IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (83コメント)

  • FOMCの金利下げ期待の株価上昇がくるんだろうが、危うさを増加させるのは避けられない。トランプの危うさと相まって、相乗効果の行きつく先は?

  • 目先はともかく、まずは鹿島、次いで鉄建、それから熊谷だ。
    1500ぐらいは織り込めるだろうが、その先の目標だ。
    価格だけで言っているのだから、発行株式数とか面倒なことはさておいてくれ。
    ここが、鹿島を抜いて、鉄建も抜き、熊谷といい勝負できると見込んでいる。
    できっこないと思ったらそこまで、とことん勝負に賭けるなら負けなど恐れるな。
    勝負が自己責任なのはあたりまえ、昭和天皇は卑怯だったが、見習う必要はない。
    安倍にしたって、天皇を利用しよというだけのカスなのだから、勝負に生きろ。

  • 政治リスク炸裂!トランプが市場も世界もぐちゃぐちゃにしてる。それはトランプを生み出す世界の問題である。世界そのものが末期的ということだ。かつてのヒトラーを彷彿とさせる。世界大戦で吐き出したものが溜まってきて爆発するのか。

  • ここが誰のスポンサーか知らないけどオリンピック夢中なのか静かだね。
    ここの今日の頑張りなんで誉めてあげないのもっと揚がってとかならないの。
    PERが9.57で配当利回り2.74で明日だっていけるじゃんってなるんじゃない。ふつう。

  • インフル対策もいいけど、アレルギー対策だっていいよ。

    アレルゲン免疫療法薬「アシテア ダニ舌下錠」小児アレルギー性鼻炎に関する用法・用量を追加承認
    2018/02/16 17:00 日経速報ニュース

    発表日:2018年2月16日
    アレルゲン免疫療法薬「アシテア (R)ダニ舌下錠」
    小児アレルギー性鼻炎に関する用法・用量の追加承認について
     
     減感作療法薬(アレルゲン免疫療法薬)「アシテア (R)ダニ舌下錠」が、本日付で用法・用量の一部変更(対象年齢の変更)が承認されました。

     アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因となる抗原を繰り返し投与し、その抗原に対する反応を弱めていく治療法で、長期の寛解が期待できるといわれています。

     ダニ抗原など、季節に関わらず症状を有する通年性アレルギー性鼻炎の有病率は、5~9歳で22.5%、10~19歳で36.6%と報告されており、小児患者さまにも自宅で投与可能な、舌下タイプのアレルゲン免疫療法薬が待ち望まれていました。

     アシテア(R)は2015年11月の発売以来、成人および12歳以上の患者さまの「ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎に対する減感作療法」に用いられてきましたが、この度の対象年齢変更により、さらに多くの患者さまにも処方が可能となり、アレルギー症状の改善やQOLの向上に貢献できることが期待されます。

     この度の追加承認によりダニを原因とするアレルギー性鼻炎でお困りの患者さまの治療ならびにQOL向上に一層貢献できます。

     ※以下は添付リリースを参照
     
    添付リリース
    http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471770_01.pdf

  • サンバイオはもういいでしょ。他にも発表してるじゃん。

     帝人は世界最細の極細ポリエステル(PET)繊維を開発した。断面積の直径が200ナノ(ナノは10億分の1)メートルで人の髪の毛の9万分の1の細さになる。加工に高い純度が求められる半導体関連の工場などで、不純物を除去するフィルターとして採用を狙う。子会社の帝人フロンティアが3月末をメドに売り出す。
     繊維を不織布に加工し、半導体や電子部品、食品などの生産で0.3マイクロ(マイクロは100万分の1)メートル前後の微細な不純物を除去するフィルターとして売り込む。フィルターのろ過効率は99.99%以上という。PETに比べ耐薬品性が高いポリプロピレン(PP)の200ナノ繊維も開発中で、19年の実用化を目指す。

     カートリッジフィルターの世界市場は4000億円規模。帝人はPETからPPまで幅広い性能の不織布をとりそろえ、需要を開拓。米メルクミリポアなどに対抗する。

     さらに、帝人は14日、直径700ナノのポリトリメチレンテレフタレート(PTT)繊維を発売したと発表。極細繊維で従来比数十倍の表面積を持つことから肌にフィットしやすく、滑りにくい。主にスポーツ用やインナーウエア向けに売り込む。

  • ノダック株式会社及びその関連会社の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(発表日:2018年2月15日)
     当社は平成30年2月15日付で、ノダック株式会社及びその関連会社(以下、「ノダックグループ」といいます。)の株式を取得し、子会社化いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
        記
    1.株式の取得の理由
     ノダックグループは、昭和48年の会社設立以来、潜水事業を中心に、水インフラ施設の整備から維持管理まで、多くの事業実績を有するアクアエンジニアリング企業であります。また、独自開発した水中ロボットや水上施工機械により、国内外で広く、リムノロジー事業(水質環境保全事業)を展開しています。
     同社の潜水事業において長年培ったノウハウと人材、業界をリードする独自のリムノロジー技術を活かし、当社として、水インフラリニューアル事業への参入と海外展開を含めた環境負荷低減事業の拡充を目指すものであります。

