ここから本文です

投稿コメント一覧 (5444コメント)

  • しかし、巨人さんがFAで獲得した陽、野上、炭谷。
    長野より実力は下だと思うのだが。

  • >>No. 615491

    >何かここでは緒方擁護派とか、批判派とか言ってたけど(笑)
    >擁護派は全員、緒方を擁護してる感覚は0だと思う。

    どの監督にも当てはまりますが、
    良い点もあれば、そうでない点もある。
    トータルでどうだったかってところ。

    昨日テレビで落合が今季の一番良かった監督は緒方と言っていました。

  • >>No. 615474

    >他チームが払ってるからそれに足並み揃えるしかないと思う
    >カープの年俸が妥当だとしても残り11球団がもっと払うわけだから選手は低い評価をされたと思うだろう
    >選手は不満を感じるはず

    不満という気持ちよりも、
    他のチームメートと比べ貰いすぎて申し訳ないとの気持ちと、実力に伴わない年俸へのプレッシャーの方が強いって思いますね。

  • 中村奨
    2018年 2軍 0.201(214-43) 4HR

    個人的には、まだまだプロの身体ではないので、
    5,6年は見据えて育てて欲しいと思いましたが、
    十分な成績。

    じっくり育てて大きく成長するタイプ。
    3球団競合ドラ1のプレッシャーに負けずに、一歩ずつ成長してほしい。

  • >>No. 615469

    >高卒1年目で育成に時間が掛かりそうなタイプは素人目にもわかるだろう。
    >何故?そんな選手に年俸1500万払う必要があるのだろうか?
    >800万でも多いくらいだ。

    同意ですね。
    ドラフトでの人気度は、契約金で完結するべきだと思います。

  • >>No. 615468

    >初任給が安いとベースの安さで活躍しても年俸を抑えられる
    >球団の狙いはそこだろう

    そうでしょうね。
    でも、そのことは選手にとっても、選手生活をトータル的に考えると、良いことだと思います。
    選手とってもその家族にとっても幸せなことは、一年でも多く現役生活を続けることだと思います。
    それを過度な年俸上昇やそれによるプライドによって、まだ身体が動けるのに現役生活を終えることだってあるのです。
    貰えるお金は多いに越したことはないが、最終的にはプロ野球生活を悔いなく終えることが一番だと思います。

  • >>No. 615438

    >中村は2位までに指名されなければ社会人入りを表明しており、柳田より優先指名になったのでしょう。この2010年のドラフト終了直後に、柳田を獲れなかったことに対する批判はなかったと記憶しています。

    その当時は、どちらも即戦力ではなく将来性の評価だったと思うが、下馬評では柳田よりも中村が上だったと記憶しています。

    >私的には当時の状況からして、柳田を獲らなかったことよりも中村、そして岩見、金丸と獲った左腕が全滅状態であることが問題と捉えています。今では育てられない左投手より戦力になる右投手になってきています。

    個人的には、左投手のドラフト指名はリスクが非常に大きいと思います。
    というのも、左利きの割合って全体の1割程度。
    でも、プロの投手の左投げの割合はその3倍の3割もいる。
    左利きだから右利きよりも身体能力に優れていることもないから、
    今の左利きプロ野球投手の内の3人中2人は、右利きプロ野球投手の身体能力に劣っていることになります。
    それでもなぜ左利きプロ野球投手の需要があるのか?
    一つは右投げ左打ちの選手が多く、左打者の割合が多いこと。
    もう一つは、打者の左投手に慣れていないとの問題。
    しかしそれも高校→大学→社会人とレベルが上がるにつれ、慣れてくるでしょう。

    数合わせ的に無理やり左投手をドラフトで獲りにいかないカープの方針は悪くないって思います。

    丸の人的補償で、そこそこの左投手を獲得するのが良いと思います。
    そのことが、これからのドラフトでい左投手に益々拘らず、能力のある投手を取りにいけることに繋がると思います。

  • >>No. 615356

    >同じ高卒ドラ1で最初から700万も安かったら不信感を持たれかねない

    例えば去年のドラ1の中村。
    一つ上の坂倉に比べて、来年度も年俸が上。
    不信感という気持ちよりも、
    他のチームメートと比べ、貰いすぎで申し訳ないとの気持ちの方が強いって思いますね。

  • >>No. 615363

    >曽根は1000万以上出す選手かなと思います。来年も常時1軍が期待される選手と思いますのでね。曽根は私が言い続けているベースアップ、底上げが必要な選手の1人と思います。

    そうですね。次の年の活躍の対価ですから。
    でも曽根の場合は1軍出場日数の関係で、結局は1000万円を超えることになるのでしょうね。
    良い制度ではあるが、逆に年俸ベースを低くされることもある。
    曽根の場合、その制度を上手く利用されている感が。

  • >>No. 615362

    >19歳の少年が2年目に減俸となれば
    >頑張るというより無理をする可能性がある。

    それはあるかな。
    でもカープの場合は、ドラ1でそこそこ貰っている選手でも、
    活躍しなくても下げない傾向にある。
    去年の中村もそう。
    契約時の取り決めかもしれませんね。

  • >>No. 615358

    >そもそも、契約金 1億、出来高5千万。
    >年俸1500万とか。
    >まだ入団しただけで、何も試合も出てなく実績も無いのに日本は出し過ぎ。

    同意です。
    入団してからが勝負なのに、
    活躍前にあれだけ貰えるのはどうなのでしょうか?
    プロになることを目標にして、
    そこをMAXに持ってきて、過負荷をかけてしまっている選手も少なくないと思います。

