IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (11346コメント)

  • >>No. 177

    これもまたウソ情報。
    ログリーの次回、第2Q決算発表は11月です。
    迷惑行為、虚偽情報を流すのはやめなされ!

  • >>No. 176

    明らかに虚偽のフェイク投稿。
    この様な間違った投稿を意識的にやる行為は証券取引等監視委員会に通報しましょう。
    何も知らない一般投資家にとって大変な損失を与える可能性がありますから
    許せない悪質な行為です。

  • >>No. 130

    ログリーは、明日の市場取引では、S高でしょう!
    PTSは基本的に個人取引の逃げの場所で活用されることが多いのですが、
    PTSの現在の価格は5835円、+635円高ですから、市場では、
    個人の他、機関も取引可能ですから余裕をもってS高となるでしょう!

  • もう間もなく昨日の出来高を超えます!
    ここから、出来高1000万株の間にどう動くか?
    注目です!

  • 先程、売りオーバーを買いアンダーが上回りました。チェンジ、逆転です。
    さあ、ここからどこまで上昇するか見物です!

  • いよいよ、明日からの上げ値幅は、
    +1000円です。
    ぐっと上昇に加速が付きます!
    楽しみです! 期待しましょう!

  • 妄想も度が過ぎると投資では無くなりますよ!

  • 前場出来高は554万株。
    驚異的な出来高です。
    何か分からず心配もしますが、売り方も良く次から次から売りを繰り出しよく続くものです。
    モルガンもクレディ・スイスも必死なのでしょう!このまま買い方にしてやられては世界の空売り機関が笑われることになるでしょう!
    しかし、現実的には、後場も同様に500万株の出来高を伴うでしょうから、よもやプラス転化でもしようものなら、ここまでつぎ込んできた売りコストは露と消え損失は莫大。
    従って、後場も猛烈な売り下がり防御をして株価の反騰を阻止するでしょう。
    後場、買い方はある程度戻せば、ギャクン明日以降の反騰のきっかけを得る事になります。
    さあ、いよいよ後半戦突入です。
    買い方陣は総力を結集して売り方に猛反撃し株価の大反転を勝ち取りましょう!

  • もう間もなく、売りオーバーを買いアンダーの株数を超えそうです!
    そうなれば、売り買いの勢いがチェンジし、株価の大反騰が起きます。
    まさに歴史的な攻防戦です!

  • 物凄い大相場です。
    前場出来高は500万株を超えるでしょう。
    後場も大相場で合計1000万株はゆきそうです。
    売り疲れ、買い方機関の逆襲を期待すましょう!

  • ここまで下がっても、買いアンダーの株数は減少するどころか、増加しつつあります。
    ということは、下値で安くなったところをどんどん買いまくっているということです。
    これは後場から面白くなりますよ。
    下値で買った機関投資家が、後場は大逆襲に入るでしょう。

  • 勢い任せの売り方も、前場が終わり後場に入る頃から株価大反騰で恐れが出てくるでしょう!
    可愛そうに突っ込み過ぎと気づかないんでしょうね!

  • 今日の売り方は決死の覚悟のようですから、なかなかしぶといようです。
    現在出来高330万株ですから、この調子でゆけば前場出来高は500万株近辺までゆくでしょう。
    そして、後場でさらに400万株、先は長い長い。勝負はまだまだこれからです。残り3分の2が残っています。
    売り方がどこまで持つか、見物です!
    後場は逆襲の嵐が吹き荒れるでしょう!

  • 出来高300万株を超えて、徐々に株価が上昇し戻ってきました。
    この調子でゆけば、もう30分後には9000円を超えてくるでしょう!
    そして、前場終わりには9500円超えで、後場早々にはプラス転化となるでしょう!

  • 売り方は止めどない長い長い蟻地獄のような死の洞窟に突き進んでいます。
    マイナス3000円は、現状の倍以上売り込みを継続しなければなりません。まさに決死の覚悟です。
    まだまだ出来高は300万株にも届きません。ここから500万株は最低でも残っています。
    400万株を超えたあたりから買い方も動き始めるでしょう!

  • まだまだ、場が開いてから僅か40分です。
    売り方は相当の根性を持って下げに徹しています。
    出来高は現在180万株、今日1日の出来高おおよそ700万株以上を考えたら、まだまだ、先の長い、売り買いの大攻防戦が待っています。
    出来高400万株を超えたあたり、即ち前場終了間際から、攻守逆転、昨日同様に買い方有利の展開となるでしょう。
    そして、13時過ぎくらいからプラス転化し、終いは11000円〜12000円辺りで終えると思います。
    ここから売り方にとっては蟻地獄の死への道のり。
    買い方機関は、じっと売り疲れするのを待っています!

