ここから本文です

投稿コメント一覧 (21コメント)

  • 最寄り駅にイオンがあるので、5000円分の優待券は魅力的だと思って年初に買いました。もとから値上がり益は期待していません。

    先日、優待券が到着したので、さっそくイオンに行って、1000円分使用しました(この時は「1000円以上」との記載しか気が付きませんでした)。帰宅後、優待券をよく見ると、「1000円以上のお買い物で、1000円ごとに1枚(100円)使用できるとあるのに気が付きました。この時は、決まり事通りではなく、運用を柔軟に行っているのかなと思いました。

    ところが、今日イオンに行って1000円分使用としたところ、「1000円につき100円の使用となります」と言われました。券に記載されている通りなので文句を言う権利はありませんが、一言、「人によって運用が異なるのですね」と申し上げたら、何とも言えない笑顔でさらりとかわされました。

    要するに、申し上げたいことは2点です。
    ・ここの株主優待を「5000円分の優待券」と称するのは間違いとは言いませんが、「1000円ごとに使える10%割引券が50枚」と言った方が正確ではないかと思います。
    ・レジの担当者によって取扱が異なるなど、このグループは大丈夫なんでしょうか?また、決め事とは異なる使い方をした際に、エラーメッセージが出るようなレジでなくていいのでしょうか?

    もしかして、事情を知らずに購入したバカ者は私だけかもしれませんが、今後、優待目的で購入を検討されている方、ご注意ください。頻繁にイオングループの店舗で買い物をされる方なら全く問題ありませんが、めったに買い物をされない方は、有効期限が1年余りですので特に注意が必要です。

  • 初めてコメントします。おそらく最初で最後です。

    この会社の特徴を一言で表すと、「想像力の欠如」です。象徴的なのが、米国のエチレンプロジェクトで損失を発生させたことです。

    第一に、あの場所は蛇行している大河のほとりにあります。現在は人間が堤防で河の流路を固定してますが、その前は常に流路が変化していたところです。したがって、あの一帯の地質は、側方変化が激しく、構造物を建てる際にはボーリング調査を密に行う必要があります。タモリさん程度の地質の知識があれば十分「想像」できることだと思いますが、この会社のエンジニアにはそのような方がいなかったようですね。

    第二に、あの場所は「ハリケーン街道」とも呼べる地域です。このことは、「カトリーナ」の際に報道されたので、多くの方がご存知でしょう。そのような場所における案件に際し、十分な対策を取らなければならないという発想はなかったのでしょうか?

    著名な米国の投資家、ウォーレン・バフェットの言葉に、「世の中に賢い人は多い。だが、確固とした想像力を持つ人は少ない」(抜粋)というものがあります。この会社にためにある言葉ではないでしょうか?

    他人に押し付けるつもりは全くありませんが、短期のマネーゲームなら別として、狭義の「投資」をする会社ではないと思いますがいかがでしょうか?

    ※関係者ではありませんので念のため。

  • 勘定廃止通知書を受け取ったので、早速、別のネット証券に送付しました。資産はかなり前に移管していたのですが、これでようやくマネックス証券との縁を切ることができます。口座そのものは残しておいても全く問題はありませんが、毎月公開している口座数を1つでも減らしたいので、来週時間が取れたらコールセンターに連絡して口座の廃止を申し込みます(何分待たされるか?)。

    言いたいことはほぼ伝えてきましたが、最後に1つだけお伝えしたいことがあります。ご存知の方も多いかもしれませんが、マネックス証券は、当初、信用取引も扱っていなかったのですよ。それが、今ではビットコインに手を出すと言うのですから、理念もへったくりもあったものではないです。

    それでは、同志の皆さん、健闘をお祈りいたします。私は、今後ここの掲示板にコメントすることはありません。

    「抵抗勢力」には何となくうさん臭いものを感じることが気がかりですが・・・

  • 最近気になっているのですが、「マネックスショック」、「システム障害」という言葉が出てくると、批判的なコメントには「そう思わない」、擁護するコメントには「そう思う」のクリック数が40以上になることが多いですよね。
    他の批判的なコメントや擁護するコメントに対してはそれほどクリック数が多くないことと比べて、何か不自然な印象を持つのは私だけでしょうか?
    このコメントにも40回以上「そう思わない」がクリックされるのでしょうか?

  • >>No. 211

    私の知る限り、当時ここ(の傘下)に追随する動きがあったことは把握していません(認識違いであればどなたかご指摘ください)。同情的な会社はあったかもしれませんが、競合の2社は下記のようなコメントを出しています。

    北尾吉孝 SBIホールディングス株式会社代表取締役執行役員CEO
    「証券界で飯を食っている人の常識では考えられない行為だ。その日には(途中から)株価が戻そうとしてきた折でもあり、あれによって冷やされた。ものすごく影響が大きかった。どういう意図でやったのか、さっぱりわからない」「何を考えたのか分からないが、場中に掛け目ゼロの発表をするのは証券界の常識とはかけ離れている」(2006年1月26日、ラジオNIKKEIインタビューより)

