00-110.00
    ユーロドルは 1.1300-1.1450 としました

  • 【2019年年間レンジ予想】
    あと1日残していますが今年の年間レンジ
    ドル円は 104.60-114.55
    ユーロドルは 1.1212-1.2555 でした
    さて来年は1月下旬にもアメリカとの貿易交渉が始められるようになるが22項目の中に為替条項があって輸出促進のために為替介入などで意図的に通貨を安くすることを防ぐ取り決めで2013年あたりの1ドル90-100円あたりの水準に比べて現在は安値になっていると指摘されているため利上げで米景気が悪くなるとリスクオフの円高になりそうです
    2019年年間レンジ予想
    ドル円は 100.00-113.00
    ユーロドルは 1.1300-1.3300としました

    12月24日から12月28日まで結果レンジ
    ドル円は 109.99-111.41
    ユーロドルは 1.1343-1.1472 でした
    12月31日から来年1月4日までの予想レンジ
    ドル円は 110.20-111.50
    ユーロドルは 1.1420-1.1550 としました

    今年も閲覧いただいてありがとうございました
    来年も当たらないですが予想しますので見てくださいね
    それではよいお年を・・

  • 【12月23日の祝日は今年で最後】
    12月23日は天皇誕生日。天皇陛下の生前退位に伴い、今年が最後の祝日となる。平成の間はクリスマスシーズンに祝日があるのが当たり前のように感じられていたが、それも今年までだ。
    すでに「祝日法」が改正され、来年度以降は皇太子さまの誕生日である2月23日が祝日になることが決まっている。
    新元号での最初の天皇誕生日は、2020年2月23日となる。
    明治天皇は「文化の日」(11月3日)、昭和天皇は「昭和の日」(4月29日)と、それぞれ祝日になっているが、12月23日については平日のままだ。
     最初の平成元年12月23日が祝日になったとき年末押し迫った日が休みになるのは違和感があったがクリスマスに近い休みでなかなかいい感じに思えてきたが今年が最後なんですね・・

    為替はFOMCの利上げで景気減速懸念が出てきて株価も下がりリスクオフの円高がすすんできましたがクリスマスということで動きにくいでしょうか
    12月17日から12月21日までの結果レンジ
    ドル円は 110.81-113.52
    ユーロドルは 1.1299-1.1486 でした
    12月24日から12月28日までの予想レンジ
    ドル円は 110.80-112.30
    ユーロドルは 1.1230-1.1430 としました

  • 【荷台を上げた状態だった】
    15日午前10時35分ごろ、埼玉、群馬両県境の利根川に架かる解体中の旧上武大橋にダンプカーが衝突、橋桁の一部が落下し、ダンプカーが下敷きになった。埼玉県警深谷署によると、男性運転手が閉じ込められ、消防などが約9時間後に救出したが、現場で死亡が確認された。他に巻き込まれた人はいなかった。
     署によると、現場は群馬県伊勢崎市と結ぶ旧上武大橋の埼玉県深谷市側で、落下した橋桁は長さ約50メートル、重さ約52トン。ダンプカーは解体工事のため土砂の運搬作業をしていた。橋の下を通過する際、荷台を上げた状態だったため衝突したとみて調べている。
    年末はせわしないので確認を怠らないように作業を進めないといけないですね

    為替は来週水曜日深夜のFOMC政策金利発表と木曜お昼ごろの日銀金融政策決定会合後の金利発表のイベントまでは動きずらい状態が続いています・・
    12月10日から12月14日までの結果レンジ
    ドル円は 112.24-113.70
    ユーロドルは 1.1270-1.1443 でした
    12月17日から12月21日までの予想レンジ
    ドル円は 112.50-113.80
    ユーロドルは 1.1225-1.1350 としました

  • 【レールは伸縮します】
    韓国東部で、8日朝、高速鉄道の車両が、出発してからまもなく脱線し、乗客14人が軽いけがをしました。鉄道公社は、急激な気温の低下でレールに問題が生じた可能性もあるとみて、事故原因を詳しく調べています。
    8日午前7時半すぎ、韓国東部のカンヌン(江陵)からソウルに向かう10両編成の高速鉄道「KTX」の車両が、カンヌン駅を出発しておよそ5分後に脱線しました。
    この事故で、前方の車両が隣の線路を塞ぐほど大きく横向きになったほか、後方の複数の車両が傾き、乗客およそ200人のうち、14人が、打撲などの軽いけがをして病院で手当てを受けました。
    韓国鉄道公社は、気温が急激に低下したためにレールに問題が生じた可能性もあるとしていて、国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会や警察とともに、原因を詳しく調べています。
    カンヌンでは、8日午前6時の時点で氷点下7度7分を記録するなど、この冬いちばんの冷え込みとなっていました。
    事故が起きた路線は、ことし2月のピョンチャン(平昌)オリンピックでカンヌンがカーリングやスピードスケートなどの競技会場になったことから去年12月に開通したものです。
    韓国メディアは、開通からわずか1年ほどで起きた今回の事故について、「大惨事につながるおそれがあった」として、鉄道公社の安全対策に不備があったのではないかと指摘しています。
    事故の影響で、KTXは、カンヌンからチンブ(珍富)までの区間で運休していて、通常運行に戻るのは10日の見通しです。
    レールは鉄なので伸びたり縮んだりしますので日本でもこういうことがある可能性がありますね

