ここから本文です

投稿コメント一覧 (4995コメント)

  • No.486

    強く買いたい

    <6861 …

    2015/09/17 19:01

    <6861







    キーエンス 56650 +3480
    大幅続伸。BNPパリバ証券ではFAセクターのカバレッジを開始、同社をトップピックと評価している。投資判断は「バイ」、目標株価は74000円に。高水準の利益率を維持し、株主還元にも積極性が見られ始めたことを評価。米国での売上が堅調を維持するなか、国内も設備投資回復による恩恵を受け、その他アジア地域への進出も売上モメンタム増に寄与するとみているもよう。なお、BNPパリバ証券ではSMCの投資判断も「バイ」としている。

  • No.488

    強く買いたい

    BNPパリバ証券ではFAセクタ…

    2015/09/18 06:19

    BNPパリバ証券ではFAセクターのカバレッジを開始、同社をトップピックと評価している。投資判断は「バイ」、目標株価は74000円に。高水準の利益率を維持し、株主還元にも積極性が見られ始めたことを評価。米国での売上が堅調を維持するなか、国内も設備投資回復による恩恵を受け、その他アジア地域への進出も売上モメンタム増に寄与するとみているもよう。なお、BNPパリバ証券ではSMCの投資判断も「バイ」としている。

    今日も↑

  • No.457

    強く買いたい

    STAP細胞や次世代電池など、…

    2015/09/18 06:22

    STAP細胞や次世代電池など、画期的な発明に関するリリースが相次ぎ、株式市場では関連銘柄が賑わいを見せている。資産倍増も夢ではない高い技術力を持った企業を紹介する!

    <夢の最新技術>セルロースナノファイバー

    セルロースナノファイバー, 日経平均, 日経新聞 鉄やプラスチック、カーボンファイバーなどに比べて、軽くて丈夫で環境にも優しい素材、それが星光PMCや新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などが開発した「セルロースナノファイバー(CNF)」だ。

    「CNFは植物繊維をナノオーダーにまで細かく解きほぐした物質で、重量は鋼鉄の5分の1ですが、強度は5倍ほどといわれています。樹脂などに混ぜれば強度が高まり、車の内装材や家電、建設、包装などさまざまな用途への応用が期待されています」(フィスコ日本株アナリスト・小川佳紀氏)

     車の内装材に使われれば、樹脂の使用量が減る分、一台あたり20kg程度の軽量化にも繋がるという。植物由来のナノ繊維のため、石油由来の繊維などと異なり枯渇の心配もなく、環境負荷が少ない点もメリットだ。

    「強くて軽くて透明なため、テレビやスマホの超薄型ディスプレイへの応用も期待されています」

     今年からサンプル出荷を始め、’17年に量産化予定とのこと。夢も関連銘柄も広がるばかりだ。

    ◆資産倍増を叶える「セルロースナノファイバー」関連銘柄

    ●星光PMC【4963】
    現在株価:794円(100株)
    目標株価⇒1500円/夢の株価⇒5000円
    製紙用薬品の技術を応用して、セルロースナノファイバーの表面を改質する技術を持つ。自動車部品向け樹脂への活用に期待

  • STAP細胞や次世代電池など、画期的な発明に関するリリースが相次ぎ、株式市場では関連銘柄が賑わいを見せている。資産倍増も夢ではない高い技術力を持った企業を紹介する!

    <夢の最新技術>セルロースナノファイバー

    セルロースナノファイバー, 日経平均, 日経新聞 鉄やプラスチック、カーボンファイバーなどに比べて、軽くて丈夫で環境にも優しい素材、それが星光PMCや新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などが開発した「セルロースナノファイバー(CNF)」だ。

    「CNFは植物繊維をナノオーダーにまで細かく解きほぐした物質で、重量は鋼鉄の5分の1ですが、強度は5倍ほどといわれています。樹脂などに混ぜれば強度が高まり、車の内装材や家電、建設、包装などさまざまな用途への応用が期待されています」(フィスコ日本株アナリスト・小川佳紀氏)

     車の内装材に使われれば、樹脂の使用量が減る分、一台あたり20kg程度の軽量化にも繋がるという。植物由来のナノ繊維のため、石油由来の繊維などと異なり枯渇の心配もなく、環境負荷が少ない点もメリットだ。

    「強くて軽くて透明なため、テレビやスマホの超薄型ディスプレイへの応用も期待されています」

     今年からサンプル出荷を始め、’17年に量産化予定とのこと。夢も関連銘柄も広がるばかりだ。

    ◆資産倍増を叶える「セルロースナノファイバー」関連銘柄

    ●星光PMC【4963】

    目標株価⇒1500円/夢の株価⇒5000円
    製紙用薬品の技術を応用して、セルロースナノファイバーの表面を改質する技術を持つ。自動車部品向け樹脂への活用に期待

  • STAP細胞や次世代電池など、画期的な発明に関するリリースが相次ぎ、株式市場では関連銘柄が賑わいを見せている。資産倍増も夢ではない高い技術力を持った企業を紹介する!

