ここから本文です

投稿コメント一覧 (128コメント)

  • アンパンマンって爆発するんだね

  • 2016/10/15 18:37

    関西の大手ディベロッパー(プレサンスコーポレーション、ダイマルヤ、サムティ、南海不動産、アートプランニングなど)との関係を強化していて、3年先の案件まで受注しているとのことです。
    特にプレサンスコーポレーションとは、三栄建築設計が東南アジアで共同開発するので、関係良好な様子。
    今期の予想数字は、無理して達成させる数字ではなく、硬い数字。
    シード平和を三栄建築設計の完全子会社にする考えはない。
    新しい情報としてはこれくらいだと思います。
    個人的には質疑応答をとても楽しみにしてたのに、主催者が全然時間を取らずに終了して、キレそうになりました。

  • No.956

    .

    2016/10/12 19:49

    全ての事柄をいい方からしか見ない、見れないのは、冷静な判断ができていない証拠

  • No.594

    (*☻-☻*)

    2016/10/12 13:21

    飛んだね〜!
    三栄連れ高。
    土曜のIRセミナー楽しみだわ

  • No.564

    ^ ^

    2016/09/27 22:05

    三栄建築設計が発表した、プレサンスコーポレーションとの共同出資会社設立のIRのなかで、9月末にシード平和がプレサンスのマンション建設請負契約予定と記載されていますね。
    今後が楽しみです。

  • >>No. 474

    今回、減資して資本金1億にすると書いてあるので、税制優遇狙いじゃないでしょうか?
    シャープが中小企業になると、問題視された事案です。

  • No.371

    2016/08/15 09:52

    今のJトラストは、昔の爆発的に成長していた時のJトラストと、中身が全然別物。
    昔のJトラストは、債権を安く買ってきて回収するサービサー事業がメインだった。
    当時は過払い金返還により、多くの消費者金融業者が苦しんでいるときで、安く買い取れる債権及び会社が腐る程あった。
    しかし、過払い金返還が落ち着いてくると買い取れる債権がなくなってきたので、自分たちで貸し出そうとしたが、ブランドも販売網もないので、失敗。武富士を消滅させたのが裏目にでた。
    そこで目をつけたのが韓国の消費者金融。
    安く買える債権及び、消費者金融業者がたくさんあり、上限金利も日本より高いので、同じことをやれば儲かると思っていたが、韓国政府の徳政令、借りる人間の低いモラル、当初見込んでいた額が回収できず、多額の貸倒を何度も計上。
    止むを得ず、まっとうな人に貸し、きちんと返済してもらう普通の貸付業者に転換。
    金利が低く、販管費もかかる。

  • 小池さんは投資家向けのアピール下手だね。
    決算説明資料をだすタイミングも、意味不明だし、会社のホームページに載せてなかったりする。
    分割は、流動性の増加とともに話題にもなるのに。
    親会社の三栄も、業績悪くないのに人気ないし。
    株主総会に行って、文句言いたいわ。

  • ライツの金で、意味不明に介護に進出。
    株主総会で、株主にこんなのやる必要ないと言われた時、藤沢は反論していたが、結局介護事業売却で損失。
    国内金融事業の、過払い金返還は下火でそれ程問題ではないと言っておきながら、事業売却。
    韓国の国民幸福基金と言う徳政令があるのにも関わらず、株主には何1つ影響等事前に説明なく、決算発表などで赤字をだしてくる。
    黒字になるといい続けて、赤字の決算をだしてくる。

  • >>No. 411

    人気以前に、知名度がないですからね~
    IRイベントへの参加など、IR活動頑張って欲しいです。

  • シード平和の経営陣へ
    流動性が低すぎるので、株式分割して下さい。
    よろしくお願いします!

  • >>No. 105

    ありがとうございます。

    ちなみに来期も以下の案件があります。
    16/9
    大阪市浪速区 1369㎡
    16/10
    大阪市東淀川区 1443㎡
    17/1
    大阪市西区 1875㎡
    京都市山科区 IR案件
    17/3
    神戸市須磨区 IR案件
    大阪市西区  IR案件

    特に京都市山科区の案件は土地だけで2,528㎡あるので
    ビックプロジェクトになると思います。
    ワンルームかファミリータイプかわかりませんが、
    ワンルーム想定だと来期は300戸くらいになるかもしれません。

    なお上記及び先日記載した案件に関しては、間違いや完成時期のずれなどが
    ある可能性もありますので、ご注意下さい。

  • >>No. 97

    IRに力を入れて欲しいとは私も思います。

    中期経営計画に販売数などが載ってない件はIRに質問しましたが、社外秘とのことでした。
    もっと具体的な数字が載っていた方がより、中期経営計画の信憑性が増すと思うのですが。

  • >>No. 86

    最近仕入れた3件だけでそんだけいくなら、利益倍以上になってますよw

    来期の案件でわかる範囲(マンション分譲、建築請負含む)だと
    完成予定時期 場所 建築面積
    16/2  
    京都市南区  1,330㎡
    京都市中京区 1,737㎡
    大阪市浪速区 3,188㎡
    大阪市東成区 1,153㎡
    16/3
    大阪市北区   863㎡
    16/5
    大阪市西区   888㎡

    全部ワンルームだと仮定してマンション分譲は140戸くらいで売上20億くらいかな
    建設請負が前期並みかちょいプラスで55~60億くらい
    不動産賃貸も前期並みで5~10億くらい
    戸建ては前期23件(売上8億)で販売が本格化すると予想されるので、
    50~60戸で20億くらい

    利益に関しては、利益率の低い建築請負メインから利益率の高いマンション、戸建てメインへシフトしていくのでかなり改善されると予想しています。

    上記を見て達成可能かどうかは個人の判断になりますが、会社計画は決して馬鹿げた数字ではないと思います。
    まぁ不動産は景気に左右されるので今の状況が続くのが大前提ですが…

  • >>No. 64

    建売や分譲マンションやってる会社は高成長でもPER低い(殆ど10倍以下)ところが多いですから、ここも建設業ではなく、そちらに分類されると超割安って程でもないかもしれません。
    あとは知名度が全然ないのもあると思います。先日の中期経営計画も既存株主以外の人は殆ど見てないような気がします。
    会社の成長と共に、知名度が上がるのを待てばいずれ大きな実を結ぶでしょう。

  • 2015/08/26 09:34

    中期経営計画の内容は素晴らしいけど、こんなに出来高少なくて値幅あったら買うのためらう人も居るでしょう。
    地合いのせいもあると思うけど、会社側は早急に3分割くらいするべき

  • >>No. 26

    これで少しは流動性が増すかな?
    時価総額的にもそろそろ機関投資家が目をつけてきそうですが、
    こんなに流動性低かったら、買いたくても買えないですからねー

    決算はこのまま為替がそんなに変動しなければ、通期で純利益14億くらいにはなりそうですね。
    タンクコンテナの増加、新設支店の寄与、さらなる円安などがあれば
    さらに上に行くかもと思っています。

本文はここまでです このページの先頭へ