    異動する子会社の概要
    http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471619_01.JPG
    添付リリース
    http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471619_02.pdf

  • ここんとこの経験則では、これからの30分で円高にならなけりゃ、入りは高いんじゃないの。
    そのあとどんな波乱があるかは神のみぞ知る、つまり分からんちゅうこと。
    はたしてアルゴはなにを学んだか、どこを修正したか。見極めれれば勝てるかもね。

  • どなたかがおっしゃってましたが、プラテンの作為性に同調します。
    どこのファンドか分かりませんが、大規模な形で初めは高めにするような操作がされてるように感じる。
    取引は公正を建前としていても、思惑が渦巻けば、利益に目がくらんで公正など気にならなくなる。
    形式的、手続き的なやり方さえまちがってなければ、実勢とは無関係に価格を操作できるということでないか。
    株式市場そのものが鉄火場であって、致し方ないのであろうが、ファンドに手玉に取られているのでないか。
    対抗手段は知恵を働かすことしかない、たとえば簡単なことだが、売り買いの前に熟慮するとか。
    まあ、あまり参考になることは言えない。

  • 円安と円高を言い間違えちゃったけど、為替動向をえらく気にした動きだってこと。
    アルゴなのか知らんが、プログラムする連中はその経済観に責任をとれるとは思えない。

    無責任な状態なわけだが、もとよりアルゴのせいではなく、人間の欠陥である。
    それは個人の問題でないことも明らかにもかかわらず、現代社会は個人の問題として処理する。

    所詮カネが主体の世界では人間はカネに支配された個人でしかないってこと。
    それはアメリカも日本も中国も同じだってことで、意識の問題じゃないってことをはっきり言っておこう。

  • せっかく頭を冷やすいい機会だったのに、またヒートアップするんかい。
    どうみても始まりはダウ上がりそうだけど、ほんとに大丈夫かい。
    なにがどう調整されたか、誰も分からんのに、右肩上がり神話が続くのかい。
    勝手にしろ、と言うまでもなく、勝手にするだろうけどね。

  • 昨日のダウの反発をどう思ったかちゅうことで意見が分かれてるんじゃないの。
    あの反発はどうみたって「反発」と言えるようなもんじゃないと思うぞ。

    下げすぎちゃって驚いて買い戻した程度のもんじゃないか。
    指標に反応したとかなんだとか、理屈にならない理屈。
    もともとバブル状態だったことを忘れちゃいけない。
    きっかけなんてなんでもよかったってことじゃない。

    アメリカのあがき、トランプの「アメリカンファースト」の叫びは言い得て妙。
    火星に人を送るロケットだとか、バカ騒ぎのヤンキーの時代が終わろうとしてるってこと。

    さんざん人でなしのことをやってきたヤンキーの時代が総括される時でしょ。
    安倍は日本の伝統のなんたるかも知らず、ただ力あるものに屈従するだけだ。
    日本なんて古来、強大国に追従してきたぐらいの認識しかないんでしょう。
    そういうアホな伝統意識に安住しているんでしょう。

  • 為替動向にアタフタの状態がしばらく続きそう。
    円安なら日経堅調でバタバタの株価も落ち着くんじゃないの。
    円安となると日経がオロオロして引きずられてダウがウロウロしちゃって、日経もシッチャカメチャカ。
    アメリカの世界経済でのプレゼンの低下が顕著なのに、日本が金魚の糞の自覚しないから。

    日本は所詮二流国というしっかりした自覚をもつべきだと思うよ。
    二流国で悪いわけではないし、二流国には二流国の生き方があることを悟るべきでないか。

    中国コンプレックスはさっさと清算して、二流国の先輩として三流国からのし上がろうという
    中国に資本主義の実態を教えて克服の道を示してやればいいじゃないか。
    バブルの先輩は教えることがいっぱいあると思うぞ。

  • ダウ先物が現物を抜いた
    これは上がると見た

  • 日経先物が軽く値を飛ばしダウ現物の動きとシナジー効果みたいだけど、ダウ先物が不気味な位置にいる

  • 日経先物に引っ張られてプラテンしたように見える

  • この30分でダウ先がどれほど戻すか見もの

  • 為替が110円だったら日経への影響は軽微じゃね

  • 通貨当局はちゃんと不正行為を摘発・公表すべし。
    闇から闇を当たり前にして責任回避できると思うな。
    ちなみに、佐川は絶対国会喚問せよ、

本文はここまでです このページの先頭へ