ここから本文です

投稿コメント一覧 (93コメント)

  • メモ

    ・倍に増えたマネタリーベースやマイナス金利を持ってしても、マネーストックM3は緩やかな上昇に留まり、景気への影響は依然として限定的

    ・金融機関は首を絞められる展開が続き、頼みの不動産市場もAクラスのオフィスビル「丸の内 大手町」の利回りは2000年以来最低となる3.7%まで低下した

    ・本来マイナス金利の恩恵を大きく受ける不動産市場は盛り上がりに欠け、観光産業や航空産業も円高に振れる事で恩恵が受けにくい

    ・円高効果により個人のマネーストックが流動資産へ変えられ、内需が活性化する可能性はある

    ・日本の貿易収支については、原油安の恩恵もあり貿易収支は経常黒字となっている。一方で新興国の景気減速を受け輸出量は2015年度でマイナス2.2%と低下している。

    ・今後の貿易収支は円高により原油、小売、資源輸入額が減少するものの、輸出企業の世界競争力低下によりデフレが進行し、現状より悪化する可能性が高いと考える

    ・米国の利上げに関しては、日本同様に不動産市場の過熱感から不動産利回りの低下、更に金利上昇が加わると不動産バブルの崩壊の可能性が高い

    ・米国が利上げを延期すると、更に円高に振れ、日本は打撃を受ける公算が高い

    ・よって日本株は国が買入高値で売却が懸命である可能性が高い

  • 2016/07/29 20:27

    http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4300.html?sp

    円高・株高。日銀ETF買入による影響以外に何が考えられるか。
    そして今までの銀行株の暴落の意味する事は本当にマイナス金利の影響だけであるのか。
    深く注視していかなければならない局面になりました。
    事が始まればサーキットブレーカーで遅いのでしょうが。

  • 見事な往復ビンタで株価は下向き進行中ですね。

    週末はイベントが多いのでリスクオフで場を終えるのではないでしょうか。

  • No.1908

    楽々相場

    2016/07/26 12:48

    短期のボラが大きいので稼げる人達にとっては楽な相場でしょうか。
    こういう時は大きな波に乗るに限ります。

  • 神経系の再生薬は今までにない新薬です。
    今までの対処法は、回復実績も低く苦痛を伴うリハビリが主でした。

    リハビリに費やす通院日や勤労への影響を考慮すると、何百万程度なら普通に患者は負担するでしょう。

    更に雇用者が救われるなら国の保険も適用されるでしょう。

    とりあえずこの段階からの下げは、拾われる場であり、下げ材料が明確ではない某バイオとは違うフェーズにあると言えるかと思います。

    また今の状況は大株主は売ってきていないため、市場に出る枚数が少なく少々の枚数で動かす事が可能であり、それにつられて売却する人達から買い集めるしかないのも現状です。

    とはいいつつも日々の値動きは気になりますが、日本での治験を境に国民への認知度が高まる事は間違いないと思われます。

  • アンジェスや日経平均に連れ安する事は何も問題ないと思われます。

    ボラの大きさは信用で買っている人達が多い証拠ですので、材料が出た時の株価上昇幅に期待が持てます。

    また同社の時価総額は約700億とバイオベンチャーでは大規模ですが、約40%を会長と社長が保有し、約12%は帝人と住友製薬が保有しています。
    会長と社長が大量保有している点はとても安心材料だと考えます。

    時価総額的には一見上値が重い印象を受けますが、浮動株は約17%と少なく、話題性も抜群であり早期承認制度の思惑もある為、動きだしたら早いのではないかと想像できます。

    ユーロ問題もありますが、個人的にはISへ対する世界政府の対応が不安です。
    このままISへ何の手立ても出来ない場合、嫌な世界情勢へ向かいそうな気がします。

  • 国内はお金が余っている状態です。
    とくに企業が内部留保を大量に抱えている。
    しかし日本はリーマン破綻やデフレを経験し、投資にお金を使えないでいる。

    そこに外資が付け入り配当寄越せと言っているのです。

    そんな中で自分の首を絞めるかのように日銀を破綻させると思いますか?

