IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (4432コメント)

  • やはり長期投資です。
    運、鈍、根
    ここで学びました。ありがとうございます。

  • NISA口座は一度枠を使ってしまうと、来年までもう使えません。
    一度NISA口座に200株入れたら、単純に株価下落で安くなっても損きり・買い換えはしないと思います。特定口座で買い増しするでしょう。株式分割されれば、NISA口座の200株も分割されるので、NISAに入れるために株式分割を待つのは意味があるのかどうか。NISA口座にどれくらい詰め込めることができるかは、株式分割時の株価と分割数に左右されると思います。そのようなリスクがあるなら、敢えて待つより今200株入れてしまう方が賢明なのでは?

  • 人類初の量子技術を用いた製品「バテナイス」

    ところで、NTT物性科学基礎研究所は面白い。natureクラスの研究がたくさんあるね。
    http://www.brl.ntt.co.jp/J/newsrelease/

    量子メモリー、量子バッファなど、深遠な世界がひろがっている。
    暇なんで、いろいろ勉強しちゃいます。
    なんとなくしかわからんけど。

  • 本日はレーティングを利用した機関の買い占め方法のよい勉強となりました。
    まあ、魅力があるから、こうやって下げて買い占めていくのですね。
    みんなに学んで、ガチホしながら、胆力をつけていきます。

  • >>No. 73374

    楽天証券には以下の説明がありました。
    https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/adachi/adachi_20130808.html

    現行法では、ロールオーバーは、時価ベースで100万円までしかできません。
    5年後に、もしこの株が1株100万円以上になっていたら、全くロールオーバーできない可能性もあるかと思います。その場合、5年後にNISA口座にこの株の保有はできず、売却または一般・特定口座に移管(その後売却すると20%課税)することになります。
    しかしおそらく1株100万円以下に株式分割されると思うので、ごく一部分はロールオーバーして10年後まで保有できるのではないかと思います。
    ロールオーバーできない大半の株は、5年後に売却益を100%得るか、
    それとも20%税金を払ってでも配当を期待して、そのまま一般・特定口座で保有するかになりますが、どのような配分にするかは、各人の懐事情によると思います。

    そういう、ちょっと悩む状態にさせてくれることを日本マイクロニクス株には期待して、私はガチホおります。

    なお、法律専門家ではありませんので、あくまで私の理解です。
    法律って改正されますので、長期的にどうなるかはわかりません。

  • リチウム:海水から採取 原子力機構が新技術 短時間、高純度で
    毎日新聞 2014年02月08日 東京夕刊
     携帯電話などの電池の原料となるリチウムを、海水からエネルギーを使わず、簡単に低コストで取り出す新技術を開発したと、日本原子力研究開発機構の研究チームが7日、発表した。海水を特殊な膜に通すだけという方法で、従来の方法よりも短時間・高純度でリチウムを採取できる。実用化されれば、100%輸入に頼るリチウムを国内で生産できる画期的な手法になる可能性がある。
     研究チームは、海水と薄い塩酸を用意し、その間に海水に溶けたリチウムだけを通すセラミックスを使った薄膜(5センチ四方)と電極板を浸した。海水側と塩酸側の電極板を導線でつなぐと導線に電流が流れ、30日間で海水25リットルから約2ミリグラムの高純度リチウムを塩酸側に採取できた。また、0・56ボルトの発電にも成功した。

    まあ、関係ないけど。マグネシウムと同様に今のうちに出しておかないと、あと3週間でバテナイスが注目されたら、誰も見向きもしてくれなくなるもんね。

  • No.90679

    強く買いたい

    躍動感!

    2014/02/12 10:05

    ここ日本から、地球を救うエネルギー革命・産業革命が始まるのですね!

  • EV向け次世代電池で合弁 独ボッシュ・GSユアサ・三菱商事 (2/12日経web)
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD120IW_S4A210C1TJ2000/

    2020年代に1回の充電で現行リチウム電池の走行距離2倍を目指して開発するそうな。
    関連業界の戦々恐々とした雰囲気が伝わってくる感じがする。
    いずれにしても量子電池の急速充放電の特性からすれば、バテナイスにはかなわないと思うが。

