ここから本文です

投稿コメント一覧 (2381コメント)

  • ここは長く持つことにしているが、実際、何かリスクとなるものがあるのだろうか?

    増税により長期的には景気の冷え込みの転機となりえる話もあるが、既にオリンピック後のリニア、国土強靭化、大阪万博、カジノIRと10年以上は建設関係の大型案件がめじろ押し。

    災害関係(地震、洪水など)もここにとっては、現場増えるだけだから寧ろプラスだろうし。

    建設関係の増税、オリンピック後の不況懸念をリスクと上げる方もいるが、ハウスメーカーなどの箱物主体なら需要減など解らなくもない。
    ですが、ここはあらゆる現場に人を出すし、不況なら不況で正社員は雇いたくなくなる中で人手不足は待ったなしなので、需要は減らない所か増えそうですよねー。

    長期で持てばどこで買っても勝ち?

  • >>No. 500

    短期的には理由さえあれば下げさせようとする輩がいるので連れ安もありえるかもしれませんが、普通に考えればタテル、レオの2社が退場するのであれば、美味しそうなパイは必ず残りますよね。そういう時に買わないとねー。

    連れ安するなら買いますよ。8月の決算報告では上期上方が濃厚なのに買わない手はない。あ、わざわざ言う必要もない。

  • >>No. 488

    もう少しこれからの日本の人口移動とシノケンのビジネスモデルを勉強した方がいいですね。日本全体の話ばかりして、人口都市集中の話が欠けています。

    シノケンとレオパレスの違いも解らず、ここで投資論を展開されても、そのレベルの話は中々ここでは受け入れられませんよ。

  • 元々ユニゾは無理な増資で企業価値から相当安値になっていた。3100円でも安いんだから、経営者変わってシナジー出ると、ユニゾ自体の価値も上がり、ここも上がるんじゃない?

    悪い買い物じゃないと思うけどなー。ハウステンボス買った時に比べれば遥かにいい話。ハウステンボスは大きく育ったね〜。

  • タテルの影響は、大きいですよー。
    元々タテルも福岡地盤から祖業してますし、シノケンと顧客がカブる商売をしていましたから、規模的にも新興上場のアパート屋としてレオや大東とは違う扱いでした。

    不正問題が取り上げられて、結果タテルは瀕死の状態で、シノケンは徐々に回復してきましたが、明らかなとばっちりを受けてますよ。

    IRで融資に時間がかかる様になった為に業績のズレがある様に言ってますが、事務的な事がシノケンだけ増えたりする訳がないので、昨年末〜今年3月までは相当客足が遠のいたんだと思います。

  • よく思いますもん、売り方は基本は短期だと思いますが、長く張り付いている人間に利益はあるのかなって?

    一年前の株価を必死に引き合いに出しますが、既に安値から反転して時間がかなり経とうとしてます。長期の買い方と違って配当や優待がないんだから、無駄な時間を使ってるなー。儲けても僅かでしょ?

  • 今日のYahooファイナンスニュースに上智大の面白い記事が。短期より長期の方が投資家全体としては利益が大きいんだそうです。
    理由を読んでも納得。それなりに根拠のある投資は粘っておけば利益はあるということですよねー。

  • >>No. 387

    ユニゾを僅かながら持ってた私の目を褒めて下さい。シノケンも同じ目で見てるんですがね(笑)

  • あの人12000株もってるよ。1200万の利益?

  • >>No. 380

    自分の得意分野が不動産なのかもしれませんが、今のシノケン株価は上にも下にも短期に関しては非常に不向きな銘柄だと思いますがね。

    不動産で安定性収入を得て、株では短期売買で手堅く利確ですか。うらやましいですね。

  • >>No. 378

    それを言うなら消費税上げてしばらくは金利なんてあげれないんだから、銀行は無理してでも融資つけ始めるよ。

    消費税上げて、いつ頃金利が上げられるか分かってるの?米国は消費税の話題なんてなかったから国民からは利上げの理解を得られたが、少なくとも今年は消費税、来年〜再来年はオリンピック後の景気警戒で金利を上げられる訳がない。

    銀行は何で飯食うか、解るはずだが?

  • 株で稼ごうさんは本当に売ったの?前回の決算がどうなったか、理解しているのかな?

