IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (6204コメント)


  • 2020/05/26 16:25
    <日経>◇アビガン、新たな副作用見つからず 藤田医科大
     藤田医科大学は26日、国内の新型コロナウイルス感染症の患者にアビガン(一般名ファビピラビル)を投与した後の症状の変化や副作用の有無を調べた「観察研究」の中間報告を発表した。約2000人に投与した結果、新たな副作用は見つからなかった。詳細を日本感染症学会のホームページに公開した。
     3月中旬から5月中旬にかけ、全国の約400の医療機関でアビガンを投与した。現場の医師が患者の持病やアビガン服用後の症状の変化などを記録したデータを同大が集めて解析した。
     アビガンは富士フイルム富山化学が新型インフルエンザの治療薬として開発。新型コロナの治療では新型インフルより服用量が増えるが、報告された変化は尿酸値の上昇などにとどまった。解析に取り組んだ同大の土井洋平教授は同日の記者会見で「大勢の患者に投与しても新たな副作用は見つからなかった」と話した。
     投与から7日後の段階で症状の変化を見ると、酸素吸入のいらない軽症患者で約74%が改善した。一方、人工呼吸器が必要な重症の患者では約40%にとどまった。
     同じ条件下で薬を飲んだ患者と飲まなかった患者を比べる臨床試験(治験)などと異なり、観察研究は個別の患者の治療結果を集めて分析する。症状が改善した人には薬が効いた人と自力で改善した人が含まれ、薬の効果を判断できない。
     アビガンをめぐっては富士フイルム富山化学が治験を進めているほか、藤田医大が観察研究とは別に厳密な条件で薬の効果を調べる特定臨床研究を実施している。観察研究のデータは、こうした研究の結果と合わせてアビガンの承認時に役立ちそうだ。
     同大の2つの研究に関わる土井教授は「特定臨床研究の患者の登録数は目標にほぼ達し、スケジュール通りで終わりそうだ」との見方を示した。8月までに結果がまとまる予定だ。
     観察研究の今後については、土井教授は「アビガンの適応外での使用が続く間は、個々の治療結果のデータを集める観察研究が必要」として継続して取り組む姿勢を示した。


  • 2020/05/26 16:00
    <発表>◎富士フイルム、リポソーム製剤の臨床開発加速のため米メルク社と提携
    発表日:2020年5月26日
    リポソーム製剤の臨床開発の加速に向けて米メルク社と提携
    進行性固形がんを対象に「FF-10832」と「キイトルーダ(R)」の併用療法を評価する臨床試験を実施
     
     富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、薬剤を患部に届けるドラッグ・デリバリー・システム(DDS)技術を応用したリポソーム製剤の臨床開発を加速させるため、米国Merck&Co.,Inc.(以下 米メルク社)と提携します。5月25日、当社が開発中のリポソーム製剤「FF-10832」と米メルク社の抗PD-1抗体「キイトルーダ(R)」(免疫チェックポイント阻害剤(*1)、一般名:ペムブロリズマブ)の併用療法を評価する臨床試験の実施に関する契約を締結しました。本契約に基づき、進行性固形がんを対象に、「FF-10832」と「キイトルーダ(R)」の併用療法を評価する臨床試験を2020年度中に米国で開始する計画です。

     リポソーム製剤は、細胞膜や生体膜の構成成分である有機物のリン脂質などをカプセル状にした微粒子(リポソーム)の中に薬剤を内包した製剤で、有効成分を効率的に患部に届け薬効を高めることができると期待されています。
     「FF-10832」は、膵臓がんなどを適応症とする抗がん剤「ゲムシタビン」(*2)を内包したもので、現在、米国で進行性固形がんを対象に臨床第I相試験を実施しているリポソーム製剤です。すでに実施したマウス実験では、「FF-10832」と免疫チェックポイント阻害剤との併用投与(*3)で大幅に、がん細胞などを殺傷するCD8陽性キラーT細胞(*4)ががん組織内で増加し、単剤投与よりも生存期間が延びることが確認されています。

