ここから本文です

投稿コメント一覧 (249コメント)

  • 経験則では、
    昨晩長期金利の下げ止まりを見て113.3L追加したので、
    その後の上昇に乗れた事が幸運だった。
    1/4ロットを利確し、再度押し目を拾う事を考えている。
    ただ、週足で付けた大陰線は簡単には解消しないと想定しているので、
    どこで戻り売りを仕掛けるタイミングかを計っている。
    先週は112円代まで引き付けるつもりだったが、
    現状自テクニカルでみれば、レジスタンスとMA、
    1dフィボが重なる111.8円を意識している。
    最終的には年末年始の休場を控え、
    一旦Lポジションを外してから再検討することになる。
    現在保有
    ドル円111.339L
    ユロル1.14558S
    ポンドル1.27825S

  • 経験則では、
    先日111円代から一旦自立反発をこなして109を目指すと想定していたが、
    現状24日の続落を受けて、一段下落し、110.2を付けている。
    同日ドル円はLを持ち越していたため、他の通貨を小ロット回転させていたが、111を割ったところでLを追加したところ、そのまま110.2まで連れていかれた。
    短期下落指数は加速したままで、まだ下げ止まったとは言えないと認識している。

    維持率的にも109円を割り込むと入金が必要になり、
    大きく想定を外している身としては、
    仮に一旦の戻しがあっても、年初下落チャートと同じ展開であれば、
    前回下げ止まった111.2~3レベルから、
    再度109割れを目指す展開を覚悟しておく必要があると考えている。
    或いは狭いレンジもみ合いから下落再開という展開もありえるので、
    甘い期待は持たず、確実にポジション整理を淡々と進めたいと思う。
    板違いだが、ユロル、ポンドル、ともに現在食い替え中で休業に入った。
    こちらもポジションが膨らんでいるので、合せて整理を優先させたいと考えている。
    現在保有
    ドル円L111.504L
    ユロドル1.14382S
    ポンドル1.27569S

  • 経験則では、来週の展望として、
    長期MAやフィボを見ている多くのトレーダーと同じように、
    来週自立反発から戻り売りを仕掛ける事を想定してる。
    政治的なニュースがどう評価されるかわからないが、
    オーバーシュートしても一過性と考えており、
    S目線でみても、一旦ポジション整理したい位置ではないかと思う。
    個人的には、再度111割れる場面ではL増し玉を検討する事になる。
    上値の目標をどこに置くかは難しいが、
    もし112~112.2まで行けば、そこからは積極的112.5を見合いに売り上がっていきたい。
    ただ年末の薄商いのなか、111円後半の中途半端な位置で積極的に仕掛けるつもりはない。

    別件だが、昨日持ち越すつもりだったドル円Sが指値に掛かり決済されていた。
    また板違いだが、ユロル、ポンドルともに、
    自テクニカルで見る来週の値動きが、来年へ持ち越しに不安を与える状況ではないと考えている。
    このまま11月からの予定とおり、来年3/29のイベントを目指せればと思う。
    現在保有
    ドル円111.792L
    ユロル1.14687S
    ポンドル1.27734S

  • 経験則では、
    ドル円の下げ足が想像以上に強く、
    L高値で担がれてしまっている。
    確認していない時間帯だったため、
    その後、このポジションを無視して、
    2番底まで戻り売りを回転させ、今晩の111割れでL玉を仕込んだ。
    目標としては、111.85(50%)を見合いにしているが、
    年末という事もあり正直期待していないので、111.325へS玉を置いる。
    自テクニカルでみると、週足で大陰線をつけ、下げ圧力は簡単に解消しないと想定している。
    現状、長期的には109.155までを見合いにしている。
    引き続き下げ目線でいるのは間違いないが、短期間の下落からもう一段下げる為にも、
    一旦自律反発をこなしてからになると考えている。
    他通貨は引き続き戻り売りを仕掛け、食い替えを行った。
    現在保有
    ドル円111.792L、111.325S(同ロット)
    ユロル1.14687S、1.13678L(1/2ロット)
    ポンドル1.27734S