    松井道夫 松井証券社長
    「会社と顧客は信用市場で、同じように、リスクを負っている。掛け目0とは、そのリスクをすべて顧客に押し付けたことを意味している。業界では非常識すぎて話にならない」「与謝野金融相が言うとおり、あとは顧客がそういう証券会社をどうするかを、判断するだろう」(松井証券公式メールマガジンより)

    私は素人ですが、素人なりに考えても、証券会社としてリスクに過剰反応してしまったのでは?と思っています。

  • >>No. 206

    ここ(の傘下)の顧客は個人投資家です。さらに、口座利用経験者は、何らかのトラブルに遭遇している可能性があると思います(私もそのうちの一人です)。したがって、口座利用経験のない方に情報提供するのは、口座利用経験者としての義務だと思っています。あなたが「アンチ」と呼ぶのは私たちのことでしょう。

  • >>No. 198

    一般論として、ネット証券1口座というのは、リスク管理上問題です。

    さらに、ここ(の傘下)に絞るなんて、あり得ないでしょう。

    他人がトラブルに巻き込まれて大損をしても私の知ったことではありませんが・・・

  • 今年の一時期、貸株金利の数値が誤っていたのですけど・・・
    寛容な方が多いのでしょうか?

  • 中間決算発表後は、ここを持っていた、あるいは新たに買った方と思われるコメントが目立ちましたが、すっかり影を潜めてしまいましたね。ここに対する批判に対して、「そう思わない」をクリックして抵抗しているでしょうが。
    他人がどのような投資手法を取ろうと私が口を出すことではありませんが、(傘下の)会社の過去や、その会社の口座の利用経験もなく、単に決算の数字とチャートを見て買ってしまった方がいらっしゃるのではないですか?結局、利益を得たのは、事情をすべて承知の上で、とっとと利食いをした、レベルの高い方々でしょう。素人(私もそうです)が手を出す銘柄ではないと思いますがいかがでしょうか?

  • >>No. 175

    知人とこの件について雑談していたら、国内証券に専念しているところと、海外や他の事業にも手を出しているところを単純に比較するのはいかがなものか? との指摘を受けました。ごもっともです。
    しかし、2007/11/1の株価を100とすると、2017/11/1の時点で、
    松井:104.6%
    マネックス:40.1%
    です。
    単純に比較することはできなとしても、有意な差ではないでしょうか?
    何が原因なのでしょうね・・・

  • 巷ではネット証券ではSBIの一人勝ちのような言い方をされてますけど、10年前(リーマンショック前)の株価を回復しているのは松井だけって皆さんご存知でしたか(証券以外の収益が圧倒的に多い楽天は除く)?

    ちなみに、株価の回復率の順番は、松井>カブドットコム>GMO>SBI>マネックスです。

    ここはそれだけ伸び代があるという解釈を思いつく方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

  • >>No. 169

    情報ありがとうございます。
    私の方も共感いたします。

  • >>No. 166

    10年以上も前のことはいいじゃないか。
    法令違反を犯したわけではないじゃないか。

    しかし、この事件で損失を被った個人投資家は少なくなく、現在まで根強い「アンチ」として存在して続けているのでしょうか?
    また、私の把握している限り、この件について何らかの謝罪があったとは聞いておりません(もし、情報をお持ちの方はお知らせください)。間違ったことをしたと思っていないようですから当たり前かもしれませんが・・・

  • ここに期待することはただ一つ。
    市場へ影響するような言動・行動を極力避け、おとなしくしていてほしいことです。
    何せ「マネックスショック」のようなことを引き起こした前科者ですから。

    追伸:上記の言葉も知らないでここを買っている方などいらっしゃらないでしょうね?

  • 近隣国の危機を煽って集票するどこかの国の政権。
    市場の見通しの明るさを煽って収益を得ようとする会社。
    共通点を感じるのは私だけでしょうか?

  • 2019年3月末が楽しみです。
    自分の資産がどうなっているかも重要なのですが、ここ(の傘下)がどの程度の会社かがわかるでしょう。

  • 今回の中間決算で、
    三流証券会社は、三流個人投資家が支えているのだなあとつくづく感じました。

    日本の個人投資家のレベルが上がれば、
    「証券会社は投資家を大切にする姿勢で経営してほしい。大切にしない会社はいつかは投資家に捨てられる」(与謝野馨 金融・経済財政担当相(当時))
    となるはずなんですけどね。

  • ネット証券では口座数3位なのに、売買代金は6位(2017年5月)。閲覧したサイトを信用すれば、これも限りなく100%に近い事実です。
    991との因果関係を証明することは極めて困難ですが・・・

  • そう思う、そう思わないをクリックしていただいた方、コメントをご覧いただきありがとうございました。
    ただし、このことは、私の考えではなく、100%確実な事実で、思う、思わないの問題ではありませんので、その点をご承知ください。虚偽のことを書きこんだら、罪に問われてしまいます。

  • ヤフーで「ネット証券 ランキング」と入力すると、1ページ目の1番上に表示されるサイトがあります。このサイトはマネックス証券を人気ランキングの1番にしています。口コミを書き込めるので、システムトラブルのことなどを含めて酷評したところ、2~3日で削除されました。

本文はここまでです このページの先頭へ