     今回、富士フイルムは、「FF-10832」と「キイトルーダ(R)」との併用による臨床効果を確認するため、米メルク社と提携します。両剤の併用療法を評価する臨床試験を2020年度中に米国で開始し、忍容性や薬物の体内動態、初期の有効性を確認していきます。

  • No.546

    強く売りたい

    2020/05/26 15:3…

    2020/05/26 17:09


    2020/05/26 15:33
    <QUICK>株価格付:大和証がシマノ(7309)を3に
    大和証券は 5月26日、シマノ(コード:7309)の投資判断を、
    2から3に変更した。

    大和証券の格付け定義

    <株式レーティング基準>
    今後12ヶ月程度のパフォーマンスがTOPIXの騰落率と比べて、
    1 (買い)=15%以上上回る
    2 (アウトパフォーム)=5~15%上回る
    3 (中立)=±5%未満
    4 (アンダーパフォーム)=5~15%下回る
    5 (売り)=15%以上下回る

  • No.1163

    強く買いたい

    2020/05/26 16:2…

    2020/05/26 16:44


    2020/05/26 16:25
    <日経>◇アビガン、新たな副作用見つからず 藤田医科大
     藤田医科大学は26日、国内の新型コロナウイルス感染症の患者にアビガン(一般名ファビピラビル)を投与した後の症状の変化や副作用の有無を調べた「観察研究」の中間報告を発表した。約2000人に投与した結果、新たな副作用は見つからなかった。詳細を日本感染症学会のホームページに公開した。
     3月中旬から5月中旬にかけ、全国の約400の医療機関でアビガンを投与した。現場の医師が患者の持病やアビガン服用後の症状の変化などを記録したデータを同大が集めて解析した。
     アビガンは富士フイルム富山化学が新型インフルエンザの治療薬として開発。新型コロナの治療では新型インフルより服用量が増えるが、報告された変化は尿酸値の上昇などにとどまった。解析に取り組んだ同大の土井洋平教授は同日の記者会見で「大勢の患者に投与しても新たな副作用は見つからなかった」と話した。
     投与から7日後の段階で症状の変化を見ると、酸素吸入のいらない軽症患者で約74%が改善した。一方、人工呼吸器が必要な重症の患者では約40%にとどまった。
     同じ条件下で薬を飲んだ患者と飲まなかった患者を比べる臨床試験(治験)などと異なり、観察研究は個別の患者の治療結果を集めて分析する。症状が改善した人には薬が効いた人と自力で改善した人が含まれ、薬の効果を判断できない。
     アビガンをめぐっては富士フイルム富山化学が治験を進めているほか、藤田医大が観察研究とは別に厳密な条件で薬の効果を調べる特定臨床研究を実施している。観察研究のデータは、こうした研究の結果と合わせてアビガンの承認時に役立ちそうだ。
     同大の2つの研究に関わる土井教授は「特定臨床研究の患者の登録数は目標にほぼ達し、スケジュール通りで終わりそうだ」との見方を示した。8月までに結果がまとまる予定だ。
     観察研究の今後については、土井教授は「アビガンの適応外での使用が続く間は、個々の治療結果のデータを集める観察研究が必要」として継続して取り組む姿勢を示した。

  • モルガン・スタンレーMUFG証券の株式アナリスト、井原芳直氏は同日付の投資家向けリポートで「通勤手段を公共交通機関から自転車に切り替える選択肢もあれば、そもそも通勤せず、在宅勤務へ移行する選択肢もある」と指摘。シマノ株は「期待先行の株価形成が行われている可能性が高い」との見方を示す。

  • 2週間後にはコロナ患者増大・・・・・
    また緊急事態宣言で万事休す↓

  • No.542

    強く売りたい

    今月末には18,000円割れ↓

    2020/05/26 11:11

    今月末には18,000円割れ↓


  • 2020/05/26 09:42
    <NQN>◇<東証>富士フイルムが下落 アビガン「月内承認断念」と一部報道
    (9時30分、コード4901)富士フイルムが下落している。一時、前日比78円(1.6%)安の4730円まで下げた。政府は、新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待される「アビガン」の5月中の承認を断念したと25日、一部で報じられたことが嫌気された。