  • 今日は2月13日。「に・い・さ」の日。NISAに入れることが出来るかな。

  • WBS 新電池特集にも、ちょっと出るかな?
    期待はするけど、出ないだろうねえ。

  •  バッテリージャパン招待券の申し込み時に、目的を書かないといけなかったので、「日本マイクロニクス社の人類初の量子電池バテナイスにしか興味がありません」と書いたのが、主催者の目をひいた(パンフ掲載のきっかけになった)のであれば、うれしい限りです。まさかそんなことはないでしょうが(笑)。。。
     さて、パンフのコメントには「スマホやノートPCは半分以上の軽さ・薄さに、予備バッテリーを持ち運ぶ手間が無くなるのでは?と実用化に高い期待を集めています」と記載されています。なぜ「スマホ・ノートPC」なのでしょうか。「EV」や「携帯バッテリー」でないのでしょうか。なぜ「半分以上」なのでしょうか。取材者が計算したのでしょうか(しない気がする)。もしかして試作品を目にしたのでしょうか。だれの「期待を集めている」のでしょうか。これはまあ、素人でも書ける文章ではありますが、やはり同社に関連する複数企業への取材をもとに書かれたものと考えるべきで、取材者はそのような情報に触れたためにこういう表現になったのではないかと。するとやっぱり、スマホがバテナイス内臓製品1番乗りかと。そにー+りんごかな。。。。妄想でした。

  • No.100583

    強く買いたい

    後場、少し買い増しする。

    2014/02/17 11:46

    私の眼前に広がる広大な海には波風なく、青空はどこまでも澄み切っておる。
    平静な心で、投資家として修練させていただきまする。

  • あえて長文失礼します。申し訳ありませんがソース略。
    量子電池は実在するんですよ。バテナイス社会が到来するでしょう。買えるのは今でしょう!
    【Batteniceの特徴】
     (1)量子電池は物理電池。化学電池と違い化学反応がないので発熱がほとんどない(ウェアラブルに最適、車載電池の構造簡略化)。
     (2)電解液がなく半導体を電極で挟んだだけの、軽量かつシンプル構造(生産コスト減が可能!?)。
     (3)無機固体不燃材料のため、液漏れなく、過充電やショートしても燃焼や熱暴走がなく、安全性が高い。
     (4)厚さ11ミクロン(サランラップと同じ厚さ!)のシート構造で、軽量・デザイン性に優れる(プロダクトの設計そのものから覆す可能性)。
     (5)積層直列で高電圧(高出力)が容易に得られる(電気自動車、リニアモーターカーへの応用!?)。並列で長時間の放出が可能。
     (6)高速充放電が可能(数分でフル充電!?。急速充放電の特性によりEV車の急加速やブレーキ回生エネルギー蓄電などに最適!?)。
     (7)自然放電(自己放電)が起こりにくい(太陽光、風力、水力など不安定な自然エネルギー発電や、簡単に停止できない原子力発電と組み合わせることで、電力の安定供給が可能となる!?。自家発電・蓄電の促進!?。無停電電源(UPS)の需要。また、電気そのものを流通させる新産業創出の可能性!?)。
     (8)1万回の充放電でも劣化せず(さらに10万回を検証中)、メンテナンスフリーで長期使用可能(ランニングコストが安い、着脱不要な組込み設計が可能!?)。
     (9)レアメタル不要なため、安価で安定供給が可能(現時点での安全保障上重要)。
     (10)液漏れや有害物質もなく高い環境性能を有する。
     (11)電極を透明にすれば、高効率の太陽光発電も可能(量子太陽電池)。
     (12)グエラテクノロジー社の中澤明氏(元富士通研究所)が発明したが、大手に「あり得ない」とあしらわれ、悔しい思いをしていた。プローブカード世界No.1企業である、日本マイクロニクス社長谷川会長との出会いにより、同社の「大面積薄膜多層積層技術」を駆使して大判シート(30cm角)で積層が製造可能となった。
     (13)Batteniceのネーミングは、ZYXYZ社(docomo,au,りそな銀行などのネーミングで有名)に外注して考案された。「battery + nice」の造語によって、社会のニーズに応えていく優れたバッテリーであることを表し、劣化しづらく長寿命である(ばてない)という商品特長を訴求した。米国商標登録済み。
     (14)2013年株主総会で実演済み(DC電源で、10cm角(11μ厚)シート1枚を2分間充電し、2分間小さな(直径約25㎜)モーターでプロペラを駆動、5枚並列にして2分充電で10分間駆動!!)。モーターにより出力密度が高いことを披露した。
     (15)量産化技術は開発済み。提携先は不明だが、すでに青森の既存工場に5億円を投じて提携先サンプルの量産試験ラインを製造。「現在、製品化に向け、性能向上と安定生産を目指した開発を進めている段階」。
     (16)サンプルは有償。個人へのサンプル提供はされない。
     (17)2014年2月26-28日の国際二次電池展(バッテリージャパン)に“世界初”の”量子電池”としてBattenice出品決定。パンフレットの目玉情報として、バテナイス写真とコメント「スマホやノートPCは半分以上の軽さ・薄さに、予備バッテリーを持ち運ぶ手間が無くなるのでは?」と記載。同社は「Batteniceの技術を、広く潜在顧客へ公表するとともに、二次電池業界並びに関係企業の方々へのPRの機会として出展する。」(つまり、提携顧客とはすでに水面下で商談済みであり、その他裾野産業の開拓と、アンケートによる市場調査、マスコミへの宣伝を狙っている!?)「電池展での出品を1.5Vのみにするか、1.5Vと15Vの2種類にするかを検討中」とのこと。
     (18)2013年株主総会にて、「プローフカードと量子電池の二つが将来的な事業の柱位置付けております」との発言。日本マイクロニクス社は、二次電池(Batteniceなど)を3年先・5年先を見据えた次世代製品やコア技術の開発項目の一つと位置づけている。事業化(事業の方向性)は現在検討中。