  • >>No. 615351

    >広島小園 契約金1億円+出来高+年俸800万円
    >巨人高橋 契約金1億円+出来高5000万円+年俸1500万円
    >横浜上茶 契約金1億円+出来高5000万円+年俸1500万円
    >中日根尾 契約金1億円+出来高5000万円+年俸1500万円
    >入った球団が違うだけで年俸が半分近く違うって駄目でしょう
    >700万をケチるメンタルどうにかして欲しい
    >クジを引く球団が違ったらおそらく1500万貰えてる
    >何気に酷い話しだよ

    大卒の巨人高橋・横浜上茶と比較するのは違うと思います。

    ドラ1にしても高卒1年目で1500万円っていうのは、
    チームメートとの差の方に違和感がある。

    カープで年俸1500万円あたりの野手は、堂林(1600万円)・下水流(1500万円)。
    年俸とは活躍の対価。
    来年度において堂林・下水流より数字を残すなんて考えにくい。

    一方、小園の年俸800万あたりので比較すると、曽根・坂倉(700万円)。
    このあたりの選手よりも来年活躍できるかってところも可能性として低いと思われる。

    個人的には、契約金で大きく差をつけているのだから、
    年俸はドラフト上位下位でも、高卒・大卒・社会人別で一律で良いと思います。

  • >>No. 614984

    >大瀬良の件はあの優しい性格で良く投手が務まるなぁ…と感心しております。

    私もそう思いました。
    と同時に、それを補うだけの能力の高さに感心しました。
    まだまだ伸びしろがあると感じました。

  • >>No. 614951

    >前から書いてるけど、衣笠の記録は自己満足なんですよね。

    そうとも取れますね。
    ただ、あれだけインコースを投げられて、当てられても、
    投手に怒りをみせない姿勢は、素晴らしいですね。

    少し話が逸れますが、
    黒田が藤浪にインコースを投げられて、怒鳴った姿、
    勝負師としては素晴らしいと思いますが、、

    一方、大瀬良が藤浪に当てられたシーン、
    痛みを堪えながら、ニッコリ笑って大丈夫って藤浪を気遣う大瀬良。
    勝負師としてはどうかな?っていう意見もあるかもしれないが、
    咄嗟にあの対応が出来る人間性、
    個人的にはそっちの方が断然好きです。

  • >>No. 614945

    >やはり広島県は狭いんだね。ミスター赤ヘルが圏外で衣笠がランクイン。
    >日本国民の記憶に浩二は薄いんでしょうな

    ここ最近の話題性ってのあるでしょうね。
    衣笠さん・星野さんは、今年亡くなられたってところが票が集まった要因の一つだと思います。

  • >>No. 614910

    >彼と交流する者もいる。
    >得るものは私も無いが、価値観の違いなんでしょうね。
    >野間、監督、畝を批判し続け、堂林を特別扱いする。それを支持する者もいる。
    >打ってこそ~閉塞感の打開にはまず代打。
    >点をとってなんぼ。
    >スランプに落ちた打者はすぐにスタメン落ちを希望。

    人それぞれ考え方は違うのは仕方がない。
    贔屓の選手を応援して、特別視することも気持ちもわかるし、悪いことではないと思う。
    しかし例の人は、特定の選手を思い入れするあまり、
    特定の選手を出場機会を阻止しているって勝手に思っている者に対して、非難する行為が良くない。
    それなりの根拠が出てくるなら聞く価値もあるが、悪口しか出てこない。

    見えなくするのがベストです。

  • 皆様へ

    例の人と絡んだら場が荒れるだけです。
    そして、私自身は例の人とやり取りしても、
    カープについて、野球について、全く得るものがないと感じました。

    皆様も今すぐ見えなくしてください。

  • >>No. 614782

    >torisさんには、さまざまなデータを御示し下ださって ありがとうございました。
    >データは、私のような 偏見に満ちた人間にとっては、その傾向・偏向を是正してくれるものとして有用です。
    >ただ、こちらの言い分にも耳を傾けていただきたい…とおもうこともあるわけです。

    他の意見について、耳を傾けないって感じられた点は申し訳なく思います。

    そもそも私自身が野球を語るときは、見た目を重視で、データは補助的なものとしていたつもりです。
    ただ、基本的なデータをなくして、有効な議論ができないとも思っています。
    例えば、捕手のリードについて語る中で、データでは外角低めの被打率が2割を切っているとか。

    私自身、こういう場の発言で一番注意していることは、選手には家族がいること。
    家族を傷つけることはないようにしたいって思います。

    もうずいぶん前の日南キャンプで、
    風呂敷に包んだお重箱を抱えた中年の女性がいた。
    居残り練習を終了したとある選手に声をかけていた。
    その選手は恥ずかしそうに受け答えして、そばにいたコーチにその女性を紹介した。
    その選手の親御さんと想像できる。
    宮崎出身で自宅から近いにしても、子供の頃に大好きだったものを朝から作って、詰め込んだのでしょうね。
    もうすでにレギュラーを獲得している年俸何千万のユーティリティープレイヤーに対してですよ。

    プロ野球選手だからとか、大金を貰っているから、罵声を浴びせられるのは当然って意見を耳にするが、
    親はいつまでもかわいい幼い子供のままなのですよ。

  • >>No. 612536

    丸の弱点(その3)
    球速のある投手はストレート系を高目に

    2018年147キロ以上球速の高目の打率
    0.033(30-1) 0本塁打 19三振(そのうち空振三振が17)

    参考)
    丸の2018年147キロ以上球速の高目以外の打率
    0.343(35-12) 2二塁打 3本塁打 12三振(そのうち空振三振が9)

    鈴木の2018年147キロ以上球速の高目の打率
    0.353(17-6) 1二塁打 2本塁打 7三振(そのうち空振三振が5)

本文はここまでです このページの先頭へ