ここから本文です

投稿コメント一覧 (15コメント)

  • No.923

    強く買いたい

    >国の予算がついたね

    2019/07/14 07:26

    >>No. 906


    >国の予算がついたね

  • やっぱり買いで決めています。

  • >>No. 639


    >
    >キャセイ・トライテック株式会社(代表取締役 中原 隆志)は、シー・ティ・マシン株式会社(本社:大阪市北区、以下「シー・ティ・マシン」)向けカメラセンサーシステムに弊社の通信ボードをご採用いただいたことをお知らせいたします。 弊社が開発した通信ボードは、シー・ティ・マシンとソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、以下「ソフトバンク」)が共同で開発したカメラセンサーに採用され、ソフトバンクが提供するパーキングシェアリングサービス「BLUU Smart Parking(ブルースマートパーキング)」のカメラセンサーシステムに搭載されています。また、通信ボードの通信機能を制御するソフトウェアについても弊社が開発いたしました。 今後、このシー・ティ・マシン製カメラセンサーシステムを使ったソフトバンクのパーキングシェアリングサービス「BLUU Smart Parking」への技術面からのサポートで継続的に貢献し、積極的に事業を展開して参ります。

  • ソフトバンクの宮川潤一副社長は25日、インタビューに応じ、第5世代(5G)移動通信システムで全国に10万局超の基地局を整備する計画を明らかにした。宮川氏は「その世界観で、5Gをどう展開するか戦略を立てている。投資効率を高め、どこよりも安くやる」と自信を見せた。同社が総務省に申請した2024年度末までの計画ではスマートフォン向けなど、主要な基地局を約7300局を整備するとしている。宮川氏は「数万局では5Gはできあがらない。地上の基地局は1社で10万局を軽く超える」と述べた。5Gに対応したサービスの実用化とともに基地局の整備を加速させる。

  • >>No. 576


    今日、中国とイタリア
    の協議

    明日の新聞が楽しみです

    >1111確変入った⁉️


    >https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20190424-00123482/

  • No.581

    強く買いたい

    🙏🙏🙏🙏🙆

    2019/04/25 06:00

    🙏🙏🙏🙏🙆

  • 今日もプラスです
    🙏🙏🙏🙏🙌🙌🙌🙌

  • 一帯一路「5G+4K」フォーラムと中国の「5G+8K」分野別年度別市場規模

  • 🙆🙆🙆🙆🙆🙆🙆🙆🙆🙌🙌🙌🙌

  • でた!25日から始まる「一帯一路」フォーラムを前に、22日北京で「5G+4K」フォーラムが開催された。中国国内の「5G+8K」戦略の分野別・年度別市場規模を、工信部シンクタンクが昨年発布した白書から読み解く。

    ◆「長安からローマへ」:一帯一路「5G+4K」戦略

     4月22日、北京で<一帯一路「5G+4K」伝播イノベーション国際フォーラム>が開催された。25日から始まる<「一帯一路」国際合作(協力)サミット・フォーラム>に先駆けて、特に「5G+4K」に焦点を当てたフォーラムだった。

     中共中央(中国共産党中央委員会)宣伝部の副部長で中央広播電視(テレビ)総台の台長(日本語的には局長)でもある慎海雄氏は、「中央広播電視総台は、5G世代の到来という歴史的チャンスをしっかり捉え、コア技術を集中させて皆さんとともに“5G+4K+AI”全新戦略の局面を融合させ加速させようと思っている」と述べた。

     印象的だったのは「長安からローマへ」(長安は陝西省の古都で西安の古称)という4Kドキュメンタリーが開幕式で上映されたことで、これはまさに習近平国家主席がイタリアを「一帯一路」に参画させ、G7の一角を切り崩した時に使った言葉「古代シルクロードの両端は中国とイタリアだった」を想起させた(詳細は3月26日付けコラム<G7切り崩す習近平「古代シルクロードの両端は中国とイタリア」>)。やはり習近平の胸中には、かつてのローマ帝国のような「中華帝国」という「中国の夢」が描かれているのであろう。

     このフォーラムでは「シルクロード・テレビ国際合作共同体 “5G+4K”伝播イノベーション提議書」が発布され、習近平政権が唱える「人類運命共同体」に対して新しい貢献をすることなどを強調した。

     まさにデジタル・シルクロードが徐々に正体を現している。

     ならば、中国自身の国内における「5G+8K」戦略はどうなのか。少しつぶさに考察してみよう。

    ◆中国の「5G+8K」の分野別市場規模と成長率

     中国の2022年までの「5G+4K・8K」戦略に関して国家が4兆元(約66兆円)を投資するということを、4月11日のコラム<中国政府が遂にHuaweiと組む――「5G+4K・8K」で>で述べた。これは、中国政府の中央行政省庁の一つである「工業と情報化部(工業和信息化部)」(略称:工信部)が今年3月1日に国家広播電視総局と中央広播電視総台(台=局)とともに発布した「スーパーハイビジョン映像産業発展行動計画」(2019-2022)(以下、「行動計画」)に明記してある数値だ。ちなみに国家広播電視総局は国務院系列で、中央広播電視総台は中共中央の系列である。同じ「総局」という名称では区別しにくいので、「総局」とほぼ同じ意味である「総台」を用いたものと思われる。

     66兆円という、この途方もない経費を前にして、日本のビジネスマンならきっと「それなら日本はどれくらい中国市場に踏み込んでいけるだろうか」「中国は日本の関連企業の製品を、どれくらい必要としているだろうか」あるいは「そのニーズはないのか」それとも「分野によってはあるのか……」などと、さまざまなビジネスチャンスを思い描くにちがいない。

     そこで、先ずは、工信部のシンクタンクである中国電子信息(=情報)産業発展研究院(China Center for Information Industry Development=CCID)が2018年9月に発表した「2018年中国スーパーハイビジョン映像産業進展と投資価値に関する白書」(以下、白書)を考察してみよう。

     CCIDは1995年に当時の中央行政省庁の一つである信息(=情報)産業部によって設立されたシンクタンクだが、2008年の中央行政省庁の改変によって現在の工信部直属のシンクタンクとなった。持ち株の関係上、俗称的に賽迪グループと呼ばれることもある(経緯は複雑なので省略)。

     白書では、2022年の「5G+4K・8K」産業、特に「5G+8K」産業に重きを置いた分野別の生産高と年平均成長率を以下のように予測している。

    1.テレビやハイビジョンスクリーンなどのハードウェアの生産高は15681.7億元(約25.87兆円)で、年平均成長率(CAGR、Compound Annual Growth Rate)は20%。

    2.ネット・インフラやビデオ制作などに関する生産高は10386.2億元(約17.14兆円)で、年平均成長率は80%。

    3.アプリケーションやサービスなどに関する生産高は7546.2億元(約12.45兆円)で年平均成長率は90%。

  • No.559

    強く買いたい

    いいね👍️

    2019/04/24 09:32

    いいね👍️

  • No.553

    強く買いたい

    おはよう☀️🙋❗️

    2019/04/24 05:43

    おはよう☀️🙋❗️

  • No.552

    強く買いたい

    明日も🙏🙏🙏

    2019/04/23 21:58

    明日も🙏🙏🙏

本文はここまでです このページの先頭へ