    【Battenice目標値】
     電圧1.5V、電力密度500Wh/L、出力密度8000W/L、-25℃~+85℃で作動。充放電10万回。
     (さらにリチウム電池の100倍(20,000 Wh/kg)を目指して広島大学で研究中)

    上記には、バテナイスの関連が不明な情報が含まれます。
    「!?」「?」には個人の推測が含まれます。
    株式は、自己責任でお願いします。

  • 妄想ですが、アップル傘下にテスラが入れば、
    マイクロニクス→ソニー→アップル→テスラとなり次世代EVも面白くなる。

  • No.103429

    強く買いたい

    ガチホ&買い増し

    2014/02/18 12:48

    本日も後場直後に、少し買い増しさせていただきました。
    ありがとうございました。地合よくなれば、午後は急騰するかな。

  • No.104392

    強く買いたい

    スカイネット

    2014/02/18 17:32

    心理まで考慮に入れているという機関のアルゴが、映画ターミネーターのスカイネットに思えてきた。まだ未熟とはいえ、大変なものを作り出してしまったものだ。抵抗軍である我々個人ホルダーは、その盲点を突き、すなわちしっかり現物をガチホして生き延びることが大切だ。

  • No.105983

    強く買いたい

    うろたえるな

    2014/02/19 10:50

    ここの価値は織り込めません。価値がありすぎてわからないのですから。
    電池展の反響は、パンフの表紙だけではまだわかりませんよ。
    二次電池展には世界中から9万人が来場予定ですが、表紙にもなっているバテナイスを見ずには帰らないでしょう。3日間で計23時間の開場の間に、数万人がブースの前に立つと考えると、名刺交換が精いっぱいではないでしょうか。
    関連企業のすそ野がどこまで拡がっていくのか、拡がる間は収益があがると考えます。電池展の意味は、そのすそ野を拡げること。電池展で確定売りが出て一旦下がるのは仕方ないと思いますが、本当の価値はそこからの提携先で決まっていくと思います。

  • パナソニックが電池縮小の話は以前からあるけど、今後、テスラはどこから電池を仕入れるのか?という問題になる。アップルとの提携話があるのにまさかサムスン製はないだろう。先日、テスラの実物見たけど、床全体がびっしり電池だね。こんなのうっかり燃えたら大変だと思った(燃えて株価急落したけど)。安定したリチウム電池の調達が困難となれば、バテナイスの出番では?ますます、ソニー→アップル→テスラを妄想してまう。ちなみにテスラ株は回復して上昇してます。

  • No.108374

    強く買いたい

    バテナイス病

    2014/02/20 00:05

    WBSで水中走行電動自動車や電動車いすのベンチャーが出ていた。
    最近、何を見ても、バテナイスが入っているのを想像してしまう。

  • たらちねさんのおっしゃるのに賛成です。
    なんかねえ、もう掲示板おっかけていくのも疲れたねえ。
    あんまり、煽りに回答しなくていいんじゃない?煽りは無視が一番。
    自分を信じればよいのだよ。

本文はここまでです このページの先頭へ