    為替は中国のファーウェイ副社長逮捕にアメリカがかかわっているということで貿易摩擦が一段と激しくなるのではとリスクオフの状態になっています
    アメリカ10年国債金利が低下しているのにダウはなかなか上昇していかないのはドル安要因でしょうか

    12月3日から12月7日までの結果レンジ
    ドル円は 112.23-113.83
    ユーロドルは 1.1310-1.1423 でした
    12月10日から12月14日までの予想レンジ
    ドル円は 112.00-113.00
    ユーロドルは 1.1300-1.1450 としました

    このカテゴリが終了するみたいですので終了後は
    http://fanblogs.jp/forexrange/
    のブログで継続しますのでよかったらひきつづき閲覧していただければうれしいです・・

  • 長野と富山の県境にある黒部ダムに通じるトロリーバスがきょうで50年を超す運行を終え、多くの人が訪れ別れを惜しみました。
    大町市の扇沢駅と黒部ダムを結ぶトロリーバスはこれまで多くの観光客を運んできましたが、きょうラストランを迎えました。
    架線から電気を取り入れながら走るトロリーバスは1964年に運行を始め、これまでに6100万人を超える人を運んできました。
    国内で次々と姿を消す中、最後に残ったトロリーバスということもあって、多くのファンから愛されていました。
    しかし現在の3代目のトロリーバスは導入から20年以上経過して老朽化が目立ってきたことなどから54年の歴史にピリオドを打ち、来シーズンから電気バスに交代することになりました。
    黒部ダム駅には午後4時半発の最終のトロリーバスに乗ろうと長蛇の列ができました。
    出発に先立って駅の改札では大町市の牛越徹市長や関西電力の関係者などおよそ60人が出席して引退セレモニーが行われ、54年間無事故で運行を続けてきたトロリーバスの運転手に花束が贈られました。
    トロリーバスは大勢の人に愛されて半世紀の歴史に幕を下ろし、来年4月からは充電式の新しい電気バスによる運行が始まります。
    無事故でずっと運行してたみたいですね 電気バスに変わっても安全に・・

    為替はパウエルFRB議長が今後金利をあまり上げないみたいな発言でちょっとドル買いはとまったような感じになっています。ただ、下がれば買いがまだ継続しているのか底堅い感じで動きにくい相場が続きそうな状態です
    11月26日から11月30日までの結果レンジ
    ドル円は 112.85-114.03
    ユーロドルは 1.1267-1.1402 でした
    12月3日から12月7日までの予想レンジ
    ドル円は 112.80-113.80
    ユーロドルは 1.1280-1.1420 としました

    このカテゴリが終了するみたいですので終了後は
    http://fanblogs.jp/forexrange/
    のブログで継続しますのでよかったらひきつづき閲覧していただければうれしいです・・

  • 【2025年大阪万博決定】
    2025年大阪万博は5月3日~11月3日の185日間、大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)で開催する計画だ。150か国・地域を含む166機関の参加を想定。来場者約2800万人、経済波及効果は約2兆円を見込む。
     テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。長寿国の強みを生かし、「健康・長寿」の実現に資する万博を目指す。国連のSDGs(持続可能な開発目標)の達成を後押しする目標も掲げる。
     会場は約155ヘクタール。各国のパビリオンが並び、「空(くう)」と名付けた5か所の大広場を設ける「パビリオンワールド」、水上に網目状の通路とVIP用の迎賓施設がある「ウォーターワールド」、緑地や既存の太陽光発電施設を生かした「グリーンワールド」の3エリアに分け、AR(拡張現実)やMR(複合現実)など最新技術を活用した展示を行う。1970年万博の「太陽の塔」のようなシンボルや中心施設は設けない。隣接地にはカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致計画がある。
     これから計画を進めてたくさんのお金がかかりそうだが採算があうのだろうか・・

