ここから本文です

投稿コメント一覧 (4890コメント)

  • 朝鮮半島は、明日あたり北の砲撃があると思います

    これをきっかけに軍事境界線を挟んで双方が重砲を撃ちあう展開でしょう

    北朝鮮の潜水艦が出撃したらしいですが、釜山など韓国主要港沖合に機雷を敷設すると思いますね


    そして、だんだんエスカレートして南北は全面戦争に突入します

    米軍は本格介入しないと思いますので、北の勝利で終わるでしょう



    ふふふふふふ

    YEBISU

  • 上海・・・・・大変みたいですね

    昨日も書かせていただきましたが、中国政府は何もせず、傍観していたほうがいいでしょう

    中国は、この際、自主的に軍縮し、浮いた予算を景気対策につぎ込んだほうがいいでしょう

    大丈夫です

    日本は中国を攻めることはありません

    憲法第九条は残りますから




    ふふふふふふ

    YEBISU

  • 800割りましたか?

    なかなか、思うように行きませんね


    ふふふふふふ
    YEBISU

  • もう、中国共産党に経済減速を止める方法は一つしかない

    それは

    軍縮

    でも、そんなことしたら・・・・習主席は確実に軍産複合体に消される

    こういう時はジタバタせず

    なにもしないほうがいい

    勝俣元会長の座右の銘

    なるようになる ケセラセラ


    中国共産党も見習うだろう



    ふふふふふふ

    YEBISU

  •  SEALDs の求める安全保障政策(HPより抜粋)

    現政権は2年以内の憲法改正を掲げるとともに、集団的自衛権の行使容認、武器輸出政策の緩和、日米新ガイドライン改定など、これまでの安全保障政策の大幅な転換を進めています。しかし、たとえば中国は政治体制こそ日本と大きく異なるものの、重要な経済的パートナーであり、いたずらに緊張関係を煽るべきではありません。さらに靖国参拝については、東アジアからの懸念はもちろん、アメリカ国務省も「失望した」とコメントするなど、外交関係を悪化させています。こうした外交・安全保障政策は、国際連合を中心とした戦争違法化の流れに逆行するものであり、日本に対する国際社会からの信頼を失うきっかけになりかねません。




    「東アジアの安定」といいながら、中華人民共和国の推し進めている尖閣への領海侵犯、南シナ海埋め立て問題には一切触れていない

    また、靖国参拝について「東アジアからの懸念」と、遠回し的に中国・韓国に配慮しろという

    これじゃ~一部の憲法マニア以外、支持を広げることはできないだろう


    先制使用しなければ・・・・自衛のための核保有は憲法で認められている


    ふふふふふ

    YEBISU

  • 金坊ちゃん

    地雷は軍事境界線から440m韓国側に埋められていた

    北朝鮮の工作員が直接越境して地雷を埋めたとすれば、韓国側の対人センサーの穴を北が知っているということになる

    この可能性は低い

    むしろ、韓国軍内に工作員が潜んでいて埋めたと考えるのが妥当だろう

    しかし、そうなると、その証拠(工作員逮捕)を北に突きつけない限り、北は認めない

    韓国の不手際は、犯人逮捕前に放送を始めてしまったことだろう

    韓国軍上層部は、北工作員潜入の責任追及を逃れるために真相解明まえに放送を開始した

    これで、ますます金坊ちゃんが優位になった

    北はすでに警告期限を1日以上伸ばしているので、放送施設を砲撃しても大義名分が立つ

    また、韓国側が北の恫喝に屈して放送を中止すれば・・・・・朴政権は世論の激しい怒りを買い崩壊する

    かといって、北と戦端を開く覚悟はない

    金坊ちゃんは・・・・軍事に関しては案外有能な人物かもしれない




    ふふふふふふ

    YEBISU

  • YEBISUがなくなったので、補給した(^^)

    ふふふふふふ

    YEBISU

  • 確か、今日の5時でしたか?