  • さあ、窮地に追いやられ、

    ・この先さらに泥沼、蟻地獄に足を踏み入れることを選択するか?
     それとも、
    ・これ以上の損失回避を考え、逃げ場を作り早々に退散するか?

    何れの方策を選択するか? 水、木、金、恐らくこの3日間が最大の
    山場となるでしょう!
    何故なら、10月に入ると何時株式分割の発表があるかわからない
    状況となるからです。
    10月8日付でのトラストバンク完全子会社化の効力発生に次いで、
    株式分割の発表は、株価上昇の大きな支援材料となるでしょう。

    空売り機関は、チェンジ1社に注ぎ込んだ膨大な売りコストの早期回収
    を図る必要があり、これから買い方機関投資家の猛追を受けると窮地に
    立たされることになるでしょう。

    買い方機関はまだこの売り逃げたりしていませんよ!
    この2日間の強烈な売りに対し、買い支え、株価を上昇するパワーは、
    買い方機関投資家、海外投資家、投資信託、ファンド等の存在が有るから
    に他なりません。彼らが、一方的な株価下落を容認する筈がありません。

    本日の株価予想。
    寄り付き前は、売り方が相場状況を見極めようと相当なボリュームで
    先ず先制攻撃的に売り仕掛け、これにより、寄付きは若干弱めスタート
    となりますが、本日も500万株以上の出来高の中で、次第に売り方が
    劣勢、買い方有利に転換し、終いは、買い方が圧倒し11000円程度
    を確保して終了するものと思います。

    一方、買い方が一挙に売り方を殲滅しようと動けば、S高13000円
    の可能性も十分あると思います。

    果してどう動くか? 株価動向に注目、注視です!

  • 近頃、株式投資のアナリストたちの中には、年末もしくは年度末の
    日経平均株価は、26000円程度を予想しているアナリストも
    出てきています。
    コロナ禍の中で、状況変化もあり、多少の紆余曲折はあるものの
    今後の相場は基本的に右肩上がりの上昇基調。

    チェンジは今後更に、新しく誕生した菅政権がこれまで手掛けてきた
    地方創世の中核であるふるさと納税を通じた自治体、地銀との係わり
    を一層強化しつつ、効果的なM&Aによる業容の拡大と業績向上を
    更に図り、DX業界のリーディングカンパニーとして大きく成長して
    ゆくものと確信しています。

    今後株価も順調に上昇持続してゆくものと思います。

  • 大手空売り機関投資家3社が言われているように結託して空売りを
    一斉に仕掛けるようなことはあり得ません。
    28日に大量に空売りを仕掛けた会社がモルガンか?クレディスイス?
    果たしてどこが中心となって仕掛けれたものかは、今週中に発表される
    機関の空売り残高データの発表で明らかになるでしょう。

    明らかに言えることは、ここは出来高が急速に増大し、
    28日出来高583万株+昨日出来高716万株=合計出来高1300万株
    といった状況であり、当然のことながら全てが空売りではないにしても、
    売り方機関投資家が、買い方機関投資家との間で繰り返された攻防戦の
    売りコストは膨大な金額に達しています。
    (試算)
    ・合計売買出来高1300万株×平均9000円=投入コスト1170億円

    チェンジ1社に対し仮に3社で仕掛けたとしても、1社平均約400億円
    という計算になります。


    今日以降展開される攻防戦で更に売りコストはかさむものと見込まれます。

    売り方としてはこれ以上の追加コストは避けたいところであり、今後
    取り得る方策は2つでしょう。

     1.今週中に再度最終的な大規模な空売りを仕掛け株価を大幅下落
       させ、そのうえで買戻しを実行して早期撤退する。
     2.これ以上のコスト投入は回避し、早々に買戻し実行の上、退散
       する。

    恐らく、1.の方向をとらなければ、担当者は責任を逃れず、機関としても
    全く面子の立たない状況と評価されるでしょう。

    この勝負は見えました。買い方機関の圧倒的勝利に終わるでしょう。
    大幅下落したところから、買い上げてゆけば大きな利益確保が可能となる
    からです。

    果して今日、敗色濃厚な空売り機関がどう動くか、注視しましょう!

  • 株式分割も終了し、株価は4500円と新規投資家が参入しやすい
    価格となってきました。
    本日のS高も、値幅は+700円と十分達成しやすい状況と思います。

    業績も順調、加えてeスポーツ等新たな事業展開も順調に進んでおり
    第2Q決算発表時には通期業績の上方修正も期待される状況にあり、
    株価は、8000円を目標に今後上昇を加速するものと思われます。

    大いに期待しましょう!

本文はここまでです このページの先頭へ