ここから本文です

投稿コメント一覧 (51コメント)

  • chatworkがサイボウズとほぼ同じ時価総額で上場するみたいだけど売上はサイボウズがほぼ10倍
    いかにここが過小評価されてるかが際立つから楽しみだね

  • 青野によれば引き続き微妙な業績らしい
    それ誰の責任なわけ?そんな業績しか出せないならさっさと退任するべきなんじゃないの?

  • 青野さん政治的な発言は少し控えてもらえませんかね
    夫婦別姓ぐらいは勝手にやればいいと思いますがそれ以外の発言も増えてきました
    このままでは製品は気に入っても青野が気に食わないから採用しないという企業が出てきますよというかもう出ています実際Twitterでそういうこと言ってる人がいました
    明らかに会社に損害を与え始めています
    自由に発言したいなら社長を辞めて下さい
    立憲民主党から出馬されたらいいんじゃないですか社長業より向いていると思いますよ

    監査役の方どうお考えですか?個人の発言が会社に損害を与えうるという点で非常に問題だと思います株主として看過できません
    青野氏と話し合いを持たれることを希望します

  • 社長がTwitterで左巻きの発言で暴れてますがこの際政治思想は問いません勝手にしてください
    ただ笑ってしまったのは「権力を振りかざす政治は終わりにしよう。権力を振りかざす経営も終わりにしよう。」っていう発言ですね
    あなたは筆頭株主っていう絶対権力を振りかざしているから有能か無能かも分からないのに十年以上も社長を続けていられるんではないですか?その自覚ないんですか?
    では持ち株全部売却してそれでも社長に選ばれ続けられるかやってみたらいいんですよ
    それで選ばれるのであれば権力を振りかざしてないと少しは認めてあげてもいいでしょう

    とにかくここの社長副社長はカッコつけの発言とそれに対して中身を伴わない行動が多すぎる。言行不一致そのものですね。そしてその自覚がまるでない。あきれますね
    この2人が居なければもっと成長を加速し素晴らしい企業になっているに違いないのに残念です。是非他の優秀な人たちでなんとかサイボウズを守り立てていってほしいと切に願っています。

  • よく考えたらアメリカ事業の5年で270社という実績は初めて具体的な数字を出してきたんですね。苦戦しているのは分かってましたがそれでもかなり低い印象です。
    その内訳も大半は日系企業だろうし日本でのネームバリューを使って仕事しているに過ぎない。相当なヒト・カネ・時間を費やしてこの数字ですからサイボウズUSAの社長の交代や撤退も視野に入れなければいけない危機的な状況にあるわけです。
    そんな中で当の責任者の山田氏は日本でマネジメント本出版のためのミーティングだイベントだ株主とから騒ぎだと悠長なことをやっている。だれも責任を追及しないんでしょうか?かなり疑問ですよね
    ここは3人しか取締役がおらず青野山田の仲良し両氏ですべてを差配できる状況にある。このガバナンスの弊害が出ている気がします。誰もこの2人に意見できる状況にないわけです。
    来年あたりに東証一部の上場基準の厳格化で社外取締役が必須になりそうですし時価総額500億以上が一部維持の条件になりそうですが800円でバブルとか言っていたら二部降格間違いなしなんですがどうするんでしょうか?株主は納得するんでしょうか?
    様々な外圧の中でいつまで株主を軽んじる経営が続けられるのか見ものですねこの二人の動向はきっちり監視していかなければなりません。

  • 5年で270社というのは上手くいってるんでしょうか?おそらくその中の殆どは日系企業の現地法人だと思いますし
    別にその責任が全て山田氏にあるとも思いませんが本を書いている暇があったらもっと事業に集中して頂きたいと思うわけです

  • 副社長の山田氏が近々本を出されるようですがこの方が担当しているアメリカ事業は結果が出ているんでしょうか?言えば誰でも知ってる有名企業にキントーンが採用されたと毎年総会で同じ事を繰り返し言っているだけなので心配です
    たまたまキントーンが当たってうまく行っているだけなのに青野山田両氏は自分達が意識高いカリスマ経営者だと勘違いし始めている感じがして懸念しております
    世界一のグループウェア企業になるらしいのでそれを達成するあるいは達成する見込みが立ったあたりで本出すなり自慢するなりしたらいかかがでしょうかいち株主からのお願いです

  • バブルでもなんでもないものをバブルだバブルだと騒ぎ立て、あたかも株価が不当な高値であるかのように喧伝し、全くやるつもりも無い増資を匂わせて投資家を脅し株価を下落せしめる行為は株価操作で法に抵触する可能性がありますよね
    監査役の方がここを見ているとおっしゃっていたので二度とこのようなことが起きないように青野氏に対する厳重注意とともに再発防止を徹底して頂くようお願い申し上げます

  • 青野は勤務時間中もエゴサで賛同意見探しか
    よっぽど自分の意見に自信が無いんだね笑
    そりゃ薄っぺらな知識でかっこつけの発言してたら自信なんか持てないわな
    頼むからもうちょっと株式市場やバリュエーションその他もろもろ勉強してくれよ
    そうしたらこんなのがバブルなんて思うはずないから
    勉強する気が無いならまともなCFOでも雇ってそいつに全部任せな
    山田に聞いてもダメだぞ笑