     アビガンを巡り、安倍晋三首相は月内の承認を目指していた。ただ月内に審査を終えるのは不可能と判断したという。もっとも「『レムデシビル』など複数の治療薬候補があるが、どれもまだ横一線の状態。アビガンが有力候補の1つであることには変わりない」(auカブコム証券の河合達憲チーフストラテジスト)との声もある。相場全体の地合いにも支えられ、下げは限られている。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕

  • 5月が6月になっただけ↑承認されますから大丈夫↑

  • 6月承認でいいんじゃないの↑


  •  とはいえ新型コロナの感染拡大が一服した後の「生活様式の変化」のスピードがどの程度なのかは未知数だ。

     モルガン・スタンレーMUFG証券の株式アナリスト、井原芳直氏は同日付の投資家向けリポートで「通勤手段を公共交通機関から自転車に切り替える選択肢もあれば、そもそも通勤せず、在宅勤務へ移行する選択肢もある」と指摘。シマノ株は「期待先行の株価形成が行われている可能性が高い」との見方を示す。

     スポーツバイクをはじめ高付加価値製品に強みを持つシマノにとっては、消費者の節約志向の高まりも警戒される。連結売上高(19年12月期)で41%を占める欧州においても、経済活動の再開の動きが出ているとはいえ、景気低迷が長引くことへの警戒は根強い。

     「自転車レースなどスポーツイベントが世界的に自粛される状況が続けば、シマノ製品の販売にも悪影響をもたらしかねない」(国内証券アナリスト)との声もある。「ウィズコロナ」の時代が到来したとしても、消費マインドが冷え込んだ状況が長期化するリスクが残る限りは、上値追いに慎重な姿勢が強まりそうだ。

  • 来週から暴騰↑5,500円超えてくるだろう↑

  • No.881

    強く売りたい

    900円割れたら窓埋め早いよ↓

    2020/05/22 11:03

    900円割れたら窓埋め早いよ↓


  • 2020/05/22 09:03
    <NQN>◇<東証>富士フイルムがもみ合い 「遺伝子薬の生産、一括受託を開始」
    (9時、コード4901)

    【材料】22日付の日本経済新聞朝刊は「富士フイルムは遺伝子治療薬の生産の一括受託を始める」と報じた。これまでは原薬の生産や最終製品に仕上げる製剤が中心だったが、このほど遺伝子治療薬の製造に使う遺伝子や細胞の内製を始め、量産に向けた生産プロセスの開発も本格的に受託できるようになった。一括受託で開発時間の短縮につなげるという。

  • No.238

    強く買いたい

    ここも飛ぶよ↑ …

    2020/05/22 08:51

    ここも飛ぶよ↑



    2020/05/22 08:30
    <TDnet>AI: アンジェス(4563) 日本医療研究開発機構(AMED)が公募する「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発」への採択のお知らせ
    開示会社:アンジェス(4563)
    開示書類:日本医療研究開発機構(AMED)が公募する「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発」への採択のお知らせ
    開示日時:2020/05/22 08:30

    <引用>
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が公募した、令和2年度創薬支援事業「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発」に、当社が大阪大学との共同開発として応募し、採択をされたことをご報告いたします。

  • 2020/05/22 08:33


    2020/05/22 08:30
    <TDnet>AI: アンジェス(4563) 日本医療研究開発機構(AMED)が公募する「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発」への採択のお知らせ
    開示会社:アンジェス(4563)
    開示書類:日本医療研究開発機構(AMED)が公募する「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発」への採択のお知らせ
    開示日時:2020/05/22 08:30

    <引用>
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が公募した、令和2年度創薬支援事業「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発」に、当社が大阪大学との共同開発として応募し、採択をされたことをご報告いたします。

  • 2020/05/22 08:31

    多分寄り付き前には94円位の買い気配に↑

  • 寄りにかけて今から買い気配上がってきますよ↑

  • 2020/05/22 07:40

    PTS94.6円だから、95円くらいのスタートかな↑

  • No.40

    強く買いたい

    NYダウ101ドル安で主力株が…

    2020/05/22 06:59

    NYダウ101ドル安で主力株がダメだから、MDNTに資金集中↑
    早くストップ高が見たい↑

本文はここまでです このページの先頭へ