    <夢の最新技術>セルロースナノファイバー

    セルロースナノファイバー, 日経平均, 日経新聞 鉄やプラスチック、カーボンファイバーなどに比べて、軽くて丈夫で環境にも優しい素材、それが星光PMCや新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などが開発した「セルロースナノファイバー(CNF)」だ。

    「CNFは植物繊維をナノオーダーにまで細かく解きほぐした物質で、重量は鋼鉄の5分の1ですが、強度は5倍ほどといわれています。樹脂などに混ぜれば強度が高まり、車の内装材や家電、建設、包装などさまざまな用途への応用が期待されています」(フィスコ日本株アナリスト・小川佳紀氏)

     車の内装材に使われれば、樹脂の使用量が減る分、一台あたり20kg程度の軽量化にも繋がるという。植物由来のナノ繊維のため、石油由来の繊維などと異なり枯渇の心配もなく、環境負荷が少ない点もメリットだ。

    「強くて軽くて透明なため、テレビやスマホの超薄型ディスプレイへの応用も期待されています」

     今年からサンプル出荷を始め、’17年に量産化予定とのこと。夢も関連銘柄も広がるばかりだ。

    ◆資産倍増を叶える「セルロースナノファイバー」関連銘柄

    ●星光PMC【4963】
    目標株価⇒1500円/夢の株価⇒5000円
    製紙用薬品の技術を応用して、セルロースナノファイバーの表面を改質する技術を持つ。自動車部品向け樹脂への活用に期待

  • 2015/09/18 07:29

    STAP細胞や次世代電池など、画期的な発明に関するリリースが相次ぎ、株式市場では関連銘柄が賑わいを見せている。資産倍増も夢ではない高い技術力を持った企業を紹介する!

    <夢の最新技術>セルロースナノファイバー

    セルロースナノファイバー, 日経平均, 日経新聞 鉄やプラスチック、カーボンファイバーなどに比べて、軽くて丈夫で環境にも優しい素材、それが星光PMCや新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などが開発した「セルロースナノファイバー(CNF)」だ。

    「CNFは植物繊維をナノオーダーにまで細かく解きほぐした物質で、重量は鋼鉄の5分の1ですが、強度は5倍ほどといわれています。樹脂などに混ぜれば強度が高まり、車の内装材や家電、建設、包装などさまざまな用途への応用が期待されています」(フィスコ日本株アナリスト・小川佳紀氏)

     車の内装材に使われれば、樹脂の使用量が減る分、一台あたり20kg程度の軽量化にも繋がるという。植物由来のナノ繊維のため、石油由来の繊維などと異なり枯渇の心配もなく、環境負荷が少ない点もメリットだ。

    「強くて軽くて透明なため、テレビやスマホの超薄型ディスプレイへの応用も期待されています」

     今年からサンプル出荷を始め、’17年に量産化予定とのこと。夢も関連銘柄も広がるばかりだ。

    ◆資産倍増を叶える「セルロースナノファイバー」関連銘柄

    ●星光PMC【4963】
    目標株価⇒1500円/夢の株価⇒5000円
    製紙用薬品の技術を応用して、セルロースナノファイバーの表面を改質する技術を持つ。自動車部品向け樹脂への活用に期待

  • STAP細胞や次世代電池など、画期的な発明に関するリリースが相次ぎ、株式市場では関連銘柄が賑わいを見せている。資産倍増も夢ではない高い技術力を持った企業を紹介する!