  • ありますよ
    普通成長段階にある企業は無配か出しても少額で残りを成長資金に回すんですがここは青野と山田にまともなファイナンスの知識が無いのと株は売りたくないけど手っ取り早く現金は欲しいのでしょう結構高額な配当が出ています
    表向きは株主には株価上昇ではなく配当で報いるという名目です笑

  • 1月は年末の通期上方修正を受けて上がったあとに市場全体の暴落に巻き込まれた形だったと思います
    ここはたまに吹き上がってもすぐ売り込まれる動きを繰り返してボックスで推移してたんですがここ最近だけ例外的に上げ続けてましたね
    今回もツイートで下がったのかどうかは不明ですし今後も別にないと思いますが社長副社長コンビの方針は今後も変わらないと思うのでそれにストレスを感じるようだったら売ったほうが良いでしょうね

    私はここの経営理念などどうでもよく今後も成長すると思うしまだ割安だと思ってるのでホールドですね
    3年以内に時価総額1000億は超えてくると思ってますが売上の伸びが大きく鈍化した場合は売りますね

  • 青野山田のなんちゃって意識高い系経営が広くホルダー以外にも知られるようになるとは感慨深いですねえ
    ここは青野さんの意思に反して2005年のバブルを再現してくれるとほんと面白いんだけどなあ時価総額そこそこあるから無理かなあ実現したら今年最大の祭りになる気がするけど...ちょっと期待です笑

  • >>No. 412

    続報が出ましたね。記者は同じ川村力氏この方はpring関係者とかなりのコネクションをもっているようです。
    前回の記事の信憑性もさらに高まったと思います。

    決済手数料0.95%というのは経済産業省が決済手数料を1%未満にしたいという意向と完全に合致します。
    この決済手数料は銀行系でないとおそらく実現不可能でしょう。
    むしろ経産省はpringを念頭に置いて1%未満という目標を設定したとも考えられます。
    これで完全にキャッシュレス決済及び国策の大本命として浮上したと思いますね。

  • LINE pay その他の決済アプリと差別化しにくいというのは確かにあるでしょう
    しかしそれはユーザー側の話であって一番pringの優位性が発揮されるのは加盟店の決済手数料です
    現在LINE pay の決済手数料は3.45%ですがpringは店舗用アプリの説明欄に「超圧倒的に業界最安の決済手数料をご用意(クレジットカード手数料の半分以下)」とあるようにおそらく1%台の決済手数料なのではないかと思います
    先日のQRコード統一の日経の記事に経産省が決済手数料を1%未満にしたいという意向を示しているとありましたがpringはそれにも何なりと対応できるでしょう
    なぜならユーザーの銀行口座・決済アプリ・加盟店の銀行口座を一気通貫に抑えられるのは銀行系アプリだけだからです

  • QRコード規格は全て統一させる方針のようですね
    となるとあとはアプリ間の競争となります
    その時一番有利なのはどこか?それは間違いなく銀行系です
    QRコード決済の引き落とし方法は主に
    1カード決済による銀行引き落とし
    2銀行口座からの都度引き落とし(デビッド型)
    3銀行口座からのチャージ型
    の3つがあります
    要するに全てに銀行が関わっておりそこに手数料がかかるわけですが銀行系のアプリであればその手数料を無料にできるので加盟店手数料引き下げにおいて大きな競争力を得ることができます
    さらに銀行系アプリ間においてもメガバン3行協業ということにもしなれば圧倒的優位なのは自明でしょう
    pringが決済だけでなく個人間送金プラットフォーム機能も重視していることも銀行系であることが有利に働きます
    ますます今後の展開が楽しみになってきたと思いますね

  • そもそも口座連携と提携は違う話です
    口座連携のみであればあのようなBusiness Insider の記事内容にはなりません

  • ダイヤモンドの記事からすると少なくとも三井住友は独自アプリを開発する意向はなくpringでやっていくことに早い段階で合意しているように感じますね。みずほに続き口座連携されたのが三井住友だったのも頷けます。
    それを見て三菱UFJがおそらく国の働きかけもあり独自路線から統一路線に舵を切ったのかなと感じます。
    いずれにしてもメガバン3行が協業するというのはある意味日本の金融史に残るような大きな出来事だと思いますし私を含め多くの日本人は日本の決済サービスが使いたいと思っているはずなのでぜひ早期に実現してもらいたいですね。

  • 昨日の経団連総会での安倍総理のスピーチでの発言です
    「スマホさえあれば、キャッシュレスで買い物ができる。あと2年、こうした社会の実現を目指し、大胆な制度改革にもチャレンジしてまいります。」

    キャッシュレス決済はまさに国策ど真ん中であり遠い将来の話ではなく今ここ喫緊の課題であることがこの発言からも分かるわけですが、果たして国として外国資本に決済プラットフォームを握られることを良しとするでしょうか?当然日本企業を支援していきたいと考えているはずですが、その時国としても後押ししたい後押ししやすい大本命はどこなのか?答えは自ずと分かって来ると思います。

  • 決済プラットフォームまでLINEに握られたら日本は終わりだと思います

  • むしろいつもより買い板が厚く売り板が薄いですね

本文はここまでです このページの先頭へ