    GPIFが国内株式の保有を決めたのも国益を守るためです。

    内部留保を投資に使わず配当に回されるくらいなら、分け前を株主配当でもらった方がまだ国益であると。

    今の問題は政府の財政出動を更に加速的にする事で、企業の投資を加速し海外勢よりコストを下げ競争力を高める事です。

    これが出来ればアベノミクスは大成功です。

  • 政府は円を自由にする事ができ、国債を円建てで発行し主に国内の金融機関に買ってもらっています。

    また財政出動がEUに比べ非常に容易であり、安定感は世界上位です。

    問題は円高による大企業の損失です。

  • これ以上の世界株高は世界経済の実態から望みが薄いと思われます。

    ならば世界経済の歪みをリセットすべく、何者かが介入に入るのが過去の定石です。

    EU危機が悪化していく限り、為替変動制の弊害として円高が輸出大国日本を蝕み円高デフレに陥る可能性があります。

    物価上昇を目標に掲げていた自民党は、円高で公約を果たせなくなり、さらなる赤字国債発行とのメディア操作により政権交代となる可能性も考えられます。

    そうなればリスクオフで安くで優良株を買えるチャンス到来です。

    膨潤なオイルマネーが迷う事なく爆買してくれます。

  • 2016/06/25 21:14

    日本株式に当てた年金が大暴落したとしても、新規国債を発行し賄えば良い話です。

    デフォルトの可能性がほぼない日本政府に国の宝である優良企業を買ってもらう事は、自民党政権最大の貢献だと思います。

    金融機関が日本株式を直接保有すると、日本の株式市場を外資に荒らされた場合に大打撃を受ける可能性があるので、政府が日本株式を購入するのは最も優先事項だと思います。

    日本の国益は政府が受けるのは当然の事で、外資に持って行かれていた今までが問題だったのです。

    最後に安倍政権の成果として、物価上昇を目標値まで達成してもらいたいです。

    国家公務員や政治家のための増税には猛反対ですが、今のところ自民党の経済政策に関しては良い成果が上がっていると考えます。

    あと少しでデフレから脱却できると思うので、マイナス金利については今後も影響を鑑み継続してほしい。

  • 保有株が多すぎて捌くのに時間がかかるとの見解があります。
    という事は、短期のリバウンド天井で売り浴びせてくるのはキャピタルゲイン重視の投資会社や、近い将来の不景気に備えてキャッシュを厚くしたい企業だと考えられます。

    さらにジョージソロスの様な存在に拍車をかけられ世界経済はスタートラインに戻されるのが歴史です。

    リバウンドが発生するのは政府による為替介入により一時的な円安誘導に嵌められた個人か、短期筋による仕掛けしかないと思っている。

  • いくつかのバイオ銘柄を日中監視していましたが、ここは昼過ぎから一時謎の暴騰があり気になり先ほど調べてみました。

    優秀な陣営と複数のブロックバスター級のパイプライン、米国メディアにおける当社開発医薬の放送など、世界の最先端を行く米国で注目を浴びている存在だと気付きました。

    また国内大手と早くも手を組んでいるあたり、直近の株価上昇にも納得いきます。

    また業務提携はせずとも大株主になれば将来の売り上げの分け前を取れるので、今後更に大口による株式の吸い上げも予想できると思いました。

    現時点でのポテンシャルはそーせい以上だと長期で保有を決めました。

  • 優良成長株の見極め方として、同業他者との年収の比較が意外と有効だと感じます。

    役員はともかく会社の車輪となる社員は、よほど自社に思い入れがない限り他社の年収に目が行くものです。

    同業他者より自社が恵まれているとなると、それだけプライド持って仕事をしますし、もっと高みを目指したいと貢献的になります。

    もちろん年収だけでは一概に言えない面もあり、あくまで判断材料の一つですが株式選定の判断基準にこれを加えると事でより冷静な投資が可能になると思います。

    ちなみにゲーム業界では、モブキャストやコロプラの年収は580万円程で世間一般的に優良の部類に入ります。
    両社とも株価が大きな成長局面を迎えました。

    更に例に出すとモルフォやDMPは年収が700万と高報酬ながら、暴騰する以前の時価総額はとても割安でした。

    年収は社員のやる気を出すための必要経費であり、経営者の事業にかける熱い想いが込められているのです。

    高給を出せる経営者に優秀な人材は集うのです。

    株の世界では低所得者が高給取りの成長優良企業へ投資する事が可能になっているため、少ない財産の命運を高給取りに託す事も出来るのです(^^)