    来週はボラの低下が予想され、チャートは確認するが、
    トレードできない状態であれば、焦らずこのままポジションを来年へ持ち越そうと思う。

  • 経験則では、
    休日に投稿した通り、短時間での下落で112.5を割り込んだので、
    112.4割れまで引き付けて、自律反発を狙ってL玉を仕込んだ。
    考えていたより、売り圧力が強く、現在の状況では112.9はおろか、
    50%戻し(112.85)にも届くとは思えず、
    目標を112.7に置いている。
    過去の経験では、38.2%程度で停滞して、もう一度深ぼるチャートのイメージが重なる。
    自テクニカルで見ると、日足以上で下落トレンドを形成しており、
    まだ転換の初動と言える段階で、これ以上の逆張りは個人的には選択肢にない。
    板違いだが、欧州通貨の自立反発は増し玉を仕込みながら、食い替えを行った。
    また、11月からの予定通り、年内最後のイベントを控え、
    ゼロカットを覚悟し、維持率500%まで許容する資金の50%(今週の利益を含む)を出金した。
    現在保有
    ドル円112.4375L
    ユロル1.14239S
    ポンドル1.27693S

  • 経験則では、
    先週からの市場コンセンサス通りにドル円の下落(チャネルライン割れ)が起こっている。
    多くのトレーダーの予想通りという事で、明日のFOMC後のトレンドについても、
    やはり同様と考えるのが無難だろう。
    ただ利上げ見通し3回がしめされるとサプライズになる可能性もあり、
    引き続き玉は自制している。
    自テクニカルで見ると、ネックラインを割り込んでおり、
    短期下落指数は加速したままだ。
    一旦の自立反発も弱弱しく、個人的には現状では112.5を見合いにしている。
    朝から戻り売りで構えていたが、欧州の自立反発から様子見時間が長くなり、
    結局ユロル、ポンドル、ドル円を小さく回転するに終始した。
    明日もチャンスがあれば戻り売りを仕掛けたいが、FOMC前にはポジションを整理して臨みたい。
    現在保有
    ドル円113.005S(小ロット)
    ユロル1.14235S
    ポンドル1.27533S

  • 経験則では、
    まずは素直に感謝を伝える人間でありたいと思う。
    個人的にはKOオプションの存在を知らなかったので、
    情報を教えてもらえた事に感謝している。
    システム的な理解はまだ十分ではないが、
    今の自分自身のトレードスタイルでは上手く消化できず、
    即利用を考えてはいないが、
    今後のFX業界再編や変化の兆しなのかも知れないという感想を持った。
    どちらにしてもアンテナを張っておきたい。

  • 経験則では、
    多くのトレーダーが予想しているように、
    自分自身、下目線で年内のトレード(来週末まで)を想定してる。
    当然19日のFOMCから来年3回利上げ予想が出れば、
    21日の指標も踏まえてしっかりと高値更新していく可能性も0とは言い切れないので、
    現時点での玉は自制している。
    自テクニカルでみると、中長期の上昇トレンド、持ち合い相場はいまだ継続しているが、
    H4と、下位短期チャートパターンは下落の兆候と判断している。
    チャンスがあれば、週明けから引き続き戻り売りを仕掛けたいと考える。
    だだ、下値も積極的に狙えるかは微妙に思える。
    短期で112.5割れまでつけるなら、来年持ち越しても構わないので、
    押し目買いへ変更したいと思う。
    現在保有
    ドル円113.56S(小ロット)
    ユロル1.14235S
    ポンドル1.27533S