    早め対応って利確に大事だけど、少なくとも上方期待から8月の決算間際上げは充分あると思うけどね。

    彼らは往復したい人だから、本当かどうか解らない。

  • >>No. 546

    単純に考えれば稼働人数はここの業績の要ですものね。そろそろしっかり利益反映してもいいくらい人は増えて来ていますしね。

  • >>No. 277

    貴方は700円台で買い増ししたいと書いていましたね。それなら、ハゲタカさんの売り煽りも歓迎なんでしょうね。営業妨害紛いの投稿でもね。

  • >>No. 270

    まあまあ、あんまり誰、彼、喧嘩を売りなさんな。(私が言う?笑)

    見下しもしませんし、本当の意味で喧嘩売ってる訳でもないんですよ。

    矛盾というか明らかな嘘、は指摘しないとまたシノケンに対してあらぬ疑いがかかりますよね?
    彼は全て赤字ですぐに売らなければならないと、業務妨害そのものを書いたんですよ?

    自身の株価研究で楽待を使おうが全然問題ありませんが、楽待の内容が全てみたいな投稿っておかしいですよね。
    そもそもビジネスの仕方はそう変わっていないのですから、現在の低金利でシノケンビジネスが成り立たないのなら、金利が高かった以前はもっと成り立たない訳です。

    数字的な根拠って誰から見ても、ぐうの音も出ないレベル(=evidenceありの事実)でないと指摘されますよ。楽待や、一般的な利率はevidenceでも何でもないです。シノケンの実際の見積書、返済計画書でなければ、全く意味がない。

    彼が本当にシノケンを悪と言うなら、実際に見積書と銀行からの融資が許可された返済計画を出せばいいだけです。彼は不動産やっているんでしょ?
    ならば、『楽待の一般的な話』ではなく、『シノケン物件の事実』を引き出せばいいだけ。それをしないのは、嘘だからです。

  • そもそもですよ、ハゲタカって名前からしてあまり誠実さを感じませんが。何でそんな名前にしたんでしょう?

    多くの矛盾だらけなんですよね。自身のリアル体験から投稿していると言ってるのにシミュレーションは楽待?
    シノケンは入居率が高い事を売りにしているのに、何故一般的な入居率で計算?物件競争力って何ですか?

    そもそも何で自身の土地にシノケン物件建てたかも謎ですよ。シノケンの最大の特長は利便性重視の土地込み提案なのに、土地があるならシノケンでなくていいでしょうに。

    言っている事とやっている事がえらくチグハグで、何の為に投稿しているんだか。
    読んでいて全くリアリティを感じないのは不思議でしゃあないんですが。
    もういなくなったんですよね、本当に?

  • とうとうハゲタカさんが本性を現しましたね。
    楽待なにがしが、本当に正しいシミュレーションならシノケンがビジネスとして成り立たないし、何で『シノケン』のシミュレーションでわざわざ一般的な金利で記載するの?

    以前から西日本シティ銀行の優遇金利で属性が良ければ1%台も引き出されていた事を知らない訳ではないでしょう?
    最近は厳しくて融資条件に規制が入ったということだからフルローンはほぼ出来ないって話だけど、ここでまたフルローンの話を持ち出す理由は何?シノケンが皆さんフルローンでやっているという話をしてますか?

    一般的なといいながら巧妙な数字操作はやめてくれませんか?
    入居率を90%とか下落率を1%とかしているけど、一般的な立地じゃないからシノケンなのであって、入居率も高さも一般的でないし、下落率も一般的ではないでしょう?

    最初の10年がほぼ100%近く入居しているだけで返済もシミュレーションは全然違うし、大きく勘違いしているけど、土地は残るんだからね?仮に2千万赤でも、五千万の土地が残ればプラス3000万だからね?

    楽待のシミュレーションを根拠とするなら貴方の話は一気に胡散臭くなる。vecさんが言うように銀行が融資をつける案件が楽待の『一般的な』シミュレーションと同じ話な訳がない。
    素人を騙そうとしていますか?悪質です。

    てか、誰かと同じで完全な営業妨害です。全て赤字だから短期で損切れ?通報して欲しい様ですね。

  • バリューって表面だけの指標しか見ていないんでしょうね。内在する成長戦略や、国内での今後の競争力などゼロの話でしょう。
    せめて、スクリーニングの話を出すならやはり何か対抗馬を示すべきですね。ただ比較すると皆さんから集中砲火もありますのでね。

  • 株価を上げる事を願うのは皆同じですが、自社株買いをわざわざ高値で買って喜ぶのは短期で利確したい人だけ。
    ここはM&Aの効果で明らかに増員スピードが上がり、これから業績の上昇も時間をかけて現れてくる。長期で持てば増配や一部上場もあるのだから、わざわざ短期組においしい思いをさせる必要もない。

    1株の価値を上げるにはじっくりと買い付けてくれればいい。1番肝心なのは、予定数をしっかり買うこと。そして目標通りの拡大をしてくれたら、投資額は配当含みで余裕で2倍以上にはなる。

本文はここまでです このページの先頭へ