    韓国が対北中傷放送をやめない場合、軍事行動を起こすと明言しましたので、朝鮮人民軍は迷わず砲撃を開始するでしょう

    ま~国際社会の目もありますので、軍事施設への限定砲撃となるでしょうが・・・・・

    ふふふふふふ

    YEBISU

  • >どっちにしろ世界株価の回復は、万一中国が一時的にもっても、さらなる米国金利上げの嵐の後となる。
    日本投資家の年内回復などというおめでたい期待はとても無理かもね。



    金は金利の低いところから高いところに流れる

    金は政情不安の国から安定している国に流れる

    中華人民共和国が破たんし

    イギリスを除くEUも破たん

    世界中の禁輸緩和で地球上に溢れかえっている行き場を失った金は・・・・・・・・アメリカに集まる

    FRBの利上げなど、仮に行われたところで、ススメの涙・・・・・リーマン以前の水準には及ばない

    結局、アメリカの一人勝ち

    JPYは、USDのリスクヘッジ用通貨として信任されている

    皆さんの予想に反して、日本にも少しはおこぼれが回ってくるかも・・・・・



    ふふふふふふ

    YEBISU

  • 私は、南北政府は嫌いだが、焼き肉は大好物だ!!

    いま、双方の政権が生き残る唯一の策を提案しましょう

    それは、軍事境界線付近で限定的な砲撃の応酬をおこなう

    双方10人程度犠牲者が出た(ということにして)段階で、矛を収める・・・・

    これしか、世論を納得させる停戦はありません



    ふふふふふふ

    YEBISU

  • すでに、米中高官が会談し、今回の衝突で軍事介入しないことを申し合わせています

    また、双方とも高価な航空機の消耗戦には耐えられないので、航空戦は限定的と思われます

    そのため、地対地ミサイル、長距離砲の打ち合いになるでしょうが、ターゲットは軍事施設などに限定すると思います


    明日のソウル市場は・・・・・臨時休場でしょうね

    ふふふふふふ

    YEBISU

  • 今回の衝突、はっきり言って韓国は金坊ちゃんを甘く見ていたと思いますね

    金坊ちゃんはこれまで多くの粛清を行っている関係で、ここで譲歩すれば、確実に反対派に消される

    引くも地獄、進むも地獄

    おそらく自爆覚悟で戦うでしょう


    一方、韓国は北が譲歩するとタカをくくっていたので、思わぬ抵抗にあって混乱している

    朴大統領には北と心中する覚悟はない

    北の謝罪なしで放送打ち切れば・・・・・国内世論の猛反発は必至

    もしかしたら・・・・・自殺するかもしれません



    ふふふふふふ

    YEBISU

  • 核を持たない第九条は・・・・・戦わずして負ける、最悪な選択肢

    核を保有していれば・・・・外交交渉で相手は譲歩するので、戦わずして勝てる

    核の先制使用さえしなければ、現在の憲法下でも核は保有できるのです


    一拳法学者としての意見です


    ふふふふふふふ

    YEBISU

  • 韓国、北朝鮮の恫喝に屈し謝罪・・・・・・朴大統領辞任

    次の政権には・・・・・親日を期待したいですね


    ふふふふふ

    YEBISU

  • 激しい振り落としについてこれる者だけに・・・・・勝利の女神は微笑む

    ふふふふふふ

    YEBISU

  • 来週は

    高値掴みのホルダーの皆さんの「バンザイ投げ売り」が見れるかもしれませんね


    ふふふふふふ

    YEBISU

  • 楢葉町 9月5日の帰還住民

    2割程度にとどまる見通し

    このまま行くと、楢葉町は単独では存続できない

    広野町との合併を模索するべきだろう


    ふふふふふふ

    YEBISU

  • AIIB(アジア・イケ・イケ・バンク)空中分解


    つい、数か月前まで世界を席巻していたAIIB

    マスコミも

    民主党も

    参加しろとは言わなくなった


    ふふふふふ

    YEBISU

  • 起爆装置を取り外せば、核弾頭もちょっと濃いめの核燃料に過ぎない


    経済危機。社会不安に陥った核保有国の核弾頭をIAEAで買い取る制度をこの際、創設してはどうか?

    現在、米露英仏中以外に核保有国は広がっているが、米英仏を除き、多くの国が国力に見合言わない過大な核保有を行っている

    核武装は、一種の生命保険

    戦争がなければ、その保険料負担は・・・・・国家の経済に重くのしかかる

    ダーティボムならともかく、熱核兵器は・・・・・日米欧以外保有するべきではない

    この先、核保有国の国家崩壊。混乱は頻発するだろう

    そして、その混乱に乗じて核弾頭がテロリストに渡らないともいえない


    安倍首相は、国連でIATEの核弾頭買い取り制度の創設と、その基金への拠出用意を表明するべきだ


    世界平和を祈念しつつ・・・・東電株価1200円



    ふふふふふふ


    YEBISU

本文はここまでです このページの先頭へ