    <夢の最新技術>セルロースナノファイバー

    セルロースナノファイバー, 日経平均, 日経新聞 鉄やプラスチック、カーボンファイバーなどに比べて、軽くて丈夫で環境にも優しい素材、それが星光PMCや新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などが開発した「セルロースナノファイバー(CNF)」だ。

    「CNFは植物繊維をナノオーダーにまで細かく解きほぐした物質で、重量は鋼鉄の5分の1ですが、強度は5倍ほどといわれています。樹脂などに混ぜれば強度が高まり、車の内装材や家電、建設、包装などさまざまな用途への応用が期待されています」(フィスコ日本株アナリスト・小川佳紀氏)

     車の内装材に使われれば、樹脂の使用量が減る分、一台あたり20kg程度の軽量化にも繋がるという。植物由来のナノ繊維のため、石油由来の繊維などと異なり枯渇の心配もなく、環境負荷が少ない点もメリットだ。

    「強くて軽くて透明なため、テレビやスマホの超薄型ディスプレイへの応用も期待されています」

     今年からサンプル出荷を始め、’17年に量産化予定とのこと。夢も関連銘柄も広がるばかりだ。

    ◆資産倍増を叶える「セルロースナノファイバー」関連銘柄

    ●星光PMC【4963】
    目標株価⇒1500円/夢の株価⇒5000円
    製紙用薬品の技術を応用して、セルロースナノファイバーの表面を改質する技術を持つ。自動車部品向け樹脂への活用に期待

  • 60000円くらいまで戻らんかな・・・・・・・・

  • 【星光PMCは悪地合いの影響限定的、次世代素材CNFや15年12月大幅増益を評価】
    2015-09-24 10:46
    ttp://biz.searchina.net/id/1589674?page=1

    ■株価は悪地合いの影響限定的で下値切り上げ

    ■週足チャートで見ると一旦割り込んだ26週移動平均線を素早く回復する動きだ。
    また7月の年初来安値850円をボトムとして、8月安値880円、9月安値940円と下値を切り上げている。
    次世代素材CNFや15年12月期大幅増益を評価して8月の年初来高値1187円を試す展開だろう。
    (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • No.84

    強く買いたい

    明日は1,100円超えかな↑

    2015/09/28 15:19

    明日は1,100円超えかな↑

  • No.86

    強く買いたい

    2015年09月28日 環…

    2015/09/28 15:34


    2015年09月28日
    環境省 来年度にCNF実証プロ まず自動車分野で実用


     環境省は、セルロースナノファイバー(CNF)の社会実装に向けた技術開発を促進する。CNFは軽量・高強度の木質繊維。燃費向上やCO2削減につながることから、まず自動車分野をターゲットに実用化を目指す。今年度実施する可能性調査(FS)で性能やCO2削減効果などを確認し、その成果も踏まえ、2016年度は導入拡大に向けた具体的なプロジェクトを進める。来年度予算の概算要求で38億円を計上した。

  • No.122

    強く買いたい

    現在値 PTS:リアルタイム …

    2015/09/29 06:01


    現在値 PTS:リアルタイム 20分ディレイ





    PTS(リアルタイム)

    株価比較

    1,155+101(+9.58%) (09/28 19:54)


    始値
    1,155 (09/28 19:54)

    高値
    1,155 (09/28 19:54)

    安値
    1,155 (09/28 19:54)

    出来高
    100 (09/28 19:54)

    売買代金
    115,500

    基準値
    1,054

  • No.123

    強く買いたい

    星光PMC PTS株価 …

    2015/09/29 06:20


    星光PMC PTS株価


    東証株価 PTS株価 ADR株価


    ナイトタイム(AM0:00)
    東証終値(09/28) 1,155円
    (1,054 円 ) 東証株価との比率
    +101 円 (+9.58%)
    PTS 株価

  • No.124

    強く買いたい

    2015年08月28日 …

    2015/09/29 06:35


    2015年08月28日

    経産省 CNFの国際標準化 取り組みを本格化


     経済産業省は、セルロースナノファイバー(CNF)の国際標準化に向けた取り組みを本格化する。CNFの特性を総合的に評価する計測手法の確立を目指し、9月28日からカナダ・エドモントンで開かれる国際標準化機構(ISO)の技術委員会に原案を提出。議論を深めて規格化の第一歩とする。将来、日本企業が世界でCNF関連ビジネスを進めるうえで追い風になることを目指す。経産省は3年程度での規格化に期待をかけている。

    経産省 CNFの国際標準化 取り組みを本格化

  • (ブルームバーグ):木材や果物などの繊維を原料とし、鋼鉄の5分の1の軽さで5倍以上の強度を有する次世代素材「セルロースナノファイバー(CNF)」の実用化に向けて研究が進んでいる。環境に優しく石油に依存しない植物由来の素材は世界中で注目を集めており、日本は産官学が連合し、早期の技術確立と産業創造に取り組む方針だ。