  • 経験則では、
    この2日あまりエントリーできる場面が無く、
    ドル円は小さく回転させる事に終始していた。
    自テクニカルで見ると、上値が重く勢いがみられなくなっている。
    一応113.8にS指を置いているが、ここからでも小ロットで売り上がってみたいという気もする。
    板違いだが、ユロドル、ポンドルともにラインを割り込み下目線継続ではあるが、
    昨日の上昇からの戻り売りで増し玉した為、一時維持率500%近辺までポジションが膨らんでしまったので、
    ポンドルは1.254で半分利確した。
    当初の予定通り、11月からここまで熟せているので、
    欲張らず、今週の利益分は出金した。
    現在保有
    ユロル1.14235S(増し玉)
    ポンドル1.27533S(増し玉)

  • 経験則では、
    方向感のない持ち合い相場を想定していたため、
    ドル円とオジドルを小さく回転させるイメージで夜からトレードに臨んだ。
    しかし、結果として反省の多いトレードをしてしまった。
    ユーロ、ポンド、ビットコインの動きに集中してしまい、
    本来の利確ポイントを意識できずに、完全に日和って回転が小さすぎた。
    雑念がある以上、残りのポジションを整理し、微益で本日のトレードは終了した。
    自テクニカルでみれば、ドル円はもう一段上値試しを想定してる。
    欧州通貨の下落がドル高要因だとして見ると、それらの短期下落変動指数は加速しており、
    今の状況では、まだ安易にS玉を仕込めないと判断している。
    現在保有
    ドル円113.278L
    ユロドル1.14327S
    ポンドル1.28253S

  • 経験則では、
    昨日に続き方向感のない相場が継続している。
    ファンダ目線で考えれば、雇用統計の結果から、
    18日のFOMCの利上げに注目が集まり、
    株価と長期金利の自律反発が弱い事も自然に感じる。
    自テクニカルで見れば、三角持ち合いが継続しており、環境認識との乖離は無い。
    どちらへブレイクするかわからないので、
    よほど短期目線でなければ、トレードは控える方が無難に思える。
    これは、他の通貨に対しても同じで、値ごろ感には注意したいところと考える。
    昨日から持ち越した、113.16以下のSは113割れのSと微益で決済し、
    ポジションを1/3に減らした。
    できればこのまま、ヤンキーまで動向を確認したいと考えている。
    現在保有
    ドル円113.192S
    ユロドル1.14327S
    ポンドル1.28253S

  • 経験則では、
    短期足ではトレンドラインを上抜け、
    三角持ち合いから、方向感のない持ち合い相場が継続していると考える。
    ただ、今のところ日足で上値を切り下げている以上、
    まだ戻り売り狙いスタンスで構えている。
    一方、今回先々週から12/11に焦点を合わせてトレードしていたので、
    イギリス議会延期のニュースで肩透かしを食らった格好になってしまった。
    市場でどう評価されるか現在不明な状況の為、ポジションはこのまま持ち越すつもりだ。
    ユーロは午後から戻り売りを仕掛け、建値の食い替えを実施した。
    現在保有
    ドル円112.942S(EA発注分含む)
    ユロドル1.14327S
    ポンドル1.28253S

  • 経験則では、
    5/29からの下値切り上げライン、日足61.8%(4H23.6%)が重なる位置で反発した形で、
    なんとか踏みとどまったという印象を受ける。
    自テクニカルで見ると、中期足は引き続き上値を切り下げられ、
    トレンドの賞味期限が近い可能性を意識した方が無難に思える。
    普段はあまり気にしないが、
    日足の三山が頭に残ってしまう。

    持ち合い相場がどちらに抜けるかはわからないが、
    通常運転では、このまま戻り売りスタンスで週明けに臨むとことになる。
    ただ、今回のトレードは12/11に焦点を合わせていたので、
    ゼロカットに備え今週の利益分を出金し、ポジション整理を優先させたい。

    他の通貨は戻り売りを仕掛けながら細かく食い替えを行い、
    建値の切り上げを狙っている。
    現在保有
    ドル円112.85S
    ユロドル1.14042S
    ポンドル1.28253S

