IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1637コメント)

  • ●火事場泥棒的、中国の圧力 香港民主派議員の資格剥奪し15人全員辞職 
    米大統領選に紛れ「親中派」ほぼ独占

     中国の習近平指導部が、香港立法会(議会)の民主派議員4人の議員資格剥奪を決定した。米大統領選の混乱が続くなか、火事場泥棒的に「香港の自由・民主」を奪い、香港統治を強化する狙いだ。これに抗議して、他の民主派議員15人は全員辞職すると発表した。「東洋の真珠」と呼ばれた香港は、さらに赤く染まりそうだ。

    夕刊フジ抜粋

  • ジョー・バイデンは副大統領として訪中した際、チャイナが尖閣諸島に軍事圧力を強めることを許す引き換えに息子の投資会社に10憶ドルの出資を受けていた。
    ジュリアーニ元NY市長が語るとしてユーチューブに投稿されたそうですが・・・

    ※マジならヤバくないか・・

  • ●中国「千人計画」参加者が明かす“拝金主義” 論文ボーナスは1500万円、データ捏造に走る者も

    率直な疑問を、「千人計画」に応募して中国へと渡った70代の元大阪大学教授にぶつけると、匿名を条件に重い口を開いてくれた。

    「自ら手を挙げたわけでなく、8年前、友人だった北京航空航天大学の学部長に誘われたんです。研究部門のトップに相当するポジションを用意するから是非やって欲しいと言われて……」

    招聘(しょうへい)された大学は軍事研究が盛んな「国防七校」のひとつで、中国の「国家重点大学」にも選出されている。ちなみに、彼は日本で核物理などを研究するシンクタンクに属していたと聞けば、その叡智が軍事転用される恐れを孕んでいるのではないか。

    ※デイリー新潮抜粋

  • 軍艦島を負の遺産としたいNHK
    NHKの受信料徴収こそ負の遺産だ。
    民放も、NHKの受信料制度に怒りを感じないのかな?

  • ●森友問題で、近畿財務局職員自殺の2日前→森ゆうこ、福島瑞穂らが近畿財務局を突撃していた!前日→杉尾秀哉、小西洋之が財務省に押しかけ詰問

    ※自殺とパワハラ恫喝の関係は・・・

  • 韓国政府、請求棄却求める ベトナム虐殺の損害賠償で

    ベトナム戦争に派遣された韓国軍による民間人虐殺の際に生き残ったベトナム人女性、グエン・ティ・タンさん(60)が、韓国政府に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が17日までに、ソウル中央地裁で開かれた。韓国政府は虐殺の立証が不十分などとして請求棄却を求めた。

     タンさんの代理人弁護士は閉廷後、報道陣に「韓国政府は南ベトナム解放民族戦線が韓国軍に変装していた可能性なども主張するようだが、理解できない」と批判した。

  • ●「日中友好」の名の下で 日本学術会議から派生した日中交流組織、核エネルギー開発に協力

    日中原子力協力協定に基づき、日中科学技術交流協会は1994年から現在まで、核エネルギー、核分裂、核融合の研究協力をしている。このことは、2019年10月18日に発表した、日中技術者交流に関する講演資料で説明されている。

    さらに、中国原発最大手・中国広核集団が「独自開発」したと主張する第3世代原子炉「華龍1」については、日中科学技術交流協会は原子力発電の技術発展に協力と明記している。

    「原子力技術が非民間の秘密作戦に使用される可能性」もあるとし、「中国の核技術開発市場がグローバル化すれば、イラン、北朝鮮、パキスタンなどの懸念国に暗幕の元で技術が渡る恐れがある」

  • ●中国「千人計画」で日本の技術が盗まれる 参加の東大名誉教授が告白「中国は楽園」

    “隣国という気安さから新天地を選んだ”と取材に応じてくれたのは、東京大学名誉教授で物理学が専門の土井正男氏(72)だ。

    「現在は北京航空航天大学の教授として、専門のソフトマター物理学を教えています。9年前に北京の理論物理学の研究所に呼ばれて連続講義をした際、知り合った中国の先生から『千人計画』に誘われまして」

     土井氏が論文リストを送ったところ、中国政府から招聘を受けることになった。

    ※「週刊新潮」抜粋

    土井正男氏は、元日本学術会議連携会員。

  • 中国「千人計画」で日本の技術が盗まれる 参加の東大名誉教授が告白「中国は楽園」

    東京大学名誉教授で物理学が専門の土井正男氏(72)だ。

    「現在は北京航空航天大学の教授として、専門のソフトマター物理学を教えています。9年前に北京の理論物理学の研究所に呼ばれて連続講義をした際、知り合った中国の先生から『千人計画』に誘われまして」

     土井氏が論文リストを送ったところ、中国政府から招聘を受けることになった。

  • 中国企業に技術情報を漏えいか 積水化学元社員を書類送検―大阪府警

    大手化学メーカー「積水化学工業」(大阪市北区)の元社員の男性(45)=懲戒解雇=が在職当時、営業秘密に当たる技術情報を中国企業に漏らしたとして、大阪府警は13日、不正競争防止法違反容疑で男性を書類送検した。

  • Go to トラベル のコメント欄に
    会社の出張で使いGo toで浮いた差額分を懐にいれているとあったが・・・
    公務員は、少なくてもないよなぁ・・・経費も税金・給付金も税金

  • 日本学術会議が提唱し、東日本大震災時の増税・レジ袋有料化となったそうです。
    池袋暴走事故で無罪を主張している上級国民飯塚氏も会員だったとか・・・

    ●中国の「外国人研究者ヘッドハンティングプラン」である「千人計画」には積極的に協力している。
    ●中国共産党軍と関係の深い中国科学技術協会と協力覚書を結んでいる。

    ※日本学術会議は、日本防衛の為の軍事研究に妨害までして反対しているのに、
     なぜ中共には協力するの?