    木材チップやみかん、リンゴなどの果実の皮や絞りかす、さらには稲わらや竹など自然の素材から数ナノ(1ナノは10億分の1)レベルに微細化した繊維を抽出し、樹脂やゴムなどと混ぜ合わせて作る。CNFは強度に加え、熱に強く縮みにくく、さらに高い吸着性や透明性を併せ持つのが特徴だ。そのため鉄やプラスチックの代替品として家電製品やフィルム、高機能材料など幅広い産業用途に使うことが可能で、化粧品や食品などへの応用も研究されている。

    研究開発は、世界的に本格化したのが2000年代と初期段階にあり、国内では経済産業省が中心となり、環境省や農林水産省など他省庁、大学・研究機関、企業などと連携して開発が進んでいる。昨年には約160社の企業や大学・研究機関などで構成するナノセルロースフォーラムが結成された。民間企業では現在、製紙メーカーや化学会社が蓄積したノウハウを生かす形で研究中だ。さらに自動車や家電などの関連メーカーも次世代素材の効用に期待している。

    素材革命

    「素材の革命を起こそうというのがわれわれの考えだ。将来は自動車のボディーなどの外装にも使用可能だ」と言うのは、環境省地球環境局の土居健太郎地球温暖化対策課長。自動車などを軽量化することで燃費が改善するのに加え、植物由来でリサイクルも簡易なため、二酸化炭素削減、地球温暖化への貢献が期待できるとしている。土居氏は「40年、50年先を見据えて取り組む」と述べた。

    経産省の紙業服飾品課、渡邉政嘉課長は「30年にCNF関連材料で1兆円規模の国内市場を創造する」と意気込む。その上で「半分以上は自動車用材料に使われるとみており、最大6000億円を見込んでいるが、海外を含めれば10倍規模も不可能ではない」との見通しを示した。

  • (ブルームバーグ):木材や果物などの繊維を原料とし、鋼鉄の5分の1の軽さで5倍以上の強度を有する次世代素材「セルロースナノファイバー(CNF)」の実用化に向けて研究が進んでいる。環境に優しく石油に依存しない植物由来の素材は世界中で注目を集めており、日本は産官学が連合し、早期の技術確立と産業創造に取り組む方針だ。

    木材チップやみかん、リンゴなどの果実の皮や絞りかす、さらには稲わらや竹など自然の素材から数ナノ(1ナノは10億分の1)レベルに微細化した繊維を抽出し、樹脂やゴムなどと混ぜ合わせて作る。CNFは強度に加え、熱に強く縮みにくく、さらに高い吸着性や透明性を併せ持つのが特徴だ。そのため鉄やプラスチックの代替品として家電製品やフィルム、高機能材料など幅広い産業用途に使うことが可能で、化粧品や食品などへの応用も研究されている。

    研究開発は、世界的に本格化したのが2000年代と初期段階にあり、国内では経済産業省が中心となり、環境省や農林水産省など他省庁、大学・研究機関、企業などと連携して開発が進んでいる。昨年には約160社の企業や大学・研究機関などで構成するナノセルロースフォーラムが結成された。民間企業では現在、製紙メーカーや化学会社が蓄積したノウハウを生かす形で研究中だ。さらに自動車や家電などの関連メーカーも次世代素材の効用に期待している。

    素材革命

    「素材の革命を起こそうというのがわれわれの考えだ。将来は自動車のボディーなどの外装にも使用可能だ」と言うのは、環境省地球環境局の土居健太郎地球温暖化対策課長。自動車などを軽量化することで燃費が改善するのに加え、植物由来でリサイクルも簡易なため、二酸化炭素削減、地球温暖化への貢献が期待できるとしている。土居氏は「40年、50年先を見据えて取り組む」と述べた。

    経産省の紙業服飾品課、渡邉政嘉課長は「30年にCNF関連材料で1兆円規模の国内市場を創造する」と意気込む。その上で「半分以上は自動車用材料に使われるとみており、最大6000億円を見込んでいるが、海外を含めれば10倍規模も不可能ではない」との見通しを示した。

  • 寄り付きに向けて気配上がっていくやろ

  • キーエンス -0.99% 04:24 52,804 ▲0.74%

本文はここまでです このページの先頭へ