    別件:以前、通貨強弱指数を使ったEA作成を進めると投稿したが、
    今の自分の技術では不可能だとわかり、この件は将来の宿題とする事にした。

  • 経験則では、
    昨日に続き下落圧力が続くと想定している。
    昨晩投稿後、Sは112.6で全決済とし、
    112.6L、112.28Lでナンピンした。
    112.28Lのタイミングでオジドルは全決済した。

    持ち越したLポジションは、
    本日昼頃、持ち越していた113台のLと微益相殺した。
    自テクニカル的には、朝の見通しでは113.2を見合いにするつもりだったが、
    特にH4のチャネルラインが効いているのを見て、指標の戻り売りを仕掛けた。
    112-112.2を目標にしているが、まだポジションをとってから時間が無く、
    もう少し確定足を確認したいと考えている。
    他の通貨は戻り売りを仕掛けながら細かく食い替えを行い、
    ロット数を維持している。
    現在保有
    ドル円112.85S
    ユロドル1.1403S
    ポンドル1.28253S

  • 経験則では、
    状況の変化が伺える。
    どこで下げ止まるかに注目が集まると想定している。
    一方、欧州から東京の否定、休場明け指標の上げで、
    113戻しも可能性は残るが、その際も戻り売りを狙いたい。
    自テクニカル的には、
    下落変動指数が加速しており、日足でもう一段下げを示唆している。
    L一部利確し112.75~から小ロットで順次売り上がっている。

    昨日深夜、ユロドル、ポンドルを売り増しした。
    現在保有
    ドル円113.145L、112.79S(L同ロットまで追加予定)
    ユロドル1.3907S
    ポンドル1.28217S
    オジドル0.7387S

  • 経験則では、
    帰宅してから、他の通貨の戻り売りを狙っていたため、
    ドル円は先日のポジのまま担がれている、
    現状はチャネル下限で止まり、まだもみ合う相場の継続を想定しているので、
    112.75Lナンピンで追加した。
    自テクニカルで見ると、指標によって判断が割れるので、
    方向感を判断できない。
    株価と長期金利の自立反発が意識されるラインにあり、
    このまま持ち越したい。
    現在保有
    ドル円113.111L
    ユロドル1.13931S
    ポンドル1.28251S
    オジドル0.73615S

  • ~するべき、思惑、結構
    言葉に気を付けた方がいい。
    個人的な主観を言えば、否定、決めつけ言葉を使う人間は嫌われる。

  • 自分自身としては、初心者の方へ向けて参考になればという気持ちと、
    自身の考えをまとめる記録として投稿しているので、
    興味が無い、薄いと思う人は自分を無視リストに入れましょう。

  • 経験則では、
    個人的にはドルを基軸としたドルスト通貨をトレードするスタイルだが、
    以前から気になっていた、通貨強弱指数について調べている。
    各通貨の特定の時間帯に絞った大きいボラの発生を捉え、
    EA化できれば、信頼性が高いロジックになるのではと期待している。
    その前段階として、5分足のスキャを自作しているので、
    そのうちバックテストの結果を投稿したいと思う。

  • 経験則では、
    休暇を終え、先週からFXを再開した。
    現状多くのトレーダーが意識している通り、
    持ち合い相場が続いており、短期的には上下どちらにもポジションを取りにくい。
    ただ、112.5までは中期長期上昇トレンドが継続していると判断できる以上、
    安易なショートは自重したい。
    基本はデイトレードスタイルだが、来週今年最大の大相場を想定しており、
    資金の90%を出金して、維持率を500%までを許容範囲とし、
    ゼロカットも覚悟して先週からポジションを取り、ピラミッティングしている。
    現在保有
    ドル円113.273L
    ユロドル1.13907S
    ポンドル1.28151S
    オジドル0.73914S

本文はここまでです このページの先頭へ