  • 北大は2016年度、防衛省の安全保障技術研究推進制度に応募し、微細な泡で船底を覆い船の航行の抵抗を減らすM教授(流体力学)の研究が採択された。この研究は自衛隊の艦艇のみならず、民間のタンカーや船舶の燃費が10%低減される画期的なものである。このような優れた研究を学術会議が「軍事研究」と決めつけ、2017年3月24日付の「軍事的安全保障研究に関する声明」で批判した。

    学術会議幹部は北大総長室に押しかけ、ついに2018年に研究を辞退させた。

    ※日本学術会議の”学問の自由”ってなに??

  • 日本学術会議「推薦候補」6人の任命拒否の中にはスパイ防止法にも関連する「共謀罪」など批判しているが、日本の技術が中共に流れる事で、第二・第三のウイグルをつくる事につながらなければ良いが・・・

  • 問題だらけの「日本学術会議」

    ・国の予算で負担され、会員210名に対し10億円強の予算になっている。

    ・日本学術会議は、中国の「外国人研究者ヘッドハンティングプラン」である「千人計画」には積極的に協力しているありさまだ。そのために、日本学術会議は、中国共産党軍と関係の深い中国科学技術協会と協力覚書を結んでいる。

    ※税金で日本政府の軍事研究を禁止するのなら、中国政府の軍事研究への協力も禁止すべき。

  • ●問題だらけの「日本学術会議」は、今すぐ「民営化」するのが正解だ

    現在内閣府の特別の機関であり内閣総理大臣が所轄し、その会員は国家公務員(特別職)である。その経費は国の予算で負担され、会員210名に対し10億円強の予算になっている。

    その一方で、日本学術会議は、中国の「外国人研究者ヘッドハンティングプラン」である「千人計画」には積極的に協力しているありさまだ。そのために、日本学術会議は、中国共産党軍と関係の深い中国科学技術協会と協力覚書を結んでいる。

    日本政府の軍事研究はダメと言いながら、中国政府の軍事研究はいいという国益に反する二枚舌だ。

    ※現代ビジネス抜粋

  • ドイツに3体目の「平和の少女像」

    旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」がドイツの首都ベルリンの中心部に設置された。
    同国では3体目で、ベルリンでは初めて。28日に現地の政治家や学者、市民らが出席する中で除幕式を行う予定。これまでの2体は私有地に設置されているが、今回はドイツの公共の場に設置された初の少女像となる。

    ※反日活動を各国で広げている韓国と未来志向でも友好的にはなれません

  • 韓国軍のベトナム慰安所報道で処分された
    元TBS山口敬之ワシントン支局長でしたが・・

    山口氏が関わる事件が大きくなった事に関連性があるのでしょうか?

  • ●朝日新聞元政治部長も退社後に顧問 ジャパンライフ

     家庭用磁気商品の「オーナー(販売預託)商法」で多額の現金を集めた「ジャパンライフ」元会長の山口隆祥容疑者(78)ら14人が詐欺容疑で逮捕された事件。

     被害弁護団によると、同社の会社案内には複数の報道機関のOBが顧問として紹介されていた。うち一人は元朝日新聞政治部長の橘優氏で、橘氏などによると、顧問だったのは退社2年後の2013年から破綻(はたん)直前の17年夏ごろまで。

    ※朝日新聞社広報部のコメント
     元政治部長の在職中の肩書が悪用されたとすれば、誠に遺憾です。退職後に社外から得た報酬などについては、本人の責任で対応すべきものと考えます。

    朝日新聞DIGITAL 2020年9月18日 21時00分より抜粋

  • ●元朝日新聞政治部長を直撃! 悪質マルチ「ジャパンライフ」顧問を務めた理由は? 「『新聞を読んでないのか』と言われそうだが、知らなかった」

     安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐり、左派野党やメディアが批判を続けている。悪質なマルチ商法で経営破綻した「ジャパンライフ」の山口隆祥(たかよし)元会長が2015年の同会に招待されたことが問題視されているが、何と同社は、元朝日新聞政治部長の橘優(たちばな・まさる)氏を顧問に迎え、テレビや新聞で知られる政治評論家や解説委員らとの懇親会(勉強会)を、マルチ商法の宣伝に利用していた。この事実を、日本消費経済新聞が昨年2月5日付紙面でスクープした。

    ZAKZAK by夕刊フジより抜粋

本文はここまでです このページの先頭へ