    為替は週末は勤労感謝の日ということでほとんど動いていませんが大阪万博決定でドル高になったりするんでしょうか??
    11月19日から11月23日までの結果レンジ
    ドル円は 112.31-113.21
    ユーロドルは 1.1328-1.1473でした
    11月26日から11月30日までのの予想レンジ
    ドル円は 112.50-113.50
    ユーロドルは 1.1200-1.1350 としました

  • 【高得点羽生くん大丈夫か】
    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯は17日、午前に男子の公式練習があり、16日のショートプログラム(SP)で首位に立った羽生結弦(ANA)も参加した。ただ、ジャンプで転倒すると、練習を途中で終了。右足をやや引きずって、会場を一度後にした。
     羽生は午前8時20分から始まった男子第2グループの練習でリンクに登場。高難度の4回転トーループ―3回転半の連続ジャンプを鮮やかに決めるなどしていた。だが、フリーの曲「Origin」に乗せて滑り始めると、中盤でジャンプで転倒し、氷上に伏せたまま数秒間立ち上がらなかった。
     その後、何かを考え込むようにリンクをゆっくりと数周。曲がかかった中、一人だけ先に練習を切り上げた。
     羽生は右足首にアイシングを施し、宿舎に向かうバスへ。「大丈夫ですか?」という報道陣の問いかけに、「大丈夫です」とだけ答えた。昨年11月のNHK杯の公式練習中にも、羽生は右足首を痛めたことがある。

    為替は世界経済の減速の言及がありアメリカ長期金利が低下しドル安が進んできたが114円台も重たい雰囲気になってきたがトランプ大統領が中国との貿易交渉がうまくいっているとコメントしていてそれほど動かないでしょうか・・
    11月12日から11月16日までの結果レンジ
    ドル円は 112.65-114.21
    ユーロドルは 1.1213-1.1421 でした
    11月19日から11月23日の予想レンジ
    ドル円は 112.50-114.00
    ユーロドルは 1.1350-1.1450 としました

  • 【一時心配されたペトラ遺跡土石流】
    ヨルダン南部にある世界的な観光地「ペトラ遺跡」の付近で9日、大雨による土石流が発生した。現地には当時、日本人観光客ら47人がいたが、避難し、無事だった。
    ヨルダンの国営メディアなどによると、南部の「ペトラ遺跡」の付近で9日、大雨による土石流が発生した。茶色く濁った大量の水が泥と木の枝などとともに勢いよく押し寄せる
    現地には観光客ら3700人以上がいたが、全員が避難した。日本政府関係者によると、当時、47人の日本人観光客らがいたが、その後、全員の無事が確認されたという。
    「ペトラ遺跡」はユネスコの世界遺産に登録されているヨルダン随一の観光地で、日本人にも人気がある。ヨルダン各地で降った大雨による洪水で、これまでに11人が死亡している。
    一時は連絡が取れない状態で心配されましたが日本人の被害者がいないようなのでよかったですね

    為替は 中間選挙の途中経過が発表されるたびに久しぶりにレートが上下しましたが大きな流れはまだ現れていません
    11月5日から11月9日までの結果レンジ
    ドル円は 112.95-114.09
    ユーロドルは 1.1316-1.1500 でした
    11月12日から11月16日のレンジ予想
    ドル円は 113.20-114.60
    ユーロドルは 1.1270-1.1420 としました

  • 【2018年はソフトバンク】
    プロ野球の日本シリーズは3日、広島市のマツダスタジアムで第6戦があり、パ・リーグ2位のソフトバンクがセ・リーグ覇者の広島を2―0で下し、通算成績を4勝1敗1分けとして2年連続9度目(南海、ダイエー時代の各2度を含む)の日本一に輝いた。
     平成に入って7度目の日本一は12球団最多。パ・リーグがプレーオフを導入した2004年以降、レギュラーシーズンの各リーグ勝率2位以下の球団が日本一になったのは、04年の西武、05年のロッテ、07年の中日、10年のロッテに続き5度目。
     32年ぶりの第1戦引き分けで始まったこのシリーズは、第3戦から本拠に移動したソフトバンクが3連勝。広島に戻っての第6戦も制した。就任4年目の工藤公康監督(55)は15年、17年に続き3度目の日本一に導いた。
    パリーグ2位で日本一だから今チームの状態が最高なんだろうね・・

    為替はイベントでもそれほど変動せず落ち着いていますが今週はアメリカ中間選挙が6日に行われ結果でどう変化してくるか注目ですね
    10月29日から11月2日の結果レンジ
    ドル円は 112.56-113.38
    ユーロドルは 1.1303-1.1456 でした
    11月5日から9日のレンジ予想
    ドル円は 112.20-113.70
    ユーロドルは 1.1330-1.1450 としました

本文はここまでです このページの先頭へ