    これぞWinWinの関係。

    ここで損した方は前向きなおして頑張ってほしいです。

  • 中国の大手バイオファーマーとの業務提携が11月までに行われるのですから、この程度の時価総額で落ち着くわけがありません。

    個人的にはフェニックスバイオや新日本科学も捨てがたいですが、一番伸び代と思惑が大きいのはここだと確信しています。

  • 私は買い手でも売り手でもありませんが、神の手のプレイヤーを覗き見して感じた事は、一個景品を取得するために何十回もプレイする必要性があるならば1000円〜にするべきだと感じました。

    なぜならばプレミアム商品を買いたい人は多少高くても欲しいのでしょうから、課金者の貴重な時間をただのクレーンゲームで浪費させる事は後々ブランジスタにとっても自虐行為になると思います。

    もちろん全ての商品をではなくプレミアム商品のみで良いと思います。

    あとは景品の中身を神の手でしかゲットてきない物にした方が良いと感じました。

    またお菓子等のプレミアム無縁の商品は経費を増やすだけの無駄だと感じました。

    ゲームセンターとの区別化として、あくまで大人向けのクレーンゲームにするべきです。

    あと投資って面白いと感じました。
    一般投資家の期待を弄ぶように十分な説明もなく事業を進めるのですから。

    ここに投資していないものの、少し経営者に不満を感じました。

    ブランジスタ投資家に良い結果が訪れる事を祈ります。

  • 四季報に株売却あれば営業益上振れも、との記載がありますね。

    DACの純利益が約20億円に対して、保有株式評価額は何百億円とありますので、仮に売却を発表した際のインパクトはかなりのものとなります。
    更に自己株式の消却についても今後発表があると思われ楽しみな銘柄です。

  • 週末にスクリーニングしていたらDACが気になったため初投稿です。

    ここは10月付近にDACとアイレップの両社が持株制の親会社を設立し、両社は持株会社の子会社となり上場廃止する様ですが、本株式移転の効力発生日までに両社は実務上消却可能な自己株式の消却を実施する予定と公表しています。

    DACは自己株式を9.1%保有しており、アイレップは1.1%保有しています。

    DACには10月までに株価が上がるのではないかと感じました。

  • 日本って幸せな国だと思います。
    財産を失っても選ばなければいくらでも仕事があり、またお金を儲ける事ができます。
    経団連が経営者と交渉し最低賃金も決められていますし、自分が何の努力をせずとも一定の賃金水準が確保されているのです。

    また普段の生活ではテロに怯える必要もなく人生を満喫できますし、多くの発展途上国民にとって日本の貧困層は羨ましくて仕方ないと思っている事でしょう。

    株式投資においては楽観的だとマズイですが、日本国での生活においてはかなり楽観的でも何とかなるものです。

    掲示板は総悲観となっていますが、それも人生のホンの一部だと思うと少し救われるしれません。

  • 重課金したユーザーだけがプレミアムな商品を獲得できるある意味オークション的な要素はAKBの「会いに行けるアイドル」の趣旨に反している様に思えます…

    大金がなくともAKB劇場に行けばAKBに会う事ができ、同胞とワイワイできる。
    これにファンはゾッコンなわけであり、好みのアイドルを応援する為にお金を使っていたのです。

    直筆サインが景品だと仮定すると、アイドルにも会えないのに直筆サインだけが自宅に到着するシーンを想像すると、何か違う様に思えます。

    内容を深く理解できていないので、もしかすると勘違いしている部分が多いかもしれませんが、あくまで現在は期待先行だと認識した上でブランジスタを購入した方が良さそうだと感じました。

    とはいえ大物プロデューサーが作り出したサービスなので、今後予想も出来ない展開が待ち受けているのでしょうか。

    今後に期待したいです。

  • 情弱な一般投資家が追証とならない様に、独自の信用売買の基準を設けている証券会社が存在します。

    多くの銘柄の信用取引が可能な証券会社は一見良さそうに見えますが、大博打銘柄でさえ信用取引出来る事を意味します。

    ある証券会社ではアキュセラの株価が1800円台の時も信用取引が不可でした。

    今回この様な事態に見舞われた方々におきましては悲しさを通り越して怒りに満ちている事かと存じます。

    多くの大相場は操作している大口が背景にあり情弱はただ波に乗るしかありません。

    しかし怪しい波に飲まれない為にも、今後信用取引について厳しい制限を設けている優良な証券会社に口座を移されてはいかがでしょうか。

    早い段階で全株一致する事を祈るばかりです。

本文はここまでです このページの先頭へ